【無価値なのに時価総額6位?】EOS(イオス)が専門家から評価される理由

イオス(EOS)はどんな仮想通貨?

イオス-どんな-仮想通貨

イオス(EOS)は時価総額2位のイーサリアムと比較をされることが多いです。

悩む男性
イーサリアムって結構名前を聞くね。何が一緒なのかな?

共通しているのは企業のサポートをするためのプラットフォームという点です。

具体的にどのような仮想通貨なのかを見てみましょう。

読者が選んだ人気の取引所ランキング

GMOcoinlogo

GMOコイン総合1位

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

dmmbitcoin

DMM Bitcoin / 総合2位

1000円キャッシュバックキャンペーン中
(2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

365日LINEサポート

 

coinchecklogoCoincheck / 総合3位

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

仮想通貨の取引所ランキング

2017年に公開された歴史の浅い仮想通貨

イオス-2017年-公開

イオスは2017年6月に公開された仮想通貨です。発行枚数は10億枚で、1億枚を運営している団体が保有。

残り9億枚のうち2億枚がICOで配布され、残り7億枚が市場に出回っています。

時価総額が5位の仮想通貨で、日本では知名度は低いですが、将来性への期待から世界では知名度が高い仮想通貨です。

しかし、イオスは価値がない仮想通貨とも言われています。

【無価値の仮想通貨】EOS(イオス)プロジェクトのために生まれた

イオスプロジェクト

イオスは、ICOを行う際のホワイトペーパーで「EOS(イオス)プロジェクトの資金調達のために発行」と記載をされています。

ICOで発行をされた当初はイーサリアムのブロックチェーンを用いていました。

そのため、イオスが価値を見出すにはイーサリアムから独立をする必要があったのです。

イーサリアムのブロックチェーンにあるままだと、ただの価値のないトークンでしかないってことね。
女性

EOS(プロジェクト)が成功して、イオスに価値がついたのでした。

それでも、イオスはICOが行われてから、わずか18時間で約16億円、最終的には約4500億円の資金が集まり注目されました。

男性
価値がつくかどうかわからないのに、ものすごい額を集めたんだね!

イオスは2018年6月にメインネットを始め、イーサリアムからの独立しました。

メインネットに移動をしていないイオスは本当に無価値になってしまったのよ。
女性2

イオスの現在の価格は?

イオス-価格

無価値と言われていたイオスですが、現在はいくらで取引をされているのでしょうか?

詳しく見てみましょう。

イオスはいくらで買える?

現在のイオスの価格は以下の通りです。

 

2017年の10月までは100円程度で取引をされていましたが、2018年4月のピーク時には1EOS=約2,000円で売買が行われていました。

悩む男性
どうして価格が上昇したのかな?
イオスのプロジェクトが進んで実用的になる可能性が高まったからよ。
女性

2018年4月にはイオスを持っている人に対して、通貨の配当が支払われました。

「今後も配当が支払われることがあるのではないか?」という期待から買う人が増え、価格は上昇しました。

更に、配当が支払われたという良いニュースは、イオスの機能性への評価が改めてされるきっかけにもなりました。

また、イオスは元々イーサリアムのプラットフォームを用いて作られた仮想通貨でした。

2018年6月に独立をしていますが、その前段階として、独立への期待から価格が上昇したのです。

時価総額は5位!

イオス-時価総額

イオスの時価総額は、ビットコインキャッシュに次いで現在5位。

知名度は高くないかもしれませんが、取り扱われている額は多いです。

悩む男性
結構注目されている仮想通貨なのかな?
ビットコインやイーサリアム以上と呼ばれることもあるのよ。
女性

イオスはどのような点において注目されているのでしょうか?

具体的な特徴を見てみましょう。

実用性はビットコイン以上!イオスの特徴は?

イオス-ビットコイン-以上

イオスはビットコインよりも実用性がある仮想通貨と言われています。

時価総額や知名度はまだビットコインよりも低いですが、今後は仮想通貨の主流はイオスになる可能性もあります。

どの点がビットコイン以上なのかを見てみましょう。

取引の処理スピードがビットコインの数百倍

イオス-取引スピード-早い

イオスの特徴は、取引の処理スピードが他の仮想通貨よりも遥かに早い点です。

イオスは1秒間で百万以上の取引を処理できます。

1秒で処理できる取引の数は、ビットコインで6件、イーサリアムは15件。処理速度に定評があるリップルでも1,500件です。

男性
こうやって比べると桁違いに早いことがわかるね!

