仮想通貨のリアルタイム価格情報
|BTC=1,085,645.27円|ETH=23,421.74円 |XRP=31.58円|BCH=33,928.58円|

カタパルトを前に、コインチェックでネム(XEM)を買う(2019年8月5日)

投稿日:

カタパルト前、コインチェックでネムを買う

仮想通貨は半減期ハードフォークアップデートなどのタイミングで価格が高騰するケースが多く、買い時の指標のひとつと言えます。

とくに顕著だったのはライトコイン(LTC)で、2019年8月5日に実施された半減期の数か月前まで価格の上昇を見せ、半減期の前には下落しました。

ライトコイン価格ニュース
【8/9 価格レポート】ライトコイン(LTC)8/5に半減期完了、その後の値動きは?
8月9日(金)現在、ライトコ ...

続きを見る

仮想通貨ネム(XEM)は2019年中のカタパルト実装を予定していて、価格上昇に影響を与える可能性があります。

ネムのカタパルト
【ネムのカタパルトとは?】処理能力が仮想通貨で最速にアップデート
仮想通貨は、アップデート ...

続きを見る

今回はそんなネム(XEM)に着目し、2019年8月5日に購入しました。

この記事では、ネム(XEM)を買った理由やどのように買うかの具体的な買い方をまとめています。

なぜこのタイミングでネム(XEM)を買うのか

ネム(XEM)を買った理由について、ファンダメンタルテクニカルの両側面からまとめました。

買ったのは2019年8月5日、チャートでは以下の位置です。

ネムのチャート日足出典:みんなの仮想通貨

ネム(XEM)のカタパルトが2019年中に控えている(ファンダメンタル要因)

冒頭でお伝えした通り、2019年にネム(XEM)のカタパルトが予定されています。

NEMの技術の使用を促進するNEM財団は2019年3月、カタパルトに関するロードマップ(進行計画)を発表しており2019年中の実装に向けて動いていることが分かりました。

以下が具体的なロードマップです。

  1. 2019年Q3(7〜9月):カタパルトのテストネット公開
  2. 2019年Q3後半〜Q4初期:カタパルトのメインネットでの公開
  3. 2019年Q4(10〜12月)カタパルトのローンチ後:STOトークンのコンプライアンスやクロスチェーン・アプリケーションのサポート、投票センター、カタパルト・アカデミー教育プログラム等
  4. 2020年以降:IoTを実現する機能、ライトニングネットワークへの対応、ステーブルコインの発行等
    (出典:CoinPost

今後実装されれば、ネムの機能と利便性が大幅に向上します。

この期待により価格の上昇が見られると予想しました。

半年単位で見ると上昇トレンド(テクニカル要因)

以下はネム(XEM)の日足チャートです。

ネムチャート日足出典:みんなの仮想通貨

2019年1月からの動きを見ると、2月に3円台の底値をつけてからは上昇を続けています。

5月あたりからは10円前後でもみ合い、7月に下落すると7円前後に収束するという動きです。

この半年での下値をラインで結ぶと3点以上が接するため、上昇トレンドとも見ることができます。

年単位で見ると大幅な価格上昇は起きていない(テクニカル要因)

再びネム(XEM)のチャートをチェックします。今度は週足です。

チャート左端の125円に到達したのは、2017年末仮想通貨バブル。

その後は下落が続き、2018年は横ばいのままです。

ネムチャート週足

出典:みんなの仮想通貨

価格が高騰しているビットコイン(BTC)と比較すると、ネム(XEM)はまだ大きな動きはありません。

ビットコインの週足

出典:みんなの仮想通貨

ネム(XEM)をいつまで持ち続けるか

今回買った理由は、ネム(XEM)のカタパルトへの期待になるため、少なくとも2019年中までは持ちたいところです。

しかし半減期では2か月前にピークとなるケースもあるため、2019年内の価格トレンドに注目しながら適宜売り場を探りたいと考えています。

2019年はずっと上昇が続くか、2019年11月頃にピークを迎えるという想定をしています。

コインチェックでネム(XEM)を買う

買う理由が固まったら、実際にネム(XEM)を買います。

保有期間は2019年中と数ヶ月は持つので、現物で購入します。

購入する取引所は唯一ネム(XEM)の現物を扱いアプリでサクっと買えるコインチェックです。

コインチェックの登録方法
コインチェックの口座開設|新規で登録・申し込みする方法【どこよりもわかりやすい】
スタイリッシュな取引画面 ...

続きを見る

アプリ画面でネム(XEM)を選択し、購入を押すと購入画面になります。

ネムの買い方2

ネム(XEM)10万円分(13,896XEM)を購入しました。

総資産でも確認します。

ネムの買い方3

評価額に戻すとスプレッド(買値と売値の差)の関係で、96,199円になります。

今年中に価格上昇することを願いつつ見守ります。果たして上がるのでしょうか。

また何ヵ月後かに続編をお届けする予定です。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~
コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

 

-topics
-, ,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.