大学生でも仮想通貨・ビットコイン(BTC)に投資できる!税金・投資法・取引所すべて解説

大学生からビットコイン(BTC)をカンタンに投資

「大学生でも仮想通貨取引ってできるんだっけ?」

「税金のこととかよくわからないのだけど……」

ビットコイン投資は、大学生でも少額から開始できます。

仮想通貨の中でも、ビットコインは世界で最も取引数が多いので、初心者から始めやすい通貨の1つです。

今回はビットコイン投資を始める前に、これだけは押さえてほしい、6つのポイントをぎゅっと凝縮しています。

もし今あなたが仮想通貨の取引をすでに考えているのなら、「大学生におすすめの仮想通貨取引所」から目を通すことをおすすめします。

読者が選んだ人気の取引所ランキング

GMOcoinlogo

GMOコイン総合1位

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

dmmbitcoin

DMM Bitcoin / 総合2位

1000円キャッシュバックキャンペーン中

365日LINEサポート

 

coinchecklogoCoincheck / 総合3位

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

仮想通貨の取引所ランキング

ビットコイン(BTC)とは?

ビットコインとは、2008年にサトシ ナカモトが公開した論文から、誕生した仮想通貨です。

論文をもとに、エンジニアがビットコインを開発し、世界初の仮想通貨が誕生しました。

ビットコイン誕生後も、数々の仮想通貨が誕生し、論文は仮想通貨に大きな影響を与えています。

仮想通貨の始まりを作ったサトシ ナカモトですが、その素性は明らかになっていません。

ビットコイン-700

日本は仮想通貨の先進国
仮想通貨のビットコイン(BTC)とは?簡単かつわかりやすく特徴を整理しました

ハッキング事件などでクローズアップされることも多いビットコイン・仮想通貨。果たしてどのような経緯で誕生し、価格上昇を遂げた通貨なのでしょうか。ビットコインの特徴について見ていきましょう。

続きを見る

ビットコイン(BTC)と法定通貨の違い

ビットコインは、法定通貨(円やドルなど)と異なる部分があります。

ビットコインと法定通貨は、通貨の形態発行管理者の有無発行量に違いがあります。

日本の国旗の日の丸と仮想通貨(ビットコイン、ライトコイン、<a href=

法定通貨の場合

  • 紙幣や硬貨が実在する
  • 政府や中央銀行から発行される
  • 発行量に上限がない

ビットコインの場合

  • 実在しない
  • 発行者がいない
  • 発行量は2100万BTCまで(BTCは、ビットコインの通貨単位です。)
女性2
発行量に上限があることで、ビットコインは価値を一定に保っています。

ビットコイン(BTC)取引を支える、ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは、ビットコイン取引を記録する役割をもちます。

日本語では、ブロックチェーンは「分散型取引台帳」と呼ばれています。

ブロックチェーンは、ビットコイン取引の「台帳」として、取引記録を一定のデータ数にわけて、鎖状につなげて記録していきます。

取引データは、参加者の全員が閲覧しているので、データの改ざんや不正取引を防止しています。

ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密

ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源であるビットコインを支える技術として発表されました。仮想通貨が通貨として機能し、サービスを動かしていくことを支える技術として非常に注目されています。

続きを見る

大学生から始められる仮想通貨・ビットコイン(BTC)投資

ビットコイン投資は、20歳以上の成人から始めることが可能です。

一方で、未成年の場合は、親の承諾が必要です。

20代の5人に1人が、仮想通貨の取引の経験ありと回答

金融広報中央委員会の「金融リテラシー調査 2019年」によると、20代の5人に1人が仮想通貨の取引経験があると回答していました。

年代別の仮想通貨保有者の割合

金融庁が2017年9月から仮想通貨交換業者の登録制度を開始しました。

世界のビットコイン取引での日本円が占める割合も40%台まで上昇しました。(東洋経済オンライン参考)

