【かんたん理解】なぜ仮想通貨に金融庁が関わるの?ほかの省庁の役割と比較しました

仮想通貨と金融庁

仮想通貨は2008年に誕生した新しいお金です。

そのため世界中で研究や法整備が行われています。

日本では、各省庁が仮想通貨やブロックチェーンに関する研究を行っていますが、金融分野においては金融庁が監督しています。

なぜ金融庁が仮想通貨を監督しているのでしょうか。その理由とほかの省庁と比較しました。

なぜ金融庁が仮想通貨を監督しているの?金融庁と財務省の役割の違い

金融庁と財務省の違い

なぜ仮想通貨は金融庁に監督されているのでしょうか?

これを知るには、金融庁の役割を知る必要があります。

もともと金融行政は全般的に大蔵省が管轄していたのですが、金融政策は財務省指導監督の役割は金融庁が担うことになりました。

大蔵省は2001年に解体された省庁で、財務省と金融庁にのれん分けされたのよ。
女性

財務省と金融庁の具体的な役割は以下の通りです。

財務省の役割

国の予算編成や、税制に関する制度の企画や立案を行う。

金融庁の役割

利用者保護などの観点から、日本の金融機能を安定させることを目的としている。

このように、利用者保護をつかさどる金融庁が、仮想通貨を監督しているのです。

金融庁の仮想通貨への具体的な指導や取り組み

金融庁の取り組み

ブロックチェーンという新しい技術の展望は、我々一般人だけでなく政財界の有識者もまだわかりません。

そのため、利用者を保護するだけでなく、新的な発明や技術の芽を摘まないためにも、さまざまな議論がされています。

金融庁の仮想通貨への法整備

金融庁の仮想通貨への法整備

金融庁には、総務企画局という金融機関が守るべき法律や規則を企画・立案する場所があります。

2017年には資金決済法が改正され、利用者保護のためのルールが規定されました。

この改正資金決済法では、仮想通貨が何なのかが定義され、仮想通貨と法定通貨を交換する事業者に対して登録制が導入されます。

具体的な法律や規制内容は以下を確認してみてくださいね。
女性
【仮想通貨の規制事情】日本はホントに《仮想通貨の先進国》? アメリカなどと比較分析!

実は、日本は「仮想通貨の先進国」だといわれることがあります。 一体なぜでしょうか。また、それは本当なのでしょうか。 日本の規制状況をもとに、アメリカ・イギリスなどと比較しながらその理由を紹介します。 ...

続きを見る

金融庁の「業務改善命令」とは?仮想通貨の取引所Zaifの場合

仮想通貨の業務改善命令とは?

仮想通貨のニュースでよく耳にするのが「業務改善命令」です。

業務改善命令とは、金融庁が仮想通貨の交換事業者などに命じる行政処分の一つです。

行政処分とは国が、民間企業や人に対して命令を下すことよ。
女性

たとえば、仮想通貨の取引所Zaifを運営していたテックビューロは、仮想通貨を流出させてしまったことで業務改善命令を受けています。

この改善命令では、①なぜ流出させたのか、②再発防止案、③顧客に補償はあるのかなどの項目の提出が命じられました。

ほかにもXEM(ゼム/ネム)を流出させてしまったコインチェック社は2度の業務改善命令を受けています。

このように金融庁は我々の資産を保護するために、仮想通貨の取引所を監視しているの。
女性

そのほかの省庁の仮想通貨に対する取り組み

仮想通貨の各省庁の取り組み

仮想通貨の取り決めを行っているのは金融庁だけではありません。

経済産業省総務省においても、日々議論がされています。

経済産業省の場合

経済産業省への取り組み

企業や産業の経済活力の向上を目指す経済産業省においても、仮想通貨やブロックチェーンの研究が行われています。

とくに注目すべきは、世界で初めて『ブロックチェーン技術を活用したシステムの評価軸』と呼ばれるレポートを公表します。

ブロックチェーンの特徴や特性を正しく評価することで、既存のビジネスにブロックチェーン技術を導入する後押しを目的としています。

総務省の場合

総務省への取り組み

また、総務省もブロックチェーンを活用する表明をしています。

具体的には、国や自治体での申請手続きをブロックチェーン上で行うことによって、各省庁や自治体が情報を一元管理できるような状態を目指しています。

そのほか、消費者庁では仮想通貨のトラブル対応や、警察庁ではマネーロンダリングなどの犯罪行為の取り締まり対応を行っています。

仮想通貨 金融庁のまとめ

ビットコインのまとめ

このように、仮想通貨やブロックチェーンは新しい技術なだけに、各省庁がさまざまな議論を行ったうえで規制や保護を行っています。

  • 金融庁は利用者保護の役割を、財務省は国の予算編成などを担う省庁
  • 金融庁は利用者保護のために、改正資金決済法を規定
  • 金融庁は仮想通貨の取引業者が不備を起こした際などに行政処分を行っている
  • そのほか、経済産業省や総務省なども仮想通貨に対して議論を行っている

これらの情報があなたの取引に役立てれば幸いです。

ありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料

DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.