仮想通貨の『基軸通貨』とは?ビットコイン(BTC)がこのまま一強なのか

仮想通貨の基軸通貨

「仮想通貨の基軸通貨って何?そもそも基軸の意味って?」

「ビットコインが有名だけど、ビットコインが基軸通貨なんじゃないの?」

この記事を読んでいるあなたは、今このような疑問をお持ちかと思います。

この記事を読めば、仮想通貨の基軸通貨に関する疑問は解決できます。

※もし今あなたが仮想通貨の投資を考えているなら、「おすすめの仮想通貨取引所」にも目を通してみてくださいね。

基軸通貨とは「各国の価値の基準となる通貨」のこと

基軸通貨とは世界で最も取引に利用され、各国の価値の基準として用いられる通貨のことです。

現在ではアメリカドルが世界の基軸通貨になっています。

基軸通貨がアメリカドルになった理由

アメリカドル

かつてはイギリスのポンドが基軸通貨でしたが、徐々にその地位が低下していきます。

なぜなら第二次世界大戦以降、アメリカが巨大な生産力と金融力を持つようになったからです。

第二次世界大戦中、戦場にならなかったアメリカは、軍需を拡大して大国へとのし上がっていったのです。

こうしてアメリカのドルの流通量が増え、信用力が高くなっていったことから、アメリカドルが基軸通貨になっていきました。

女性

2019年現在の仮想通貨界の基軸通貨はビットコイン

ビットコイン-700

仮想通貨のなかにおける基軸通貨は紛れもなく、ビットコインです。

なぜならビットコインの流通量は多く、仮想通貨のなかでも時価総額が一番高いからです。

多くの仮想通貨取引所では、ドルや円などの法定通貨ではなく、ビットコイン建てで取引されることも多いのです。

ビットコインが基軸通貨であることのメリット・デメリット

ビットコインの価格が下がると、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の価格も下がることが多いです。

なぜなら多くの仮想通貨取引所では、ビットコインを基軸通貨にしているため、連帯責任でほかの通貨の価格も下落してしまうからです。

一方でビットコインの価格が上がると、ほかの仮想通貨の価格も上昇する傾向にあります。

ビットコインは基軸通貨なのでほとんどの仮想通貨取引所で購入できる

ビットコインは仮想通貨界の基軸通貨なので、多くの場合ほとんどの仮想通貨取引所で買うことができます。

この項目では、ビットコインを買うのにおすすめの仮想通貨取引所を紹介します。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い銘柄数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、ビットコインをオトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMM Bitcoin

DMMbitcoinキャンペーン

キャンペーン初心者向け取り扱い銘柄数手数料が無料

7種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

ビットコイン以外の仮想通貨が今後『基軸通貨』になる可能性

ビットコイン以外が基軸通貨になる可能性

ビットコイン以外の仮想通貨が仮想通貨界の基軸通貨になる可能性は十分にあります。

たとえば仮想通貨リップル(XRP)は、「国際送金システムの効率化」のために使われる理由が支持を集めています。

そのため国際送金のなかでリップル(XRP)が頻繁に使われるようになれば、ビットコインが取って代わられる可能性は増していきます。

各仮想通貨取引所における『基軸通貨』

仮想通貨界の基軸通貨はビットコインという説明をしましたが、仮想通貨取引所によってはビットコイン以外の仮想通貨を基軸にしているところもあります。

たとえばリップル(XRP)は世界最大級の仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)で、基軸通貨に追加されています。

また分散型取引所の「Waves Platform」ではWAVES(ウェーブス)という仮想通貨が基軸通貨になっています。

このよう各仮想通貨取引所によって、基軸通貨は異なります。

仮想通貨が『世界の基軸通貨』となる可能性は少ない

仮想通貨は政府が通貨量コントロールできないので、一国の法定通貨に採用する国はないでしょう。

そのため、コインプラスは基軸通貨になることはないと考えています。

基軸通貨になりうるとされて期待されたFacebookの「リブラ」

facebookのLibraに協賛する企業・団体

一方で、Facebook社が開発する仮想通貨リブラは、基軸通貨になりうるのでは?と期待された仮想通貨です。

リブラは貿易の国際決済に使用される可能性があると予測されていました。

しかし現在ではその可能性も否定されています。

なぜなら全世界で25億ものユーザー数を持つ一企業が発行した通貨が基軸通貨になることを、既存の権力者は許さないからです。

仮想通貨の基軸通貨のまとめ

まとめ

  • 世界の基軸通貨は、第二次世界大戦以降に世界の覇者となったアメリカのドル
  • 仮想通貨界の基軸通貨は現状ビットコイン
  • 今後ビットコインが基軸通貨から外れる可能性はある

ここまで読んでくださりありがとうございました。

これらの情報があなたのお役に立っていれば幸いです。

また次の記事でお会いしましょう。

編集部がおすすめする取引所

DMMビットコインの1000円プレゼント
DMM Bitcoinで口座開設すれば、今ならもれなく1,000円がもらえます。

ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたい人は、DMM Bitcoinに登録しましょう。

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

coincheck

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※4分程度で登録できます。

2位:1000円キャッシュバック!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

現物3種類、レバレッジ11種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

7種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※4分程度で登録できます。

仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ(2020年版)をくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨取引所おすすめ
仮想通貨取引所比較ランキング!500人の投資家がおすすめする日本のビットコイン(BTC)取引所5選

「仮想通貨取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.