この速度は、クレジットカードよりも早いとも言われています。

ビットコインの場合は、取引が完了するまでに時間がかかることが問題点でした。

イオスの場合は通貨として出回っても、決済にかかる時間が遅くて困ることはないでしょう。

取引手数料が無料

<a href=

イオスは取引にかかる手数料が無料です。

銀行などの金融機関と比較するとビットコインの取引手数料は安いでしょう。

しかし、ビットコインの手数料は価格によって変動します。価格が数百、数千倍になった時には手数料もその分増えることになります。

男性
銀行よりもビットコインの方が高くなってしまう可能性もあるんだね。

仮にビットコインの価格が今後も大幅に上昇しなかったとしても、安いに越したことはありません。

取引スピードが早い上に手数料が無料であれば、取引をする頻度が多い人や企業には嬉しい特徴です。

イオスがイーサリアムよりも優れていると言われる3つの理由

イオス-イーサリアム-以上

先ほどはビットコインよりも実用的な点を説明しました。

次は、イオスと比較されることが多い、イーサリアムよりも優れている点について紹介します。

DPOSを採用している

DPOS

イオスではDPOSというアルゴリズムを採用しています。

悩む男性
DPOS?アルゴリズム?
アルゴリズムは取引を承認するルールのことよ。ビットコインの場合は早く計算をした人が承認するルール(POW)を採用しているわ。
女性

DPOSではイオスネットワークに参加している人の投票によって取引の承認者が選ばれます。

承認する人が決まっているから、取引のスピードを早くすることができるんだね。

投票によって選ばれた人が承認を行うため、リップルのPOCと似ているとも言われています。

また、DPOSはセキュリティの評価が高いです。不正を行う人が選出されないような仕組みになっているため、承認作業も安全なのです。

使い勝手の良さ

イオス-使いやすい

特徴で説明をしましたが、イオスは取引の処理スピードが短く、取引手数料が無料です。

そのためユーザーからすると、イオスは使いやすい仮想通貨です。

また、アルゴリズムにはDPOSを採用しています。DPOSはイーサリアムが採用しているPOSを改善したアルゴリズムです。

イーサリアムよりもセキュリティに優れていて、取引スピードが早いのは、DPOSが理由よ。
女性2

そのためイオスは、イーサリアムの優れている点を用いつつ、改善した仮想通貨と言えるでしょう。

現在はイーサリアムから完全に独立

イオス-イーサリアム-独立

先ほども説明をした通り、イオスは2018年6月にイーサリアムから独立しています。

これによって、イオスはイーサリアムの影響を受けることはなくなりました。

イオスはイオスとして、機能を改善することができます。実際、イオスはプラットフォームのアップデートを予定しています。

イオスの機能が更に良くなれば、ますます仮想通貨としての評価が上がっていくことでしょう。

イオスは今後値上がりするの?

イオス-価格-上がる

今後イオスの価格は上昇するのでしょうか?

男性
イーサリアムよりもすごいのかもしれないけど、今後どうなるのかな?

これからの展開がわからないとなかなか買って良いのかわかりづらいですよね。

そこで、今後イオスの価格が上昇する可能性がある要因を3つまとめてみました。

日本の取引所に上場する可能性がある

イオス-日本の<a href=

イオスは現在、日本の取引所で購入ができません。海外の取引所を利用しないと取引ができない状況です。

そのため、買いたいと思っていても買うことができない日本人がいるでしょう。

日本の取引所での売買ができるようになれば、そういった人が買おうとするはずです。

そうなればイオスの価格は上昇するでしょう。

格付け会社の評価が高い

イオス-格付け会社-評価高い

イオスは仮想通貨格付け会社からの評価が高いことでも注目を集めています。

Weiss Ratingはイオスを「B-」の仮想通貨と評価しています。

悩む男性
「B-」って評価は高いの?

Weiss Ratingが「A」評価をしている仮想通貨はありません。最高評価がリップルの「B」評価です。

その次に位置するランクですので、決して低い評価ではありません。

ビットコインは「C」評価なのよ。
女性
男性
ビットコインの評価がそんなに低いの?何で?
処理速度の遅さやスケーラビティ問題が懸念されているからみたいね…。
女性

※ビットコインが抱える問題については以下の記事を参考にしてみてください。

日本は仮想通貨の先進国
仮想通貨のビットコイン(BTC)とは?簡単かつわかりやすく特徴を整理しました

ハッキング事件などでクローズアップされることも多いビットコイン・仮想通貨。果たしてどのような経緯で誕生し、価格上昇を遂げた通貨なのでしょうか。ビットコインの特徴について見ていきましょう。