20代で仮想通貨に興味を持ち、取引の経験があるという人が全体の2割を占めています。

女性2
20代よりも上の世代になると、30代は24%、40代は22%と高い割合を占めています。

大学生が仮想通貨・ビットコイン(BTC)投資をおすすめする理由

ビットコインのデメリット

悩む男性
損をしたら不安だな。収入が少なくても、ビットコイン投資をするメリットはあるのかな。
ここでは、仮想通貨・ビットコイン投資を行う上でのメリットをしっかり押さえていきましょう。
女性2
  • 少額から購入できる(例)0.0001BTC (約130円)※価格は日ごとに変動する
  • ビットコインは、仮想通貨の基軸通貨なので信頼性が高い
  • 口座開設しやすい

ビットコイン(BTC)は少額から購入できる

ビットコインは、取引所で少額から購入ができます。

加えて、通貨を買う時の最低額は、取引所ごとに決められています。

ビットコインの場合、LINEスタンプ1つ分の価格から購入ができます。

予算に合わせて、自分に最適な取引所を見つけましょう。

ビットコイン(BTC)は、仮想通貨の基軸通貨なので信頼性が高い

ビットコインは高い信頼性と仮想通貨の中心としての役割をもつ、基軸通貨です。

市場での取引量が多く、安全性が高いため、初心者の大学生が始めやすい仮想通貨です。

ビットコインは基軸通貨である

ビットコインの特徴

  • 世界で最初の仮想通貨
  • 取引価格が最も高い
  • 取引量、流通量が多い
  • 他の通貨は、ビットコインを参考につくられた

仮想通貨の取引所は大学生でも登録しやすい

口座開設は、基本情報の入力と本人確認書類の提出だけで簡単に完了します。

ただし、満20歳未満の場合は口座開設ができません。

取引所の口座開設

口座開設は1日~2日で完了します。基本情報の入力を行い、本人確認書類を提出します。

本人確認作業に1日~2日かかり、本人確認が完了すると、ビットコイン取引を開始できます。

口座開設は簡単にできますが、基本情報の入力は慎重に行うことが大切です。

万が一、入力を間違えると、口座開設ができません。

引っ越しで住所が変わった場合も、すぐに登録情報を変更しましょう。

仮想通貨-買うまで-流れ
仮想通貨の買い方|コツ・購入方法の基礎

「仮想通貨を買いたいんだけどどうすればいいの?」「仮想通貨の口座開設方法を知りたい。」実は仮想通貨はかんたんに口座開設ができ、簡単に購入できるのです。この記事では、仮想通貨の買い方・購入方法のコツについて解説します。

続きを見る

大学生におすすめの仮想通貨・ビットコイン(BTC)取引所

もし今あなたが仮想通貨取引を考えているのなら、まずは仮想通貨の取引所に登録をしましょう。

5分ほどで登録が完了するため、本人確認が終了すると、すぐに通貨の取引を始められます。

取引所のランキング基準

  • 通学中の電車のなかでもトレードができる
  • アプリが使いやすく、大学生の初心者投資家でも難なく使える
  • 少額投資ができる

1位:初心者人気が最も高い!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
メイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、大学生ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:大学生でも『少額投資』が可能!GMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、大学生でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい大学生にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない未経験者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位.スタイリッシュなチャート画面!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
売却:-0.05%、購入:0.15%出金:540円~756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

取引所の登録に必要な本人確認書類

取引所のサイトへの登録には、本人確認書類が必要です。

基本的に、顔写真がついた身分証明証を用意すると、スムーズに口座の開設を行うことができます。

本人確認書類として使えない

・学生証

学生証は使えない

顔写真付きの本人確認書類の一例

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民基本台帳カード(写真付きのものに限る)

本人確認書類

大学生が仮想通貨・ビットコイン(BTC)投資をするデメリット

ビッビットコイン投資のデメリット

悩む男性
ビットコイン投資は多くのメリットがあるんだね。早く投資を開始してみたいな。
ビットコイン投資のメリットだけしか知らないのは、危険です。財産の一部を使うからこそ、慎重に投資をしましょう。
女性2
  • 価格の変動がしやすい
  • 取引所がハッキングされて、資産を失う可能性がある
  • 国による担保がない

大学生がビットコイン・仮想通貨投資をするうえでの3つの注意点

ビットコイン取引上の注意点

大学生がビットコイン投資をする上での注意点は以下の3点です。

  • 現金で仮想通貨の投資ができる現物取引をする
  • 扶養控除の38万円を超えないように仮想通貨の取引をする
  • 仮想通貨の取引で利益が38万円を超える場合は確定申告が必要

