【ビットコインキャッシュ取引所比較!2019年最新版【BCH取引にオススメな取引所10選】を一覧で紹介

ビットコインキャッシュ-取引所
悩む男性
ビットコインキャッシュの取引所はどこがおすすめかな?

ビットコインキャッシュの現在価格は?

上記の疑問を持つ方におすすめの記事です。

ビットコインキャッシュ(BCH)はいくらで買える?

ビットコインキャッシュの価格は、2019年9月現在は30,000円前後を推移しています。

2019年4月以降は上昇傾向にあり、2019年7月で今年の高値を記録したのち、下降トレンドとなりました。

ビットコインキャッシュの価格推移

ビットコインキャッシュ(BCH)の2019年7月現在の価格

ビットコインキャッシュの現在の価格は以下の通りです。

 

ビットコインの価格は約110万円ですので、比較をすると大きな差があります。

これまでどのような価格推移をしていたのでしょうか?

ビットコインキャッシュのチャートを見てみましょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)のチャート

ビットコインキャッシュのチャートは以下の通りです。

 

激しく乱高下を繰り返していますね。

ビットコインキャッシュはまだ価格が安定をしていません。

女性
ビットコインキャッシュについて、さらに詳しく知りたいという方は以下の記事を読んでみてください。
【ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク】過去の歴史やハードフォークした理由・経緯を解説
ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークとは?過去の歴史やハードフォークした理由・経緯を解説

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)とハードフォークを分かりやすく整理します。通貨のメリット・デメリットを押さえて、2019年に予想できる通貨の将来性、特徴を徹底的に説明します。

続きを見る

ビットコインキャッシュ(BCH/Bitcoin Cash)を扱っている取引所

ビットコインキャッシュ-<a href=

金融庁の仮想通貨交換業者登録一覧にある登録番号の順番に従って、取引所を紹介します。

金融庁認可一覧

仮想通貨取引所一覧②

画像出典:金融庁公式HP「仮想通貨交換業者登録一覧」

ビットコインキャッシュを扱う取引所は以下の10ヶ所です。

  • Liquid by Quoine
  • bitFlyer
  • bitbank
  • GMOコイン
  • BitTrade
  • BTCBOX
  • BITPoint
  • DMM Bitcoin
  • coincheck
  • フィスコ仮想通貨取引所

過去ハッキング被害ゼロ! Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

liquid(quoinex)Liquid by Quoineは2014年に設立した取引所で、過去にハッキング被害がなく、セキュリティが高いです。

Liquid by Quoineの経営メンバーは、世界一流企業(ゴールドマン・サックスやバンク・オブ・アメリカ)経験者が揃っています。

合計250年に値する、金融とIT技術を持つ国際レベルの取引所です。

liquid(quoinex)
【初の金融庁認可】マッチョなエリート集団が作ったLiquidとは?

Liquid(リキッド・旧QUOINEX)は、仮想通貨交換業者として日本で初めて金融庁の認可を受けた取引所です。独自のトークンQASH(キャッシュ)を含む5種類の仮想通貨を扱っています。

続きを見る

初心者に使いやすい取引画面のbitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーもLiquidと同様、2014年に設立した取引所です。

2019年7月3日より、ビットフライヤーは新規のお客様による口座開設を再開しています。

ビットフライヤーは一時期、2018年6月22日に受けた金融庁からの業務改善命令によって、新規のお客様による口座開設を中止していました。

ビットフライヤーには、多くの大手企業出資しているので、大手企業からの出資を受けられる、信頼性の高い企業であることがわかります。

ビットフライヤー株主一覧

画像出典:公式サイトbitFlyer

ビットフライヤー
bitFlyerの手数料は安い?国内1位の取引所を簡単解説

bitFlyerは仮想通貨の取引で有名な取引所でしょう。これから取引を始めようとする人にとって、利用する取引所の候補に挙がりやすいでしょう。
今回はbitFlyerの手数料や特徴について紹介します。他の取引所と比較して価格は高いのでしょうか?

続きを見る

通貨取引量国内NO1のbitbank(ビットバンク)

bitbankのトップ画面bitbank(ビットバンク)は2014年5月に設立した仮想通貨取引所です。

通貨の取引量※1とセキュリティ対策※2の2つの分野で、国内No.1です。

(参考:bitbank(ビットバンク) ※1. 2019年5月15日 CoinGecko調べ)

(参考:bitbank(ビットバンク) ※2. 2018年10月3日ICORating調べ) 

bitbank
ビットバンク(bitbank)の評判|口座開設前に知りたかったビットバンク(bitbank.cc)の口コミ(メリット・デメリット)

bitbankは仮想通貨の取引をすでに始めている、中級者・プロ向けの取引所です。
「使っても安心?」、「使いやすさやセキュリティはどうなの?」などといった機能的なメリット・デメリットから、おトクにbitbankを使いこなす方法を紹介します。

続きを見る

大手GMOインターネットグループが運営するGMOコイン

GMOコインは東証一部に上場する、GMOインターネットのグループ会社です。

グループが培ってきた高度な金融システムと、ユーザーが使いやすい取引画面が評価されています。

特にビットレ君というアプリは使いやすいと評判で、初心者にオススメの取引所です。

【GMOコインが選ばれる3つの理由】手数料無料で100円から取引!

