仮想通貨の第三世代とはなにか?iohkが支えるエイダコインを中心に仮想通貨の第三世代を解説!

仮想通貨の第三世代ってなに?
  • 仮想通貨の第三世代って何だろう?
  • 仮想通貨の世代ごとで何が違う?
  • 仮想通貨の世代が変化すると、通貨価格に変化は起きる?
仮想通貨には世代があり、世代ごとで特徴があります。

今回は記事の前半で仮想通貨の第三世代とは何かを解説し、後半では仮想通貨の第三世代と言われる通貨や第三世代の通貨を扱う取引所を紹介します。

女性

すぐに仮想通貨の第三世代と呼ばれる通貨を取引したいという人は 仮想通貨の第三世代の通貨が買える取引所4選を見てくださいね。

仮想通貨の世代は第三世代まである

ブロックチェーンの推移

(出典:Steemit)

仮想通貨の世代はブロックチェーンの活用や変化に応じて世代が分けられます。

仮想通貨には世代があり、以下の3つが定義されています。

仮想通貨の世代別名定義活用事例
仮想通貨第一世代ブロックチェーン1.0仮想通貨そのものビットコイン
仮想通貨第二世代ブロックチェーン2.0通貨以外金融分野株、ローン
仮想通貨第三世代ブロックチェーン3.0金融以外の分野医療、行政サービス

仮想通貨の第一世代はブロックチェーン1.0

仮想通貨の第一世代はブロックチェーン1.0

仮想通貨の第一世代ビットコインをはじめとした仮想通貨そのものを指します。

仮想通貨の第一世代

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

ブロックチェーン技術の発展で、仮想通貨が「通貨」機能をもつという認識が世間に広がりました。

女性
まずは、仮想通貨の第一世代の通貨を買いたい!という人は国内の取り扱い通貨数が最大級コインチェックがおすすめです。

 

仮想通貨の第二世代はブロックチェーン2.0

仮想通貨の第二世代はブロックチェーン2.0

仮想通貨の第二世代とは通貨以外の金融分野へ仮想通貨の技術を応用できることを意味します。

例えば、時価総額第2位のイーサリアムスマートコントラクト機能を持ちます。

スマートコントラクトって?

人を介さずに契約を自動化できる仕組み

町中で1度は自動販売機を見たことがあるでしょう。

自動販売機の「入金してボタンを押すと商品が買える」仕組みスマートコントラクトの活用事例です。

男性
仮想通貨の技術は日々の生活に活かされているんだね!
【2019年はどうなる?】イーサリアム(ETH/Ethereum)の将来性を分析してみた

イーサリアムはビットコインに次いで時価総額は2位。大企業の注目する技術を持っており、人気が高い仮想通貨と言えます。今回はイーサリアムの価格が今後どのようになりそうか?をそれぞれ説明していきます。

続きを見る

仮想通貨の第三世代はブロックチェーン3.0

仮想通貨の第三世代はブロックチェーン3.0

仮想通貨の第三世代は金融分野以外で仮想通貨の技術を活用することを意味します。

例えば、医療分野でのカルテ管、行政の個人情報管理にブロックチェーンを活用できます。

ブロックチェーンって?

取引データをブロックに分けて鎖状につないで管理する仕組み

仮想通貨の第三世代に代表される通貨は以下の3種類です。

  • エイダコイン(ADA)
  • ルートストック(RBTC)
  • アイオン(AION)
悩む男性
仮想通貨の第三世代といわれる通貨はあまり聞きなれない通貨だね。
仮想通貨の第三世代は国内で取り扱いがないので聞き慣れない名前かもしれません。

仮想通貨の第三世代といわれる通貨は3つ」で詳しく解説します。

女性

仮想通貨の第三世代の特徴は3つ

仮想通貨の第三世代の特徴は以下の3つです。

  1. 仮想通貨の第三世代は金融分野以外で活用される
  2. 異なるブロックチェーンで管理されたデータでもお互いに情報交換が可能になる
  3. 仮想通貨の第三世代は通貨機能+スマートコントラクト+IOTを合わせた技術として期待される

