【ビットコイン(仮想通貨)fx・レバレッジ取引のおすすめ・やり方比較】レバレッジの最大倍率は?海外取引所のビットメックスなら100倍

ビットコインのFX取引・レバレッジ取引
悩む男性
ビットコインでレバレッジ取引はできるのかな。
今回はビットコインのレバレッジ取引を詳しく見ていきましょう。
女性

すぐに「ビットコインのfx・レバレッジ取引を知りたい」という人は「ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ・FX取引ができるおすすめの国内取引所2選」に目を通してみてくださいね。

この記事でわかること

  • ビットコインのレバレッジ取引は短期間の取引がおすすめ
  • レバレッジ取引は少額で大きな金額の取引ができる
  • 日本国内のレバレッジ率は4倍までかけられる

ビットコイン(仮想通貨)はレバレッジ取引ができる

レバレッジ取引は現物取引と異なります。

レバレッジ取引の特徴は自分が預けた資金にてこの原理」を働かせ、預けた金額の数倍の金額を取引する方法です。

例えば1万円の資金を用意すれば、レバレッジを5倍かけて5万円分の取引ができます。

つまり、5万円分の現金を用意せずに5万円分のビットコイン取引ができます。

レバレッジ

レバレッジをかけたら高額な取引ができるんだね。

レバレッジ取引には証拠金が必要

レバレッジ取引には証拠金が必要です。

証拠金とは?

証拠金とはレバレッジ取引をするために取引所に預ける資金

証拠金の設定金額はレバレッジ取引ができる取引所によって異なります。

ビットコインのレバレッジ取引は追証に注意

レバレッジ取引の追証に注意

ビットコインのレバレッジ取引には追証と呼ばれる追加の証拠金が必要になる可能性があります。

追証が発生するのは以下の2つの場合です。

  1. 通貨価格が下落して証拠金以上に損失が出たとき
  2. 証拠金維持率が取引所の設定を下回った時

追証制度がある取引所の場合、ユーザーは証拠金を失うだけではなく追証の支払いが必要です。

レバレッジ取引をする際には追証が不要な取引所を選ぶ方が安心です。

男性
せっかく高額な取引ができても追証で損失が大きいのは不安だな。

追証を避けてレバレッジ取引をする方法はないのかな。

追証を避ける方法の1つとしてロスカットの仕組みがあります。

次はロスカットを見ていきましょう。

女性

ビットコインのレバレッジ取引にはロスカットが早い取引所が安心

ロスカットのある取引所を選ぶ

ビットコインのレバレッジ取引をするにはロスカットが早い取引所が安心です。

ロスカットとは証拠金維持率一定の水準を下回ると、自動で決済処理が行われる仕組みです。

証拠金維持率とは?

証拠金維持率とは証拠金に対して純資産が占める割合

たとえば、ロスカットが証拠金維持率80%を切ると発動するとします。

証拠金2万円で4倍のレバレッジをかけて8万円を取引する場合、証拠金が1万6千円を下回ると取引ができなくなります。

ロスカットが行われることでユーザーは証拠金以上に損失を負わず、追証を支払う必要もありません。

ビットコイン(仮想通貨)でレバレッジ取引をするメリットは3つ

ビットコインでレバレッジ取引をするメリットは以下の3つです。

  1. 日本国内のレバレッジ率は4倍までかけられる
  2. ビットコインのレバレッジ取引は少額で大きな金額の取引ができる
  3. ビットコインのレバレッジ取引は短期間で儲けられる可能性がある

1. 日本国内のレバレッジ率は4倍までかけられる

日本の取引所最大レバレッジ

現在、国内取引所のレバレッジ率は最大4倍までの取引所が多いです。

一方で、海外取引所は国内取引所ほど規制が厳しくないので100倍以上のレバレッジをかけた高額取引ができる取引所があります。

2019年11月現在、日本国内の金融庁はレバレッジ率を最大4倍から最大2倍までに引き下げることを検討しています。

今後、日本国内のレバレッジ率には新たな変化が起こりそうです。

金融庁認定の仮想通貨交換所の運営会社は、金融庁より認定資金決済事業者協会に正式に認定されたJVCEAに会員社として所属しており、JVCEAが定めるレバレッジ倍率4倍以下という規則を2018年末から相次いで採用する動きが進んでいる。