GMOコインは東証一部に上場している、GMOインターネットのグループ会社です。
この記事では、GMOコインの特徴やメリット、デメリットについて説明をしたいと思います。

続きを見る

Bittrade

BitTrade(ビットトレード)

BitTradeは2016年に設立しました。

2018年11月にHuobi(フォビ)グループに買収されたため、取引システムをHuobiグループのプラットフォームに移行しています。

2019年1月18日をもって、ビットトレードでの口座サービスは終了しています。

出典:ビットトレードをご利用のお客様へ

ビットトレードを買収したHuobi(フォビ)グループは、ユーザー数・取引量が世界トップレベルの取引所です。

現在130ヵ国以上にユーザーを持っています。

ビットトレードは、Huobi Japan(フォビジャパン)としてサービスを運営しています。

BitTrade(ビットトレード)
BitTrade(ビットトレード)はどんな取引所?特徴やメリットを紹介【フォビジャパン】

BitTrade(ビットトレード)は、タレントの「こじるり」こと小島瑠璃子(こじま・るりこ)さんがイメージキャラクターをつとめる取引所です。
しかし、テレビCMなどは放映していないので「聞いたことがない」という人もいるかもしれません。どんな取引所なのでしょうか。

続きを見る

高い安全性を追求しているBTCBOX

btcboxtopBTCBOXは2014年に起きたマウントゴックス事件を受けて、より安全な取引所を作るために設立しました。

2014年の設立以来、大きな事故がない取引所です。

ビットコインが借りられる「仮想通貨融資」というサービスがあり、手元にお金がなくても取引可能です。

btcboxtop
経営理念は「お客様の信頼獲得」【BTCBOX】はどんな取引所?

大事な仮想通貨を預ける取引所は何より信頼が大事だよね。 そうね。BTCBOXその信頼を第一に「お客様の信頼獲得」を経営理念とする取引所よ。 この記事でわかること BTCBOXの会社情報と特徴、口コミ ...

続きを見る

2019年7月11日からサービスが一部停止中のBITPoint

BITPointBITPointは2016年に設立された取引所です。

2019年7月11日、BITPointで仮想通貨の不正流出事件が起きたため、一時的に全サービスを停止していました。

2019年8月6日の14時から、順次一部サービスを再開しています。

ビットポイントのサービス再開に関する案内

BITPoint
【BITPoint】本田圭佑のCMで話題の仮想通貨取引所を詳しく解説

BITPointは2016年6月にサービスを開始した仮想通貨取引所です。
手数料が無料の取引所として初心者に人気です。

続きを見る

レバレッジ取引が可能なDMMビットコイン(DMM Bitcoin)

dmmbitcoin・DMMビットコインDMM Bitcoinは2016年に設立しました。

株式会社DMM Bitcoinは、合同会社DMM.comのグループ会社です。

合同会社DMM.comとは

FX、株、馬主サービスなど投資関連サービスのほか、ゲームや英会話、レンタルサービスなど幅広い事業を手掛けています。

親会社のDMMはセキュリティ対策使いやすさ定評があります。

DMM ビットコインでは、ビットコインキャッシュはレバレッジ取引のみ可能です。

-レバレッジ取引

レバレッジ取引は差金決済という仕組みで、資金の数倍の金額で取引ができます。

差金決済

取引ごとに仮想通貨の受け渡しがあるわけではなく、仮想通貨を売買した差額の現金だけを決済時に受け渡す方法。

dmmbitcoin・DMMビットコイン
DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)の特徴|口座開設前に知りたかったDMMビットコインの口コミ評判・メリット・デメリットを解明

ローラさんのCMで話題のDMM BItcoinの取り扱い通貨は全部で7種類。アルトコインでもレバレッジ取引ができます。FXの経験を活かして作られたスマホアプリは使いやすさに定評があります。

続きを見る

フィスコ(FISCO)

フィスコ仮想通貨<a href=フィスコは2016年に設立した取引所です。

仮想通貨流出事件が発生したZaifに金融支援を行いました。

フィスコはセキュリティの高さが評価されています。

一方、取引手数料が無料の取引所が多い中で、フィスコでは取引手数料が0.1~0.3%かかります。

フィスコ仮想通貨取引所
【Zaif事件で有名に】親会社は上場企業、フィスコの取引所とは?

