仮想通貨取引の危険性とは?始める前に知っておくべき3つのリスク

更新日:

仮想通貨と聞いてどのようなイメージを浮かべますか?

「大儲けをした人がたくさんいる」という良い印象を持っている人。

「損したという話を聞いているからやりたくない」という悪いイメージの人。

また「最近、耳にすることが増えたけど、イマイチよくわからない」という人もいることでしょう。

実際、大儲けした人も損をした人も、どちらもいます。

仮想通貨にはどのようなリスク(危険性)があるのでしょうか?

何に気を付けるべきなのかは、始める前にしっかり理解しておきましょう。

この記事では、仮想通貨のリスクを紹介していきます。

この記事でわかること

  • 仮想通貨とは何か?
  • 仮想通貨取引で気を付けるべきこと
  • リスクを抑えて仮想通貨取引をする方法

読み終える頃には、注意点を理解しているはず。正しい知識で投資に取り組めていることでしょう。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは何か

仮想通貨はインターネット上で管理されており、新しい通貨として注目を集めています。

仮想通貨とは!? 始める前に知っておくべき基礎知識
仮想通貨というのは、その名の通り現実に存在する円やドルといった貨幣と違い、実態のない通貨です。実在する円やドルと同様に、それが持つ価値によってモノの売買ができるだけでなく、仮想通貨を支えるテクノロジーにより、仮想通貨だからこそできる機能が存在します。

続きを見る

世界共通で使える通貨で、送金や決済に便利な上に、手数料が安いです。

2017年には日本で爆発的に流行し、ビットコインの価格は200万円を超えるまでになりました。

詳しい内容は以下の記事で紹介しています。

日本は仮想通貨の先進国
【ビットコインとは】2019年完全版!将来性をチャート、価格から初心者向けにすべて整理しました
ハッキング事件などでクローズアップされることも多いビットコイン・仮想通貨。果たしてどのような経緯で誕生し、価格上昇を遂げた通貨なのでしょうか。ビットコインの特徴について見ていきましょう。

続きを見る

そんな仮想通貨ですが、どのような点にリスクが潜んでいるのでしょうか?

仮想通貨取引における3つのリスク

3つのリスク

では具体的に仮想通貨におけるリスクを見てみましょう。

ここでは主に3つを紹介していきます。

riskを抑えて取引できるように心がけましょう。

値動きが激しい

仮想通貨は価格変動が大きい投資商材です。

下の記事で詳しく紹介をしていますが、ビットコインはたった1ヶ月で半分以下の価値になってしまったことがあります。

ビットコイン、今後の暴落見通し
ビットコインは今後も暴落する?過去の暴落要因と2019年の見通しをチェック
2018年、ビットコイン(BTC/Bitcoin)は2度暴落し、1年で85%下落しました。億り人が生まれた一方で破産者も続出しました。2019年、4月以降価格は上昇していますが再び暴落はあるのでしょうか。過去の暴落を振り返り、この先の暴落可能性を探ります。専門家による2019年の価格予想も紹介します。

続きを見る

ビットコインはピーク時から比較すると80%以上も下がったこともあるのよ。
女性

ビットコインに限らず、仮想通貨は値動きが激しいです。

価格が上昇すれば大儲けできますが、下がってしまった場合は大損します。

株式投資であれば、80%を超える損失が発生するリスクは多くはないでしょう。

このようにハイリスク・ハイリターンなのが仮想通貨の特徴です。

また、仮想通貨は、取引所がハッキング被害に遭うという事件が何度も起こっています。

日本ではコインチェックとZaifの流出事件が有名ですね。

コインチェックのロゴ
【コインチェック(Coincheck)】評判やメリット・デメリットを紹介!
2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。 現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

こうした事件が起こると、価格が下落する要因になります。

安全性がないのではないか?

盗まれた仮想通貨は戻ってこないのではないか?

こうした不安から価格が下がり、仮想通貨への不信感が高まってしまいます。

まだ法整備もままならないため、このような側面が取り沙汰されて、仮想通貨は危険というイメージがついているのでしょう。

もちろんリスクはありますが、その分リターン(便利な点)もあることは覚えておいてください。

詐欺の話がある

次に気を付けるべきなのが、仮想通貨の詐欺についてです。

仮想通貨に関する詐欺はかなりの数にのぼっています。

GACKT(ガクト)さんが開発に関わったガクトコインでも、詐欺だという話が浮上したことがあります。

スピンドルトップ
【ガクトコインの現在】投資を変えるプロジェクト・スピンドルの全貌に迫る
GACKTさんが参加していたスピンドルはどんなプロジェクトなのでしょうか。

続きを見る

なぜ、こんなにも詐欺が多いのか?