注意点1.現金で取引(現物取引)をしよう

現物取引とは現金で通貨を購入し、保有する通貨で取引をすることです。

仮に通貨の価格が下がっても、購入した価格以上に損益を出さないので安心です。

ビットコイン投資を始めたいけれど、いくらから始められるのかな。
ビットコインは1か月分のアルバイト代で始められるので、借金して投資せず、余剰資金で行いましょう。
女性2

現物取引であれば、手軽に仮想通貨の取引を始められます。

注意点2.【扶養控除】への対応が必要

扶養控除とは、納税者に控除対象である扶養親族がいる場合、一定の金額分を所得から差し引くこと。(出典:国税庁公式HP「扶養控除」

扶養控除制度によって、所得から引かれる税金額は決められています。

大学生の場合は親が納税者で、大学生のあなたは控除対象の扶養親族です。

万が一、扶養者であるあなたの所得が38万円を超えると扶養者の枠から外れ、納税者である親の税金負担額が増えてしまいます。

ビットコインの取引額が38万円を超えそうな時は、扶養者であるご両親に相談しましょう。

注意点3.確定申告は仮想通貨の利益が38万円を超えたら必須

仮想通貨の税金の申告漏れ

仮想通貨の取引における利益が38万円を超える場合、確定申告が必要です。

なぜなら、仮想通貨の取引で得られる利益は所得税の中の雑所得に分類され、基礎控除額38万円以下までと設定されているからです。

アルバイトは103万円以内に収めると問題ないのに、仮想通貨の利益はなぜ38万円を超えてはいけないのかなと思う方もいるかと思います。

たしかに、103万円の内訳は給与所得控除(65万円)+ 基礎控除(38万円)ですが、仮想通貨の取引での利益は基礎控除に該当するからです。

≪所得税関係≫
7 仮想通貨の所得区分

問、 仮想通貨取引により生じた利益は、所得税法上の何所得に区分されますか。
答、 仮想通貨取引により生じた利益は、所得税の課税対象になり、原則として雑所得に区分されます。

(出典:国税庁公式HP「別添4 仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」抜粋)

仮想通貨で利益を出しても、確定申告を怠ると『脱税』を疑われる

38万円を超える仮想通貨の利益は必ず、確定申告をしましょう。

なぜなら38万円を超える仮想通貨の利益を確定申告しない場合脱税を疑われてしまうからです。

確定申告を行なう期間と所得を申告すべき期間は以下の通りです。

確定申告の期間

毎年2月16日から3月15日までの間

所得を申告する期間

1月1日から12月31日までの間(確定申告を行う年の前年に受け取った所得)

例外として、仮想通貨の取引で38万円を上回る利益が手に入る場合であっても、仮想通貨を売って利益を受け取らなければ確定申告の必要はありません。

男性
確定申告は難しそうで面倒だな。
そうですね。初めて仮想通貨の取引をする学生は、利益を確定申告が不要な38万円以内に収まるように取引するのがおすすめです。
女性2

まとめ

まとめ

  • ビットコイン投資は、大学生からできる。

  • 未成年の場合は、親の承認が必要である。

  • 現物取引は、購入額以上の損失は出さない。

  • 自分の持つ資産の余剰分を超えた投資は避ける。

  • 仮想通貨の取引における利益が38万円を超える場合、必ず確定申告を行う。

  • 利益は通貨を売り、手にしない限りは発生しない。

上述の内容を守ることが、大学生がビットコインに投資をする上で押さえるべきポイントです。

大学生から、ビットコインに投資をすることは、お金に関する知識の向上にも大いに役に立ちます。

一方で仮想通貨は価格変動しやすく、税金もかかります。

税金への対応に注意しながら運用をすることで、利益をあげていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料

DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しななん

踊れる仮想通貨女子を目指して、日々コツコツ。 「仮想通貨ってなに?」から始めて、日々勉強中です。 1人でも多くのみなさんに、「ちょっと仮想通貨を始めてみようかな。」と思ってもらえる記事を配信していきます。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.