ビットコイン(BTC)が高騰、そのワケは。2019年に新たなステージが始まる?

投稿日:

ビットコイン高騰

2019年4月に入り、ビットコイン(BTC)が高騰しています。

2019年2月時点で1BTC=40万円を割っていたビットコイン価格。

4月2日には45万円から一時57万円をつけるなど大幅に上がり、その後60万円に突入しています。

男性
30%も上がるなんて、2017年のような動きだね。
Twitterでも盛り上がりを感じるわ。
女性

 

「ビットコインの高騰」といえば2017年後半、1BTC=200万円を超えた急騰を思い浮かべる人が多いかもしれません。

しかし、その直後に暴落もありました。多大な損失を被った人も多くいるでしょう。

ビットコイン、今後の暴落見通し
ビットコインは今後も暴落する?過去の暴落要因と2019年の見通しをチェック
2018年、ビットコイン(BTC/Bitcoin)は2度暴落し、1年で85%下落しました。億り人が生まれた一方で破産者も続出しました。2019年、4月以降価格は上昇していますが再び暴落はあるのでしょうか。過去の暴落を振り返り、この先の暴落可能性を探ります。専門家による2019年の価格予想も紹介します。

続きを見る

あれから1年2ヵ月余りの2019年4月、ビットコインに新たな動きがみられています。

ビットコインの高騰理由を知りたくてこの記事にたどり着いた人も多いかもしれません。

悩む男性

・ビットコイン(BTC)はなぜ高騰してるの?
・ビットコイン(BTC)の価格はどうやって決まるの?
・2019年のビットコイン(BTC)の見通しを知りたい!

この記事はこんな疑問を解決する内容になっています。

先に結論をお伝えすると、高騰の要因はビットコインに追い風となる環境ができて、チャートの形が上昇トレンドになってきたからです。

この点について、詳しく見ていきましょう。

読者が選んだ人気の取引所ランキング

coinchecklogo

Coincheck / 総合93点

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

GMOcoinlogo

GMOコイン総合92点

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

仮想通貨の取引所ランキング

2019年、ビットコイン(BTC)のチャートをチェック

ビットコインチャート

ビットコインが高騰している要因を探る前に、長期間でのチャートをチェックします。

その理由は大きなトレンド(流れ)が見えるからです。

相場のトレンドは急には変わりません。

船が旋回するときのようにゆっくりと変わっていきます。

そのために長いスパンで見ていきましょう。

まずは2017年~2019年の週足チャートです。週足で大きな流れをチェックします。

ビットコインチャート2017-2019

出典:みんなの仮想通貨

ビットコイン(BTC)は2017年後半から続いた上昇トレンドの中、12月で一気に価格が高騰しました。

最初に起こったビットコインバブルです。

しかし年が明け2018年に入ると暴落し、そのまま断続的な下降トレンドが1年ほど続きました。

下降トレンドの中で何度か高騰していますが、これはあくまで一時的な上げ。

年間で見ると価格を下げた1年となりました。

2018年末になると下降は一服し、底値圏でもみ合って横ばいになっています。

 

ここで時間軸を短くし、2019年2月~4月の日足チャートを見ていきます。

ビットコインチャート日足2019 2-4

出典:みんなの仮想通貨

2019年2月の底値圏(約36万円)から少しずつ上昇しています。

注目したいのは2月末のゴールデンクロス

"ゴールデンクロス"は株価が下落した後に短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上に抜ける現象をいいます。(出典:ケンミレ株式情報

※株価はビットコインの価格として考えて問題ありません。

チャートでは2月末に、25日移動平均線をが75日移動平均線を追い越しています。

詳しくは後述しますが、これは相場が上向くサインのひとつとして見られます。

実際に2019年4月にかけてチャートは上昇トレンドになっています。

ビットコイン(BTC)価格はどうやって決まる?

