ビットコイン、2020年に迎える半減期は何月?価格は上がる?

ビットコインの半減期は2020年
悩む男性
ビットコインの半減期って?
・ビットコインの半減期は2020年のいつ?
・ビットコインの半減期は価格が上がる?

こんな疑問が解決できる記事です。

 

この記事で解説する「ビットコインの半減期、過去2回の価格変動の振り返り」を理解すれば、ビットコインの今後の見通しがわかります。

読んだ後は過去実績や著名人の予想などをもとに、ビットコイン価格予想のヒントがつかめるでしょう。

ビットコイン半減期の仕組み

ビットコイン半減期の仕組み

ビットコインの半減期とは

半減期は仮想通貨のマイニング(採掘)をした際にもらえる報酬(仮想通貨)の量が半分になる時期です。

ビットコインは現在、マイニング報酬は12.5BTC(2020年1月現在)ですが、半減期を迎えるとマイニング報酬が半分の6.25BTCになります。

報酬が半分になると、新たなビットコインの流通量も半分となり、希少性が生まれます。

金や銀は限りある埋蔵量が価値に繋がっていますが、仮想通貨にも同じように希少性を高める仕組みがあるのです。

 

ビットコインの半減期は以下のルールがあります。

・半減期は21万ブロックごとに起こる
→ブロックチェーンの1ブロックの承認に約10分かかるため、21万ブロック承認されるまで約4年かかる

・マイニング報酬が半減し、ビットコイン供給量半減する

ビットコインのマイニングとは

ビットコインは中心となる管理者がいないため、ビットコインを送金する際は誰かが送金記録を記帳する必要があります。

この送金記録が早く正しく記帳できた人には、報酬としてビットコインが配られる仕組みです。

送金記録を記帳して報酬をもらうことをマイニングと呼び、マイニングする人をマイナーと呼びます。

アルトコインにも必要なマイニングの作業の図解

ビットコインの半減期ごとに変わるマイニング報酬

ビットコインのマイニング

ビットコインの半減期ごとに変わるマイニング報酬を整理しました。

期間マイニング報酬日本円換算(2020年1月20日・1BTC=95万円)
2009年1月3日~50BTC約4,750万円相当
2012年11月28日~25BTC約2,375万円相当
2016年7月9日~12.5BTC約1,187万円相当
2020年5月ごろ~(予定)6.25BTC約593万円相当

もらえる報酬の大きさは日本円換算するとよくわかりますね。

いっぽうで、マイニングをするためにはその設備や電気代などもかかるといわれます。

その費用を考えてもマイニングは儲かるのでしょうか。

詳しく知りたい人はこちらの記事でチェックしてみてください。

ビットコインをマイニングする際に押さえるべき注意点と仕組みをゼロから解説します
ビットコインをマイニングする仕組みを解説!報酬や利益は出る?赤字が出にくいやり方を分かりやすく説明します

ビットコインをマイニングする仕組みと報酬や利益が出るのかを分かりやすく説明します。マイニングのやり方、代行会社、マイニング投資をするデメリットやメリットを解説します。

続きを見る

ビットコインの半減期、過去2回の価格変動の振り返り

ビットコイン価格変動振り返り

過去の価格変動もヒントになります。

振り返ってみましょう。

ビットコイン、はじめての半減期(2012年)

ビットコインの最初の半減期は2012年11月でした。

このときの価格はビットコイン日本語情報サイトで紹介されているので引用します。

ビットコインの価格推移

半減期となる11月のビットコイン価格は表示されていませんが、約1,000円程度でした。

オレンジのグラフを見ると半減期の前後ではほとんど価格に動きがありませんが、半減期から約半年後の4月には15倍となる約15,000円まで上昇しました。

これが半減期の影響かというとなんともいいがたいですね。

ビットコイン、2回目の半減期(2016年)

ビットコインの2回目の半減期は2016年7月でした。

このときの価格もビットコイン日本語情報サイトから引用します。

ビットコイン価格2016

2回目の半減期を迎える前には価格が上昇していることがわかります。

 

こちらはチャートがあるので、より具体的な週足チャートで見てみましょう。

ビットコイン、2016年の半減期

出典:みんなの仮想通貨

このときのは半減期の2か月前、2016年5月頃から価格が動きはじめています。

5万円前後を推移していたビットコイン価格は5月から6月にかけ、8万円程度まで上昇(160%アップ)しました。

しかし半減期を迎えるころには6万円台まで下がっています。

半減期を前に価格が動き、半減期がくる前に価格が落ち着く傾向が見られていますね。

 

