仮想通貨決済にかかる税金や導入店舗での支払い方法を解説

仮想通貨の決済は法定通貨よりも遅い?
悩む男性
  • 仮想通貨で決済できる
  • 仮想通貨で決済すると時間がかかる
  • 仮想通貨で決済するとおトク
記事の前半では仮想通貨で決済できるのかを解説し、後半で仮想通貨で決済するメリットとデメリットを説明します。
女性

今すぐに仮想通貨を決済で使いたいという人は決済可能な仮想通貨を取引できる国内取引所3選見てくださいね。

仮想通貨で決済はできる

仮想通貨で決済できる

仮想通貨で決済可能な店舗やオンラインは増えていて、仮想通貨のオンライン決済サービスが利用されています。

悩む男性
なぜ仮想通貨自体で払わないのかな?
仮想通貨で決済すると支払いに10分以上かかり、支払う通貨の価格も変動するからです。
女性

仮想通貨のオンライン決済サービスは販売者と購入者の支払いを仲介する役割を持つので仮想通貨での支払いは即時に完了します。

店舗で仮想通貨の決済をするメリットは3つ

仮想通貨の決済のメリットは3つ

店舗で仮想通貨の決済をするメリット以下の3つです。

  1. 両替せずに世界中で仮想通貨決済ができる
  2. 仮想通貨は決済手数料が安い
  3. クレジットカードよりも着金が早い

1.両替せずに世界中で仮想通貨決済ができる

仮想通貨は世界共通の通貨なので両替不要で決済に使用できます

海外の商品サイトで物を買う場合、為替手数料を支払い、日本円を換金しなければ商品代金を支払えません。

一方で仮想通貨で支払う場合は両替が不要なので為替手数料が不要です。

仮想通貨で決済すれば世界共通の通貨として、すぐに商品の決済が可能で便利でしょう。

2.仮想通貨は決済手数料が安い

仮想通貨の決済は決済手数料が安いです。

現在、クレジットカードやQRコード決済を導入する店舗は約5%の手数料を支払っています

一方で仮想通貨の決済を導入する場合、約1%の手数料なので店舗側の負担が軽減されています。

決済手数料は商品を購入するたびにかかるので安い方が導入しやすいでしょう。

3.クレジットカードよりも入金(着金)が早い

仮想通貨の決済はクレジットカードよりも入金(着金)が早いです。

クレジットカード決済は入金が約1ヶ月後ですが、仮想通貨決済は最短即日での入金が可能です。

店舗側にとってはクレジットカード決済よりも入金が早い仮想通貨の決済は安心でしょう。

店舗で仮想通貨の決済をするデメリットは3つ

仮想通貨の決済のデメリットは3つ

店舗で仮想通貨の決済をするデメリットは以下の3つです。

  1. 仮想通貨を使用すると所得の申告が必要
  2. 仮想通貨の価格変動が激しい
  3. 2020年現在はすべての店舗で仮想通貨決済するのは不可

1.仮想通貨を使用すると所得の申告が必要

仮想通貨決済で商品を購入すると確定申告の対象です。

仮想通貨は保有しているだけなら非課税ですが、仮想通貨で商品決済を行うと課税対象になります。

例えば1BTC=20万円で買い、1BTC=30万円の時に1BTCで商品の決済をすると差額の10万円が儲けになるでしょう。

仮想通貨の確定申告は取引が20万円を超えたら、必要なので手続きしましょう。

2.仮想通貨の価格変動が激しい

仮想通貨は価格変動が激しいため、仮想通貨を商品決済に利用するのは難しいでしょう。

なぜなら店舗側は仮想通貨が価格変動することで、商品代金を断定しにくいからです。

例えば、ビットコインは誕生から約10年で1BTC=約0.2円(※1)から約105万円(※2)まで高騰し、現在は1BTC=約72万円(※3)まで下落しています。

(※1:2010年5月、※2:2020年2月、※3:2020年3月時点でのビットコイン価格)

法定通貨と比較して価格変動が激しいため、仮想通貨での決済は困難でしょう。

3. 2020年現在:すべての店舗で仮想通貨決済するのは不可

2020年3月現在、すべての店舗で仮想通貨決済するのは不可能です。

日本国内で仮想通貨決済が浸透しにくい理由は以下の3つです。

  1. 仮想通貨での決済にはスマホが必須
  2. 日本においては現金信仰が長く根付いている
  3. 仮想通貨に対する投機的な見方が強く、決済通貨としての認知度がない

