仮想通貨とFX、あなたはどっちが向いてる?違いとともに解説

仮想通貨とFXの違い
悩む男性
・仮想通貨とFXの違い
・仮想通貨、FX、仮想通貨FXそれぞれの意味の違い
・仮想通貨とFX、それぞれどんな人に向いてるか

こんな疑問が解決できる記事です。

 

この記事で解説する「仮想通貨とFXの7つ違い」を理解し、「あなたは仮想通貨とFX、どっちが向いてる?」を読めば、自分がどちらの取引に向いているのかが分かります。

なぜなら仮想通貨FXそれぞれの特徴を踏まえながら、具体的にどんな人に向いているかをお伝えしているからです。

まずは仮想通貨と仮想通貨FXの違いから整理しましょう。

先に「仮想通貨とFXのどちらが向いてるか」について知りたい人は、「あなたは仮想通貨とFX、どっちが向いてる?」からチェックしましょう!

<はじめに整理>仮想通貨とFXと仮想通貨FX、ごっちゃになる3つを整理

仮想通貨FX、さらには仮想通貨FXと混同しやすい3つをはじめに整理しておきましょう。

仮想痛kとFXの違い説明

まず仮想通貨とFXは「投資の種類」の違いで、次の章から仕組みを説明します。

仮想通貨FXとは、2種類(現物取引、信用取引)ある仮想通貨の取引方法のうち、レバレッジ取引の通称です。

仮想通貨FXについて知りたければ、こちらの記事をチェックしてくださいね。

GMOコイン仮想通貨FX使い方
GMOコインの仮想通貨FXは小資金・初心者・忙しい人にオススメ【やり方徹底解説】

GMOコインの仮想通貨FXは、最大10倍レバレッジで小資金の人、初心者、忙しい人にオススメのサービスです。アプリ「ビットレ君」は画面が分かりやすく機能も充実しているので、パソコンがなくても十分取引できます。この記事でやり方をレクチャーします。

続きを見る

仮想通貨とFXの違いが知りたければ、このまま記事を読み進めましょう!

<はじめに理解>仮想通貨とFXの仕組み

仮想通貨とFXのしくみ

仮想通貨とは

仮想通貨は実態を持たないインターネット上のお金です。

Suicaやnanacoなどの電子マネーとの違いは、仮想通貨専用のアドレスさえあれば送金(受取)できる点です。

電子マネーは管理事業者(SuicaならJR、nanacoならセブン&アイ など)を通す必要があります。

また、日本円や米ドルなどの法定通貨は国が管理しますが、仮想通貨は管理者が存在しません。

仮想通貨の種類はもっとも有名なビットコイン(BTC)をはじめ、リップル(XRP)イーサリアム(ETH)など1,000種類以上が存在します。

ビットコインで決済できるお店が増えていますが、本格的な普及はこれからで、2019年現在のところは投資・投機的な側面が強いです。

FXとは

FXはForeign eXchangeの略称で、正式には外国為替証拠金取引と呼ばれます。

日本円をドルやユーロなどの外国の通貨に換え、その差益を得る取引です。

外貨(例えば米ドル)を安い時に買って、高くなったら売る。するとその差額が利益になる。これがFXで利益を得る最も基本的な方法です。(出典:外為オンライン

現在は株式と同じくらいメジャーな投資方法として知られています。

仮想通貨とFXの違い7つを解説

仮想通貨とFXの違い7つを解説

仮想通貨とFXは何が違うのでしょうか。

ここでは7つの違いを紹介します。

  1. 投資対象(仮想通貨と外貨)
  2. 価格変動(FXと比較して仮想通貨はボラティリティが高い)
  3. 取引方法(仮想通貨は現物と信用、FXは信用のみ)
  4. スワップポイント(FXのみ)
  5. 取引できる時間(仮想通貨は365日、FXは平日限定)
  6. 資金額(仮想通貨は1円、FXは100万円)
  7. 税金のしくみ(仮想通貨は最大55%、FXは一律約20%)

投資対象(仮想通貨と外貨)

仮想通貨とFXは投資対象が違います。

仮想通貨はビットコイン(BTC)やリップル(XRP)などの仮想通貨そのもの、一方のFXはドルやポンドなどの外貨です。

それぞれの値動きを予想しながら投資します。

価格変動(FXと比較して仮想通貨はボラティリティが高い)

仮想通貨とFXはボラティリティと呼ばれる価格変動の大きさが違います。

仮想通貨とFXを比較すると、仮想通貨の方がボラティリティが高いです。

仮想通貨は価格の変動要因が不明確であることや、投資参入者がまだ少ないことから値動きが不安定になりがち。

一方のFXは投資方法として十分認知されていること、また投資対象が外貨であることの安心感から基本的に値動きの幅は狭いです。

取引方法(仮想通貨は現物と信用、FXは信用のみ)

