GMOコインのスプレッドは広い?サービス、通貨、他社のあらゆる面で比較

更新日:

GMOコインのスプレッド
悩む男性

GMOのスプレッドは広いの?
他社と比べたスプレッドは?
そもそもスプレッドとは?
結局何を使えばいい?

こんな疑問を解決する内容になっています。

 

仮想通貨取引は注文手数料に加えて、スプレッドが発生するケースがあります。

実際どれだけのスプレッドが発生しているのか。

この記事ではGMOコインのサービス別と仮想通貨別、またGMOコインと他社と比較した場合と、あらゆるケースでのスプレッドを調べました。

「スプレッドって何だっけ?」「スプレッドってなんとなくしか分からない」という人のために補足説明もあるので、ぜひチェックしてみてください。

読者が選んだ人気の取引所ランキング

coinchecklogo

Coincheck / 総合93点

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

GMOcoinlogo

GMOコイン総合92点

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

仮想通貨の取引所ランキング

GMOコインはどんな取引所

GMOコインはどんな<a href=

GMOコインは、東証1部上場企業GMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所です。

株やFXなどの金融業でのノウハウを活かしたセキュリティや使いやすさに定評があります。

取り扱い通貨はリップル(XRP)のほか、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の全5種。

GMOコインは販売所形式と取引所形式の2種類仮想通貨FXを運営し、いずれもリップル(XRP)を購入できます。

手数料も安く、取引画面や専用アプリは見やすいデザインで総合的に魅力が高く初心者にもオススメです。

GMOコインについて、さらに詳しく知りたい人はこちらをチェックしてみてください。

【GMOコインが選ばれる3つの理由】手数料無料で100円から取引!
GMOコインは東証一部に上場している、GMOインターネットのグループ会社です。 この記事では、GMOコインの特徴やメリット、デメリットについて説明をしたいと思います。

続きを見る

まだ口座開設をしていない人はこちらから登録できます。

\口座開設でビットコインをプレゼント/

GMOコインの公式サイトへ

スプレッドは売値と買値の差

GMOコインスプレッドとは

スプレッド売値と買値の差のことです。

以下はGMOコイン・販売所でのビットコイン(BTC)の価格表示です。(2019年6月12日11時30分ごろ時点)

gmoコインスプレッド

販売所ではスプレッドが発生していて、売値と買値に26,160円の差があります。

仮に1BTC買ったとすると、その時点で26,160円の含み損が発生することになります。

買った時点から価格が26,160円上がってようやくトントンですね。

男性
これで利益を出すのは難しそうだね・・
長期目線での上昇、大きな値上がり狙いじゃないと難しいわね。
女性

スプレッドは変動する

スプレッドの幅は固定ではなく、常に変動します。

とくに値動きが激しい時は値幅が開く傾向にあります。

 

次にスプレッドが発生するケースを見ていきます。

GMOコインでスプレッドが発生するサービスは販売所、仮想通貨FX

GMOコインでスプレッドが発生

スプレッドは、価格が売値と買値で表示される売買方法(2WAYプライス)で発生します。

GMOコインでの2WAYプライスのサービスは2つあります。

以下、GMOコインのサービス比較表です。

GMOコインサービス一覧

出典:GMOコイン

比較表にスプレッドの項目はありませんが、価格表示が2WAYプライスのサービス、販売所仮想通貨FXでスプレッドが発生します。

以下は「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」での実際の表示価格です。(2019年6月12日11時30分ごろ時点)

いずれも価格差が生じています。

ただ、販売所と仮想通貨FXではスプレッドの幅に大きく差があります。

この点は後ほど詳しく確認します。

一方、取引所は板情報による取引のためスプレッドは発生しません。

gmoコインスプレッド

板取引はユーザー同士で売買する取引方法で、売り板と買い板に出ている価格で売買するか、自ら指定した価格で板に出すことで売買を成立させます。

 販売所取引所(現物/レバレッジ)仮想通貨FX
価格表示2WAYプライス板情報2WAYプライス
スプレッド有無ありなしあり

スプレッド、取引手数料(注文手数料)との違いは?

