【暗号通貨】と【仮想通貨】の違いは?押さえておきたい基本ポイントを整理しました

更新日:

暗号通貨と仮想通貨の違いは?

仮想通貨のことを調べていて、暗号通貨という言葉を目にしたことがあるかと思います。

「暗号通貨」と「仮想通貨」……よく知らない人にとっては複数の言い方があるのは混乱してしまいますよね。

そこで、この記事では暗号通貨仮想通貨の違いについて解説します。

暗号通貨とは?仮想通貨との違い

仮想通貨は暗号通貨

まず、暗号通貨と仮想通貨は、まったく同じものであると考えても問題ありません。

ビットコインやリップル、イーサリアムなどは日本では「仮想通貨」で定着しているのですが、海外では「暗号通貨(Cryptocurrency)」のほうが主流です。

仮想通貨のそのほかの名称

仮想通貨と暗号通貨のそのほかの名称

ビットコインやアルトコインなどを指す言葉として、仮想通貨と暗号通貨に大きな違いはありません。

そのほかにも、仮想通貨には以下のような呼び方があります。

仮想通貨のそのほかの名称

  • バーチャルマネー
  • バーチャル通貨
  • クリプト通貨
  • クリプトカレンシー(英語での暗号通貨:Cryptocurrency)

基本的に、ビットコインの話をするときには「仮想通貨」あるいは「暗号通貨」で通じますが、国際的にみると暗号通貨(クリプトカレンシー)が一般的です。

そのため、政府は仮想通貨の名称を暗号通貨に変更することを検討しています。

【仮想通貨の規制事情】日本はホントに《仮想通貨の先進国》? アメリカなどと比較分析!
実は、日本は「仮想通貨の ...

続きを見る

仮想通貨と金融庁
【かんたん理解】なぜ仮想通貨に金融庁が関わるの?ほかの省庁の役割と比較しました
金融分野においては金融庁が監督しています。なぜ金融庁が仮想通貨を監督しているのでしょうか。その理由とほかの省庁と比較しました。

続きを見る

暗号通貨の仕組み

暗号通貨の仕組み

次に、暗号通貨の仕組みについて解説します。暗号通貨の仕組みについて理解する際に重要なキーワードは「ブロックチェーン」です。

ブロックチェーンによりすべての履歴や発行量が明らかに

暗号通貨とブロックチェーン

「ブロックチェーン」とは、暗号通貨を代表する技術の一つです。

暗号通貨の取引に関するデータ(トランザクション)を、一定期間でまとめたものを「ブロック」といい、それをつなぎ合わせたものをブロックチェーンと表現しています。

 

ブロックチェーンの特徴は以下のとおりです。

ポイント

  • 今までの取引がすべて記録されている
  • P2P技術によって分散化して管理されている
  • さまざまな分野への応用が期待されている

そんなブロックチェーンは、さまざまな分野への応用が期待されている技術なのです。

たとえば食品業界では、改ざん不可能なブロックチェーンにより食品偽装などのリスクを無くす試みがなされています。

ブロックチェーンについて気になる人は以下の記事をチェックしてみてください。
女性
ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密
ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源であるビットコインを支える技術として発表されました。仮想通貨が通貨として機能し、サービスを動かしていくことを支える技術として非常に注目されています。

続きを見る

暗号通貨の特徴

暗号通貨の特徴

暗号通貨の特徴は、以下の3つに大別されます。

ポイント

  • マイニングで発行される
  • 決済手段としても利用可能
  • 価格変動が激しい

マイニングで発行される

マイニングで発行される

まずは「マイニングで発行される」点です。

一般的な通貨は中央銀行によって造幣されますが、暗号通貨はマイニングと呼ばれる、いわば「発掘される」方法によりあらたな暗号通貨が生み出されます。

マイニングとは、前述のブロックチェーンの承認作業をいいます。

暗号通貨は複数の有志のコンピューターを用いて、もっとも早く承認作業(計算)を行った人に対して、報酬が支払われます。

<a href=アルトコインにも必要なマイニングの作業の図解" width="728" height="970" />

一般的な暗号通貨は、このマイニング作業によってしか新規発行されません。

 

決済手段としても利用可能

暗号通貨は決済手段としても使用可能

次に、暗号通貨は「決済手段としても利用可能」です。

クレジットカード同様、決済手段として認めている店舗限定ですが、日本でもいくつかの店舗で購入が可能です。

とくに有名なのはビットコインですが、日本発祥の暗号通貨「」が使えるお店も注目を集めています。

価格変動が激しい

仮想通貨は価格変動が激しい

最後に「価格変動が激しい」点です。以下のチャートをご覧ください。

 


