DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の手数料は無料?【入金手数料・出金手数料・スプレッドを他社比較でわかりやすく解説】

DMMビットコインの手数料
悩む男性
DMMビットコインでは手数料が無料と聞いたけれど、ホントなのかな。
DMMビットコインでは、見えない手数料に注意が必要です。

手数料に関する知識を深め、損の少ない取引をしましょう!

女性

読者が選んだ人気の取引所ランキング

GMOcoinlogo

GMOコイン総合1位

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

dmmbitcoin

DMM Bitcoin / 総合2位

1000円キャッシュバックキャンペーン中

365日LINEサポート

 

coinchecklogoCoincheck / 総合3位

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

仮想通貨の取引所ランキング

手数料がほとんど無料!DMMビットコイン(DMM Bitcoin)

DMM ビットコインならレバレッジ手数料を除き、手数料は基本的にすべて無料です。

DMMビットコインでの通貨取引にかかる手数料は、以下の通りです。

 日本円仮想通貨
入金手数料無料(銀行手数料は別途)無料(マイナーへの手数料は別途)
出金手数料無料無料
取引手数料無料無料
レバレッジ手数料-建玉金額の0.04% / 日

(出典:DMM ビットコイン公式HP

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)口座開設方法・手順を写真付きで解説

DMMビットコインでの口座開設方法を分かりやすく解説します。DMMビットコインの特徴、手数料、口座開設の手順をアプリのダウンロードから写真付きで紹介します。

続きを見る

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)は入金手数料が無料

DMMビットコインでは、入金手数料が無料です。

入金手数料とは、自分の取引口座に日本円を入金するときに発生する手数料です。

DMMビットコインにおける入金方法は以下の2種類です。

  • 振込手数料(銀行口座から振り込む)
  • クイック入金(インターネット上にある銀行口座から振り込む)

DMMビットコインにおける日本円の入金手数料は、入金方法によって異なります。

入金方法振込入金 クイック入金
手数料
無料(銀行手数料はお客様負担)無料
入金可能な最低金額制限なし5,000円以上
入金可能な最高金額1億円未満
所要時間当日~翌銀行営業日(DMMビットコインでの確認後)即時反映(マイウォレットへの反映が遅れる場合を除く)

(出典:DMMビットコイン公式サイト)

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)は出金手数料が無料

DMMビットコインは出金手数料が無料です。

出金手数料とは、DMMビットコインにある取引口座から出金するときに発生する手数料です。

一方で他の取引所は400円~700円手数料がかかります。

コインチェック407 円
bitbank550円~770円
GMOコイン無料
DMMビットコインでは無料で出金ができるから安心だね!
そうですね。ただし、DMMビットコインには、出金可能な最低金額の設定があるので注意しましょう。
女性
DMMビットコインの出金手数料の詳細
手数料
無料
出金可能な最低金額2,000円/1日1回(全額出金の場合は制限なし)
出金可能な最高金額1億円未満/1日1回
所要時間出金依頼後、3銀行営業日以内

(出典:DMMビットコイン公式サイト)

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)は取引手数料が無料

DMMビットコインでは取引手数料が無料です。

取引手数料とは仮想通貨を売買する時に発生する手数料です。

取引手数料が無料なので、以下の2つのメリットがあります。

  • 少額で仮想通貨の取引がしやすい(少額取引でも手数料が無料なので取引しやすい)
  • 市場に合わせた柔軟な取引が可能(取引手数料が無料なので通貨の相場変動に対応しやすい)

出典:DMMビットコイン公式サイト「取引手数料が無料」を参考

取引手数料が無料だと取引しやすいね。
たしかに取引手数料は無料ですが、仮想通貨を売買するときにスプレッドが発生しているので要注意です。
女性

意外な落とし穴【スプレッド】

スプレッドは仮想通貨事業者が提示する購入価格売却価格の間に発生する差です。

スプレッドは仮想通貨を売買する時に発生する手数料と考えると分かりやすいでしょう。

差額は、仮想通貨の種類や流動性によって異なります。

男性
取引手数料が無料でも、通貨を売る時にスプレッドを支払っていたんだね!
その通りです。つまり、通貨価格の上昇時に通貨を売っても、スプレッドを支払うことで利益が得られない可能性があります。
女性

スプレッドが安いDMMビットコイン(DMM Bitcoin)

DMMビットコインはスプレッドが安いのが特徴です。

以下で、代表的な3つの仮想通貨取引所の通貨ごとの現物取引のスプレッドを比較しました。

取引所コインチェックGMOコインDMMビットコイン
ビットコイン(BTC)42,100円27,000円2,686円
イーサリアム(ETH)1,465‬円600円283円
リップル(XRP)2,070円1,350円958‬円

(参考:2019年10月1日10時頃の販売所における現物取引の通貨価格)

