【日本向けサービス停止中】HitBTC(ヒットビーティーシー)とは

更新日:

hitbtcトップページ

800通貨ペアを扱うイギリスの大手取引所HitBTC(ヒットビーティーシー)は、新しいアルトコインに興味を持っている人にはオススメです。

ただし、現在は日本在住者向けのサービスを停止しているため日本居住者は利用できません。

悩む男性
なんで使えなくなっちゃったの?
日本の法律(資金決済法)に準拠していないから、本来日本では営業できないの。
女性

2018年12月現在、HitBTCは登録はできるようになっていますが、仮想通貨の取引はできない状況です。

日本で取引を始めたい人は、以下のランキング記事をチェックしてください。

仮想通貨の取引所ランキング
仮想通貨・ビットコイン(BTC)取引所比較ランキング!500人の投資家が初心者にオススメする日本の取引所5選
「仮想通貨(暗号通貨)・ビットコインの取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

中でもオススメは、セキュリティに定評があり、手数料が安いGMOコインです。

\初心者でも安心・簡単に取引できる!/

GMOコインを詳しく見る

HitBTCについて知りたい人はこの記事を読み進めていただければと思います。

HitBTC(ヒットビーティーシー)とは?

hitbtcとは

HitBTC(ヒットビーティーシー)イギリスに拠点を置く仮想通貨取引所です。

Hit Techs Limited社によって2014年から運営されており、ICOを実施して間もない仮想通貨や、時価総額が低く知名度が低いコインも多く取り扱っています。

以下ランキングの通り、取引高では世界でトップ15に入る大手です。

世界の仮想通貨取引所・1日の取引高ランキング 

<a href=取引所ランキング15位hitbtc" width="657" height="790" />

特筆すべきは通貨ペア数(仮想通貨数)で、赤枠をご覧いただくとわかりますが800通貨ペアを扱っています。

通貨ペア

売買する通貨の組み合わせ。「BTC/JPY」のように/で区切ってペアを表現します。

通貨数、通貨ペアの多い1位のBinance(393)や2位のOKEx(412)よりも圧倒的に多いことが分かります。

バイナンスbinance
日本を思いやる【CZ】が創ったバイナンス(BINANCE)とは?
バイナンス(BINANCE)は、2017年7月に設立された世界に600万人のユーザーを抱える取引所です。設立からわずか半年で取引高が世界一になりました。 バイナンスの特徴や取り組み、口座開設方法について紹介していきます。

続きを見る

日本居住者向けのサービス停止について

hitbtc日本居住者向けサービス停止

HitBTCは、2018年6月2日に日本居住者向けのサービス停止を発表しています。

サービスを停止した理由は、日本における子会社の設置と日本国内サービス再開に向けたライセンス手続きを整えるためとしています。

そのため以前はHitBTCは日本語にも対応していましたが、今は対応言語から日本語が外れています。

現在、HitBTCへアクセスすると以下のように日本居住者向けのサービスを停止したことを伝えています。

hitbtcトップページ

悩む男性
それまでHitBTCを使っていた人はどうなっちゃったの?
ユーザーへ通知してから14日後に停止することを伝えていたので、資産を移動する時間は設けられたわ。
女性

仮想通貨取引所が日本居住者向けに運営する場合、資金決済法に準拠する必要があります。

以前、資金決済法に準拠せず日本向けに営業を行っていた大手海外取引所のバイナンスは、2018年3月に金融庁から警告を受けています。

このような事態も踏まえて、日本の居住者向けのサービスを停止して体制を整える方針で動いています。

ここからはHitBTCのサービスを紹介しますが、お伝えの通り日本居住者は取引できないため参考までに御覧いただければ幸いです。

HitBTCの取り扱い通貨

hitbtcの取り扱い通貨

HitBTCはビットコインはもちろんのこと、アルトコインも含めて200種類以上の取り扱いがあります。

以下は取引高の多い通貨ペアのランキングです。

HitBTC通貨ペア・1日の取引高ランキング(1位~30位) 

HitBTC通貨ペアランク

国内ではおなじみのイーサリアム(ETH)リップル(XRP)はもちろんのこと、国内では手に入らないイオス(EOS)ダッシュ(DASH)ステラー(Stellar/XLM)なども扱っています。

ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークして生まれたビットコインSV(BSV)もありますね。

なお、HitBTCは法定通貨での取引ができません。

交換の基準となる基軸通貨は、主にビットコインやイーサリアムテザー(USDT)TUSDです。

取引量の少ない仮想通貨も見てみましょう。

HitBTC通貨ペア・1日の取引高ランキング(100位~130位)