スプレッドと注文<a href=

注文手数料は注文時にかかる手数料で、購入金額に対して特定のパーセンテージがかかります。

GMOコインの注文手数料は、唯一取引所の現物取引でかかります。

GMOコインサービス一覧

出典:GMOコイン

注文手数料は2パターンあります。

Maker:取引価格の0.01%
Taker:取引価格の0.05%

Maker、Takerとは

取引所の板に出ている指値注文について売買が成立した際に、その指値注文を出していた取引参加者を「Maker」と呼び、その相手方となる注文を発注した側を「Taker」と呼びます。 出典:GMOコインサポート

悩む男性
Takerは板に出ている価格を指値するか、成行で買った(売った)場合だよね?
そうね。板にない価格を指値して成立すればMakerになるけど、いつ成立するか分からないわ。基本的に板にある価格を取りに行くスタンスで、Taker手数料がかかると考えておいた方がよいわ。
女性

Taker(0.05%)でかかる注文手数料は、例えば30,000円の取引で150円かかります。

取引所の現物取引はスプレッドはありませんが、このように注文手数料がかかります。

取引手数料もスプレッドもかからないのが、取引所のレバレッジ取引です。

詳しい違いはこちらのページにまとめています。

GMOコインレバレッジ取引
GMOコインのレバレッジ取引は2種類、オススメは「仮想通貨FX」
GMOコインのレバレッジ取引と& ...

続きを見る

GMOコインのスプレッド一覧

GMOコインスプレッド一覧

GMOコインでは実際どれくらいのスプレッドがあるのかを見てみましょう。

GMOコインで取り扱う通貨は以下の5種類です。

また、スプレッドが発生するサービスは販売所仮想通貨FXです。

2019年6月時点(ほぼ同じタイミング)での価格とスプレッドを比較しました。

GMOコインスプレッド1

GMOコインスプレッド2

さらに一覧表にまとめました。

スプレッドの割合は、買値(購入価格)に対するスプレッドの比率です。

 <販売所>
スプレッド
<販売所>
スプレッド割合
<仮想通貨FX>
スプレッド
<仮想通貨FX>
スプレッド割合
ビットコイン(BTC)26,160円2.95%511円0.058%
イーサリアム(ETH)1,886円6.76%215円0.79%
ビットコインキャッシュ(BCH)4,250円9.52%383円0.89%
ライトコイン(LTC)1,060円6.75%144円0.94%
リップル(XRP)3.6円8%0.35円0.81%

ご覧いただくと分かりますが、販売所と比較して仮想通貨FXのスプレッドはだいぶ狭いことが分かります。

仮想通貨FXのスプレッドは販売所のスプレッドの10分の1程度に抑えられています。

スプレッドは通貨ごとにも異なり、とくにビットコイン(BTC)は他の仮想通貨と比較しスプレッドの割合が低く売買しやすいといえるでしょう。

毎週金曜19時~19時30分はスプレッドが狭くなる

GMOコインでは仮想通貨FXのスプレッドがさらに狭くなるキャンペーンをやっています。

通貨はビットコイン(BTC)限定で、期間は毎週金曜日(祝日除く)の19時~19時30分です。

ビットコイン(BTC)のスプレッドが100円台になるため、取引のチャンスと言えるでしょう。

通常でも500円前後と安いけど、さらに安くなるんだね。
売買を考えていた人はチャンスね。
女性

GMOコインと他社とのスプレッドを比較

GMOコインスプレッド他社<a href=

悩む男性
他社のスプレッドと比較するとどうなのかな?
販売所で人気のあるcoincheckとDMM Bitcoinの2社と比べてみたわ。
女性

以下はGMOコイン、coincheck、DMM Bitcoin、各販売所(現物取引)のビットコイン(BTC)のスプレッドです。(2019年6月13日時点)

 

GMOコインスプレッド1

GMOコインスプレッド2

それぞれ見ると、GMOコインが26,160円、coincheckが35,900円、DMM Bitcoinが2,500円と各社差があります。

販売所でビットコイン(BTC)の現物を買うならDMM Bitcoinがオススメと言えます。

 

