ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)、特徴や口コミを比較しました

投稿日:

ビットコインとライトコイン比較

仮想通貨の代名詞と言えるビットコイン、その改良版として生まれた2番目の仮想通貨・ライトコイン

「ビットコインが金なら、ライトコインは銀」と定義されています。

その理由は希少性にあります。

金:流通量が少なく、希少性が高い

銀:流通量が多く、(金と比較して)希少性が低い

また、国内の銀は金の価格の66分の1と安価で手に入ります。

この点がビットコインとライトコインが金と銀に比較されるポイントです。

実際に2つの通貨の発行上限が異なります。

それぞれの特徴を以下にまとめました。

仮想通貨名ビットコインライトコイン
単位BTCLTC
価格(2019年4月18日現在)約58万円約8,700円
発行上限枚数2,100万枚8,400万枚
利用目的通貨より身近な通貨
送金時間約10分約2.5分

どちらも通貨としての機能を果たすために生まれていますが、実際に買っている人は何に期待をしているのでしょうか?

今回は実際に買っている人の声と一緒に、この2つの仮想通貨を比較してみました。

まずは簡単にそれぞれの特徴をチェックしましょう。

ビットコイン(BTC)とは?

ビットコインとは?

ビットコインは、サトシナカモト氏により2008年に提唱された世界初の仮想通貨です。

政府や銀行などの中央管理者が存在しないことが大きな特徴です。

ブロックチェーンという技術が使われていて、取引履歴はすべてブロックに記録されます。

仮想通貨の時価総額ランキングは常に1位で、仮想通貨の代名詞といえる存在です。

 
女性2
ビットコインの仕組みや歴史についてはこちらの記事を参考にしてね。
日本は仮想通貨の先進国
【ビットコインとは】2019年完全版!将来性をチャート、価格から初心者向けにすべて整理しました
ハッキング事件などでクローズアップされることも多いビットコイン・仮想通貨。果たしてどのような経緯で誕生し、価格上昇を遂げた通貨なのでしょうか。ビットコインの特徴について見ていきましょう。

続きを見る

【図解で簡単】今さら聞けないビットコインの仕組みとは?
ビットコインが注目されているポイントはわかりづらいですよね。ビットコインを始めとする仮想通貨が、なぜ画期的だと言われているのか?今回はその理由について紹介をします。

続きを見る

ライトコイン(LTC)とは?

ライトコインとは

ライトコインはGoogleでエンジニアをしていたチャーリー・リー(Charlie Lee)氏が開発した仮想通貨です。

ビットコインを基に作られ、ビットコインよりも日常で使える仮想通貨として2011年に生まれました。

最初にできたアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)で、ビットコインに次いで2番目に歴史があります。

 
女性2
ライトコインの仕組みや歴史、価格についてはこちらの記事を参考にしてね。
ライトコインはどんな仮想通貨
【ライトコイン(LTC/Litecoin)】半減期目前、2019年値上がりが続く仮想通貨
ライトコインは、ビットコインをもとにビットコインよりも実用性を重視して作られた仮想通貨です。2019年に入り価格は上がり続け6月には年初来高値をつけ13,000円を超えました。積極的な企業との提携や、2019年8月に迎える半減期などこれから期待が持てる仮想通貨です。

続きを見る

【ライトコイン(LTC/Litecoin)の価格は上がる?】チャート分析で今後を予想
今回は比較的知名度の高い仮想通貨、ライトコインの今後についてをチャートで見ていきましょう。

続きを見る

ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)を買っている人の声

ビットコインとライトコインの口コミ

ビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)を買っている人の口コミをチェックしてみましょう。

彼らはなぜ買おうと思ったのでしょうか。

ビットコイン(BTC)の口コミ

口コミを見ると、ビットコイン(BTC)が買われる理由は安心感、信頼性だと分かります。

ビットコインは、最も知名度やスタンダードな仮想通貨であることが安心や信頼を生む要因です。

【ビットコインの口コミ】時価総額1位の仮想通貨は買うべき?購入者に聞いてみた
仮想通貨と聞いて、1番に思い浮かぶのはビットコインではないでしょうか?この記事ではビットコイン購入経験者3名の声を紹介します。

続きを見る

ただ、2017年末に200万円をつけたバブル期に売れず、下落相場の2018年に売ってしまった人も多いようです。

ライトコイン(LTC)の口コミ

口コミを見ると、ビットコインよりも早い送金スピードに魅力を感じて買ったという意見がありました。

一方で、他の仮想通貨の送金スピードも上がっているためその分の期待値が落ちてしまっていることも述べています。

ライトコインの口コミ・評判
【ライトコインの口コミ・評判】仮想通貨トレーダーのライトコインの印象は?
ライトコイン(Litecoin/LTC)は元Googleエンジニアのチャーリー・リー(Charlie Lee)氏が開発した仮想通貨です。ビットコインを基に作られ、ビットコインよりも日常で使える仮想通貨として2011年に生まれました。送金速度もビットコインより早く、実用性の高い通貨として有名です。

続きを見る

ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)の比較まとめ

ビットコインとライトコイン<a href=比較まとめ" width="700" height="350" />

  • ビットコイン(BTC)は、サトシナカモトの論文によって初めて生まれた仮想通貨
  • ライトコイン(LTC)は、ビットコインの改良版として作られた仮想通貨
  • ライトコイン(LTC)の発行上限数はビットコイン(BTC)の1/4、同じく送金スピードは4倍
  • ビットコイン(BTC)は知名度による安心感、信頼性で買われている
  • ライトコイン(LTC)は送金スピードの速さが魅力で買われている

どちらも仮想通貨の時価総額の中では上位にいて知名度のある仮想通貨です。

2018年は全体相場が下落傾向のため、泣く泣く売ってしまった人も多いようです。

2019年に入ってからは、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)ともに上昇傾向にあります。

今後の動きにも引き続き注目していきましょう。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-topics
-,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.