【日本はこれから?】Amazonでビットコインを使う方法を紹介

Amazonビットコイン決済
悩む男性
・Amazonでビットコイン決済ができるのかを知りたい
・Amazon以外でもビットコイン決済ができるところはあるのか

こんな疑問を解決できる記事になっています。

結論からいうと、Amazonではビットコイン決済はできません。

しかしアメリカでは間接的にAmazonでビットコインを使える方法が出てきています。

今後日本でも使えるようになるかも含めてこの記事で追っていきましょう。

【結論】Amazonで直接ビットコイン決済はできない

Amazonでビットコイン決済はできない

2020年4月時点、国内外問わずAmazonではビットコイン決済サービスを導入していません。

そのためAmazonサイト内の決済方法にビットコイン決済はないのです。

【米国限定】ビットコインでAmazon(Amazon.com)の商品を手に入れる方法

アメリカでは間接的にではあるが、ビットコインとAmazonの商品が交換できるサービスが増えています。

ここでは3つのサービスを紹介しましょう。

2020年4月時点、サービス提供範囲はアメリカを中心とした一部地域のみで、日本国内では使えないため要注意です。

Moon(ムーン)

Moon(ムーン)はブラウザ拡張機能により、ビットコインなどの仮想通貨でAmazonでの決済を実現させているサービスです。

この拡張機能があると、Amazonの支払いページでウィジェットが起動し、暗号通貨でいくら払うのかを指定できるようになります。

対応ブラウザはGoogle ChromeとOpera、Brave。

現在はアメリカとカナダでのみ利用できますが、先々にはヨーロッパでも展開する予定です。

決済可能銘柄

Moon(ムーン)で決済できる銘柄は下記の4種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)

支払い方法

2つの方法で支払いができます。

  • ライトニングネットワーク上で動作するBitcoinウォレットで支払い
  • Coinbaseのアカウントの仮想通貨残高での支払い

Fold(フォールド)

FOLD(フォールド)は、ビットコインのライトニングネットワークを利用した少額決済が可能なサービスです。

本人確認(KYC)のプロセスの必要なく、匿名で気軽にビットコイン支払いをすることができます。

より多くのユーザーが匿名で気軽に支払いができる点が特徴。

現在はアメリカを中心にサービス展開していますが、支払い先によってはイギリスやアイルランド、オーストラリアなどでも利用できます。

Amazonに加えて、サウスウエスト航空やホールフーズ・マーケット、スターバックスなどで決済ができます。

決済可能銘柄

Fold(フォールド)が使えるのはビットコイン(BTC)のみです。

支払い可能店舗

2020年4月現在、Amazon以外の以下の店舗・企業で使用できます。

  • Starbucks(スターバックス)
  • Uber(ウーバー)
  • Whole Foods(ホールフーズ・マーケット)
  • Dunkin’ Donuts(ダンキンドーナツ)
  • Home Depot(ホーム・デポ)
  • Southwest Airlines(サウスウエスト航空)

Purse(パース)

伝えたいこと:
Amazonギフトカードを仮想通貨へ換金したい人と、Amazonの商品を買いたい人を結びつける仕組み。

参考サイト:https://bitdays.jp/news/6526/
→Amazonの決済サービスがビットコインキャッシュに対応!お得なキャッシュバックも

---

Purse(パース)はAmazonギフトカードを仮想通貨に替えたい人と、Amazonの商品購入をしたい人を結びつけるサービスです。

Amazonで買いたい商品がPurseにアップロードされると、それをAmazonギフトカードを持っている人が代理購入することでサービスを実現させています。

決済可能銘柄

Purse(パース)で決済できる銘柄は下記の2種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

特典

ビットコインキャッシュ(BCH)へ換金すると、最大35%の割引だけでなく10ドルのキャッシュバックが受けられます。

日本のAmazon(Amazon.co.jp)でビットコイン決済はできるようになる?

Amazonでビットコイン決済今後ある?

先に紹介した「Moon」は日本での展開も目指しています。(2019年4月時点)

ムーンの創業者兼CEOのケン・クルーガー氏は、コインテレグラフ日本版の取材に対して「日本市場にも進出したい」と発言。今後数カ月は米国市場に集中するが、「日本は将来的には拡大するはずの市場であり、個人的にもその機会を楽しみにしている」と述べた。(出典:コインテレグラフ

またAmazonに加えて、ターゲットやeBayなどのアメリカで人気のECでも取引できるようにする計画があるようです。

Moonが利用するライトニングネットワークでは、ビットコイン決済時の取引スピードの高速化や手数料の高額化の解決、マイクロペイメント(少額決済)の実現が可能になります。

将来的には、日本のAmazonでもビットコインで少額決済ができるようになるかもしれませんね。

まとめ

仮想通貨移動平均線のまとめ

Amazonでビットコインが直接使えるようになれば、ビットコインの流通量はさらに上がって行くでしょう。

現在は間接的に使えるサービスのみですが、今後のどのようにサービスの幅が拡がるのか楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

編集部がおすすめする取引所

DMMビットコインの1000円プレゼント
DMM Bitcoinで口座開設すれば、今ならもれなく1,000円がもらえます。

ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたい人は、DMM Bitcoinに登録しましょう。

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

coincheck

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※4分程度で登録できます。

2位:1000円キャッシュバック!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

11種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

7種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※4分程度で登録できます。

仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ(2020年版)をくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨取引所おすすめ
仮想通貨取引所比較ランキング!500人の投資家がおすすめする日本のビットコイン(BTC)取引所5選

「仮想通貨取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トミー

2017年より興味本位でビットコイン投資を始める。 年末の仮想通貨バブルを経験するも含み益が一瞬でなくなる。 現在は数年先を見据えて長期保有するスタンス。 株式投資の経験を生かしてテクニカル分析にも挑戦中。 記事では仮想通貨の知識のみならず、トレーダー目線でも役に立つ情報提供になるよう心掛けている。

-topics
-,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.