「しかし、金融庁は最終的にレバレッジの上限を2倍以下としたいようだ」

出典:「仮想通貨への規制強化、金融庁の狙いは「レバレッジ上限2倍」か」より抜粋

2. ビットコインのレバレッジ取引は少額で大きな金額の取引ができる

ビットコインのレバレッジ取引は少額の証拠金で大きな金額の取引ができます。

現金で購入した通貨で取引をする現物取引と異なりレバレッジ取引はレバレッジをかけるので少ない元手で大きな金額の取引が可能です。

金額が大きいので損失も大きくなりやすい反面、通貨価格が上がると大きな儲けを手にできるチャンスがあります。

3. ビットコインのレバレッジ取引は短期間で儲けられる可能性がある

ビットコインのレバレッジ取引は短期間に大きな金額を儲けられるチャンスがあります。

ただし、レバレッジ取引は日ごとにレバレッジ手数料が証拠金から引かれるので注意しましょう。

証拠金維持率が下がるとロスカットの可能性が高まるので、レバレッジ取引は通貨の種類を限定して短期間集中で取引しましょう。

ビットコイン(仮想通貨)でレバレッジ取引をするデメリットは2つ

ビットコインでレバレッジ取引をするデメリットは以下の2つです。

  1. レバレッジ取引は損失が大きくなりやすい
  2. レバレッジ取引は手数料がかかるので長期取引には不向き

1. レバレッジ取引の損失が大きくなりやすい

ビットコインのレバレッジ取引は損失が大きくなりやすいです。

なぜなら、レバレッジをかけて大きな金額の取引ができるからです。

仮に元手10万円で現物取引とレバレッジ取引をする場合、通貨価格が1万円下落すると損失はどうでしょうか。

元手レバレッジ1BTC=10万円1BTC=9万円に下落したときの損失額
現物10万円なし1BTC=10万円-1万円
レバレッジ4倍4BTC=40万円-4万円

レバレッジ取引はハイリスクかつハイリターンなので、損失金額もレバレッジ倍率に応じて大きくなります。

2. レバレッジ取引は手数料がかかるので長期取引には不向き

ビットコインのレバレッジ取引はレバレッジ手数料がかかるので通貨を長期保管しないようにしましょう。

レバレッジ取引はロスカットを避けながら、レバレッジをかけて取引します。

よって取引のリスクが大きい分、儲けが大きいのが特徴です。

通貨を長期保有する取引や複数の通貨で取引がしたい人は現物取引がおすすめです。

ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ・FX取引ができるおすすめの国内取引所2選

ビットコインのレバレッジ取引におすすめな取引所を2紹介します。

取引所DMMBitcoinGMOコイン
初心者向き
レバレッジ率

(4倍まで)

(4倍まで)

ロスカット

(80%)

(75%)

通貨数

(7種類)

(5種類)

手数料

※1

※1

※1. 0.04% / 日のみ

  1. アルトコインのレバレッジ取引が豊富なDMM Bitcoin(DMMビットコイン)
  2. スマホでレバレッジ取引ができるGMOコイン

1. アルトコインのレバレッジ取引が豊富なDMM Bitcoin

dmmbitcoin

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる通貨7種類あります。

ロスカットが80%と早いので証拠金以上の追証を支払う心配がなく安心です。

DMM Bitcoinでのレバレッジ取引は初心者向きであるといえます。

2. スマホでレバレッジ取引ができる!GMOコイン

GMOコインはGMOグループが経営しているのでセキュリティが安心です。

スマホのアプリでレバレッジ取引が可能なので、取引アプリの使いやすさにも定評があります。

GMOコインのロスカット比率DMMビットコインよりも低い75%なので中級者向きです。

ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ・FX取引ができるおすすめの海外取引所2選

ビットコインのレバレッジ取引におすすめな海外取引所を2紹介します。

  1. レバレッジが最大500倍までかけられるCryptoGT(クリプトGT)
  2. レバレッジが最大100倍までかけられるBitMEX(ビットメックス)
取引所CryptoGT(クリプトGT)bitmex
初心者向き××
レバレッジ率

(最大500倍まで)

(最大100倍まで)

ロスカット

(100%)

×

(なし)

通貨数

(12種類)

(8種類)

手数料

※1

※2

※1. スプレッドとスワップ

※2. メイカー:-0.025%、テイカー:~0.075%

2. 【上級者向き】レバレッジが100倍までかけられるBitMEX(ビットメックス)

bitmex

BitMEX(ビットメックス)は海外取引所の1つで、レバレッジを100倍までかけられるのが特徴です。

ロスカットと追証がないので証拠金以上に損失が出ないのが安心です。

ただし、ロスカットによる自動決済がないので気が付くと口座の証拠金が0円という可能性があります。

レバレッジ率もビットコインであれば最大100倍かけられるので上級者向きです。

ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引をするコツは3つ

ビットコインのレバレッジ取引をするコツは以下の3つです。

  1. ビットコインのレバレッジ取引は短期で行う
  2. レバレッジ取引に慣れるまではレバレッジを1~2倍以上かけない
  3. 取引所のロスカットの仕組みに頼りすぎない

1. ビットコインのレバレッジ取引は短期で行う

ビットコインのレバレッジ取引は短期間で行うのがおすすめです。

なぜなら、レバレッジ取引にはレバレッジ手数料が0.04%/日でかかるからです。

1か月間レバレッジ手数料を払い続けると、手数料は0.04%×30日間(1か月)1.2%です。

つまり、保有通貨の1.2%分に及ぶ手数料を支払わなければなりません

レバレッジ取引の際は通貨の長期保管をしないように注意しましょう。

2. レバレッジ取引に慣れるまではレバレッジを1~2倍以上かけない

日本国内の取引所では4倍までレバレッジをかけられます。

レバレッジ率が高いと大きな利益が見込める反面、損失やロスカットの可能性が高まります。

レバレッジ取引に慣れるまでは1~2倍以内のレバレッジをかける取引から始めてみましょう。

3. 取引所のロスカットの仕組みに頼りすぎない

レバレッジ取引にはロスカットの仕組みがあるので追証や損失を支払う可能性は低いです。

ただし、ロスカットの仕組みは必ずしも完璧であるとは言えません

たとえば急な通貨の価格下落が起こると、取引所へのアクセスが殺到します。

すると取引所のロスカット作業に遅れが生じるため、損失が増える可能性があります。

女性
レバレッジ取引をする際はロスカットに頼りすぎず、1~2倍の低いレバレッジから始めましょう。

まとめ

  • 日本国内のレバレッジ取引はレバレッジを4倍までかけられる
  • レバレッジ取引は手数料がかかるので短期間の取引がおすすめ
  • レバレッジ取引は損失額以上の借金を背負う可能性がある

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMM Bitcoin

DMMbitcoinのキャンペーン詳細

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しななん

踊れる仮想通貨女子を目指して、日々コツコツ。 「仮想通貨ってなに?」から始めて、日々勉強中です。 1人でも多くのみなさんに、「ちょっと仮想通貨を始めてみようかな。」と思ってもらえる記事を配信していきます。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.