【誕生~2019年】ビットコインの歴史と価格推移のまとめ

ビットコインの歴史

2009年に誕生し、仮想通貨の代名詞となっているビットコイン。

悩む男性
今でこそ数十万円で取引されているけど、最初の頃はどうだったのかな?

現在のビットコインの価格は以下の通りです。

 

誕生当時からこれほどの価格だったわけではありません。

現在に至るまでどのような価格の変動があったのでしょうか。

起こった事象と併せて、ビットコインの歴史を追ってみたいと思います。

読者が選んだ人気の取引所ランキング

GMOcoinlogo

GMOコイン総合1位

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

dmmbitcoin

DMM Bitcoin / 総合2位

1000円キャッシュバックキャンペーン中
(2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

365日LINEサポート

 

coinchecklogoCoincheck / 総合3位

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

仮想通貨の取引所ランキング

()内は年内の最高値

2009年:ビットコインの誕生(1BTC=約0.1円)

ビットコイン誕生-728

2008年の10月にSatoshi Nakamotoがビットコインに関する論文を発表しました。

それから約3ヶ月後の2009年1月。ビットコインの最初のブロックチェーンが誕生します。

そして、9月に初めてドル(法定通貨)との交換が行われました。その時のレートは1BTC=約0.1円でした。

2010年:1万ビットコインとピザ2枚を交換(1BTC=約7円)

ビットコイン-ピザ

5月に初めて実店舗との間で交換が行われました。

内容はピザ2枚と10,000BTC(当時1BTC=0.2円)です。

7月にはMt.GOX(マウントゴックス)社が取引をスタートし、徐々に参加者が集まってきます。

2011年:TIME誌で取り上げられる(1BTC=約1,400円)

TIMES誌-ニュース-728

4月、アメリカのTIME誌で初めてビットコインに関する特集が組まれました。大手メディアに取り上げられ、初めて世間から注目を集めます。

ドルや電子マネーなどの現在の通貨と比較して、優れている点を説明する内容で、今まで手を出していなかった人が参加をするきっかけになりました。

前年10円にも満たなかったビットコインの価格はこの年に初めて1,000円台を突破しました。

2012年:最初の半減期(1BTC=約1,000円)

ビットコイン-半減期

4月に仮想通貨は違法行為に用いられる可能性が高いという内容のFBI資料が流出しました。

不安が高まった影響で、価格は約400円台へ落ち込みます。

11月にビットコインのマイニング報酬が半額になる、半減期が初めて訪れました(50BTCが25BTCになりました)

報酬の受け取り手からすると、急に金額が半分になるのは困ります。そのため、ビットコインの価格が上がることで価値を上げ、帳尻を合わせる動きがあるのです。

半減期について

1BTC=1,000円であれば、50BTCで50,000円となります。

価値が半分(1BTC=500円)になると、50BTCの価格は25,000円です。1BTCの価格が仮に1,200となれば、25BTCは30,000円です。

このように価値がそのまま半分にならない現象が発生しています。

2013年:キプロス危機が発生(1BTC=約127,000円)

キプロス危機-728

3月に発生したキプロスでの金融危機によって価格が上昇します。

キプロス国内の銀行が閉鎖され、自国通貨(ユーロ)への信用が下がりました。結果、通貨の預け先として、ビットコインが注目を集めます。

11月にはFRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長(当時)がビットコインの存在を認める発言をしました。

この時にもビットコインの価格は上昇し、12月には当時としては初めて10万円台を超えました。

しかし、史上最高値をつけた同日に中国は金融機関によるビットコインの取扱を禁止にすると発表。

中国取引所は自主的にサービスを中止しました。

2014年:マウントゴックスでの盗難事件(1BTC=約64,000円)

ビットコイン下落-728

2月にビットコインの盗難事件が発生します。被害に遭ったのは当時世界で最大の取引シェアを占めていたMt.GOX社。

約470億円の現金が消失してしまいました。また、4月には中国銀行がビットコインの取引所口座を閉鎖することを発表。

前年は10万円台の値をつけたビットコイン。しかし、この年は今後への不安材料が多かったようです。

価格は最低で1万円台まで落ち込み、3~5万円台で落ち着きました。

2015年:ギリシャのデフォルト(1BTC=約53,000円)