半減期から半減期までの長い目線でみると、1年以上の長い期間をかけて確実に価格が上昇していることがわかります。

2012年にマイニング報酬は25ビットコインと、それまでの50ビットコインから半分に引き下げられ、ビットコインの価格は1年間に8200%上昇した。
2016年に2度目の半減期を迎えたビットコインは、その後18カ月間で2200%を超える値上がりを記録した。(出典:Bloomberg

ライトコインの半減期も見てみる

ライトコイン半減期価格

他の仮想通貨はどうでしょうか。

ビットコイン(BTC)の次に生まれた通貨として、ビットコイン(BTC)と比較されやすいライトコイン(LTC)

以下のようにいわれています。

2011年に登場した仮想通貨で、ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」とされている。

ビットコインの欠点を補うことを目指して開発された送金重視の通貨であり、ビットコインのブロック承認時間約10分に対し、約2.5分まで短縮している。(出典:Coinpost

 

2019年8月5日に4年ぶり2度目の半減期を迎えたライトコイン(LTC)の値動きを追ってみましょう。

ライトコイン(LTC)の週足チャートをチェックします。

ライトコイン週足チャート出典:みんなの仮想通貨

2019年1月から徐々に上げはじめ、8月の半減期の約2ヶ月前となる6月まで上昇トレンドを描きました。

2019年始に3,500円だった価格が、6月には15,000円となり4倍以上に。

 

ライトコイン(LTC)日足チャートで、半減期後の動きもチェックします。

ライトコインチャート日足出典:みんなの仮想通貨

2019年6月22日に約15,000円となった後、下降トレンドとなっています。

半減期の20日前となる7月16日には8,500円をつけました。

ライトコイン(LTC)もビットコイン(BTC)と同じように、半減期前に値上がりと値下がりが見られました。

ライトコイン価格ニュース
【8/9 価格レポート】ライトコイン(LTC)8/5に半減期完了、その後の値動きは?

8月9日(金)現在、ライトコイン(LTC)の価格は約9,400円です。 ライトコイン(LTC)は、ライトコインは2019年8月5日、4年ぶり2度目の半減期を迎えたばかりです。 【速報】仮想通貨ライトコ ...

続きを見る

ビットコイン、次回の半減期は2020年5月の予定

ビットコイン半減期は5月

ビットコイン(BTC)の半減期は、2020年5月といわれています。

冒頭で、半減期は承認されるブロックチェーンのブロック数が21万ブロックごとに起こる、と伝えています。

これは承認あたり約10分で考えると約4年かかる計算です。

ビットコイン半減期の実績を見ると、

・初回が2012年11月
・2回目が2016年7月

で、その間約3年9ヶ月です。

2016年7月から3年9ヶ月となると、3回目の半減期は2020年3月が見通しとなりそうですが、なぜ5月なのでしょうか。

これは承認にかかる時間に起因します。

送金詰まり問題などもありますが、承認にまつわる事情は常に変わっていて必ず10分で完了するとは限りません。

このような要素も加味して、2020年5月頃に半減期がくるといわれています。

 

次回、2020年のビットコイン半減期は価格が上がる?

ビットコインの半減期は価格上がる?

一般的には半減期によりビットコインの供給量が抑えられるため、希少性(価値)が上がり価格が上がるといわれています。

実際のところはわかりません。

わからないながらも、過去の実績や著名人の予想などを手掛かりに、価格について想いを巡らせてみましょう。

過去実績から考える

ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)ともに半減期前に価格が上がった実績を考慮します。

次回の半減期の2ヶ月前となる2020年3月ごろには、価格が上がると考えてもおかしくないでしょう。

ここで2020年1月21日現在の、ビットコインチャートをチェックします。ビットコインチャート日足

2020年始にかけて大きく上昇しています。

一時100万円を超える相場にもなりました。

はたしてここから2020年3月にかけて上がって行くのでしょうか。

値動きを見守りたいところですね。

有力メディア・金融機関・著名人による予想

有力メディアや金融機関、著名人などの価格予想も紹介します。

まずは金融機関による予想です。

新たな推計によると、2020年5月に予定されているビットコイン・マイニングの半減期によって、ビットコイン価格は2万〜5万ドル(約220万〜540万円)になる可能性がある。

ヘッジファンド、ライトニング・キャピタル(Lightning Capital)のマネージング・パートナーで、ニューヨーク市立大学バルーク校の非常勤教授も務めるチャールズ・ウォン(Charles Hwang)氏は、現在の7500ドル(約81万円)付近の価格の数倍を予測している。
(2019年 12月 11日 出典:CoinDesk

