仮想通貨のリアルタイム価格情報
|BTC=1,094,637.57円|ETH=23,527.44円 |XRP=31.66円|BCH=33,978.55円|

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の特徴|口座開設前に知りたかったDMMビットコインの口コミ評判・メリット・デメリットを解明

更新日:

dmmbitcoin・DMMビットコイン

DMM Bitcoinにログインされる方はこちらから

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)ってどんな取引所なの?

アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン(サービス開始2017年3月1日)

DMM Bitcoin

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日サポート(LINE対応)!

キャンペーンスマホ対応仮想通貨(暗号資産)
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本のオススメ仮想通貨取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取り扱い通貨種類・一覧
BTCビットコイン
ETHイーサリアム
XRPリップル
LTCライトコイン
BCHビットコインキャッシュ
ETCイーサリアムクラシック
XEMネム
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料
入金無料
出金無料
取引無料
レバレッジ0.04% / 日

DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)はDMM.comのグループ会社

株式会社DMM Bitcoinは、合同会社DMM.comのグループ会社です。

合同会社DMM.comとは

FX、株、馬主サービスなど投資関連サービスのほか、ゲームや英会話、レンタルサービスなど幅広い事業を手掛けています。

DMM ビットコインは「東京ビットコイン取引所」として設立しました。

その後、2017年12月12日にDMM Bitcoinに商号を変更しました。

以下はDMM ビットコインの概要です。

取引所名DMM Bitcoin
取引形態現物取引
レバレッジ取引
取り扱い通貨(現物取引)ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
取り扱い通貨(レバレッジ取引)ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(XEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
無料手数料口座開設・維持手数料
出金手数料
取引手数料(現物取引・レバレッジ取引)
ロスカット手数料(レバレッジ取引)
クイック入金サービス
有料手数料レバレッジ手数料(建玉金額の0.04% / 日)
アプリあり(iOS、Android)

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のデメリット1【毎週水曜日12:00~18:00】に週次メンテナンスがある

DMMビットコインでは、毎週水曜日12:00~18:00でサイトのメンテナンスがあります。

よってメンテナンス中は、通貨の取引ができません。

しかし、仮想通貨の相場は24時間動いていて、常に通貨価格が変動します。

結果として、メンテナンスでセキュリティは維持されますが、取引チャンスを逃す可能性があります。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のデメリット2 ロスカットの比率が80%と高い

ロスカットとはレバレッジ取引において、損失を避ける自動決済の仕組みのことです。

レバレッジとはてこという意味です。

レバレッジ取引とは、自分が預けた資金にてこの原理」を働かせ、預けた額の数倍の金額を取引する方法です。

価格が上がると大きな利益が得られる反面、下落すると損失も大きくなりやすいのが特徴です。

ロスカットを行うことで、レバレッジ取引の際に生じる損失を抑え、資産を守ることができます。

社名ロスカットの割合
DMM bitcoin80%
GMOコイン75%
コインチェック50%(現在はサービス停止)

DMMビットコインは、上記の表から証拠金維持率をロスカットする割合が最も高いと分かります。

証拠金維持率 = (純資産一注文証拠金) / ポジション必要証拠金 x 100

出典:DMM bitcoin公式HP

一方でロスカットの仕組みにより、取引で生じた損失を補填しにくいという面があります。

DMMのロスカット

(画像出典:公式HPのロスカットルールについて

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のデメリット3 スプレッドが高い

スプレッドとは、通貨の購入金額から売却金額を引いた金額のことです。

差額は取引所の利益になります。

手数料が無料でも、売買の際にスプレッドを引かれています。

DMMビットコインでは、現物取引よりもレバレッジ取引が盛んです。

DMMビットコインにおけるレバレッジ取引のスプレッドは、GMOコインと比較し、高いと分かります。

 DMM BitcoinGMOコインコインチェック
レバレッジ取引/スプレッド(BTC)796円511円(仮想通貨FX)-
販売所スプレッド(BTC)2,500円26,160円35,900円

(2019年6月13日時点)

