【仮想通貨の法律や規制を解説】日本の金融庁が定めた金融商品取引法を説明します

仮想通貨の法律や規制を解説
悩む男性
  • 仮想通貨の取引は日本の法律で規制されているの?
  • 仮想通貨の取引ルールは国によって違う
仮想通貨の取引ルールは国ごとに異なります

記事の前半では仮想通貨の取引に関する日本の法律を解説し、記事の後半で金融庁認可の取引所やホワイトリストに掲載される仮想通貨を紹介します。

女性

今すぐに仮想通貨を取引したいという人は「金融庁が認可する仮想通貨の取引におすすめな国内取引所3選」を見てくださいね。

日本の資金決済法が国内の仮想通貨の法律を定めている

日本の資金決済法が仮想通貨の法律を定めている

2017年4月1日施行の改正資金決済法は日本国内の仮想通貨に関する法律を明記しています。

特に、改正資金決済法の改正部分が仮想通貨法と呼ばれ、仮想通貨の定義、仮想通貨交換業者が規定されています。

仮想通貨に関する法律は国ごとで異なると覚えましょう。

改正資金決済法が定める仮想通貨の定義は3つ

改正資金決済法が定める仮想通貨の定義は3つ

改正改正資金決済法が定める仮想通貨の定義は以下の3つです。

  1. 仮想通貨そのものの定義
  2. 仮想通貨交換業者の定義
  3. 金融庁認可の仮想通貨交換業が守るべき規制は6つ

1.仮想通貨そのものの定義

仮想通貨は暗号資産と呼ばれるデジタル通貨で、実体がありません。

特に仮想通貨法では1号仮想通貨、2号仮想通貨と分類されていて特徴は以下の通りです。

  • 1号仮想通貨:法定通貨と交換可能でモノやサービスの決済に使える
  • 2号仮想通貨:財産的価値を持つデジタルデータで多くのアルトコインが該当
女性
ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインに該当します。

2.仮想通貨交換業者の定義

仮想通貨交換業者とは仮想通貨の売買や仮想通貨の交換サービスを行う業者です。

特に以下の4つ目の条件を満たしていて3つの条件のうちの1つでも該当する場合、仮想通貨交換業としての登録が必要です。

  1. 仮想通貨の売買または仮想通貨同士の交換をすること
  2. 上記の行為の媒介・取次・代理をすること
  3. 1・2の行為に関して、利用者の金銭または仮想通貨の管理をすること
  4. 1から3までの行為を「事業」として行うこと

例えば、国内大手取引所のGMOコインDMM Bitcoin仮想通貨交換業者に該当しています。

仮想通貨交換業者として認定されず、登録業者の営業行為を日本で行うと罰則を受けるので注意しましょう。

3.金融庁認可の仮想通貨交換業が守るべき規制は6つ

金融庁から仮想通貨交換業者に認可されると、大きく分けて以下の6つの規制を守る必要があります。

  1. 情報提供義務
  2. 財産の分別管理義務
  3. 情報セキュリティ対策
  4. 使用者に対する保護措置
  5. マネーロンダリング規制
  6. 監督による規制

6つの規制があることで業者の安全性やユーザーの資産は守られています

6つの規制を守る日本の仮想通貨交換業者規制を守る義務がないみなし業者より性が高いといえるでしょう。

ホワイトリストに登録がある仮想通貨は19個

ホワイトリストに登録がある仮想通貨は19種類

金融庁認可の仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨はホワイトリストに登録されています。

一方で金融庁の認可外のみなし業者ホワイトリストに記載がある通貨以外を取り扱っている場合があります。

以下はホワイトリストに記載がある通貨の一例です。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)

安心で安全な仮想通貨の取引を望むなら、仮想通貨交換業者としての認定がある取引所で取引しましょう。

仮想通貨は雑所得に該当するので累進課税制が適用される

ホワイトリストに登録がある仮想通貨は19種類

仮想通貨の取引で得られる利益は雑所得に該当します。

雑所得は20万円を超えると確定申告の対象になるので注意しましょう。

雑所得には所得額に応じて税率が変わる累進課税制が適用されます。

悩む男性
仮想通貨にかかる税金って面倒だな。

どうやって計算したらいいのかな。

仮想通貨の税金額を詳しく知りたいという人は以下の記事を見てくださいね。
女性
サラリーマンが仮想通貨投資
【サラリーマンの仮想通貨投資】税金計算の方法と経費について知りたいサラリーマン向け

サラリーマンで仮想通貨投資はできる?税金・経費の計算のやり方を解説します。20万以下の場合、住民税や確定申告の方法は?を含む、脱税対策をわかりやすく整理します。

続きを見る

金融庁が認可する仮想通貨の取引におすすめな国内取引所3選

仮想通貨の取引におすすめな国内取引所は以下の3つです。

取引所名取引手数料
無料
入金・送金手数料
無料
口座開設が早い通貨数が多い
GMOコイン公式サイトを見る
DMMBitcoin公式サイトを見る
coinchecklogo公式サイトを見る

まとめ

  • 仮想通貨の取引ルールは改正資金決済法の中の仮想通貨法が適用される
  • 仮想通貨の取引は国ごとに規制が異なる
  • 仮想通貨交換業者に登録できるのは金融庁認可の場合のみ

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

編集部がおすすめする取引所

DMMビットコインの1000円プレゼント
DMM Bitcoinで口座開設すれば、今ならもれなく1,000円がもらえます。

ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたい人は、DMM Bitcoinに登録しましょう。

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

coincheck

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※4分程度で登録できます。

2位:1000円キャッシュバック!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

11種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

7種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※4分程度で登録できます。

仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ(2020年版)をくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨取引所おすすめ
仮想通貨取引所比較ランキング!500人の投資家がおすすめする日本のビットコイン(BTC)取引所5選

「仮想通貨取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しななん

踊れる仮想通貨女子を目指して、日々コツコツ。 「仮想通貨ってなに?」から始めて、日々勉強中です。 1人でも多くのみなさんに、「ちょっと仮想通貨を始めてみようかな。」と思ってもらえる記事を配信していきます。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.