ビットコイン(BTC)価格

そもそもビットコイン(BTC)の価格はどのようにして決まるのでしょうか。

結論からお伝えすると、買いたい人(需要)売りたい人(供給)のバランスで決まります。

これはビットコインに限らず、株式や為替も同じです。

価格が上がるということは、買いたい人が増えているということです。

「なぜ買いたい人が増えているのか」「これから価格は上がるのか」

このような過去の要因とこれからの予想は、ファンダメンタルテクニカルの2つの視点で分析できます。

これは仮想通貨だけでなく、為替や株式も同じです。

ファンダメンタル
世界情勢や経済指標(FX)、企業の業績や成長性(株式)、通貨の将来性(仮想通貨)などで値動き判断します。

テクニカル
チャート形状や出来高、補助指標などから値動きを判断します。

ファンダメンタルテクニカル

ビットコイン(BTC)の技術や取り巻く環境、チャートの動きに基づく人間心理、この要素から上昇の理由が見えてきます。

次の章でファンダメンタルテクニカル、それぞれの視点からビットコインが高騰している理由に迫ります。

ファンダメンタルから見る、ビットコイン(BTC)高騰要因

ファンダメンタル高騰要因

まずはファンダメンタルズ、ビットコインを取り巻く環境要因を見ていきます。

ここでは大きく2つ挙げます。

  • 金融市場リスクオンの動き
  • 金融庁に認可された新規取引所が続々登場

それぞれ見ていきます。

金融市場リスクオンの動き

ファンダメンタル要因のひとつは、金融市場にリスクオンの動きがあることです。

▼リスクオンとは
投資家がリスクを取って、リターン(収益)を追求しやすい相場状況を表した金融用語です。例えば、欧米などの主要先進国の景気が良好な場合には、株式などに投資家の資金が向かいやすくなります。また、比較的リスクが高い新興国の株式や高金利通貨にも、ハイリターンを狙った資金が向かいます。(出典:SMBC日興証券

リスクオンの要因として、為替の変動が少ないことや世界的な金融緩和路線が挙げられています。

▼マネックス仮想通貨研究所の所長である大槻奈那(おおつきなな)氏のコメント
「このところ変動が少ない為替の代わりに暗号資産にボラティリティを求める動きや、米国をはじめとして世界的に金融政策が再び緩和に向かうということで、リスクオンの動きが高まっていることが背景にありそう。」(出典:コインテレグラフ

また、金融緩和の影響で個別株が上昇トレンドになり投資家が稼ぎやすくなっています。

そのため、ボラティリティ(価格変動幅)が高い仮想通貨にも資金が移っているイメージです。

 

世界中の投資家がチェックするニューヨークダウ平均、週足の動きを見てみます。

ニューヨークダウチャート出典:みんなの株式

2018年12月に暴落したのち、2019年は上昇トレンドが続いています。

ニューヨークダウに動きが引っ張られがちな日経平均株価も見てみます。

日経平均225

出典:みんなの株式

同じように2018年12月に暴落し、その後から2019年は上昇トレンドになっています。

ずっと上昇しているので儲けやすい状況です。

この上昇の勢いから、よりボラティリティの高いビットコイン(仮想通貨)でも稼ごうという動きが出ているのかもしれません。

金融庁に認可された新規取引所が続々登場

ファンダメンタル要因もうひとつは、仮想通貨業界の風向きが変わっていることが挙げられます。

特に2019年3月は大きな動きがありました。

3月15日に金商法・資金決済法改正案が閣議決定されたことに加え、3月25日には日本を代表する19社が出資するディーカレットが金融庁によって交換業者と認可されるなど、「日本の仮想業界に大きな動き」があったことが背景にあると分析した。(出典:コインテレグラフ

3月15日、日本政府により金商法・資金決済法改正案が閣議決定されました。

主には以下のような項目です。(出典:仮想通貨Watch

  1. 仮想通貨の呼称を「暗号資産」に変更
  2. 暗号資産をコールドウォレット等で管理することの義務化
  3. 収益分配を受ける権利が付与されたICO(Initial Coin Offering)トークンは金商法対象であることの明確化

1は暗号資産流出リスクの対策として、2は詐欺的な事案が多いICOに対して適用されるルールが不明確だったための対策です。

これらの改正案は本国会での法案成立を目指して、2020年6月までに施行する見通しです。

詳しく知りたい人は仮想通貨Watchをチェックしてみてください。

仮想通貨Watch - 日本政府、仮想通貨「暗号資産に呼称変更」や「ICOトークンが金商法対象に」等の改正案を閣議決定

 

3月25日には、仮想通貨交換業者として新たに2社の登録がありました。

1社は楽天ウォレット

もともと「みなし業者」として仮想通貨取引所の営業をしていました。

2月13日にみんなのビットコインから楽天ウォレットに名称が変更し、その後正式に金融庁の認可を受けました。

楽天ウォレット
楽天ウォレットの口座開設、登録方法・手数料や仮想通貨の種類を紹介
ついにあの楽天が仮想通貨事業を始めました。サービス名は「楽天ウォレット」。金融庁への登録が済んだうえでサービスが開始します。すでにGMOコインやbitbank、BITPointなど多くの仮想通貨取引所が存在しますが、楽天ウォレットはどんな特徴を持つ取引所なのでしょうか。