DMMビットコインのメリット1【全7種類】取り扱い通貨が多い

7種の取引

DMM ビットコインはどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

DMM ビットコインの取引方法には、現物取引レバレッジ取引の2つの方法があります。

現物取引とは支払い金額と同等の仮想通貨を取引する方法です。

一方で、レバレッジ取引は証拠金を用意し、証拠金の数倍の金額を取引する方法です。

DMM ビットコインが取り扱う通貨が全7種類(ビットコインを含む)ありますが、仮想通貨の種類によって取引方法が異なります。

DMM ビットコインでは、現物取引ができる通貨は下記3種類です。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル

下記はレバレッジ取引のみが可能な通貨4種類です。

  • ネム
  • ライトコイン
  • イーサクラシック
  • ビットコインキャッシュ
取引形態対象の仮想通貨
現物取引ビットコイン、イーサリアム、リップル
レバレッジ取引ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ、ライトコイン

DMMビットコインで取り扱いがある通貨7種類

画像参考:DMM Bitcoin公式サイト

男性
DMM ビットコインの現物取引はビットコイン、イーサリアム、リップルの3種類の通貨でしかできないんだね。
DMM ビットコインでは現物取引できる通貨は少なく、アルトコインは、レバレッジ取引が中心です。
女性

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の通貨ペアは全14種類

DMM Bitcoin通貨ペアは14種類DMMビットコインの通貨ペアは主に日本円(JPY)ビットコイン(BTC)とのペアで取引することができます。

例外として、イーサリアムクラシック(ETC)が同じイーサリアム系列のため、イーサリアムとの取引も可能です。

これらを合計すると14種類になります。

ただし現物取引は、ビットコイン/円イーサリアム/円イーサリアム/ビットコインの3パターンに限られます。

補足1【2種の取引方法】現物取引とレバレッジ取引

DMM ビットコインの取引方法は、現物取引レバレッジ取引の2種類があります。

それぞれを見ていきましょう。

-現物取引

現物取引とはその言葉のとおり、仮想通貨事業者から仮想通貨(現物)を現金で売買する取引です。

DMM ビットコインの提示価格で仮想通貨を購入・売却できます。

-レバレッジ取引

レバレッジ取引は差金決済という仕組みで、資金の数倍の金額で取引ができます。

差金決済

取引ごとに仮想通貨の受け渡しがあるわけではなく、仮想通貨を売買した差額の現金だけを決済時に受け渡す方法。
悩む男性
レバレッジ取引って、なんだかイメージが沸かないな。

レバレッジとは、「てこ」を意味します。

てこの原理を使うと、少ない力で重いものを持ち上げられますよね。

つまり、レバレッジ取引は少ない資金で大きな金額の取引ができる仕組みです。

女性

資金にかける倍率をレバレッジ率といい、DMM ビットコインではレバレッジ率を4倍までかけられます。

例として、1BTC=80万円のビットコインをレバレッジ取引で購入する場合、20万円の資金で80万円分のビットコインを購入できます。

DMMビットコインレバレッジ

ただし、レバレッジ取引では、ビットコインの現物を受け取ることができません。

ビットコインを借りている状態と考えると分かりやすいです。

借りているビットコインを売却した時、その差額を現金で受け取ることができます。

レバレッジ取引の流れは以下のイメージです。

  1. 1ビットコイン=80万円で買い注文成立(仮想通貨の現物は受け取らない)
  2. 1ビットコイン=85万円で売り注文成立(仮想通貨の現物は渡さない)
  3. 85万円(売却価格)-80万円(購入価格)=5万円(差額)を利益として現金で受け取る
悩む男性
DMMビットコインでレバレッジ取引をするメリットは何かな?
DMMビットコインでのレバレッジ取引の具体的なメリットは2つあります。
女性

■DMMビットコイン(DMM Bitcoin)でレバレッジ取引をするメリット

  1. 少ない資金で高額な通貨の取引ができる
  2. アルトコインはリスクはあるが利益を見込みやすい(ビットコインと比べ、大きな価格変動が見込める場合が多いため)