フィスコ仮想通貨取引所は、ジャスダック上場会社のフィスコが運営する取引所です。金融情報に携わる親会社の知見を活かしたセキュリティの強さがウリです。2018年11月22日、運営会社のフィスコ仮想通貨取引所は取引所のZaifを譲り受け、2つの取引所を運営する形となりました。

続きを見る

coincheck(コインチェック)

コインチェックのロゴコインチェックはユーザー数・仮想通貨の取引量の2つの項目において、国内最大級です。

コインチェックでは、2018年1月にアルトコインのネム流出事件が起きました。

女性2
過去の仮想通貨流出事件を知りたい方は以下の記事を見てくださいね。
仮想通貨の流出事件をポイント整理
《仮想通貨の流出・ハッキング事件まとめ一覧》安全に仮想通貨を管理するテクニックをしっかり解説します

仮想通貨の流出事件をまとめました。ユーザーが使いやすい取引所、通貨の安全な管理方法、通貨を扱う上で気を付けるポイントを中心に取り扱います。

続きを見る

現在は金融大手のマネックスグループに買収され、取引を再開しました。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者でも安心です。

コインチェックのロゴ
コインチェック(Coincheck)の取引所とは|<登録方法・使い方・手数料>~<事件のその後の歴史>までマルっと解説しました

コインチェックの特徴から歴史、その後などを整理しました。2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。
現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

【ビットコインキャッシュ(BCH/Bitcoin Cash)にオススメ!】国内取引所3つ

ビットコインキャッシュ-<a href=ビットコインキャッシュにおすすめな取引所は、以下3つです。

  1. コインチェック(coincheck)
  2. GMOコイン
  3. bitbank(ビットバンク)

1、コインチェック(coincheck)

コインチェックのロゴコインチェックはユーザー数・仮想通貨の取引量の2つの項目において、国内最大級です。

コインチェックのアプリは使いやすく、見やすいので初心者におすすめです。

以下にメリット・デメリットをまとめています。

メリット

  1. 取引画面が見やすく、初心者に使いやすい
  2. 販売所形式でいつでも通貨が購入可能
  3. 取り扱いコインが9種類と豊富

デメリット

  1. 取引所ではないので、アルトコインのスプレッドが高い
  2. 取引所ではビットコインしか取り扱いがない

2、GMOコイン

GMOコイン-728GMOコインは、東証一部上場のGMOグループ会社が展開しています。

取引画面のデザインが見やすく、モバイル用のアプリがあるので初心者も安心です。

GMOコインには仮想通貨の販売所があるので、好きな時に好きな量の仮想通貨を買うことができます。

販売所と取引所にはシステムの違いにあります。

ポイント

  • 取引所では、ユーザー同士が合意した売買価格で取引を行う
  • 販売所では、販売所が提示する購入価格・売却価格で取引をする

以下にメリット・デメリットをまとめています。

メリット

  1. 販売所と取引所の両方がある
  2. 取引アプリのビットレ君が使いやすい
  3. 入出金手数料が無料

デメリット

  1. スプレッドが広がる可能性がある(他社が数百円のスプレッドに対して数千円
  2. 過去に仮想通貨取引に規制をかけた(2017年12月)
【GMOコインが選ばれる3つの理由】手数料無料で100円から取引!

GMOコインは東証一部に上場している、GMOインターネットのグループ会社です。
この記事では、GMOコインの特徴やメリット、デメリットについて説明をしたいと思います。

続きを見る

3、ビットバンク(bitbank)

ビットバンクは通貨の取引量セキュリティ対策2つの分野で、国内No.1です。

セキュリティ対策では、コールドウォレットやマルチシグの対策ハッキングリスクを軽減しています。

女性2
コールドウォレットやマルチシグについて詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてくださいね。
仮想通貨の公開鍵と秘密鍵
【イラストでわかる】公開鍵・秘密鍵とは?初心者向けに解説

仮想通貨を送金するときに必要な公開鍵・秘密鍵。イラストや実際の送金の様子を交えて、どのサイトよりもシンプルにわかりやすく解説していきます。

続きを見る

仮想通貨のウォレット
仮想通貨・ビットコインをウォレットで保管すべきたった2つの理由とオススメウォレット

もしかすると、売買をしている取引所の口座にコインを置いている人も多いかもしれません。だけど本当に大丈夫ですか?リスクを考えて取引をしていますか?
この記事では仮想通貨の取引ではウォレットを使うべき理由とオススメのウォレットを紹介します。

続きを見る

以下にメリット・デメリットをまとめています。

メリット

  1. セキュリティ対策力が高い
  2. 通貨の取引量が国内NO1
  3. 仮想通貨を貸して増やすサービスがある

デメリット

  1. 販売所がないので通貨をすぐに購入できない可能性がある
  2. 現物取引のみに対応(レバレッジ取引がない

より詳しく知りたいという方は下記の記事を見てください。

ビットバンク口座開設・登録方法
bitbankの口座開設・登録の流れから入金・出金方法まで徹底解説します

bitbank(ビットバンク)の口座開設はとても簡単です。登録から約5日間ですぐに取引を始められます。口座開設の際の二段階認証や本人確認書類の登録を1ステップずつ、分かりやすく解説いたします。

続きを見る

ビットコインキャッシュ(BCH)取引所のまとめ

ビットコインキャッシュ-<a href=

  • ビットコインキャッシュを扱う取引所は10ヶ所
  • 国内取引所はコインチェック、GMOコイン、Bitbankがオススメ

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料

DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.