仮想通貨のファンダメンタルは有効?チェックすべき6つのポイントを解説

仮想通貨のファンダメンタル分析
悩む男性
・仮想通貨のファンダメンタル分析方法を知りたい
・仮想通貨のファンダメンタル分析で稼げるか

という疑問を解決できる記事になっています。

この記事で解説する『仮想通貨のファンダメンタル分析』を理解すれば、仮想通貨のファンダメンタルをどのように活かすべきかがわかるでしょう。

「仮想通貨のファンダメンタルズ分析に重要な情報源」もあわせてチェックすることで、よりトレードの参考となる情報が得られるはずです。

まずは「ファンダメンタル分析」とは何かを見ていきましょう。

ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析とは

経済の状況を示す基礎情報をもとに、その価値が割安か割高かを求める分析方法です。

企業(株)なら財務状況業績状況をもとに株価が適正かを判断。

国家(おもに為替)なら経済成長率(GDP)、失業率(雇用統計)物価上昇率などをもとに他国と比較してその価値を判断しています。

ファンダメンタル分析はファンダメンタルズ分析とも呼ばれます。

テクニカル分析

投資分析方法にはファンダメンタル分析とは別に、チャートの形状や出来高、補助指標などから値動きを予想するテクニカル分析があります。

仮想通貨投資においてもファンダメンタル分析とテクニカル分析のいずれも有効です。

仮想通貨のファンダメンタル分析に重要な要素6つ

仮想通貨のファンダメンタル分析重要な6つの要素

仮想通貨は国や企業が管理しておらず、その価値に裏付けがありません。

そんな中でどのような情報を頼りにすればよいのでしょうか。

仮想通貨のファンダメンタル分析は主に以下の6つの要素が重要です。

  • 国家の情勢、仮想通貨への政策
  • 仮想通貨(ブロックチェーン)の技術
  • 仮想通貨の普及状況
  • 仮想通貨への期待感
  • 著名人の発言
  • FUD

国家の情勢、仮想通貨への政策

世界の国家情勢や仮想通貨に対する政策の動きは重要な指標になります。

仮想通貨は経済が下向きになった際の逃避資産としても注目されています。

国家情勢

国家情勢が危うくなり法定通貨の信用が落ちると、仮想通貨への期待が高まり価格は上昇する傾向があります。

2013年に起きたキプロス危機(キプロスの金融危機)では、自国通貨の信用がなくなることでビットコインに買いが集まり、ビットコイン価格の上昇しました。

仮想通貨に対する政策

また仮想通貨への各国の政策も重要な要素です。

2017年に中国政府の仮想通貨取引の規制を行うと、当時のビットコイン取引高の多くが中国(人民元)によるものだったため、ビットコイン価格の大幅下落が起こりました。

中国の当局は昨年9月にICO(仮想通貨を集める形式の資金調達)を禁止し、ビットコイン(仮想通貨)取引所を実質的な閉鎖に追い込んだ。(出典:現代ビジネス 2018年記事

仮想通貨(ブロックチェーン)の技術

仮想通貨のアップデート(ネムのカタパルトなど)やハードフォークなどの技術的進歩は、仮想通貨の価格に影響を与えます。

ネムのカタパルト
【ネムのカタパルトとは?】処理能力が仮想通貨で最速にアップデート

仮想通貨は、アップデートによりその利便性をさらに高めます。 コインチェック事件の影響であまりよいイメージのないネム(XEM)。 実は機能面で優れている仮想通貨で、その機能をさらに向上させるカタパルトと ...

続きを見る

ハードフォークの意味を図解でかんたんに解説
ハードフォークの仕組みが《図解》でまるわかり!初心者向けにわかりやすく解説しました

ハードフォークの意味は?わかりづらい仮想通貨の用語を<図解>で整理しました。最近話題の2019年のイーサリアムのコンスタンティノープル、ビットコインキャッシュ(ABCとSV)などの事例も紹介しています。

続きを見る

とくに仮想通貨の特性である半減期は仮想通貨の希少性を高めるため、半減期前に価格が上がるケースが多いです。

半減期とは?
仮想通貨の半減期とは?2020年~2022年、価格上昇が予想されている通貨を紹介!