仮想通貨とFXは取引方法の幅が異なります。

仮想通貨は現物取引と信用取引の2種類、FXは信用取引のみです。

信用取引とは

資金を証拠金として預け、それを担保に取引する仕組みです。

実際に外貨を受け取ることはなく、反対売買(買いと売り)が成立した後に差額を受け取るので差金決済とも呼ばれます。

 

信用取引では手持ち資金以上の金額の取引でき、その倍率をレバレッジ倍率と呼びます。

FXでは最大でレバレッジ倍率を25倍までかけられ、これは4万円の資金で100万円分の取引ができます。

 

一方の仮想通貨も信用取引ができますが、最大レバレッジ倍率は4倍です。

また、仮想通貨のやり取りを直接する現物取引もできます。

スワップポイント(FXのみ)

FXにはスワップポイントがあり、仮想通貨にはありません。

スワップポイントとは金利差から発生する調整額です。

低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで、スワップポイントを受け取る事ができます。

豪ドル/円を1万ドル買い(1豪ドル80円)、金利差が2.15%だった場合、1日約47円程のスワップポイントを受け取ることができます。

1年保有すると約17,200円程になり、FXの魅力のひとつと言われています。(出典:外為オンライン

価格の値動き以外でもらえるお金があるのは魅力的ですね。

取引できる時間(仮想通貨は365日、FXは平日限定)

仮想通貨は24時間365日売買できます。(取引所のシステムメンテナンス時などを除く)

一方のFXは取引時間は平日の24時間のみと時間が限られます。

投資の種類取引可能時間
仮想通貨 24時間365日
FX(為替取引)平日24時間

仮想通貨の土日に取引できる点は、平日の日中に仕事をするビジネスマンにとっては嬉しいですね。

資金額(仮想通貨は1円、FXは100万円)

仮想通貨とFXは必要な資金額も違います。

取引所にもよりますが、仮想通貨はとても小さい単位で買えるため、極端な話1円からでも始められます。

ビットコインが80万円のときでも、80万円を用意する必要はありません。

 

一方のFXは通常の最低取引単位は1万通貨のため、1ドルが100円の場合100円×10,000通貨=100万円が必要になります。

最大レバレッジ(25倍)を使えば4万円から始められますが、僅かな値動きで大きな損失を被るリスクが伴うため注意が必要です。

税金のしくみ(仮想通貨は最大55%、FXは一律約20%)

仮想通貨とFXは税金の仕組みが違います。

税金は投資で得た利益に対してかけられます。

仮想通貨は雑所得として分類され、給与など他の所得との合計から課税される総合課税です。

所得額によっては最大55%の税率がかかります。

会社員の場合は20万円以上、扶養されている主婦は33万円以上の利益が出たときに納税が必要です。

 

一方のFXは申告分離課税となり、税率はFXで得られた利益の約20%です。

 

あなたは仮想通貨とFX、どっちが向いてる?

仮想通貨とFX、どっちが向いてる?

仮想通貨とFXの違いを踏まえて「結局どっちが向いているか」も知りたいですよね。

仮想通貨とFX、それぞれがどんな人に向いているのかを確認しました。

仮想通貨が向いている人

まずは仮想通貨に向いている人を整理します。

資金が少ない(数千円~50万円)

資金があまりない人には仮想通貨がオススメです。

具体的には投資に使える資金が数千円~50万円程度の人が当てはまります。

最低1円~でも買える仮想通貨投資のメリットが活かせます。

短期間で大きく稼ぎたい

仮想通貨は短期的に大きく値動きすることが多いため、短期で大きく稼ぎたいと考える人に向いています。

ただし、予想が外れればその逆で大きく資産を失う可能性も十分あるので注意が必要です。

平日仕事をしているビジネスマン

仮想通貨は土日も含めて、24時間365日取引できます。

平日忙しく仕事に追われているビジネスマンでも、土日に時間を取って取引ができますね。

新しいものが好き

仮想通貨は投資対象としては新しいジャンルになります。

ブロックチェーンという新しい概念のもとに開発されているため、新しいもの好きな人にとっては魅力的といえるでしょう。

 

FXが向いている人

続いてFXがどんな人に向いているのかをチェックしましょう。

資金が潤沢(100万円以上ある)