ドイツのバイエルン州立銀行(BayernLB)は、2020年の半減期はビットコイン価格を9万ドルまで押し上げる可能性があると予測した。
(2019年 12月 11日 出典:CoinDesk

以下は著名人による予想です。

セキュリティソフト最大手・米マカフィー社の創業者であるジョン・マカフィー氏は2017年、ツイッター上で、(1BTCの価格は)「2020年までに100万ドル(約1.1億円)に到達する」と予想した。(2020年1月16日 出典:フィスコ

米著名ベンチャーキャピタル投資家のティム・ドレイパー氏の「2022年までに250,000ドル(約2748万円)」(2020年1月16日 出典:フィスコ

著名仮想通貨アナリストのPlanBは、過去2回の半減期までの半年間のビットコイン価格に注目。2012年の半減期には2.3倍、2016年の半減期には1.7倍上昇したと指摘した。
単純計算でビットコインは次の半減期まで1万8400ドル~1万3600ドルまで上昇することになる。(2019年10月17日 出典:コインテレグラフ

著名人では非現実的な数字が並んでいますね。

金融機関では2万ドル以上の予想となり、ビットコイン価格は200万円を超えるという声が多く見られています。

半減期前、ビットコインに投資するならおすすめの取引所は?

あなたにおすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨の購入におすすめの取引所

    1. 1000円が無料でもらえる!DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
    2. 通貨の種類は国内最大級の12種類!コインチェック(Coincheck)

1位.1,000円が無料でもらえる!DMMビットコイン

DMMbitcoinのキャンペーン詳細

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨手数料が無料

9種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※3-5分程度で登録できます。

2.1,000円で仮想通貨の投資を始める方法

もしあなたが株も、FXもしたことがない投資初心者なら、絶対に1,000円などの少額からビットコイン(BTC)の投資を始めるべきです。

 

1000円

 

「本当に少額で大丈夫?」

 

という声も聞こえてきそうですが、なぜ1,000円かというと初心者は適当に取引をしても勝てないからです。

 

その理由を確率から考えてみましょう。

  • 初めて仮想通貨で勝つ確率:50%
  • 2回連続勝つ確率:25%
  • 10回連続勝つ確率:0.097%

 

仮想通貨のプロは、「いつか負けるので負けたときに損失を最初限にする損小利大(そんしょうりだい)」という考え方をします。

DMM Bitcoinでもらった1,000円を仮想通貨に変えて、半減期が訪れるビットコインを購入して着実に稼ぎましょう。

 

※3-5分程度で登録できます。

2位.通貨の種類は国内最大級の12種類!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類
  • 500円程度からビットコインの取引が可能!

※3-5分程度で登録できます。

ビットコイン、2020年の半減期 のまとめ

ビットコイン、2020年の半減期まとめ

今回紹介した「ビットコインの半減期、過去2回の価格変動の振り返り」を理解すれば、ビットコインの今後の見通しがわかります。

あらためて今回のポイントを復習しましょう。

  • ビットコインの半減期のルールは主に2つ
    - 21万ブロックごとに起こる
    - マイニング報酬が半減することで、ビットコイン供給量半減する
  • ビットコインは過去2回の半減期前後で価格が上昇している
  • ビットコインの3回目の半減期は2020年5月の予定
  • ビットコイン3回目の半減期後の価格予想は200万円以上が有力

価格上昇が期待されるビットコインの半減期、価格は徐々に動いていきます。

日々の価格をチェックして、動意を確認することがとても大切です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

編集部がおすすめする取引所

DMMビットコインの1000円プレゼント
DMM Bitcoinで口座開設すれば、今ならもれなく1,000円がもらえます。

ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたい人は、DMM Bitcoinに登録しましょう。

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

coincheck

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※4分程度で登録できます。

2位:1000円キャッシュバック!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

11種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

7種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※4分程度で登録できます。

仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ(2020年版)をくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨取引所おすすめ
仮想通貨取引所比較ランキング!500人の投資家がおすすめする日本のビットコイン(BTC)取引所5選

「仮想通貨取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トミー

2017年より興味本位でビットコイン投資を始める。 年末の仮想通貨バブルを経験するも含み益が一瞬でなくなる。 現在は数年先を見据えて長期保有するスタンス。 株式投資の経験を生かしてテクニカル分析にも挑戦中。 記事では仮想通貨の知識のみならず、トレーダー目線でも役に立つ情報提供になるよう心掛けている。

-topics
-, ,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.