仮想通貨での決済は利用方法によって利用者と店舗の双方にメリットがあります。

ただし、日本国内の店舗すべてに仮想通貨の決済を導入するのは時間がかかるでしょう。

仮想通貨で決済する際の注意点は3つ

仮想通貨で決済する際の注意点は3つ

仮想通貨で決済する際の注意点は以下の3つです。

  1. 送金先のアドレスを間違えないようにする
  2. 仮想通貨で決済すると2種類の税金がかかる
  3. 仮想通貨決済の方が価格が高い可能性がある

1.仮想通貨の送付先のアドレスを間違えないようにする

仮想通貨での決済は送付先のアドレスを間違えてはいけません。

仮に送付先のアドレスを間違えると仮想通貨を紛失してしまいます。

仮想通貨を送付する際に最も多いミスが送付先のアドレスを間違えることです。

仮想通貨送付の際には送付先のアドレスの確認をしっかり行いましょう。

2.仮想通貨で決済すると2種類の税金がかかる

仮想通貨で決済する場合は消費税と所得税の2種類の税金がかかります。

仮想通貨で決済した際の計算方法は以下の通りです。

  1. 商品決済に使用した仮想通貨の購入時の価格を記録
  2. 購入時の価格から決済時の取引価格を引いた額が課税対象額
  3. 20万円を超えた決済かを確認
  4. 20万円を超える場合は確定申告が必須

支払った仮想通貨の購入時の価格から決済時の取引価格を引いた額課税対象です。

仮想通貨の決済は利益確定とみなされ、所得税の対象となるので注意しましょう。

3.仮想通貨決済の方が価格が高い可能性がある

仮想通貨での決済は決済時の取引レートで決済します。

よって、仮想通貨の値動きが激しい時は損をする可能性があります。

商品の支払いが完了するまでの数分間で仮想通貨の価格が大きく価格変動することも珍しくありません。

場合によって、仮想通貨での決済の方が高額な可能性があるので注意しましょう。

仮想通貨の決済をするコツは2つ

仮想通貨を決済するコツは2つ

仮想通貨で決済するコツは以下の2つです。

  1. 国内で使える仮想通貨は3種類
  2. 店舗だけでなくオンラインのECサイトでも仮想通貨決済が可能

1.国内で使える主要な仮想通貨は2種類(2020年3月時点)

仮想通貨は世界中で250種類以上あるといわれています。

ただし、国内の仮想通貨決済に使用できるのは2020年3月時点で以下の2種類です。

  • 時価総額第1位のビットコイン
  • 日本生まれのモナコイン
女性
ビットコインやモナコインを取引したいという人は2つの取り扱いがあるコインチェックがおすすめです。

 

2.仮想通貨決済サービスを使う

仮想通貨決済サービスで店舗での仮想通貨決済が可能です。

仮想通貨で決済を行う際、使用するウォレットによっては着金が遅い可能性があります。

仮に送金トラブルが起きると自分たちで解決をしなければなりません。

一方で取引所が提供する決済サービスを利用すれば着金が早く、送金トラブルのフォローも受けることができます。

店舗側は仮想通貨決済サービスを利用する方が良いでしょう。

女性
bitWire SHOPは大手取引所のビットフライヤーが運営している仮想通貨の決済サービスの1つです。

仮想通貨で決済する方法は3STEP

仮想通貨で決済する方法は3STEP

仮想通貨で決済する方法は以下の3STEPです。

  1. 商品金額を確認し、送金アドレスに仮想通貨を送る
  2. 受け取り側が送金された仮想通貨を確認
  3. 支払いに使用した仮想通貨の購入価格と支払い時の取引価格を調べて課税対象額を把握する

仮想通貨で決済できる店舗

仮想通貨を決済できる店舗

仮想通貨決済が可能な店舗は少しずつ増加しています。

仮想通貨で決済可能な店舗の一部は以下の3つです。

  • ビットコインで10万円まで支払いができるビックカメラ
  • ビットコイン決済を再開したメガネスーパー
  • 現金払いと同一のサービスが受けられるソフマップ
  • ビットコインとモナコインで決済可能なパソコンSHOPアーク

決済可能な仮想通貨を取引できる国内取引所3選

決済可能な仮想通貨を取引できる国内取引所は以下の3つです。

取引所名取引手数料
無料
入金・送金手数料
無料
口座開設が早い通貨数が多い
GMOコイン公式サイトを見る
DMMBitcoin公式サイトを見る
coinchecklogo公式サイトを見る

まとめ

  • 仮想通貨で決済できる店舗は国内にある
  • 仮想通貨で決済できるのはビットコインとモナコイン
  • 仮想通貨の決済は着金が早く、決済手数料も安い

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

編集部がおすすめする取引所

DMMビットコインの1000円プレゼント
DMM Bitcoinで口座開設すれば、今ならもれなく1,000円がもらえます。

ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたい人は、DMM Bitcoinに登録しましょう。

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※4分程度で登録できます。

2位:1000円キャッシュバック!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

9種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

7種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※4分程度で登録できます。

仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ(2020年版)をくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨取引所おすすめ
仮想通貨取引所比較ランキング!500人の投資家がおすすめする日本のビットコイン(BTC)取引所5選

「仮想通貨取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しななん

踊れる仮想通貨女子を目指して、日々コツコツ。 「仮想通貨ってなに?」から始めて、日々勉強中です。 1人でも多くのみなさんに、「ちょっと仮想通貨を始めてみようかな。」と思ってもらえる記事を配信していきます。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.