即座に資金が準備できない場合でもレバレッジ取引を利用することで、少額の資金で高額な通貨を取引できます。

補足2 販売所形式と取引所形式

dmmbitcoin販売所と<a href=

DMM ビットコインは、販売所形式のみを取り扱う取引所です。

販売所形式とは、DMM ビットコインが提示する価格で仮想通貨を売買する形式を指します。

一方で、取引所形式とはユーザー同士で仮想通貨を売買する形式です。

下記に、販売所形式と取引所形式の違いを表にまとめています。

dmmbitcoindmmビットコイン販売所<a href=

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のメリット2【コストが抑えられる】様々な手数料が無料

DMM ビットコインならレバレッジ手数料を除き手数料は基本的にすべて無料です。

dmmbitcoinビットコイン<a href=

レバレッジ手数料は、建玉(たてぎょく)を翌営業日に持ち越した場合、建玉金額の0.04% / 日ごとに手数料が発生します。

建玉

レバレッジ取引で、買いもしくは売り注文をしてそのまま売り/買いをせずに保有している注文を指します。

たとえば、レバレッジ取引で1BTC=70万円のビットコインを2BTC買ったとします。

翌営業日まで前日購入した2BTCを持っていた場合、2BTC=140万円相当(厳密には当日のレート)を保有しているため、140万円の0.04%分に当たる560円が手数料としてかかります。

意外な落とし穴【スプレッド】

DMM ビットコインは手数料が無料で使いやすそうだね。
たしかにDMMビットコインは手数料が無料なので、ユーザーには比較的使いやすい取引所です。

しかし、実は手数料に代わるスプレッドと呼ばれる仕組みがあります。

女性

仮想通貨事業者が提示する価格は売却価格と購入価格で異なります。

この価格差をスプレッドと言います。

スプレッド

仮想通貨事業者が提示する購入価格と売却価格に生じる差額。

スプレッドは手数料と考えると分かりやすいでしょう。

差額は、仮想通貨の種類や流動性によって異なります。

DMMビットコインのスプレッドを見てみましょう。

以下は、10月5日13時40分ごろのビットコインのレート(価格)になります。dmmbitcoin・dmmビットコインスプレッド売却価格よりも購入価格が1900円分、高くなっています。

現物取引とレバレッジ取引のスプレッドを比較すると、その差はなんと10倍です。

続いて、市場価格がわかるチャートを見てみましょう。

さきほど紹介したレート(価格)とほぼ同じ時間帯のデータです。

dmmbitcoin・ビットコイン<a href=

取引価格は740,969円で、同時間の販売所での売却価格は759,932円です。

取引価格と売却価格の差は18,963円です。

この場合、取引所で買った方がスプレッドによる損が少なく、取引ができます。

男性
販売所より取引所で通貨を買う方が、購入価格が安く済むんだね。
すぐに通貨を買いたい場合を除き、取引所で通貨を買う方が安く手に入ります。

ただし、取引所は売り手と買い手の価格がマッチングしないと売買が成立しないので、注意が必要です。

女性

ビットコインやイーサリアムに代表される流動性の高い通貨であれば、チャートの価格に近い金額で買いやすいでしょう。

提示価格で確実に通貨を手に入れたい場合は、販売所での購入がおすすめです。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のメリット3【4つのポイント】安心のセキュリティ