続きを見る

もう1社はデジタル通貨のメインバンクをコンセプトに生まれたディーカレット

通信大手のIIJ、メガバンクの三井住友銀行、大手証券の野村ホールディングスのほか、東日本旅客鉄道(JR東日本)やヤマトホールディングスなど、各業界を代表するリーディング企業19社がパートナーになっています。

ディーカレットTOP
【ディーカレットって何者?】超大手19社が出資する取引所、特徴から口座登録までを解説
2019年3月、ディーカレットは19社目の仮想通貨交換業者として金融庁の認可を受けました。通信大手のIIJ、メガバンクの三井住友銀行、東日本旅客鉄道(JR東日本)やヤマトホールディングスなど、各業界を代表するリーディング企業19社がパートナーになっています。

続きを見る

このような大手企業が参入したことで、これまで取引を控えていた投資家も注目した可能性があります。

【追記あり】金融庁 仮想通貨交換業者に楽天ウォレットとディーカレット2社を登録 1月のコインチェック以来初めて

テクニカルから見る、ビットコイン(BTC)高騰要因

テクニカル高騰要因

続いてテクニカル要因、チャートの動きをチェックします。

テクニカルでは、価格上昇のサインとなる2つの動きがありました。

レジスタンスラインの上抜け

テクニカル要因、ひとつ目はレジスタンスラインの上抜けです。

ビットコイン(BTC)日足チャートを再度チェックします。

ビットコインレジスタンスライン出典:みんなの仮想通貨

2018年の高値をラインで結ぶと抵抗線(レジスタンスライン)として機能していることが分かります。(参考:レジスタンスライン

この抵抗線に跳ね返されて下落を続けていたビットコイン価格ですが、2019年に入りそのラインを超えました。

これは上昇トレンドのサインのひとつと見ることができます。

200日線と50日線のゴールデンクロス

テクニカル要因、ふたつ目はゴールデンクロスです。

上述の通り、ゴールデンクロスは「買いサイン」と言われます。

■なぜ”ゴールデンクロス”は買いなのか?
株価が下落するときは、高値で買って売り損なっている人がたくさんいます。
その人たちは損をしたくないので再び株価が上がってくるのを待っています。
これは、高値で買っていた人の"売りたい"という重石が株価を上から押さえている状態です。
そして、売りたい人の多くが上昇を待ち切れずにあきらめて売ってしまい、その重石が取れたときがゴールデンクロスになります。
少し難しくいうと需給関係が良くなったともいいます。
つまり“売りたい投資家”がいなくなると株は上がるしかないということです。(出典:ケンミレ株式情報

移動平均線の意味も確認しておきましょう。

移動平均線は、一定期間の平均価格を日々計算して出した「答え」を線でつないだものです。
例えば5日移動平均値は5日分の平均価格となります。そして、日々の平均価格を線でつないだものが5日移動平均線となります。(出典:じぶん銀行

実際にビットコインの移動平均線を見てみます。

長期の移動平均線もチェックできるTradingViewというチャートで見ています。

ビットコイン200日線出典:TradingView

2019年4月25日のチャートですが、短期の50日線が長期の200日線をゴールデンクロスしていることが分かります。

これも上昇トレンドのサインのひとつと見ることができます。

 

米国の著名投資アナリスト、トム・リー氏は、ビットコイン価格が200日線を上回っている時は勝率が大幅に上がり80%となることをTwitterで発信しています。

このように多くの投資家が前向きに捉えられるチャートの動きになると、買いたい人も増えてきます。

トレンド転換の可能性があるんだね。
これからの動きも引き続き注目よ。
女性

ビットコインの移動平均線がゴールデンクロス、2015年以来「3年6ヶ月」ぶり

今後もビットコイン(BTC)の価格は上がっていく?

ビットコイン(BTC)今後も上がる?

