テゾスとは?圧倒的なオリジナリティを備えた期待のアルトコイン

更新日:

テゾス

皆さんは「仮想通貨:テゾス(Tezos:XTZ)」をご存知ですか?

さまざまな可能性を秘め、まだ成長と発展を続けている仮想通貨の世界において、大きな可能性と複雑な経歴を持った銘柄として知られています。

そこで、テゾスとはどんな仮想通貨なのかについて解説します。

テゾスとは?ビットコインを超えた圧倒的な将来性

テゾスの将来性

テゾスにはどのような将来性があるのでしょうか。

テゾスが持つ3つの特徴をもとに解説します。

テゾスの3つの特徴

テゾスの特徴
テゾスには、大きく分けて3つの特徴があります。

ポイント

  1. ハードフォーク不要
  2. Posを採用
  3. 独自のスマートコントラクトを搭載

 

ハードフォーク不要のブロックチェーン

テゾスはハードフォーク不要
1つ目は、「システム修正に『ハードフォーク』が不要である」というポイントです。

通常、仮想通貨のシステムを大きく変える場合には、旧システムを無視するハードフォークを必要とします。しかし、ハードフォークには仮想通貨の分裂のリスクがあり、その価値を大きく下げる可能性があるデメリットがあります。

一方で、テゾスの場合はハードフォークのリスクが無いのです。

ハードフォークの意味を図解でかんたんに解説
ハードフォークの仕組みが《図解》でまるわかり!初心者向けにわかりやすく解説しました

ハードフォーク?フォーク ...

続きを見る

テゾスはプロトコルを「ネットワークプロトコル」「コンセンサスプロトコル」「トランザクションプロトコル」の3つに分けています。

各プロトコルを独立させ、アップデート時にブロックチェーンが分裂しないように互換性を持たせることを実現しているの。
マイニングで効率的に稼ぐ

PoSを採用することで、民主的な意思決定を行える

テゾスはPoSを採用
2つ目に、テゾスはそのアルゴリズムとして「PoS(Proof of Stake)」を採用している点です。仮想通貨についてご存知の人は、「PoW(Proof of Work)」の言葉を目や耳にしたことがあると思います。PoSは、簡単にいえばPoWの弱点を改善し、より民主的な意思決定を実現するシステムなのです。

これらの目的は「誰に発言権(新たなブロックを生成する権利)を与えるか?を決める」ところにあります。仮想通貨の代表であるビットコインはPoWを採用しており、いかにしてビットコインのブロック生成に必要な計算をいち早く行うかが発言権を得るカギを握ります。

PoWを採用している仮想通貨の意思決定の中心となるのはマイナー、とくに「高い処理能力を有する企業や集団」に実質的に限定されるのです。一部の集団に意思決定権が握られると、いわゆる「51%攻撃」を許してしまいます。

PoSの意思決定権の基本となるのは通貨の保有です。PoSでは該当の通貨の所有枚数が生成権に関係するため、高い計算能力を持つコンピュータや集団を形成しなくても発言権を有せます。

また、厳密にはテゾスが採用しているアルゴリズムは「DPoS」であり、これは自身が保有する投票権を別の誰かに委任(Delegated)するシステムとなっています。これにより、今までは承認作業の時間や知識の無い人が不参加しか選択肢がなかったところを、権限を委任(譲渡)して比較的直接的にネットワークに加われるようになっているのです。

独自のスマートコントラクトを採用

テゾスのスマートコントラクト
3つ目のポイントは「独自のスマートコントラクトを採用している」点です。スマートコントラクトといえばイーサリアムの仮想通貨が有名ですが、テゾスにはスマートコントラクトの確実性をさらに高めるための技術が開発されています。

そもそもスマートコントラクトが何かといえば、仮想通貨の中心技術であるブロックチェーンに、他の仮想通貨と異なり「契約内容を記載する」システムです(通常は送金内容だけ記載される)。これにより、契約の自動化が可能となり、さまざまな分野での応用が期待されています。

テゾスには、それをさらに発展させるための技術「フォーマル・ベリフィケーション(Formal Verifivation)」が開発されています。

これにはスマートコントラクトに記録された内容を実証する機能があり、「正しい契約内容が記録されているか」「正しく実行されているか」などを数学的観点から検証されるのです。スマートコントラクトにバグなどが発生した際に、取引が無効になるのを防ぐなどのメリットがあります。

余談ですが、そもそもテゾス(Tezos)とは、ギリシャ語でスマートコントラクトを意味する言葉なのです。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?