理由はICOが簡単にできるためです。

ICOとは、仮想通貨を使って資金を調達することを言います。IPOは株式ですが、ICOでは仮想通貨になっていると考えてください。

仮想通貨のICOを理解
ICO(クラウドセール)とは?初心者にもわかりやすく整理しました【仮想通貨】
ICOはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファーリング)の略称で、企業が仮想通貨を使って資金集めをする方法のことです。「トークンセール」や「クラウドセール」などとも呼ばれています。

続きを見る

「これから価値のある仮想通貨になる」

このような話を持ち掛けて、価値のない仮想通貨を持たせてお金を騙すという詐欺が多いのです。

男性
簡単に儲けられる話はないって注意しないとね…。

そのため、ICOは中国では禁止されています。今後、どの国においても規制が厳重になると予想できます。

ただ、それでも詐欺はなくならない可能性が高いので、注意をしてください。

利益が出たら税金を納める

仮想通貨で利益が出た場合、税金を納めないといけません。

税金の額は以下の表の通り、利益(所得)によって異なります。

課税される所得金額税率控除率
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超え
45%4,796,000円

仮に1億円の利益が出ても、すべてをもらえるわけではないので注意してください。

詳しい税金の内容については下記の記事で紹介をしています。

仮想通貨の税金
【もう悩まない!】仮想通貨の税金がまるわかり!計算方法や申告方法を紹介
これから仮想通貨を始めようとしている人、仮想通貨を始めたばかりで税金について考えていなかった人のために、仮想通貨の税金について解説します。

続きを見る

リスクを抑えて取引するには?

リスク-抑える-方法

こうしたリスクを全く無くすことはできません。

何かがあった際にも対応できるように、リスクを抑えて取引することを心がけましょう。

悩む男性
何に気を付けて取引すればOKなのかな?

仮想通貨取引の際に気を付けるべき主なことを以下で紹介します。

生活資金で仮想通貨を買うのは避ける

説明した通り、仮想通貨は価格変動が激しい投資商材です。

購入金額が大きければ、利益も大きくなると期待できます。しかし、価格が下がった場合の損失も大きくなります。

生活に必要な資金での投資は避けた方が良いです。貯金に回せる、余裕のある資金で購入をしてください。

詐欺の話には注意

2つ目が詐欺の警戒です。

ほとんどの詐欺では「価値がこれから上がるから買っておいた方が良い」などの甘い話で投資を誘ってきます。

仮想通貨に限らず、投資で絶対に儲かるという話はありません。

注目を集めるICOであれば、仮想通貨情報サイトなどでニュースになります。

自分にだけこの手の話が来ることはまずないと考えてください。

甘い誘惑には引っかからないようにしましょう。

以下で手順やオススメ取引所を紹介しています。これから取引を始める人は参考にしてみてください。

ビットコインの買い方
《ビットコインの買い方・購入・投資方法》初心者必見の取引の始め方を紹介!
初心者の人にとってビットコインの買い方は難しいイメージがありますよね。「ビットコインを買ってみたいけど、何をすればいいかわからない」、そんな人のために、この記事ではビットコインの買い方やリスク・デメリットを紹介します。

続きを見る

仮想通貨の取引所ランキング
仮想通貨・ビットコイン(BTC)取引所比較ランキング!500人の投資家が初心者にオススメする日本の取引所5選
「仮想通貨(暗号通貨)・ビットコインの取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

かかる税金はチェックしておく

いくら税金が発生しているのか?は把握しておきましょう。

仮想通貨は最大で55%の税金が発生します。(45%の所得税に住民税が加わるため)

1億円の利益が出ても、税金が払えなくて赤字になってしまった。このようなことが起こる可能性もあります。

どのくらいの税金がとられるのかは、事前に確認しておきましょう。

仮想通貨の節税
【仮想通貨の税金対策】節税方法やふるさと納税の活用、勘定科目を整理
仮想通貨=マネーロンダリング(資金洗浄)のイメージがあるので、税金がかからないものと思っている人もいますが、仮想通貨で儲けたお金にもちゃんと税金がかかります。

続きを見る

仮想通貨の税金
【もう悩まない!】仮想通貨の税金がまるわかり!計算方法や申告方法を紹介
これから仮想通貨を始めようとしている人、仮想通貨を始めたばかりで税金について考えていなかった人のために、仮想通貨の税金について解説します。

続きを見る

まとめ

仮想通貨‐リスク-まとめ

  • 仮想通貨は新しい通貨として期待をされている。
  • 値動きが激しいので、大儲けの可能性がある分、大損をするリスクもある。
  • お金を騙しとられる詐欺の話が多い。
  • 利益が出たら税金を納めないといけない。
  • 大儲けを狙って、生活資金で仮想通貨を買うのは避けた方が良い。

仮想通貨で気を付けておくべきリスクを紹介してきました。

特に注意しておきたいのは、値動きが激しい点です。

価格が上昇すれば大儲けできるチャンスですが、下落すれば大損します。

「絶対に儲かる!」とは考えずに、仮想通貨は余裕のある資金で買うようにしてください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.