dmmbitcoinのセキュリティ対策

次にDMM ビットコインのセキュリティ対策を紹介します。

DMM ビットコインのサイトでは、以下4つのセキュリティ対策を紹介しています。

dmmbitcoin・dmmビットコイン・セキュリティ

引用:DMM Bitcoin公式サイト

コールドウォレット(コールドストレージ)によるオフライン保管

dmmbitcoinのオフライン管理

コールドウォレット(コールドストレージ)とは、インターネットに接続しないオフラインで管理するウォレットのことです。

ウォレットとは、仮想通貨を保管する財布のことです。

DMM ビットコインは、預かっている仮想通貨をコールドウォレット(コールドストレージ)で保管しています。

取引所によっては、預かっている仮想通貨をホットウォレットと呼ばれる、インターネットに接続した財布で保管する場合があります。

ホットウォレットに入れておくと、すぐに通貨の引き出しができるためです。

しかし、オンラインでは通貨がハッキングに遭うリスクが非常に高くなります。

過去には、コインチェックやZaifでホットウォレットで管理された仮想通貨が狙われる盗難事件が起こりました。

今後の被害を避けるため、取引所を選ぶ際には通貨をコールドウォレット(コールドストレージ)で管理する仕組みがあるかを確認しましょう。

二段階認証

DMMbitcoin2段階認証

DMM ビットコインのニ段階認証は、項目別で細かく設定できます。

dmmbitcoin2段階承認

資産の分別管理

DMM Bitcoin資産分散管理

資産の分別管理とは、ユーザーから預かっている資産とDMM ビットコインの資産を分けて管理している状態のことです。

現金と仮想通貨の両方を分別管理をしています。

預けた資産が、DMM ビットコインのために使われる心配がありません。

SSL暗号化通信

DMMBitcoin SLL暗号化

個人情報を暗号化してやり取りする仕組みです。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のメリット4【直観的に使える】魅力的な取引ツール

DMMBitcoin取引画面

DMMビットコインは、パソコンやモバイルで使える取引ツールがそろっていて、使いやすいです。

DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)のスマホアプリ画面

dmmbitcoinのアプリ画面

スマホのアプリもパソコン版と同様、使いやすい設計です。

空き時間に、簡単に取引ができます。

DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)のWEB取引画面

dmmbitcoinのpc画面

パソコンでの管理画面は、1つの画面に必要な情報のすべてが一目でわかるようになっています。

4【LINEに対応!】安心のサポート体制

dmmbitcoinのサポート体制

DMM ビットコインでは、LINEからの問い合わせに365日(土日祝を含む)対応しています。

LINE以外には、問い合わせフォームとよくあるご質問を確認できます。

dmmbitcoin・dmmビットコインLINEサポート

dmmbitcoinのよくあるご質問

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の口座登録方法をご紹介

DMM Bitcoin口座開設方法DMM ビットコインでの口座開設を、下記3つのポイントにわけて解説します。

  • 口座開設に必要な書類
  • 口座開設までにかかる日数
  • 口座開設の手順

口座開設にはメールアドレスと本人確認書類が必要

口座開設には、登録用のメールアドレス本人確認書類が必要です。

本人確認書類は、顔写真付きの書類が望ましいです。

下記のいずれかを準備しましょう。

  • 免許証
  • パスポート
  • 住民台帳基本カード

顔写真付き確認書類がない場合は、下記の中から2種類の書類提出が必要です。

  • 各種保険証
  • 住民票の写し
  • 年金手帳
  • 印鑑登録証明書

外国籍の場合、在留カードもしくは特別永住者証明書が必要です。

dmmbitcoin本人確認書類

引用:DMM Bitcoin公式サイト

口座開設の手順

口座開設の手順は下記の3STEPです。

  1. メールアドレスの登録
  2. 基本情報入力と本人確認書類のアップロード
  3. 口座開設審査→認証コードの郵送→口座開設完了

1.メールアドレスの登録

メールアドレスを入力して仮口座登録をします。

DMM Bitcoin仮登録

引用:DMM Bitcoin公式サイト

2.基本情報入力と本人確認書類のアップロード

登録したメールアドレスでマイページにログインします。

続いて、契約締結前交付書面を確認し、基本情報を入力します。

最後に、スマホなどで撮影した本人確認書類のアップロードをすませます。

dmmbitcoin基本情報と本人確認書類

3.口座開設審査→認証コードの郵送→口座開設完了

登録が完了すると、審査に入ります。

翌営業日には審査が完了します。

最後に必要となる認証コードの郵送手配が完了したメールが届きました。

非常にスピーディーな対応です。

dmmbitcoin審査完了

2日後に、6桁の認証コードが郵送で届きました。

dmmbitcoin認証コード

はがきに記載の認証コードをマイページで入力すると口座開設完了となります。

dmmbitcoink開設完了

わずか4日で口座開設完了

メールアドレスの登録から口座開設完了までは、わずか4日でした。

当然、登録した曜日や郵送物を受け取るタイミングによって変わってくるでしょう。

加えて、今後口座開設をする人が増えると時間がかかるかもしれません。

取引するかを悩んでいる人は、今のうちに口座開設しておくとよいでしょう。

DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)の評判・口コミは?