テゾスの歴史

テゾスの歴史
テゾスの歴史を見る際にキーワードとなるのは「ICO」と「訴訟」です。

ICO史上歴代2位の資金調達を達成

テゾスはICO史上歴代2位の資金調達を実現
テゾスの歴史で大きなポイントの一つは、2017年7月に行われた「ICO(Initial Coin Offering)」です。規模としてはイーサリアムのICOに次いで歴代2位、約232億円の資金をICOによって集めています。

ICOとは、仮想通貨を利用した資金調達の方法です。わかりやすく解説すると、未上場の仮想通貨(トークン)を用いて、広く資金を集める方法です。

ICOについて興味がある人は是非こちらの記事を読んでみてね。「
イーサリアムクラシックの将来性
仮想通貨のICOを理解
【徹底解説】ICOとは?たった5ステップで<安全に>儲けられる方法を紹介!

ICOとは?仕組みを徹底理解! ...

続きを見る

プロジェクトメンバーの内紛で開発ストップ→訴訟問題に

テゾスのプロジェクトは訴訟問題に発展
ICOにより莫大な資金を集め成功したテゾスですが、後に財団の社長と開発者夫妻の対立が発生し、最終的に投資家から集団訴訟を起こされます

当時のレートで約232億円もの資金を集めたテゾスですが、テゾス関係者はその後に「資金が『払い戻し不能な寄付』になる可能性がある」と述べました。

そして、テゾスの知的財産権を有し、共同創始者であるブレイトマン夫妻と、ICOにて調達した資金を管理していた「テゾス財団」の代表であるヨハン・ジュベール氏との間で、内紛が発生します。

問題だったのは、この内紛によってテゾスのプラットフォーム立ち上げが無期限に延期されたことです。加えて、ICOにより配布されるはずの通貨も配布されず、投資家たちはついに集団訴訟を起こすに至ります。

ICOでは投資は無償投資が原則となり、ICOを利用する側は必ずしもトークン等の配布などを行わなくてもよいのです。ただし、「トークンを配布する(可能性がある)」などと明言していた場合は、配布しないと詐欺に当たる可能性もあります。

しかし、テゾスの集団訴訟ですが、2018年8月に支払い請求が裁判所で正式に却下される形で収束します。これにより、ようやくテゾスの開発も再開されるようになったのです。

メインネットの立ち上げ発表で価格が上昇!140円台→200円台に

テゾスの価格推移
テゾスのその後ですが、テゾス財団は2018年9月にメインネットの立ち上げを発表しました。

メインネットとは「独立したブロックチェーン」であり、この発表によりテゾスの価格は大きく上昇したのです(発表前日の140円台から、発表後は200円に迫る)。

メインネットではなく、ほかの仮想通貨のブロックチェーンを間借りしている通貨も存在するの。
マイニングで効率的に稼ぐ

大手取引所クラーケンに上場!

その後、再び大きなニュースが取り上げられます。

当時、仮想通貨市場の改善が行われていたのに加えて、大手取引所の「クラーケン(Kraken)」がテゾスの上場を発表したのです。

これにより、一時200円に上ったテゾスは10月中旬に再び140円台に落ち込んでいたのですが、160円台まで急騰しました。

テゾスの購入方法

テゾスの購入方法
最後に、テゾスの購入方法について解説します。

テゾスは日本で購入できる取引所が無いので、海外取引所の口座を開設する必要があります。

有名な取引所としては「HitBTC」で購入ができますが、現在は日本人の利用および新規登録を停止しています。

テゾスのまとめ

テゾスのまとめ
テゾスについては、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 「ハードフォーク不要」「PoSを採用」「スマートコントラクトを発展させるシステム」という特徴を持つ
  • ICOで歴代2位の資金調達をはたしている
  • 内部での対立と訴訟が大きな問題となった
  • メインネットの立ち上げとクラーケンでの上場で一時期値上がりした
  • 日本の取引所では扱っていない(購入できない)

何かと問題視されていた仮想通貨ですが、現在はそれを払しょくしており、将来性を感じる特徴をいくつも備えている銘柄であることは間違いありません。

テゾスに限らず、仮想通貨は大きなニュースがあれば大きく値動きするものなので、今後のニュースに注目しましょう。

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨 Wiki , 2018 All Rights Reserved.