ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークとは?過去の歴史やハードフォークした理由・経緯を解説

【ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク】過去の歴史やハードフォークした理由・経緯を解説

「ビットコインキャッシュって、ビットコインと何が違うの?」

「ハードフォークって何だろう?」

「ビットコインキャッシュ」は、ビットコインと並んでよく耳にする通貨ではないでしょうか。

今回はビットコインキャッシュのとハードフォークについて分かりやすく解説します。

次回のハードフォーク

4回目のビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークは、2019年11月15日21時頃といわれています。

詳しくは「【2019年11月予定!】ビットコインキャッシュ(BCH)の今後のハードフォークをご確認ください。

読者が選んだ人気の取引所ランキング

GMOcoinlogo

GMOコイン総合1位

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

dmmbitcoin

DMM Bitcoin / 総合2位

1000円キャッシュバックキャンペーン中
(2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

365日LINEサポート

 

coinchecklogoCoincheck / 総合3位

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

仮想通貨の取引所ランキング

ビットコイン(BTC)からハードフォークで生まれたビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ誕生

ビットコインキャッシュは、2017年8月にビットコインからハードフォーク分裂)して生まれたアルトコインです。

通貨の単位は、BCH(ビーシーエイチ)です。

ビットコインキャッシュは、ビットコインが抱えていた問題点を解決する技術が使われています。

【2019】ビットコインキャッシュ(BCH)とは?今後の価格や将来性をチャートから分析しました

ビットコインキャッシュです。ビットコインキャッシュはビットコインの問題点を解決するために生まれた仮想通貨です。2017年の誕生から現在までの経緯や今後の動きをチャートと一緒に見てみましょう。

続きを見る

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違い

悩む男性
ビットコインキャッシュは、ビットコインと何が違うのかな?
ビットコインキャッシュは、ビットコインに似ていますが、ブロックサイズが異なります。
女性2
通貨の名称ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)
時価総額190,877億円(第1位)約5,940億円(第4位)
発行上限量2100万枚2100万枚
半減期の周期4年に1度4年に1度
設立2013年04月2017年8月
製作者サトシ・ナカモト不明
ブロックサイズ1MB32MB
日本は仮想通貨の先進国
仮想通貨のビットコイン(BTC)とは?簡単かつわかりやすく特徴を整理しました

ハッキング事件などでクローズアップされることも多いビットコイン・仮想通貨。果たしてどのような経緯で誕生し、価格上昇を遂げた通貨なのでしょうか。ビットコインの特徴について見ていきましょう。

続きを見る

取引や送金が遅れるスケーラビリティ問題

取引や送金が遅れるスケーラビリティ問題

ビットコインの取引処理において、下記2点の問題が発生しました。

  1. 取引処理の遅延
  2. 送金速度の低下

上記の問題は、スケーラビリティ問題といわれています。

スケーラビリティー [5] 【scalability】
大規模化してもコストなどが規模に比例して増えないこと。コンピューターの分野では,システムが有する拡張性のことをいい,システムへの要求の変化に応じたり,それに伴って自らの性能を柔軟に変化させるようすをさす。(抜粋:スケーラビリティとは?

スケーラビリティ問題が起きた原因を整理するために、ブロックチェーンの仕組みについておさらいしましょう。

【3分でわかる】スケーラビリティ問題とは?課題点と解決策を紹介

ビットコインの問題点として挙げられるスケーラビリティ問題。仮想通貨について興味を持っているのであれば、1度は耳にしたことがあることでしょう。
今回は、スケーラビリティ問題について説明をします。仮想通貨の今後や将来性において、とても大事なことですので、しっかりと覚えておいてくださいね。

続きを見る

取引を記録するブロックチェーン

暗号通貨とブロックチェーン

ブロックチェーンは、仮想通貨の取引を記録する仕組みです。

ブロックチェーンという名前の通り、約10分ごとに取引データが1つのブロックに収められ、鎖状に繋がってデータが管理されています。

スケーラビリティ問題の原因はデータ処理の遅延

原因はデータ処理の遅延

ビットコインでは、取引ユーザーが大幅に増えたことで、処理すべき取引量が増えました。

しかし、1度に処理できるデータは1MBに限られています。

よって取引処理が1度で完了せず、取引処理の順番待ちが起こり、送金速度が遅延しました。

結果として、ビットコインの利便性が失われてしまいました

ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密

ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源であるビットコインを支える技術として発表されました。仮想通貨が通貨として機能し、サービスを動かしていくことを支える技術として非常に注目されています。

続きを見る

スケーラビリティ問題の解決案は2パターン

ビットコイン関係者は、スケーラビリティ問題を解決する方法を2種類考えました。

  1. 1つのブロックあたりに格納する容量を大きくする
  2. 1つのブロックあたりの格納上限は1MBのままで、取引データを圧縮する方法

1の案の支持者はビットコインからハードフォーク(分裂)させ、ビットコインキャッシュを誕生させました。

2の案はビットコイン支持者の間で採用されました。

通貨をアップデートするハードフォークのはたらき

仮想通貨の仕組みとハードフォーク

ハードフォークとは、ブロックチェーンの仕組みを変更し、分裂させることです。

つまり、仮想通貨をアップデートすることと同じです。

ハードフォークを行なうと、新しいブロックチェーンと古いブロックチェーンの2種類が誕生します。

それぞれのブロックチェーンは独立して存在するため、お互いに置き換わることはできません。

ハードフォークの意味を図解でかんたんに解説
ハードフォークの仕組みが《図解》でまるわかり!初心者向けにわかりやすく解説しました

ハードフォークの意味は?わかりづらい仮想通貨の用語を<図解>で整理しました。最近話題の2019年のイーサリアムのコンスタンティノープル、ビットコインキャッシュ(ABCとSV)などの事例も紹介しています。

