ビットコインは儲かる?今後の価格と将来性を予想!

ビットコイン-今後-どうなる

2017年年末から盛り上がりを見せている仮想通貨。

メディアも取り上げているので、この言葉自体は聞いたことがあるという人も多いでしょう。

悩む男性
名前は聞いたことあるけど、よくわからないね。儲かるのかな?
大損したって話もよくあるものね。
女性

大儲けをしたという人がいる一方で、損をしたという人も多いです。

果たしてこれから買って儲かるのか?

気にしている人も多いでしょう。

仮想通貨の中でも最も有名なのがビットコインです。大儲け、大損している人はほとんどがビットコインを買っていました。

2017年12月をピークに価格は下がっています。

損をした人はこの時に買ったのね。
女性
悩む男性
今は価格が下落傾向だけど、今後はどうなるのかな?

良くない話も多いビットコインですが、買うべきなのでしょうか?

ビットコインが今後どのようになりそうなのかを紹介していきます。

ビットコインの現在の価格

ビットコイン-価格

まずは現在のビットコインの価格を見てみましょう。

 
男性
ビットコインってこんなに高いんだね!

そもそもビットコインをはじめとする仮想通貨は実態がありません。

そのため、株式のように1BTC(ビットコインの単位)がいくらなのかが、買いたい人と売りたい人の関係で決まります。

買いたい人の方が多ければ高くなるし、売りたい人が多くなれば安くなるわね。
女性

細かい説明については以下の記事を参考にしてみてください。

日本は仮想通貨の先進国
仮想通貨のビットコイン(BTC)とは?簡単かつわかりやすく特徴を整理しました

ハッキング事件などでクローズアップされることも多いビットコイン・仮想通貨。果たしてどのような経緯で誕生し、価格上昇を遂げた通貨なのでしょうか。ビットコインの特徴について見ていきましょう。

続きを見る

【図解で簡単】今さら聞けないビットコインの仕組みとは?

ビットコインが注目されているポイントはわかりづらいですよね。ビットコインを始めとする仮想通貨が、なぜ画期的だと言われているのか?今回はその理由について紹介をします。

続きを見る

現在のビットコインの価格は高いのでしょうか?

チャートと一緒に詳しく見てみましょう。

ビットコインの現在のチャート

ビットコインの現在のチャートは以下の通りです。

 


 乱高下を繰り返しているので価格が安定していませんね。

ビットコインは、2017年12月に1BTCが約200万円で取引されていました。

当時から考えると価格はとても安くなっています。

こんなに安くなってるなら買い時だね!
簡単に判断しちゃダメよ。何があったのかも確認しないと。
女性

※価格の推移についてはチャートを踏まえて以下の記事で紹介しています。

【チャートで徹底解説!】ビットコインの価格推移と買い時の見極め方

ビットコイン・仮想通貨に手を出してみたいけど、今は買い時なの?
ビットコインは価格の上昇、下落が激しいイメージを持っている人も多いと思います。

続きを見る

ビットコインは今買うべきなのでしょうか?

次に特徴についてを見てみましょう。

ビットコインの特徴

ビットコインの最大の特徴はブロックチェーンです。

そもそも仮想通貨はサトシ・ナカモトという人物が2008年11月にブロックチェーンの理論をインターネット上で発表したことから始まります。

ブロックチェーンを簡単に説明すると、ビットコインは取引データをブロックチェーンに記録しています。

これによって、中央銀行といった中央管理者がいなくても通貨を管理することができるのです。

ブロックチェーンはビットコイン以外でも取り入れられている画期的な仕組みよ!詳細は以下の記事をチェックしてね。
女性2
ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密

ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源であるビットコインを支える技術として発表されました。仮想通貨が通貨として機能し、サービスを動かしていくことを支える技術として非常に注目されています。

続きを見る

新しい通貨の形として誕生し、注目されているのがビットコインなのです。

ビットコインは今後どうなる?

次にビットコインが今後どのようになりそうかを考えてみましょう。

仮想通貨という概念自体は徐々に広まってきている一方で、実際に保有している人や取引を行っている人は少ないです。

そのため、今後よりビットコインが普及する可能性があります。

でもビットコインよりも便利な仮想通貨もあるからどうなるかはわからないわね。
女性

仮想通貨自体は一般的になる

仮想通貨-一般的

2009年に登場したビットコインですが、当時は1円以下の価格で取引がされていました。

当時から考えるとものすごく価格が上昇しているね。

買いたい人が増えたということでもあるので、ビットコインがそれだけ一般的になったと言えるでしょう。

まだ知っているけど、持っていない人も多いので今後さらに取引は増えると予想されます。

現在では、ビットコイン以外の仮想通貨も注目をされています。仮想通貨自体が一般的になるでしょう。

ビットコイン以外に便利な仮想通貨がたくさんある

便利な仮想通貨

ビットコイン以外に、仮想通貨は2,000種類以上存在します。

その中には、ビットコインにはない特徴を持った仮想通貨もあります。

送金の早さに定評があるリップルや、大企業に注目されているイーサリアムが特に有名でしょう。

詳しくは以下の記事で紹介しているわ!
女性2
イーサリウムとは
【2019年版】イーサリアムとは?基本的な特徴から・歴史・将来性を徹底紹介

イーサリアムはひとことで表すと「インターネットを使ったコンピューター」です。ブロックチェーン技術を利用している点でビットコイン(BTC)に共通しますが、単なる仮想通貨ではありません。