確認すると一目瞭然なのですが、その価格はたった数年で山あり谷あり、短期間で数倍~数十倍と、ありえないと思えるほどの高騰急落を見せています。

メリット

  • 安く買った暗号通貨が高騰すれば大きな利益を得られる

デメリット

  • 購入した暗号通貨が急落する可能性がある
  • 価格が安定していないので、決済手段として認めるには店舗側にリスクがある

ただし、暗号通貨の中には価格変動の少ない「ステーブルコイン」と呼ばれるものがあります。暗号通貨のすべてが激しい価格変動を見せるわけではないと理解しておきましょう。

ステーブルコインの代表、テザーの特徴は以下のチェックしてみてください。
女性
テザー
【不正疑惑】テザーは使っても安心?メリットや将来性を調査
仮想通貨の取引をしている人にとって、テザーは注目度の高い仮想通貨ですよね。ここでは、テザーの特徴とテザーを取りまく疑惑などについても触れていきます。

続きを見る

ビットコイン以外の暗号通貨をアルトコインと呼ぶ

<a href=アルトコインとビットコインの比較" width="728" height="485" />

暗号通貨の大きな分け方としては、「ビットコイン」と、それ以外の銘柄を「アルトコインとの種類に大別できます。代表的なものを3つ紹介します。

イーサリアム

仮想通貨今後イーサリアム

まずは「イーサリアム」です。2018年12月時点で、時価総額第3位の暗号通貨です。

最大の特徴は「スマートコントラクト」を実装している点です。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンに「取引内容」を記録して、記録された取引内容を自動的に実行させる仕組みです。

イ―サリアムが使用するスマートコントラクト

詳しい仕組みは以下の記事で整理しているわ。
女性
イーサリウムとは
【2019年版】イーサリアムとは?基本・歴史・将来性を徹底紹介
イーサリアムはひとことで表すと「インターネットを使ったコンピューター」です。ブロックチェーン技術を利用している点でビットコイン(BTC)に共通しますが、単なる仮想通貨ではありません。

続きを見る

リップル

仮想通貨今後<a href=リップルの画像" width="700" height="469" />

次は「XRP(リップル)」です。ビットコインに次ぐ、時価総額第2位の暗号通貨です。

送金に特化した暗号通貨であり、国際送金コストの安さが特徴です。Googleが出資したことでも有名で、世界中の金融機関とも提携しています。

暗号通貨では珍しい「中央集権的」な暗号通貨であり、「リップル社」が管理しています。なお、全数量がすでに発行されているので、マイニングによる報酬獲得ができない暗号通貨でもあります。

リップルの今後どうなる?
【2019-2020年】リップル(XRP)の価格は今後どうなる?噂の仮想通貨の将来性を大予想!
リップル(XRP)の価格は今後上がるのでしょうか。2019年5月に入り、32円から50円と50%以上価格を上げています。その後は42円から52円あたりを行き来し、横ばいの状態が続きましたが再び30円台に下落。今後、価格上昇の見込みはあるのでしょうか。気になる価格予想と将来性をまとめています。

続きを見る

国産初のアルトコイン

3つ目は先ほども少し紹介した「」です。

国産初のアルトコインとして、日本でも比較的馴染みのある暗号通貨となっています。日本発で、日本国内でを決済に使える店舗が多い点も無視できないポイントです。

は、送金スピードに長けている「ライトコイン」をベースに作られており、本家のライトコインよりも送金スピードが早くなっています。

モナコイン
【モナコイン】熱いコミュニティに支えられる、らしさ全開の仮想通貨
モナコイン(MONA)は匿名掲示板の2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から生まれた国産の仮想通貨です。Monacoin Projectの公式サイトでは、モナコインについて以下のように記載されています。

続きを見る

暗号通貨のまとめ

暗号通貨のまとめ

暗号通貨に関する情報については、以下の内容を押さえておきましょう。

  • 世界的には「暗号通貨」、日本では「仮想通貨」が有名だが基本的には同じもの
  • ブロックチェーンにより履歴や発行量が明らかになり、過去のデータが改ざん不可能な仕組みを持っている
  • マイニングにより新規発行されるものが多い
  • 決済手段として利用可能だが、価格変動が激しい
  • ビットコイン以外の暗号通貨をアルトコインと呼ぶ

暗号通貨も仮想通貨も、呼び方が違うだけで基本的に同じものです。

暗号通貨についての知識を深めるのは、これから暗号通貨で稼ごうとする人にとって必要不可欠です。

複雑な内容もありますが、基本的な特徴などはきちんと押さえておきたいところです。
女性

これらの情報があなたの取引のお役に立てれば幸いです。

読んでくださりありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.