続きを見る

ビットコインキャッシュ(BCH)で起きた3度のハードフォーク(分裂)の歴史

ビットコインキャッシュでは、3回にわたるハードフォークが行われました。

過去に行われたハードフォーク

ハードフォーク1回目(2018年5月)

1度目のハードフォークで、2つの変更がありました。

  1. ブロックサイズを8MBから32MBに変更
  2. スマートコントラクト機能を搭載

1、ブロックサイズを8MBから32MBに変更

ブロックサイズを8MBから32MBに変更

1つ当たりのブロックサイズを、ビットコインの32倍に拡大しました。

ブロックサイズが大きくなることで、データ格納量が十分に確保されました。

結果として、取引承認速度の遅れがなくなりました。

2、スマートコントラクト機能を搭載

スマートコントラクト機能を搭載

スマートコントラクトとは、日本語で「契約の自動化」を意味します。

Satoshi OP_codesというオペコードの追加により、スマートコントラクト機能を搭載することができました。

ハードフォーク2回目(2018年11月)

ハッシュ戦争勃発

2度目のハードフォークで、ビットコインキャッシュの開発者グループであるBitcoin SV(Satoshi Vision)Bitcoin ABCと呼ばれる2つのグループが内部で対立しました。

Bitcoin ABCは、ビットコインからビットコインキャッシュが分裂するのに携わったグループです。

議論では決着がつかなかったため、ハッシュ戦争と呼ばれる争いに発展しました。

結果、ビットコインキャッシュのブロックチェーンは枝分かれし、ビットコインキャッシュが下記の2種類の通貨に分裂しました

  • ビットコインABC(現在のビットコインキャッシュ
  • ビットコインSV

ハードフォーク3回目(2019年5月)

3度目のハードフォークで、ビットコインキャッシュシュノア署名というシステムを導入しました。

シュノア署名システムの導入により、取引の署名データを縮小できます。

署名データを縮小することで、1つのブロックに収めるデータをより増やすことができるため、取引スピードを向上させます。

【2019年11月予定!】ビットコインキャッシュ(BCH)の今後のハードフォーク

4回目のビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークは、2019年11月15日21時頃といわれています。

Bitcoin Cash(BCH)は日本時間11月15日21時(UNIXタイムスタンプ:1573819200)前後にネットワークアップグレード(ハードフォーク)の実施を予定している(参考資料)。

出典:仮想通貨(暗号資産)ニュース「ビットコインキャッシュ、日本時間11月15日21時前後にハードフォーク」

ビットコインキャッシュ(BCH)は毎年5月と11月アップデートされています。

2019年11月のハードフォークでは、以下2点の変更が予定されています。

  1. シュノア署名システムの拡張(シュノア署名システムを使用できる範囲が増える)
  2. 取引セキュリティを向上

出典:仮想通貨Watch

ハードフォーク前後は、価格の変動取引所の動きに注意しましょう。

ビットコイン(BTC)から生まれた主要なアルトコイン3種類

ここでは、ビットコインから生まれた主要なアルトコイン3種類をご紹介します。

3種類のコインは時価総額が30位以内(2019年8月執筆時点)で、高い順位にランクインしています。

通貨名称ビットコインキャッシュ(BHC)ビットコインSV(BSV)ビットコインゴールド(BTG)
時価総額第4位第8位第27位

ハードフォークで生まれたビットコインキャッシュ(BCH)の3つのメリット

ビットコインキャッシュ(BCH)のメリット)

ビットコインキャッシュには、下記3つのメリットがあります。

メリット

  1. 送金速度が速い
  2. 時価総額が高い
  3. 取引手数量が安い(取引処理のスピードが速く、処理を待つ時間が短いから)

ハードフォークで生まれたビットコインキャッシュ(BCH)の2つのデメリット

ビットコイン キャッシュ (BCH )のデメリット

ビットコインキャッシュには、下記2つのデメリットがあります。

デメリット

  1. 定期的な仕様変更により、1度取引が止まる(取引所が仕様変更に対応するため)
  2. ハードフォークによる通貨のアップデートで、価格が変動しやすい(通貨の利便性向上が予想されるため)

まとめ

  • ビットコインキャッシュは取引手数料が安い
  • ビットコインキャッシュは送金速度が速い
  • ハードフォークとは分裂を意味し、仮想通貨のアップデートにつながる

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMMビットコイン

DMMbitcoinキャンペーン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMMビットコインをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しななん

踊れる仮想通貨女子を目指して、日々コツコツ。 「仮想通貨ってなに?」から始めて、日々勉強中です。 1人でも多くのみなさんに、「ちょっと仮想通貨を始めてみようかな。」と思ってもらえる記事を配信していきます。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.