DMM Bitcoinの評判と口コミ

DMM ビットコインのユーザーからの評判はどうでしょうか。

最もリアルな声の1つとして、ツイッターでの評判をまとめてみました。

良い評判

スマホアプリの使いやすさ 

https://twitter.com/sinmaikanemochi/status/967692945762627584

チャートの見やすさ 

https://twitter.com/mogimogi_f/status/961139331892117504

サイトやアプリの使いやすさは、FXの経験が活かされていて、ユーザーからもかなり好評のようです。

サーバーが落ちない安定感 

サーバーの安定性も同じようにFXでの経験が活かされているようですね。

コンテンツが充実 

イメージキャラクターのローラさんをうまく活用しています。

ユーザーの仮想通貨に関する知識の底上げも忘れていませんね。

口座開設のスピードが速い

やはり口座開設のスピードには定評があるようです。

トラブルが起きていない安全性に対する声(業務改善命令を受けていない) 

https://twitter.com/yukimamafx/status/1010110288115331072

意外と知られていませんが、DMM ビットコインは業務改善命令をまだ一度も受けていません。

一方で、大手取引所のbitFlyerやGMOコインは業務改善命令を過去に経験しています。

この実績は、取引所の信頼性を見る上でとても重要でしょう。

悪い評判

スプレッドの広さ 

圧倒的に多かったのが、DMMビットコインのスプレッドの広さです。

DMMビットコインと同様に、FXから参入している大手のGMOコインのスプレッドと比較してもスプレッドが広いという声があがっています。

各種の手数料が無料なので比較は難しいですが、他社との差が埋まれば、より使いやすくなりそうです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の口コミ・評判

この記事では、今回は仮想通貨歴3年の男性のDMM Bitcoinの口コミを紹介します。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)を選んだ理由

昨年(2018年)は仮想通貨取引所への不正アクセスにより、仮想通貨が外部へ流出した事件がありました。

時価総額580億円のネムを流出したコインチェック社は会社更生法を申請することに至りました。

仮想通貨取引で市場の相場変動での損失リスクは自己責任ですが、仮想通貨取引所が不測の事態で自己資産を失うこと許せません。

企業の過失による損失リスクを避けるために大手の仮想通貨取引所やバックボーンがしっかりしている仮想通貨取引所を選択しました。

DMM Bitcoinは大手企業グループであるため企業の過失は無いでしょう。

また、取引システムのセキュリティーが安全とされていて、初心者でも操作方法が容易で使い勝手が良い点です。さらに取引手数料が無料であることが最大の選択理由です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリット

DMM Bitcoinの活用のメリットはDMM.comのグループ会社であることです。

仮想通貨取引は自己責任ですが、自己資金を預入している仮想通貨取引所が閉鎖・倒産するリスクを避けないといけません。

そのためバックボーンがしっかりしている企業であることです。第2に取引のアプリケーションが使用し易い点です。

複雑な操作画面では「確認」ボタンや「次へ」ボタンが画面の端にあるため押下するにも一苦労です。第3にセキュリティーシステムが不正アクセスを防衛してくれる点です。

不正アクセスにより自己資産口座残高が空になっていた事態に遷移することが無いことです。

第4にアルトコイン(代用通貨)のレバレッジ(テコの原理を利用することで、少ない資金を大きく伸ばす意味で使用します)取引に対応している仮想通貨が多い点が挙げられます。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のデメリット