3. 仮想通貨の第三世代は通貨機能+スマートコントラクト+IOTを合わせた技術

仮想通貨の第三世代では以下の3つの技術を合わせ持ちます。

  1. 通貨としての機能
  2. スマートコントラクト機能(人を介さずに契約を自動化する)
  3. IOTInternet of Thingsの略モノをインターネットでつなぎ、操作する仕組み

仮想通貨の第三世代には通貨と決済機能にIOT技術を合わせるので、サービスの幅を広げられると期待されています。

仮想通貨の第三世代といわれる通貨は3つ

仮想通貨の第三世代といわれる通貨は以下の3つです。

  1. 仮想通貨開発のプロ集団【IOHK】が支えるエイダコイン
  2. ビットコインとイーサリアムの良さを持つルートストック
  3. 異なるブロックチェーンの情報交換を支えるアイオン

1.仮想通貨開発のプロ集団【IOHK】が支えるエイダコイン(ADA)

エイダコイン

エイダコインは時価総額が12位と高く、スマートコントラクト機能をもつ通貨です。

エイダコインは以下の3つの管理団体が支えています。

  1. IOHK(Input Output Hong Kong):エイダコインの開発機関
  2. カルダノ財団:エイダコインを支えるカルダノというプラットフォームの監督・教育機関
  3. エマーゴ:エイダコインの活動の広報機関

エイダコイン時価総額が高く、通貨の研究開発にイーサリアムの開発者が関わることから期待値が高い第三世代の通貨です。

 

エイダコイン
エイダコインは2019年も継続進化中の楽しみな仮想通貨【ADA】

わずか1ヶ月で40倍に高騰したエイダコインという仮想通貨があります。この通貨は一時、「詐欺目的で作られたのでは?」とのうわさが流れていました。なぜそんなうわさが広まったのでしょうか。

続きを見る

2. ビットコインとイーサリアムの良さを持つルートストック(Rootstock)

ルートストック

ルートストックはビットコインとイーサリアムを合わせた通貨です。

2種類の通貨を合わせると、通貨ごとの弱みをカバーして以下2つの強みを生かせます。

  • イーサリアムの取引処理スピードの速さ(約10秒)
  • ビットコインの強固な安全性
男性
ルートストック第一世代のビットコインと第二世代のイーサリアムの良い点を合わせた通貨なんだね!

(出典:rskの公式HP)

3. 異なるブロックチェーンの情報交換を支えるアイオン(AION)

アイオンは異なる複数のブロックチェーンをつなぐために設計された通貨です。

一般的なブロックチェーンは通貨ごとに形式が異なり、データが一括管理されていません。

一方でアイオン高いスケーラビリティ機能をもつブロックチェーンです。

スケーラビリティが高い

拡張性が高い(性能の向上や機能を追加できる)

アイオンは異なるブロックチェーンの情報交換をサポートする第3世代の仮想通貨を目指しています。

(出典:AIONの公式HP)

仮想通貨の第三世代の通貨が買える取引所4選

仮想通貨の第三世代といわれる通貨が買える取引所は以下の4つです。

取引所名/通貨名エイダコイン(ADA)ルートストック(RBTC)アイオン(AION)取り扱い通貨数
フォビグローバル公式サイトを見る
公式サイトを見る
liquid公式サイトを見る
HuobiのロゴのPC用公式サイトを見る
女性
国内取引所では第三世代の仮想通貨は取り扱いがありません。

第三世代の仮想通貨を購入してみたいという人は海外取引所での登録が必要です。

まとめ

  • 仮想通貨の第三世代はブロックチェーン3.0と同じ
  • 仮想通貨の第三世代は金融以外でも活用される
  • ブロックチェーン3.0は異なるブロックチェーンもデータ交換ができる

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

6種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※3-5分程度で登録できます。

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMM Bitcoin

DMMbitcoinのキャンペーン詳細

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年1月1日(水)7時00分~2020年4月1日(水)6時59分

※3-5分程度で登録できます。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※3-5分程度で登録できます。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しななん

踊れる仮想通貨女子を目指して、日々コツコツ。 「仮想通貨ってなに?」から始めて、日々勉強中です。 1人でも多くのみなさんに、「ちょっと仮想通貨を始めてみようかな。」と思ってもらえる記事を配信していきます。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.