続きを見る

リップルとは
リップルとXRPの違い、分かりますか?リップルの超基礎を学ぶ

リップルはアメリカのRipple, Inc.(リップル社)が開発した国際送金に特化したプラットフォームです。リップルが持つグローバル送金ネットワークを活かして、国際送金がより便利になる仕組みです。

続きを見る

ビットコインが広がった理由は?

ビットコイン-広がった理由

ビットコインが広がった理由は主に3つあります。

それぞれ詳しく見てみましょう。

新しい通貨としての可能性

ビットコイン-新しい通貨

ビットコインはこれまでの通貨とは異なってデータでのみ存在しています。そのため、世界共通で利用できるというメリットがあります。

例えば、日本円を海外で使おうとするときにはその国の通貨に両替する必要があり、その際には手数料や手間がかかってしまいます。

しかし、ビットコインは、ビットコインを使える店であれば世界のどこでも同じように使用できます。

両替の手間や手数料が安くなるのは嬉しいね!

便利な新しい通貨として期待され、広まっていきました。

送金手段として注目

送金手段

送金の手軽さや速さもビットコインの特徴です。

現金を他人に送金する際は、基本的に送金者が銀行などを通して手続きなどをする必要があります。

送金-日本円-728

ビットコインは個人間で直接送金することができ、送金手数料も不要です。

また、ビットコインを含めた仮想通貨は多くの場合において、送金してから着金するまでの時間が現金に比べると短くて済みます。

ビットコイン-送金-728

世界共通ってだけじゃなくて、日本にいても便利なんだね!

投資商品としての魅力

投資-ビットコイン

最も大きな理由が投資商品としての価値です。現在ほとんどの人はビットコインを投資目的で買っています。

ビットコインは価格変動が大きく、株や債券などよりも大きなリターンが狙えます。

2017年初めの時点では1BTCは80,000円前後でしたが、2017年12月には200万円まで値上がりしました。

この急騰がSNSなどを中心として話題になり、仮想通貨が値上がりしたことで多大な利益を上げたいわゆる億り人も登場し始めたために、ビットコインが注目されたのです。

やっぱりビットコインは儲かるんだね!
この話に乗っかって大損した人が多いことも忘れちゃダメよ。
女性

ビットコインの価格が上昇した理由

ビットコイン-価格上昇-理由

ここまでビットコインが注目をされた理由を紹介してきました。それではなぜビットコインの価格は上昇したのでしょうか?

大きな理由を2つ紹介します。

通貨の預け先として注目された

ビットコイン-預け先

ビットコインの価格が値上がりした時期には、金融危機が起きています。

金融危機によって、自分の国の通貨よりもビットコインを買おうとした人が増えたのです。

具体例には2013年のキプロス危機や2015年のギリシャのデフォルト問題があります。どちらのタイミングでもビットコインの価格は大幅に上昇しました。

露出機会が増えた

露出機会が増えた

2つ目には、ビットコインを知る人が増えたことが挙げられます。

ビットコインを知って、買いたい人が増えたってことね。
女性

ビットコインが注目されるようになると、SNS上で情報が拡散されたり、メディアがニュースなどで仮想通貨を取り上げられました。

また、bitFlyerやコインチェックなどの仮想通貨取引所がCMの放映を始めます。

仮想通貨交換業者のCMの中には有名なタレントを起用して、仮想通貨の保有や取引を勧めるものもあったために、それに影響を受けてビットコインなどを買い始めた人もいたのです。