ギリシャデフォルト-728

6月に発生したギリシャでのデフォルト問題。キプロス危機と同様にこの時もビットコインの価格は上昇しました。

出金に時間がかかる自国通貨(ユーロ)と比較して、容易に出金ができ、価値も信頼ができるビットコインへ流れた結果です。

また、11月には中国で銀聯カードでの引き出し額が下がりました。今まで1日に1万元(当時レートで19万円)だったものが年間で10万元(1日あたり約270元)になったのです。

そのため、銀聯カードの代わりに国外への送金ツールとなるビットコインの価格は上昇しました。

2016年:ビットコインでの決済が普及(1BTC=約66,000円)

ビットコイン-普及-728

2016年には通販・レンタル事業を手がけるDMM.comにおいてビットコイン決済の受付を開始。その他にも、ビットコインが決済に活用されることが増加しました。

また、この年は2度目の半減期がありました。ビットコインの価格は2012年と同様に上昇しました。

2017年:史上最高値の200万円台をつける(1BTC=約2,200,000円)

5月に個人に投資をできるサービス、VALUがローンチされました。

VALUはビットコインを必要とするサービスなので、今まで買っていなかった人も参入するようになります。これを機にビットコインを購入する方が更に増えました。

10月、日本では金融庁が仮想通貨の取引所を運営する企業を登録制にすると発表。法律が徐々に制定されることで安心感が増し、徐々に参加者が増えていきます。

更に、12月にはビットフライヤーなどの取引所がCMでの露出を始めます。より多くの人へビットコインに関する情報が伝わるようになりました。

このように多くの新規参入があったことで、価格は一時期200万円を超えるまで高騰しました。

2018年:コインチェックのハッキング事件(1BTC=約1,700,000円)

ビットコイン-ハッキング-728

1月に日本の取引所であるCoincheckがハッキング被害に遭いました。被害額は約580億円。2014年のMt.GOX事件に次ぐ、二例目の大規模な盗難被害です。

被害に遭ったのはビットコインではありませんでしたが、仮想通貨への懸念から価格は下落しました。

とはいえ2017年には200万円台をつけたビットコイン。注目が集まっていることもあり、無価値になるほどの大幅な下落は起こりませんでした。

コインチェックのロゴ
コインチェック(Coincheck)の取引所とは|<登録方法・使い方・手数料>~<事件のその後の歴史>までマルっと解説しました

コインチェックの特徴から歴史、その後などを整理しました。2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。
現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

2019年のビットコインの歴史

ビットコインは今後暴落する?
ビットコイン(BTC)は今後暴落する?2019年は上昇、2020年は?過去の暴落要因もチェック

2018年、ビットコイン(BTC/Bitcoin)は2度暴落し、1年で85%下落しました。億り人が生まれた一方で破産者も続出しました。2019年、4月以降価格は上昇していますが再び暴落はあるのでしょうか。過去の暴落を振り返り、この先の暴落可能性を探ります。専門家による2019年の価格予想も紹介します。

続きを見る

まとめ

ビットコイン-歴史

  • ビットコインは2009年に誕生した仮想通貨。
  • 初めての取引はピザとの交換だった。
  • TIME誌で取り上げられたのが注目を集めた最初のきっかけ。
  • キプロス危機やギリシャのデフォルトの際に価格が上昇した。
  • マウントゴックス事件で価格が下落した。
  • 2017年にかけて価格は大幅に上昇。最高値で1BTCが220万円に達した。
  • コインチェックでの盗難事件を受けて価格が大きく下落した。

ビットコインは誕生当時から大きく価格が上昇しました。

新しい通貨としての期待から注目を集め始めています。

悩む男性
ビットコインは今後どうなるのかな?

現在はビットコイン以外にも有名な仮想通貨が誕生しています。

また、ビットコインの問題点も指摘をされています。

ビットコイによりも優れている仮想通貨が有名になる可能性もあるわね。
女性

今後の動向については以下の記事でまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

ビットコイン-今後-どうなる
ビットコインは儲かる?今後の価格と将来性を予想!

良くない話も多いビットコインですが、買うべきなのでしょうか?ビットコインが今後どのようになりそうなのかを紹介していきます。

続きを見る

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大級の11種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック11種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~
コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類も国内最大級の11種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.