【イーサリアムは未完成?】4つのアップデートを簡単解説

更新日:

イーサリアムは、時価総額でビットコインやリップルに次いで3位の仮想通貨です。

イーサリウムとは
【2019年版】イーサリアムとは?基本・歴史・将来性を徹底紹介
イーサリアムはひとことで表すと「インターネットを使ったコンピューター」です。ブロックチェーン技術を利用している点でビットコイン(BTC)に共通しますが、単なる仮想通貨ではありません。

続きを見る

すでに人気のある仮想通貨ですが、まだ完全なものではありません。

最初の登場から4つのアップデートを経て、イーサリアムは完成します。

2020年に完成を迎える予定です。

  1. Frontier(フロンティア)
  2. Homestead(ホームステッド)
  3. Metropolis(メトロポリス)
  4. Serenity(セレニティ)

既に2つのアップデートが終了し、現在は3つ目のアップデートを行っている途中です。

今回はイーサリアムの4つのアップデートについて紹介をしていきます。

①Frontier(フロンティア)

フロンティアアップデート-728

1つ目のフロンティアは2015年7月に実施されました。イーサリアムは開発者や技術者向けにテスト版が発表されました。

この時のバグなどの問題を修正するためのアップデートがフロンティアです。

②Homestead(ホームステッド)

ホームステッドアップデート-728

2つ目のホームステッドは2016年3月に実施されました。ホームステッドは、取引の安定性を高めるためのアップデートです。

取引手数料マイニングの難易度を調整するためのルールに関して修正が行われました。

このアップデートによってイーサリアムは広がっていき、価格が上昇しました。

しかし、ホームステッドによってハードフォークが起こり、イーサリアムクラシックが誕生するきっかけにもなりました。

ハードフォークとイーサリアムクラシックは以下の記事を読んで見てください。

ハードフォークの意味を図解でかんたんに解説
ハードフォークの仕組みが《図解》でまるわかり!初心者向けにわかりやすく解説しました
ハードフォークの意味は?わかりづらい仮想通貨の用語を<図解>で整理しました。最近話題の2019年のイーサリアムのコンスタンティノープル、ビットコインキャッシュ(ABCとSV)などの事例も紹介しています。

続きを見る

イーサリアムクラシックとは
【5分でわかる】最大33倍の価値に!イーサリアムクラシックとは?
イーサリアムクラシック(ETC)は、TheDAO事件のハッキングがきっかけで誕生した仮想通貨。時価総額はイーサリアムに劣りますが、非中央集権への強い信念をもって運用されています。

続きを見る

③Metropolis(メトロポリス)

メトロポリスアップデート-728

3つ目のアップデートがメトロポリスです。メトロポリスはビザンティウムコンスタンティノープルの2つのアップデートに分かれています。

2017年9月にビザンティウムは行われました。企業だけではなく、一般の人もスマートコントラクトを使いやすくするためのアップデートです。

イーサリアムを持っている一般人のためのアップデートと言えるでしょう。

コンスタンティノープルは、マイニングのアルゴリズムを変更する準備のためのアップデートです。

2018年に行われると言われていますが、具体的な日程はまだ明らかになっていません。

今はメトロポリスの半分まで終わったところなんだね。

④Serenity(セレニティ)

セレニティアップデート-728

最後に予定されているアップデートがセレニティです。このアップデートでは、マイニングのアルゴリズムを正式に変更します。

コンスタンティノープルでは準備、セレニティで実行されるのね。
女性

マイニングのアルゴリズムが変わることで、イーサリアムが抱える問題を解決しようとしています。

しかし、セレニティが実施されると、マイニングを行う人たち(マイナー)からの反発が起こる可能性があります。

悩む男性
マイナーは何で反発するの?
今までの方法ではマイニングができなくなるから、新しく準備が必要になるからよ。
女性
男性
マイナーからすると全然嬉しくない話なんだね……。

このタイミングでは価格の変動が起こる可能性があり、取引の際は注意が必要です。

まとめ

イーサリアム-アップデート-まとめ

  • イーサリアムは4つのアップデートを予定している。
  • アップデートの種類は、フロンティア/ホームステッド/メトロポリス/セレニティの4つ。
  • フロンティアアップデートでは不具合の修正が行われた。
  • ホームステッドアップデートがきっかけで分裂した。
  • メトロポリスアップデートによって、一般人も使いやすい仕様になる。
  • セレニティアップデートではマイニングの方法が変わる。価格の変動が予想されている。

イーサリアムは企業からの注目度の高い仮想通貨ですが、まだ完成していません。

これらのアップロードが完了すれば、ますます便利な仮想通貨になることでしょう。

今後の動向に注目しておきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.