HitBTC取扱高<a href=

100位以下になると見慣れない仮想通貨が多く出てきますね。中には日本円で0.04円相当の通貨もあります。

このような知名度の低い通貨の価値が上がることを望んで買ってみたいという人にはオススメの取引所といえるでしょう。

HitBTCの取引手数料

hitbtcの取引<a href=

HitBTCの取引手数料は他の取引所と比較しても割安だといえます。

hitbtc<a href=

出典:HitBTC公式サイト

公式サイトでは、Taker手数料は0.1%と記載しています。

一方のmaker手数料はかからず、むしろ0.01%が受け取れると実質-0.01%だといえます。

悩む男性
Maker、Taker・・どういうこと?
注文の形式によって扱いが変わるの。日本ではあまり見ないけど海外では一般的だわ。
女性

maker手数料

makerとは、自分が買いたい/売りたい価格を指定して買い/売り注文を出すことで、決まった値段を指すので指値注文と言います。

成立した売買に対する手数料がmaker手数料です。売買の機会を「作る」のでmakerと考えると覚えやすいです。

taker手数料

takerとは、既に提示されている売り/買い価格を指定して売買すること。または、価格を指定しないで売買する成行注文を指します。

この時成立した売買に対する手数料がtaker手数料です。既にある売買機会を「取り」に行くのでtakerと覚えるとよいでしょう。

これを踏まえると、指値注文が成立すれば報酬がもらえるんだね。
わずかだけど、取引頻度が高い人には嬉しいわね。
女性

国内の取引所は取引手数料が無料の場合が多いため、国内で扱わない仮想通貨の取引をする場合はお得です。

他の海外取引所と比較しても安いことがわかります。

取引所拠点手数料
バイナンス(Binance)マルタmaker手数料:0.1%
taker手数料:0.1%
ビットレックス(Bittrex)アメリカmaker手数料:0.25%
taker手数料:0.25%
フォービー(Huobi)シンガポールmaker手数料:0.2%
taker手数料:0.2%
ポロニエックス(Poloniex)アメリカmaker手数料:0~0.1%
taker手数料:0.1~0.2%

HitBTCの登録方法

HitBTCの登録

HitBTCは日本居住者向けのサービスを停止しているため、取引はできませんが登録まではできるようになっています。

HitBTC登録の流れ

登録用メールアドレスとパスワードを決めて入力します。

hitbtc登録フロー

登録したメールアドレスに専用URLが届きます。

hitbtc受信メール

URLをクリックすると、HitBTCのサイトに移りプライバシーポリシーの同意を求められます。

HitBTCプライバシーポリシー

チェックを入れてConfirmボタンを押すとログインが完了し、管理画面に移ります。

hitbtcloginpage

画面右上に「Welcome to HitBTC!」と表示されるものの、真ん中に「Important Information」と表示され以下のような記載があります。

hitbtcの注意書き

日本のIPアドレスからのアクセスと判断し、こちらの表示が出ているようです。

以下のような注意事項が記載されています。

・日本の地域ではサービス提供を一時中断している

2018年の3Qの提供再開を目指している

・もし日本居住者でなければリンク先から身元確認の手続きを取って利用してほしい

2018年の3Qは7月~9月に該当しますが、この記事は2018年12月のためサービス再開が遅れていることが分かります。

日本での運営条件を満たすことに難航しているようです。

HitBTCのまとめ

hitbtcのまとめ

・2014年に運営開始したイギリスの大手取引所

・日本居住者向けサービス提供を停止している

・停止理由は日本における子会社の設置と日本国内サービス再開に向けたライセンス手続きを整えるため

・取引高ランキングは世界で15位(2018年12月7日)

・通貨ペアは800通りで世界でもトップクラス

・Taker手数料は0.1%、Maker手数料は実質-0.01%

いかがでしょうか。

資金決済法は、世界でも厳しいルールとされています。

この条件に合わせて、サービスを再び展開するのは簡単なことではないでしょう。

一方で再開されれば、様々なアルトコインを購入できるようになります。今後の動きもチェックしていきたいですね。

この記事があなたのお役に立てれば嬉しい限りです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

もっと仮想通貨に詳しくなる
【2019最新】初心者必見!仮想通貨の取引所ランキング5選【失敗しない】
【日本の取引所・12社を比較!】仮想通貨初心者はどこで取引するべき?
【日本向けサービス停止中】KuCoin(クーコイン)とは?

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.