DMM Bitcoinの活用のデメリットを紹介します。

第1に現物銘柄が少なく「販売所」形式でビットコインとイーサリアムの2銘柄だけです。

仮想通貨取引所は「販売所」形式は販売所から購入や売却をすることです。第2に「取引所」は一般のユーザーと直接売買する方式です。

第2にレバレッジ取引時のスプレッド幅が広いことです。

参考ですがレバレッジ取引とは、テコの原理を利用することで、少ない資金を大きく伸ばすことです。

また、スプレッド幅は販売価格と買い取り価格の差(広さ/狭さ)のことです。ス

プレッド幅が広いことで取引手数料が無料になっているようです。仮想通貨銘柄を安価で買い取りをして、高額で売り付けるイメージですね。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)を使ってみた感想

仮想通貨の取引をする際のWebアプリケーションの操作性や使い勝手は高評価です。

しかし「販売所」として取り扱いしている仮想通貨銘柄が少ないことと、スプレッド幅が広いことがネックです。

ただ仮想通貨取引の初心者や高額な資金を運用しないケースのユーザーにとっては、取引の操作性の良さや入出金手数料が無料なところがオススメです。

また、被害に遭遇したことはありませんが不正アクセスを防衛してくれるセキュリティーシステムや、企業のバックボーンがしっかりしていることも安心感があります。

DMM Bitcoinのネット上の評判・口コミは?

DMM Bitcoinの評判と口コミ

DMM Bitcoinユーザーの評判はどうでしょうか。

最もリアルな声としてみることができるツイッターの声をまとめてみました。

良い評判

スマホアプリの使いやすさ 

https://twitter.com/sinmaikanemochi/status/967692945762627584

チャートの見やすさ 

https://twitter.com/mogimogi_f/status/961139331892117504

サイトやアプリの使いやすさはFXの経験を活かされていて、ユーザーからもかなり好評のようです。

サーバーが落ちない安定感 

サーバーの安定性も同じようにFXでの経験が活かされているようですね。

コンテンツの充実度合い 

イメージキャラクターのローラさんをうまく活用しています。

ユーザーの仮想通貨に関する知識の底上げも忘れていませんね。

口座開設のスピード 

やはり口座開設のスピードには定評があるようです。

トラブルが起きていない安全性に対する声(業務改善命令を受けていない) 

https://twitter.com/yukimamafx/status/1010110288115331072

意外と知られていない、実はbitFlyerやGMOコインなど大手も受けた業務改善命令をまだ一度も受けていないDMM Bitcoin

この実績は取引所信頼性を見るうえでとても重要でしょう。

悪い評判

スプレッドの広さ 

圧倒的に多かったのがスプレッドの広さ

同じようにFXから参入している大手のGMOコインと比較しても広いという声があがっています。

各種、手数料無料をうたっているため、難しいところですが他社との差が埋まるとさらに使いやすくなりそうですね。

以上、DMMビットコインの口コミでした。

よりDMMビットコインを詳しく知りたい人は、以下の記事をチェックしてみてください。

dmmbitcoin・DMMビットコイン
DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の特徴|口座開設前に知りたかったDMMビットコインの口コミ評判・メリット・デメリットを解明
ローラさんのCMで話題のDMM BItcoinの取り扱い通貨は全部で7種類。アルトコインでもレバレッジ取引ができます。FXの経験を活かして作られたスマホアプリは使いやすさに定評があります。

続きを見る

DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)のまとめ

dmmbitcoinまとめ

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

最後にDMM ビットコインについてまとめました。

  • 大手DMMのグループ会社 
  • 取り扱い通貨は全7種類 
  • アルトコインで最大4倍のレバレッジ取引ができる 
  • 手数料のほとんどが無料 
  • 販売所形式のみでの運営 
  • コールドウォレット(コールドストレージ)で通貨を管理し、セキュリティ対策に力を入れている 
  • FXの運営経験を活かし、スマホアプリやウェブサイトが使いやすく作られており、ユーザーから好評 
  • 金融庁による業務改善命令を受けたことがない 
  • 口座開設のスピードが速い(4日前後で対応) 

この記事があなたの仮想通貨投資のお役に立てれば嬉しい限りです。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~
コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

 

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.