ビットコインの価格が下落した理由

ビットコイン-価格下落-理由

ここまでビットコインの価格が上昇したことについて触れてきましたが、もちろん、価格は下落することもあります。

過去には、仮想通貨の取引の多かった中国で規制が始まった時。取引量が増えてきていた日本で仮想通貨の盗難事件が起こった時に、ビットコインの価格は下落しています。

中国での規制

仮想通貨-規制-中国

ビットコインの価格下落の引き金となった要因の一つに、中国での規制が挙げられます。

中国は、2013年から2017年の前半にかけて、仮想通貨の取引量世界第1位でした。

その中国で、人民元の流出防止策として仮想通貨が規制されるようになったのです。

中国政府は2017年9月に企業の資金調達の一種であるICOの全面禁止、仮想通貨取引所のうちの一部しか認めないという通達を出しました。

※ICOについては以下で紹介しています。

仮想通貨のICOを理解
仮想通貨のICO(クラウドセール)とは?やり方や上場目的をわかりやすく整理しました【仮想通貨】

ICOはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファーリング)の略称で、企業が仮想通貨を使って資金集めをする方法のことです。「トークンセール」や「クラウドセール」などとも呼ばれています。

続きを見る

さらに2018年1月には国内での仮想通貨のマイニングも禁止したため、世界最大の仮想通貨取り扱い国であった中国における仮想通貨への需要が減りました。

マイニング-とは-728
【初心者でもわかる!】マイニングを5分で簡単解説

マイニングとは、仮想通貨の取引を記録し、正しいかどうかをチェックする作業(承認作業)のことです。
仮想通貨では、取引に参加している人たちが、あらかじめ決められたルールのもとで通貨の管理を行っています。

続きを見る

取引を行っていた人が一気に減ったため、ビットコインの価格も下落したのです。

仮想通貨の盗難事件

仮想通貨の盗難事件は現在までいくつか発生していますが、大規模であったものが2014年のマウントゴックス事件です。

世界最大規模の取引所であったマウントゴックスから日本円にして470億円相当のビットコインがハッキングにより盗難されました。

1BTCは10万円ほどの価格だったビットコインでしたが、10,000円台まで値下がりしました。

また2017年には日本の取引所コインチェックからネムが約580億円相当が盗まれる事件が起きました。

コインチェックのロゴ
コインチェック(Coincheck)の取引所とは|<登録方法・使い方・手数料>~<事件のその後の歴史>までマルっと解説しました

コインチェックの特徴から歴史、その後などを整理しました。2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。
現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

この事件においてビットコインは盗まれてはいませんが、仮想通貨全体に対する人々の不信感が高まったことでビットコインも下落しました。

男性
仮想通貨が危険と思っちゃうのはこの時の影響なんだね。

もっと詳しい内容は以下でも紹介しているので、気になった人はチェックしてみてください。

ビットコインは今後暴落する?
ビットコイン(BTC)は今後暴落する?2019年は上昇、2020年は?過去の暴落要因もチェック

2018年、ビットコイン(BTC/Bitcoin)は2度暴落し、1年で85%下落しました。億り人が生まれた一方で破産者も続出しました。2019年、4月以降価格は上昇していますが再び暴落はあるのでしょうか。過去の暴落を振り返り、この先の暴落可能性を探ります。専門家による2019年の価格予想も紹介します。

続きを見る

ビットコインの価格は今後上がる?

ビットコイン相場-動向-728

ここ数年で一気に広がったビットコインですが、今後は投資商材として扱われるようになるなど、さらに普及が進む可能性があります。

また、そのための法整備も進められているようです。

利用者が増えれば、それに比例して価格が上がることも考えられます。

どのような展開が今後想定されるのか見てみましょう。

ビットコインETFの承認

ビットコイン-ETF

ビットコインETFとは、ビットコインを投資信託の対象にするというものです。

悩む男性
投資信託の対象になるとどうなるの?
投資のプロたちがビットコインをたくさん買う可能性があるってことよ!
女性
買う人が増えれば価格は上昇するね!

現時点では始まっていませんが、アメリカを中心に話が進んでいます。

今後ビットコインETFが承認されれば、ビットコインの価格に何らかの影響を与えることは間違いないでしょう。

仮想通貨の整備が進む

仮想通貨取引-法整備

今後は仮想通貨に関する法整備が進んでいます。

日本国内では仮想通貨交換業者を登録する制度ができました。

適切な取引環境を提供できない企業には、業務改善命令などが金融庁から出されるようになっています。

また、ヤフーや楽天、マネックスといった大手企業が仮想通貨交換事業に参入していることも、人々の仮想通貨への不安を減らしてくれます。

整備がされると安心して取引ができそうだね!

ビットコインの価格が今後下がる可能性は?

ビットコイン-価格下落-可能性

先ほどは価格が上昇する可能性についてを紹介しました。

ビットコインが今後下がり続ける可能性はないのでしょうか?

次は価格が下落する可能性について見てみましょう。

利便性が向上しない

ビットコイン-便利にならない

ビットコインは通貨として活用するには大きな問題を抱えています。スケーラビリティ問題です。

悩む男性
スケーラビティ問題?

ビットコインは取引を記録できる容量が小さいので、送金に時間がかかります。

買い物した時の決済に10分くらいかかっちゃうのよ…。
女性
男性
10分! かかりすぎだね!