表を見ると、コインチェックのスプレッドが最も高いとわかります。

一方で、DMMビットコインにおけるビットコインの現物取引スプレッドが最も安いと分かります。

男性
コインチェックはDMMビットコインにおけるビットコイン現物取引のスプレッドの約20倍、GMOコインだと約10倍も差があるんだね!
その通りです。実は現物取引ではなく、レバレッジ取引の時もスプレッドが発生しているので注意しましょう。
女性

現物取引とレバレッジ取引の違い

現物取引とはその言葉のとおり、仮想通貨事業者から仮想通貨(現物)を現金で売買する取引です。

DMM ビットコインの提示価格で仮想通貨を購入・売却できます。

一方で、レバレッジ取引は差金決済という仕組みで、資金の数倍の金額で取引ができます。

資金にかける倍率をレバレッジ率といい、DMM ビットコインではレバレッジ率を4倍までかけられます。

差金決済

取引ごとに仮想通貨の受け渡しがあるわけではなく、仮想通貨を売買した差額の現金だけを決済時に受け渡す方法。
女性
現物取引とレバレッジ取引について詳しく知りたいという方は、以下の記事を見てみてくださいね!
仮想通貨のレバレッジ取引とは?メリットとデメリットをまとめてみた

レバレッジは大きな利益を得られる反面、リスクもある取引方法です。しっかり理解しないまま手を出してしまうと、痛い目にあってしまうかもしれません。
そもそもどのような取引方法なのか? どんなことに気をつけるべきなのか?
レバレッジの良さと注意点についてを説明していきます。

続きを見る

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)のレバレッジ手数料は日ごとにかかる建玉金額の0.04% 

DMMビットコインでは、レバレッジ手数料建玉金額の0.04% / 日ごとで発生します。

建玉(たてぎょく)とはレバレッジ取引において、買いもしくは売り注文をしてそのまま売り/買いをせずに保有している注文を指します。

たとえば、レバレッジ取引で1BTC=70万円のビットコインを2BTC分(140万円相当)を買ったとします。

翌営業日まで前日購入した2BTCをもっていた場合、2BTC=140万円相当(厳密には当日のレート)をもっていたことになります。

DMMビットコインのレバレッジ手数料は建玉金額の0.04% / 日ごとなので、140万円の0.04%分にあたる560円がレバッジ手数料としてかかります。

通貨を1か月間保有すると、手数料は0,04%×30日間(1か月)で1.2%です。

つまり、保有する通貨の1.2%分に及ぶ手数料を支払うことになります。

レバレッジ取引は通貨の長期保管に不向き

レバレッジ取引は日ごとに建玉がかかるため、長期間の通貨保有は不向きです。

実際に、DMMビットコインにおける2019年10月2日10時ごろのビットコインのレート(価格)を見てみましょう。

DMMビットコインにおけるビットコインのスプレッド

 

レバレッジ取引で、1BTC(895,035円)で買ったとします。

レバレッジ取引のスプレッドはたったの895円で、レバレッジ取引のスプレッドは現物取引のスプレッドより安価です。

仮に、レバレッジ取引の1BTC1週間(7日間)保管したとします。

すると、1BTCには日ごとに358円手数料がかかります。

(手数料は建玉金額の0.04% / 日ごとなので、895,035円×0.04%=358円)

1BTCを7日間保有していると、手数料が2,506円かかります。(358円×7日間分)

つまり、取引せずに通貨を持っているだけでビットコインの現物取引にかかるスプレッドと同等の手数料を支払わなければなりません。

dmmbitcoin・DMMビットコイン
DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)の特徴|口座開設前に知りたかったDMMビットコインの口コミ評判・メリット・デメリットを解明

ローラさんのCMで話題のDMM BItcoinの取り扱い通貨は全部で7種類。アルトコインでもレバレッジ取引ができます。FXの経験を活かして作られたスマホアプリは使いやすさに定評があります。

続きを見る

仮想通貨の種類ごとに出金可能金額が異なるDMMビットコイン(DMM Bitcoin)

DMMビットコインでは出金手数料無料ですが、仮想通貨の種類によって1回あたりに出金できる金額が異なります。

通貨の種類ビットコインイーサリアムリップル
出金可能な最低金額(※1)0.001BTC/1日1回0.01ETH/1日1回10XRP/1日1回
出金可能な最高金額10BTC/1日1回200ETH/1日1回200,000XRP/1日1回
所要時間出庫依頼を受付後、3営業日以内(土日祝日を除く)

※1、全額を出庫する場合、最低数量の制限はなし

通貨の種類ごとに異なるので、注意しましょう。

まとめ

  • DMMビットコインは取引手数料が無料だが、スプレッドに注意する
  • DMMビットコインのスプレッドは他社と比較して安いビットコインの現物取引の場合:2019年10月1日時点)
  • レバレッジ取引の手数料が0.04% /日ごとにかかるので、長期保管は注意する

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料

DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しななん

踊れる仮想通貨女子を目指して、日々コツコツ。 「仮想通貨ってなに?」から始めて、日々勉強中です。 1人でも多くのみなさんに、「ちょっと仮想通貨を始めてみようかな。」と思ってもらえる記事を配信していきます。

-topics
-

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.