資金が100万円以上がある人にはFXがオススメです。

FXの取引単位は基本的に1万通貨のため、1ドル100円だとすると100万円の資金が必要です。

もちろん最大レバレッジの25倍をかければ、資金は1/25の4万円から取引できますが、わずかな値動きで資金が底をつくリスクを伴います。

安全面からレバレッジをかけずに取引することを考えると、100万円は用意したいですね。

世界情勢に詳しい

FXの投資対象である外貨の価格は、国家間での相対的な評価で決まります。

そのため米中貿易問題など国家間の関係、世界の経済情勢に明るい人は有利です。

勉強しながら投資をするのも一つの手段といえるでしょう。

じっくり安定的に稼ぎたい

あくまで仮想通貨と比較すると、FXは価格のボラティリティが低く安定性がある方だといえます。

仮想通貨よりは落ち着いて値動きを見守れるでしょう。

ただ、急騰急落はありえるので毎日値動きのチェックが必要です。

平日に時間を調整しやすい主婦

FXは平日の日中でも時間の調整がしやすい主婦にオススメといえます。

ビジネスマンが主に動けるのが平日の夜や土日となるため、その点は有利でしょう。

仮想通貨取引にオススメの取引所

仮想通貨取引にオススメの取引所

CoinPlusでは仮想通貨取引に関する情報をお伝えしています。

ここでは実際に仮想通貨取引をする際にオススメの仮想通貨取引所を紹介しましょう。

とくに以下のポイントを踏まえてで選びました。

  • 初心者にも見やすい、使いやすい
  • 大手企業が運営し安心できる

FXの取引をしたい人は、FXを分かりやすく教えているFXの教科書をチェックしてみてください。

初心者にオススメ!コインチェック(Coincheck)

仮想通貨取引所コインチェック

「とにかくスマホ操作が苦手」「投資はまったくの初心者」という人には、コインチェック(Coincheck)がオススメ!

トレード未経験の初心者でも使いやすいアプリがウリコインチェック(Coincheck)

2019年7月にはダウンロード数が250万を超え、ビットコイン関連アプリのダウンロード数No.1となりました。

まずは仮想通貨投資に慣れたい初心者が試す価値のある1社です。

万人にオススメしたいGMOコイン

<a href=

「安心して仮想通貨取引をしたい」「初心者にもわかりやすい機能が欲しい」と思うなら、GMOコインがオススメ。

東証一部上場のGMOインターネットグループが運営する取引所なので、安心して使えます。

専用アプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」は初心者にも使いやすいデザインで好評ですよ。

取引所として総合力が高いため、まず口座開設しておきたい1社です。

中級者以上にオススメのDMMビットコイン(DMM Bitcoin)

DMM Bitcoin

FXの取引経験がある人には、手数料が無料で取引ツールが充実しているDMMビットコイン(DMM Bitcoin)がオススメです。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)は、レバレッジ料を除くすべての手数料が無料なんです。

株やFXでもお馴染みのDMMグループが運営するため、安心して使えますよ。

新規の口座開設でもれなく1,000円がもらえるキャンペーンも実施中です。

仮想通貨とFXの違い まとめ

仮想通貨とFXの違いまとめ

今回紹介した「仮想通貨とFXの7つ違い」を理解すれば、仮想通貨とFXの特徴を把握したうえで自分がどちらに向いているのかが分かるでしょう。

最後にまとめとして、もう一度内容を確認しましょう。

  • 仮想通貨とFXの違い
    -  投資対象(仮想通貨と外貨)
    -  価格変動(FXと比較して仮想通貨はボラティリティが高い)
    -  取引方法(仮想通貨は現物と信用、FXは信用のみ)
    -  スワップポイント(FXのみ)
    -  取引できる時間(仮想通貨は24時間365日、FXは平日限定)
    -  資金額(仮想通貨は1円、FXは100万円)
    -  税金のしくみ(仮想通貨は最大55%、FXは一律約20%)
  • 仮想通貨が向いてる人
    - 資金が少ない(数千円~50万円)
    -  短期間で大きく稼ぎたい
    -  平日仕事をしているビジネスマン
    -  新しいものが好き
  • FXが向いてる人
    - 資金が潤沢(100万円以上ある)
    - 世界情勢に詳しい
    - じっくり安定的に稼ぎたい
    - 平日に時間を調整しやすい主婦

仮想通貨とFXはさまざまな違いがあります。

この記事でそれぞれの特徴を理解して、気になる方からはじめてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMM Bitcoin

DMMbitcoinのキャンペーン詳細

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トミー

2017年より興味本位でビットコイン投資を始める。 年末の仮想通貨バブルを経験するも含み益が一瞬でなくなる。 現在は数年先を見据えて長期保有するスタンス。 株式投資の経験を生かしてテクニカル分析にも挑戦中。 記事では仮想通貨の知識のみならず、トレーダー目線でも役に立つ情報提供になるよう心掛けている。

-topics
-, , ,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.