今後も価格は上がるのかな?
トレンドは上向いているけど、今後に絶対はないわ。だから断言できないの。専門家の予想を紹介するわね。
女性

ベテランのトレーダー、ピーター・ブラント氏

2018年、ビットコイン(BTC)が80%以上下落するという予想を的中させたベテランのトレーダー、ピーター・ブラント氏(71歳)が今後2年でビットコインは5万ドルに到達するかもしれないと予想した。(出典:4月11日 コインテレグラフ

また、その根拠として過去の上昇相場に似ていることを言及しています。

「2017年12月~2018年にかけて起きたことは、2013年~2015年の弱気相場と似ている」とし、「10回ほど連続でアップダウンを繰り返した点」などが特徴が酷似していると述べた。

5万ドル(約550万円)となれば、過去最高となった200万円を大きく上回ります。

 

米国の著名投資アナリスト、トム・リー氏

米国の著名投資アナリスト、トム・リー氏が、大手メディアCNBCのインタビューに応じ、順調に行けばビットコイン価格の回復は、8月頃に見られるだろうと発言した。(出典:3月18日 Coinpost

その要因として以下を挙げています。

  • グローバル企業の仮想通貨に対する関心
  • 政治的困難な国家でのビットコイン普及
  • ウォール街の仮想通貨事業展開
  • BTC価格4000ドル台で底値が固まること
  • 200日移動平均線

また、以下のように200日線を重要視しています。

そこで重要指標となるのは、200日移動平均線だ。ビットコイン価格がこのまま4000ドル台を推移していけば、8月頃に200MAを上抜けるだろう。

トム・リー氏の予想では8月頃としていますが、予想よりも早く上抜けたことで価格上昇が加速していく可能性があります。

早速取引をしてみたい!オススメ取引所

ビットコイン<a href=取引所オススメ" width="700" height="350" />

ビットコインを買ってみたいと思った人もいるかもね。
ビットコイン(BTC)を買うには取引所の登録が必要よ。オススメ取引所を紹介するわ。
女性

アプリが圧倒的に使いやすいコインチェック

コインチェックキャンペーン

まず紹介したいのが、2019年1月11日に正式に仮想通貨交換業者となったコインチェック(Coincheck)

東証一部上場のマネックスグループ傘下となった同社は、老舗ネット証券のノウハウを活かし、セキュリティなどのサービス強化を図っています。

取り扱い通貨はビットコイン(BTC)を含む全9種類と豊富です。

また、特に好評なのは使いやすいアプリです。

coincheckapp

コインチェックは販売所形式のみですが、アプリで通貨の購入や売却が簡単にできるので初心者にもオススメです。

また、2019年4月からは最大20,000円のキャッシュバックとなるキャンペーンも開始しているため、口座開設にはよいタイミングと言えるでしょう。

詳細はCoincheck公式サイトでチェックしてみてください。

バランスの取れたGMOコイン

<a href=リップル・GMOコイン" width="700" height="309" />

ビットコイン(BTC)の売買はGMOコインオススメです。

その理由に取引コスト信頼性が挙げられ、最もバランスの取れた取引所と言えます。

取引コスト:入出金手数料が無料取引手数料が多くて0.01%のため取引コストがほぼかからない、取引所形式で取り扱いがあり安く買える

信頼性:金融事業も行う東証1部上場企業のGMOインターネットグループが運営するため、取引所運営のノウハウが充実している

初心者のためにビットコイン(XRP)の買い方を詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

ビットコインの買い方
《ビットコインの買い方・購入・投資方法》初心者必見の取引の始め方を紹介!
初心者の人にとってビットコインの買い方は難しいイメージがありますよね。「ビットコインを買ってみたいけど、何をすればいいかわからない」、そんな人のために、この記事ではビットコインの買い方やリスク・デメリットを紹介します。

続きを見る

すぐに口座開設をしたい人はこちらから申し込みができます。

\今ならビットコインをプレゼント中!/

GMOコインの公式サイトへ

ビットコイン高騰要因のまとめ

ビットコイン(BTC)高騰まとめ

  • ビットコイン(BTC)の2018年は下降トレンド、2019年は上昇トレンド。
  • ビットコイン(BTC)の価格は需要と供給で決まる。
  • ファンダメンタルとテクニカル、それぞれの要因が考えられる。
    ファンダメンタルは以下2つ
    - 金融市場リスクオンの動き
    - 金融庁に認可された新規取引所が続々登場
    テクニカルは以下2つ
    - レジスタンスライン上抜け
    - 200日線と50日線のゴールデンクロス
  • ベテラントレーダー、アナリストは今後も上昇を予想。

いかがでしょうか。

引き続きビットコイン(BTC)の価格に注目していきたいですね。

この記事がお役に立てばうれしい限りです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-topics
-,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.