仮想通貨の半減期とは?この記事では半減期の意味や仕組み、理由から、2019年、2020年、2021年に半減期が起きる仮想通貨を紹介します。

続きを見る

また仮想通貨取引所のハッキングなどのネガティブなニュースは信用を失い、価格全体の相場下落につながる場合もあります。

本来は取引所事態の信頼問題になりますが、仮想通貨全体のイメージダウンにも繋がってしまうのがポイントです。

仮想通貨の普及状況

仮想通貨やブロックチェーンの技術が日常のサービスに普及したり、仮想通貨で決済できるお店が拡がったりすることで仮想通貨の価値は高まり、価格上昇につながります。

ビックカメラのビットコイン決済
ビックカメラのビットコイン決済は便利?しくみからやり方までを徹底解説

・ビックカメラでのビットコイン決済のしくみを知りたい ・ビックカメラでのビットコイン決済のやり方を知りたい ・ビックカメラ以外でビットコイン決済できるのはどこかを知りたい こんな疑問を解決する記事にな ...

続きを見る

仮想通貨取引所に新たな銘柄が上場することで流動性が高まることも市場にはプラスとなるでしょう。

コインチェックのステラ
ステラルーメン(XLM)、コインチェック上場で価格高騰中

12日正午、仮想通貨取引所のコインチェックにステラルーメン(XLM)が上場しました。 12日12時15分現在、前日の8.61円から一時14円(前日比約40%)まで高騰しています。 ステラルーメンはコイ ...

続きを見る

仮想通貨への期待感

仮想通貨の価格が上がるとその期待感がさらに増して価格が上がる場合があります。(出典:bitbank

この積み重ねが2017年末の仮想通貨バブルでした。

過度な期待はバブルを呼び崩壊のリスクがあります。

著名人の発言

仮想通貨界隈の著名人による仮想通貨市場への発言が価格を左右するケースもあります。

基本的にポジティブな話のケースが多いため、鵜呑みにするのではなく話半分で聞いておくのがよいでしょう。

マカフィー「BTC1億円予想」を撤回 2020年末の到達厳しいと判断か(出典:CoinPost)

トム・リー氏、それでもビットコインに強気な理由5つとは?【仮想通貨相場】(出典:コインテレグラフ)

FUD

FUDは「Fear(恐怖)」「Uncertainty(不確実性)」「Doubt(疑念」の頭文字をとった言葉です。

FUDによって価格が大きく下がるケースもあります。

とくにSNS上から流れる情報にFUDも多く含まれています。情報の出どころをしっかり確認するなどで誤った判断をしないよう注意しましょう。

仮想通貨のファンダメンタル分析に重要な情報源4つ

仮想通貨のファンダメンタル分析重要な4つの情報源

FUDなどのリスクがある中、正しく有用な情報はどこから得るべきでしょうか。

ここで必ず押さえておきたい情報源を4つ紹介します。

  • 金融庁(政府機関)
  • 国内の仮想通貨取引所
  • 仮想通貨発行元
  • 仮想通貨ニュースサイト

金融庁(政府機関)

各国政府からの発信される仮想通貨情報は必ずチェックしましょう。

日本では金融庁がその発表を行います。

仮想通貨の取引ルールや、新しい政策など新情報は逐一チェックし、それが起きることで今後どう業界が変わっていくかを自ら考えることが大切です。

他国の政策が影響するケースもあります。とくに米国や中国は影響力が大きいです。

あわせてチェックしましょう。

国内の仮想通貨取引所

仮想通貨取引所が発信する情報は必ず押さえましょう。

もっとも価格に影響するのは新規銘柄の上場です。

どの取引所もいつ起こるかわからないため、Twitterアカウントをフォローし常にて情報のタイムラグをなくしましょう。

仮想通貨取引所の口座開設していればメールで通知が来る場合もあります。

新規銘柄の上場以外の新しいサービス開始なども期待感アップにつながるでしょう。

とくにコインチェックはリリースが盛んで、新しい試みをどんどんしています。

【世界初】Liskのステーキングサービス(β版)の提供を開始(出典:コインチェック)