また価格が安定しておらず、価格の変動が激しいこともビットコインの抱える弱点です。

通貨としての便利さと、価値の安定ができないとビットコインが一般的になるのは難しいです。

これらの問題が解決されないと、ビットコインの価値は下がる一方でしょう。

ビットコイン以外の仮想通貨が一般的になる

<a href=アルトコイン-一般的" width="720" height="480" />

先ほど説明した問題を抱えているので、ほかの仮想通貨が一般的になる可能性も十分あります。

ビットコインよりも送金が早いリップルや、スマートコントラクトという特徴を持っているイーサリアムがまさにそうです。

また、スケーラビティ問題を解決するために、ビットコインから分裂したビットコインキャッシュという仮想通貨もあります。

ビットコインキャッシュは儲かる?ビットコインより優秀な仮想通貨の正体

ビットコインキャッシュは、ビットコインと名前が似ているので、何かしら関係があるのかなと思いますよね。
ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから生まれた(分裂した)仮想通貨です。

続きを見る

これらの仮想通貨がビットコインよりも注目されるようになれば、ビットコインの価格は下落してしまうでしょう。

ビットコインは買うべき?

ビットコイン-買うべき

ここまでビットコインの価格が上昇するタイミングや下落するタイミングを紹介してきました。

結局、ビットコインは買うべきなのでしょうか?

最後にこの疑問を解消していきましょう。

実用的になれば通貨の代わりになる

ビットコイン-通貨-便利

説明をしてきたように、ビットコインは送金スピードが遅かったり、取引量が少なかったり様々な問題があります。

しかし、知名度は最も高いですし、保有している人も多い仮想通貨です。

これらの点が改善されれば、ビットコインが通貨として使われる可能性もあるでしょう。

実際、すでにビットコインで決済をできる店舗もあります。

ビットコインがどのように実用的になるかは注目したいですね。

今後広がらない可能性もある

ビットコイン-広がらない可能性

先にも述べたように、リップルやビットコインキャッシュなど性能の面でビットコインより優れている仮想通貨も存在します。

それらの仮想通貨が一般的になれば、ビットコインはあまり使われなくなります。

今は最も知名度があるため、価格も高いですが、使われなくなれば価値が全くなくなってしまう可能性もあるでしょう。

ビットコイン以外にオススメの仮想通貨

仮想通貨-<a href=オススメ" width="720" height="480" />

ビットコイン以外の仮想通貨で便利なものを改めて紹介します。

イーサリアムはスマートコントラクトという技術を採用しています。その時の取引だけではなく、以降の取引についても記録できます。

手間がかからず、すべての取引を行うことができるので、便利さが注目されているのです。

イ―サリアムが使用するスマートコントラクト

また、リップルビットコインよりも早く送金することができます。

ビットコインから分裂しているビットコインキャッシュでは、スケーラビリティの問題が解消されています。

男性
ビットコインよりも優秀な仮想通貨はたくさんあるんだね…。
いま紹介したほかにもあるから、気になる人は下の記事を要チェックよ!
女性
アルトコインの画像
アルトコインとは | わかりやすく用語を徹底解説しました

アルトコイン(オルトコイン)とは?ビットコインとの違いや話題の通貨をランキング形式で比較・紹介!また、アルトコインで効率的に儲ける方法や安心安全の取引所も紹介します。

続きを見る

ビットコインの今後のまとめ

ビットコイン-今後-まとめ

  • ビットコインは、1BTCが200万円台まで上昇していたことがある。
  • ビットコインの特徴はブロックチェーン。管理する機関が不要なので新しい通貨として注目されている。
  • 仮想通貨が一般的になれば、ビットコインの価格が上昇する可能性がある。
  • ビットコイン以外にも仮想通貨は存在し、便利なものも多い。
  • ビットコインは通貨の代わりとして考えられた時と露出機会が増えた時に価格が上昇した。
  • 規制が厳しくなった時や盗難事件が発生した時に、価格は下落している。
  • ビットコインを投資信託の対象にする動きがある。また、仮想通貨を普及させようと国や企業が取り組んでいる。
  • ビットコインは便利にならないと、ほかの仮想通貨に1位の座を奪われる可能性がある。

ビットコインは最も注目されている仮想通貨です。しかし問題点もあり、イマイチ定着するまでは至っていません。

また、現在はビットコインよりも優秀と言われる仮想通貨も増えています。

「前よりも価格が下がっているから!」

「買っている人が多いから!」

これらの理由だけで買うのは避けた方が良いでしょう。

しかし、問題点以外はほかの仮想通貨よりも優れています。

ビットコインの性能がアップした時には買った方が良いかもしれませんね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMM Bitcoin

DMMbitcoinのキャンペーン詳細

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.