続きを見る

ビットコインキャッシュは儲かる?ビットコインより優秀な仮想通貨の正体

ビットコインキャッシュは、ビットコインと名前が似ているので、何かしら関係があるのかなと思いますよね。
ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから生まれた(分裂した)仮想通貨です。

続きを見る

その他にも、イオスは中国政府の格付けランキングでも1位に選ばれています。専門家からの評価は高いです。

機能が優れている点や将来性があるため、ビットコイン以上に期待をされている仮想通貨と考えて良いでしょう。

期待だけで時価総額は6位へ

イオス-期待-高い

最初に説明をした通り、イオス自体には価値がないと言われています。

それでも、ICOで多額の資金を集めたプロジェクトが発行している仮想通貨として注目をされています。

イオスの技術に対して期待をして買っている人が現在は多いです。

今後、イオスが普及され使うことが一般的になれば、価格の上昇は間違いないでしょう。

イオスはどこで買える?

イオス-<a href=

ここまでイオスの特徴について紹介してきました。

最後にイオスを買うにはどのようにすればよいかを説明します。

日本の取引所では扱っていない

イオス-日本の<a href=

先ほどお伝えの通り、イオスは残念ながら日本の取引所では扱っていません。(2018年11月現在)

今後は日本でも取引できるようになるかもしれませんが、現在は海外の取引所で売買するしかありません。

世界では約60ヶ所の取引所が対応

世界60ヶ所-イオス-<a href=

イオスは世界約60ヵ所の取引所で売買できます。

ただし日本円での購入はできませんので、ビットコインもしくはイーサリアムを買ってから送金しないといけません。

イオスを買うまでの手順は以下の通りよ。
女性
  1. 日本の取引所でビットコイン(イーサリアム)を購入する。
  2. イオスを扱っている海外の取引所宛にビットコイン(イーサリアム)を送金する。
  3. 海外の取引所でイオスを購入する。(ビットコインもしくはイーサリアム建て)
海外の口座だけではなく、日本の取引所口座も必要なんだね!

日本の取引所口座をまだ持っていない人は以下の記事を参考にしてみてください。

ビットコイン取引所の選び方
【初心者向け】ビットコイン・仮想通貨の取引所を選ぶ4つのポイント

この記事では、ビットコインの取引所を選ぶ基準と、初心者が選ぶべき仮想通貨/ビットコインの取引所3選をランキング形式で紹介し、最後に安全に儲けられる方法を紹介します。

続きを見る

海外の取引所は日本人には難しい場合があります。口座開設をするなら、大手取引所のBINANCE(バイナンス)やHuobi(フォビ)がオススメです。

バイナンスbinance
日本を思いやる【CZ】が創ったバイナンス(BINANCE)とは?

バイナンス(BINANCE)は、2017年7月に設立された世界に600万人のユーザーを抱える取引所です。設立からわずか半年で取引高が世界一になりました。
バイナンスの特徴や取り組み、口座開設方法について紹介していきます。

続きを見る

Huobi(フォビ)
日本の大手取引所を買収したHuobiとは?メリット・デメリットを紹介

Huobiは、2013年に中国北京で設立された取引所です。Huobiはアメリカのベンチャーキャピタルのセコイアキャピタルなどから出資をうけており、仮想通貨・ブロックチェーンの世界では知らない人がいないほどの大手企業になりました。

続きを見る

EOS(イオス)のまとめ

イオス-まとめ

  • 2017年6月に発行された仮想通貨。
  • EOS(イオス)はEOSプロジェクトのために生まれた。
  • イーサリアムと同じように、企業をサポートするためのプラットフォームを提供している。
  • ICO当初は無価値の仮想通貨と言われていた。
  • 取引処理のスピードがビットコインの数百倍。
  • 取引にかかる手数料が無料。
  • DPOSをアルゴリズムとして採用している。
  • 格付け会社の評価が高く、価格の決定要因は期待が占めている。
  • 日本の取引所では扱っていないので、海外の取引所で購入する必要がある。

イオスは、日本で買うことができない仮想通貨ということもあり、日本での知名度は低いです。

しかし将来性や通貨としての機能は、ビットコインやイーサリアム以上と評価されています。

イオスの目標は企業が導入するプラットフォームになることです。実用的で機能が優れている点は現在ある仮想通貨ではトップクラスでしょう。

EOS(イオス)プロジェクトがどのように進むかにもよりますが、イオスが日常的に使われるようになっても不思議ではありません。

今後の展開に注目をしたい仮想通貨の1つです。気になる方は数百円台で買えるうちに買ってみても良いと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMM Bitcoin

DMMbitcoinのキャンペーン詳細

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.