また、レバレッジ取引のスプレッドも比較しました。

GMOコインレバレッジ2

それぞれ見ると、GMOコイン(仮想通貨FX)が511円、DMM Bitcoinが796円で、現物取引でのスプレッドよりもかなり狭いことが分かります。

なかでもGMOコインの仮想通貨FXはわずか511円です。

GMOコインのサービス内でも他社サービスと比較しても、仮想通貨FXのスプレッドがもっとも狭いことが分かります。

 GMOコインcoincheckDMM Bitcoin
販売所スプレッド(BTC)26,160円35,900円2,500円
レバレッジ取引/スプレッド(BTC)511円(仮想通貨FX)-796円

 

次は結局どのサービスを使うべきかについて、コインプラスの見解をお伝えします。

仮想通貨FXのスプレッドは許容範囲

GMOコインの仮想通貨FX<a href=

悩む男性
結局どのサービスを使えばいいの?
コインプラスは仮想通貨FXをオススメするわ。
女性

仮想通貨FXのスプレッドは1%未満におさえられているため、比較的短期のトレード(数日~数週間)でも値動きによって利益を出しやすいです。

仮想通貨FXをオススメする最大の理由は、注文方法が豊富なこと。

忙しくて頻繁に価格が見られない人には嬉しい、買った後の予約注文ができるのです。

上がると思って買った仮想通貨も予想外に下がってしまうこともあります。

かといってずっとチャートを見ているわけにもいきません。

下がったケースを想定し、特定の価格になったら自動で売って損切りしてくれる逆指値注文が使えるのは仮想通貨FXだけです。

下がった場合だけでなく上がった場合の利益確定も同時注文できるOCO注文も可能です。

だから、チャートを頻繁に見られない人には仮想通貨FXをオススメします。

ひとつ注意したいのは、仮想通貨FXで買った通貨(建玉)を翌日以降に持ち越すと、日ごとにレバレッジ料がかかるため半年以上の長期取引には向いていません。

女性2
詳しくは仮想通貨FXを詳しくまとめた記事をチェックしてね。
GMOコイン仮想通貨FX使い方
GMOコインの仮想通貨FXは小資金・初心者・忙しい人にオススメ【やり方徹底解説】
GMOコインの仮想通貨FXは、最大10倍レバレッジで小資金の人、初心者、忙しい人にオススメのサービスです。アプリ「ビットレ君」は画面が分かりやすく機能も充実しているので、パソコンがなくても十分取引できます。この記事でやり方をレクチャーします。

続きを見る

数日以内の短期取引で取引回数が多い人は取引所での板取引をオススメします。

注文手数料はかかりますがTaker0.05%と安く抑えられ、スプレッドもありません。

 

一方で販売所はスプレッドが広すぎるため、一度買ったら半年以上持ち続ける長期取引向けです。

仮想通貨現物での購入となるため持っている間に、コストはかかりません。

ただウォレットで管理するなど管理方法には気を配るべきでしょう。

GMOコインの手数料、スプレッドの評判、口コミ

GMOコインスプレッドの口コミ

GMOコインのユーザーはスプレッドをどう見ているのでしょうか。

Twitterの声をまとめました。

ユーザーの声も、他社のスプレッドと比較すると、GMOコインのスプレッドは狭い印象があるようです。

GMOコインのスプレッドまとめ

GMOコインスプレッドのまとめ

  • スプレッドは売値と買値の差

  • スプレッドは、価格が売値と買値で表示される売買方法(2WAYプライス)で発生する

  • 価格表示が2WAYプライスのサービスは販売所と仮想通貨FX

  • 注文手数料は注文時にかかる手数料で、購入金額に対して特定のパーセンテージがかかる

  • 仮想通貨FXのスプレッドは販売所のスプレッドの10分の1程度

  • ビットコイン(BTC)の現物を買うならDMM Bitcoinがオススメ

  • GMOコインのサービス内でも他社サービスと比較しても、仮想通貨FXのスプレッドがもっとも狭い

いかがでしょうか。

サービス内、仮想通貨の種類、他社との比較などいろんなケースでスプレッドを見ていきました。

この記事が参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-topics
-,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.