仮想通貨発行元

仮想通貨の発行元が公開しているホワイトペーパーやリリースなどもチェックしておきたいですね。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)などの有名な仮想通貨の場合、すぐにニュースになるのでそちらをチェックしましょう。

仮想通貨ニュースサイト

上記のような情報をおさえるには、良質な仮想通貨ニュースサイトをチェックするのがいちばん早いです。

出どころのわからないSNSは参考程度にして、情報ソースのはっきりとしている仮想通貨ニュースをしっかりとチェックしましょう。

ここではコインプラス編集部がオススメする、仮想通貨情報サイトを紹介します。

FXcoin
値動きの分析記事がほぼ毎日公開され、市場動向がわかる。

CoinPost
速報性が高く、常に最新情報が得られる。

コインテレグラフ ジャパン
ニュース記事のほか価格予想などオリジナル記事も充実。

ファンダメンタル分析とテクニカル分析、どっちが大事?

結論、どちらもとても大事です。

ファンダメンタルは長期的な目線(長期投資)、テクニカルは短期的な目線(短期投資)で有効になる傾向があります。

それぞれをおさえることでより値動きの見極めをしやすくなるでしょう。

オススメの仮想通貨取引所

オススメの仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引をはじめる人にオススメの取引所を3つ紹介します。

今なら1000円がもらえる!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い銘柄数手数料が無料

9種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいモナコインのレバレッジ取引が可能
  • モナコインを扱う取引所で唯一キャッシュバックキャンペーンを実施中!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分

※3-5分程度で登録できます。

国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い銘柄数手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、モナコインの少額投資ができる!

※3-5分程度で登録できます。

セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い銘柄数手数料が無料

6種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、モナコインをオトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※3-5分程度で登録できます。

記事のまとめ

記事のまとめ

最後に記事のまとめです。

  • ファンダメンタル分析は経済の状況を示す基礎情報をもとに、その価値が割安か割高かを求める分析方法
  • 仮想通貨のファンダメンタル分析に重要な6つの要素
    1.国家の情勢、仮想通貨への政策
    2.仮想通貨(ブロックチェーン)の技術
    3.仮想通貨の普及状況
    4.仮想通貨への期待感
    5.著名人の発言
    6.FUD
  • 必ず押さえておきたい情報源を4つの情報源
    1.金融庁(政府機関)
    2.国内の仮想通貨取引所
    3.仮想通貨発行元
    4.仮想通貨ニュースサイト

ファンダメンタル分析は投資運用では基本となる分析法です。

テクニカル分析と合わせて使うことで価格予想の精度を高められます。

まずはしっかり情報収集できる環境を整えましょう。

編集部がおすすめする取引所

DMMビットコインの1000円プレゼント
DMM Bitcoinで口座開設すれば、今ならもれなく1,000円がもらえます。

ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたい人は、DMM Bitcoinに登録しましょう。

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

coincheck

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※4分程度で登録できます。

2位:1000円キャッシュバック!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

現物3種類、レバレッジ11種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

7種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※4分程度で登録できます。

仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ(2020年版)をくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨取引所おすすめ
仮想通貨取引所比較ランキング!500人の投資家がおすすめする日本のビットコイン(BTC)取引所5選

「仮想通貨取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トミー

2017年より興味本位でビットコイン投資を始める。 年末の仮想通貨バブルを経験するも含み益が一瞬でなくなる。 現在は数年先を見据えて長期保有するスタンス。 株式投資の経験を生かしてテクニカル分析にも挑戦中。 記事では仮想通貨の知識のみならず、トレーダー目線でも役に立つ情報提供になるよう心掛けている。

-topics
-,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.