アルトコインの種類を比較

アルトコインの種類

ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。

時価総額が高く人気のアルトコインリップル(XRP)イーサリアム(ETH)などがあります。

このページではアルトコインの関連記事をまとめました。

イーサリアム(ETH)

仮想通貨の時価総額2位のイーサリアム(ETH)は、2015年に正式リリースされました。

イーサリアムはブロックチェーン上でアプリケーションの配置・実行ができるプラットフォームです。

アプリ内で実行するために使われる内部通貨Ether(イーサー)を通称してイーサリアム(ETH)と呼んでいます。

イーサリアム(ETH)の基本

イーサリウムとは
【2019年版】イーサリアムとは?基本的な特徴から・歴史・将来性を徹底紹介

イーサリアムはひとことで表すと「インターネットを使ったコンピューター」です。ブロックチェーン技術を利用している点でビットコイン(BTC)に共通しますが、単なる仮想通貨ではありません。

続きを見る

イーサリアム(ETH)のチャート

イーサリアムの今後2019年チャート
イーサリアム(ETH)の今後は?2019年の価格予想とチャートをチェック

イーサリアム(ETH)の今後はどうなる?チャートで過去を振り返り、2019年の動向を見極めます。
コンスタンティノープルなど、価格を左右するイベントを取り上げています。ヴィタリック・ブテリン氏をはじめとする著名人の予想もまとめました。

続きを見る

イーサリアム(ETH)取引所

【知らないと損する】イーサリアムはどこの取引所がオススメ?

仮想通貨の取引所は、国内だけで20ヶ所近くあります。
ホームページ上では良いことを記載しているので、判断に困りますね。何をチェックすればいいのか難しいですよね。
そんなあなたのために、今回はイーサリアムで取引をするなら、絶対に知っておきたい取引所を紹介します。

続きを見る

イーサリアム(ETH)その他の記事
記事一覧はこちら

リップル(XRP)

リップルはアメリカのRipple, Inc.(リップル社)が開発した国際送金に特化したプラットフォームです。

リップルが持つグローバル送金ネットワークを活かして、国際送金がより便利になる仕組みです。

リップルのプラットフォームで使われる仮想通貨がXRP(エックスアールピー)です。

リップル(XRP)の基本

リップル(XRP)の将来性

リップル(XRP)の取引所

リップル(XRP)その他の記事
記事一覧はこちら

ライトコイン(LTC)

ライトコインは元Googleエンジニアのチャーリー・リー(Charlie Lee)氏が開発した仮想通貨です。

ビットコインを基に作られ、ビットコインよりも日常で使える仮想通貨として2011年に生まれました。

最初にできたアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)で、ビットコインに次いで2番目に歴史があります

■ライトコイン(LTC)の基本

■ライトコイン(LTC)のチャート

■ライトコイン(LTC)その他の記事
記事一覧はこちら

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから生まれた(分裂した)仮想通貨です。

機能的なメリットに、ブロックの容量が大きい、取引にかかる時間が短いなどが挙げられます。

■ビットコインキャッシュ(BCH)の基本

■ビットコインキャッシュ(BCH)のチャート

■ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所

■ビットコインキャッシュ(BCH)その他の記事
記事一覧はこちら

(MONA)

(MONA)匿名掲示板の2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から生まれた国産の仮想通貨です。

2014年1月1日に正式リリースされました。

公開当初より投機や通貨としての要素よりも、気に入った絵や音楽などの作者に寄付をする投げ銭やチップとしてして使われるケースが多いです。

■(MONA)の基本

■(MONA)のチャート

■(MONA)の取引所

■(MONA)その他の記事
記事一覧はこちら

その他のアルトコイン

■イーサリアムクラシック(ETC)

■イオス(EOS)

■エイダコイン(Cardano/ADA)

■テザー(USDT)

■ステラ (XLM) 

■トロン(TRX)

■バイナンスコイン(BNB)

■アイオータ(IOTA)

■モネロ(XMR)

■ダッシュ(DASH)

ネム(XEM/NEM)

■ドージコイン(DOGE)

■リスク(LISK)

■ガクトコイン/スピンドル(SPD)

■キャッシュ(QASH)

■ヴィチェーン(VEN)

■テゾス(XTZ)

■ネオ(NEO)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トミー

2017年より興味本位でビットコイン投資を始める。 年末の仮想通貨バブルを経験するも含み益が一瞬でなくなる。 現在は数年先を見据えて長期保有するスタンス。 株式投資の経験を生かしてテクニカル分析にも挑戦中。 記事では仮想通貨の知識のみならず、トレーダー目線でも役に立つ情報提供になるよう心掛けている。

-topics
-

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.