仮想通貨のローソク足、見方のきほんから値動き予測まで

仮想通貨のローソク足
悩む男性
・仮想通貨もローソク足を使うの?
・ローソク足の見方が知りたい
・ローソク足でどう分析するの?

こんな疑問が解決できる記事です。

この記事で解説する「ローソク足で値動きを見極める」を理解すれば、仮想通貨の値動きのヒントが得られます。

なぜなら仮想通貨の値動きを知るうえで、ローソク足はとても大切な情報だからです。

読んだ後は「ローソク足」について理解が深まり、実際に使いこなせるようになるでしょう。

仮想通貨のチャート

仮想通貨のチャート

仮想通貨の取引をする際、値動きを把握するための基本ツールとなるのがチャートです。

さまざまなタイプのチャートがありますが、仮想通貨ではローソク足を使ったチャートが一般的です。

まずはチャートとはどのようなものなのか、どこで見ればよいのかのかなど、ここで基本をおさえましょう。

チャートとは

仮想通貨の取引をするときに過去の値動きを確認するための基本的なツールがチャートです。

以下はコインチェックのアプリで表示できるチャートです。

ローソク足と折れ線グラフの2パターンがあります。

ビットコインのチャート(コインチェック)

縦軸を仮想通貨の価格、横軸を日付や時間に設定されており、PCやスマホの画面にチャートを表示させるだけで、その仮想通貨がどのような値動きをしてきたのか、価格推移がひと目でわかるようになっています。

またチャートをベースとしてテクニカル指標を書き込み、値動きの分析や今後の価格の予想ができます。

チャートはどこで見られる?

仮想通貨のチャートはインターネット上で簡単に見られます。

仮想通貨取引所の口座を作らなくても、無料の情報サイトで正確なチャートを表示できます。

たとえば「みんなの仮想通貨」のような仮想通貨情報サイトにアクセスすれば、興味のあるコインを選べばチャート表示もカンタンです。

みんなの仮想通貨チャート

そのほか「TradingView」のようなチャートツールを使えば基本画面に大きくチャートが表示されますし、仮想通貨取引所にアクセスすれば管理画面にチャートを表示できます。

TradingViewチャート

テクニカル分析はチャートを使う

仮想通貨の過去の値動きを分析したり、過去の傾向から価格予想するのをテクニカル分析と呼びます。

有名なテクニカル分析は移動平均線やボリンジャーバンド、ストキャスティクスなど。

このようなテクニカル分析をするためにはチャートの基礎知識が必要になります。

これらはすべてチャートのグラフをもとにして将来の値動きを予想しますので、テクニカル分析を活用するにはまずはチャートに表示されている情報の理解が大切です。

慣れてくればスマホのアプリでチャートを見たり、アプリでテクニカル分析もできるようになるでしょう。

仮想通貨のローソク足

仮想通貨のローソク足

ローソク足はある一定期間内における、始値、終値、高値、安値を視覚的に示したものです。

ビットコインローソク足チャート

(出典:みんなの仮想通貨

見た目が火を灯すための蝋燭(ロウソク)によく似ている点からこう呼ばれています。

仮想通貨だけでなく株やFXでもよく使われるので、どこかで見た人も多いでしょう。

ローソク足では始値と終値、高値と安値が視覚的に把握しやすいように工夫されていますが、見え方によって陽線や陰線などの呼び方があります。

仮想通貨のローソク足

陽線

陽線は仮想通貨の終値が始値よりも高かったときに表示されるローソク足です。

線が長ければ長いほど始値と終値の差が大きく、価格が急激に変動したことを意味します。

陰線

陰線は陽線の逆で、終値が始値よりも安かったときに表示されるローソク足です。

こちらは線が長いほど大きく価格が下落したことを意味します。

実体とヒゲ

ローソク足の構成要素は縦に伸びる線と、その上下の端から出ている線です。

ローソクの本体となる部分を実体と呼び、上下に出ている線をヒゲと呼びます。

ローソクの本体から上に出ている線を上ヒゲ、下に出ている線を下ヒゲと呼び、ヒゲが上にも下にもない場合は丸坊主と呼ぶ場合があります。

時間足

時間足は1本のローソク足の時間単位を表します。

たとえば5分足なら、5分間での値動きをローソク足にしたものです。

主には以下のような時間足がメジャーです。

・月足
・週足
・日足
・4時間足
・1時間足
・15分足
・10分足
・5分足
・1分足

投資期間によってどの足を使うかが決まります。

数時間や1日などの短期トレードなら5分足や15分足などの短い単位半年や1年などの長期トレードなら一般的に日足や週足などを使います。

ローソク足のチャートはどこで見られる?

ローソク足は仮想通貨のチャートでは基本の表示方法なので、仮想通貨のチャートが見られる場所なら基本的にほとんどの場所で見られます。

たとえば「みんなの仮想通貨」のようなインターネット上の情報サイトや、「TradingView」のような取引ツールで見られるほか、仮想通貨取引所の取引ツールでもローソク足を表示できます。

取引所は口座を持っていない人でも取引ツールのデモ画面がありますので、ログインしなくてもチャートだけ見られるのです。

折れ線グラフのチャートが表示されている場合でも、簡単な操作でローソク足に切り替えできますし、時間足も1分足から月足まで表示を切り替えたり、基本的なテクニカル指標を描画可能な場合もあります。

ローソク足のパターン

ローソク足のパターン

ローソク足にはどんなパターンがあるのか具体的に紹介します。

上ヒゲと下ヒゲ

a.上ヒゲ

上ヒゲとはローソク足の実体から上に伸びた線で、上値で売り物に押されたときに表示されます。

ヒゲの上の端はその足の高値を表しています。

たとえば日足なら、その日のもっとも高かった価格が上ヒゲの上端です。

上ヒゲの長さは陽線では高値から終値までの差となり、陰線では高値から始値までの差になります。

b.下ヒゲ

下ヒゲはローソクの実体から下に伸びている線で、下値での買い圧力が強くなり終値が上昇したときに現れます。

陽線での下ヒゲは安値から始値までの差となり、陰線では安値から終値までの差です。

大陰線と大陽線

c.大陽線

大陽線とは陽線の実体が現在価格の5%以上の長さになったものです。

相場が大きく動いており、買いの勢いが強く、短期間に価格が急上昇したときに現れます。

仮想通貨は価格の上下が激しいため短期間で5%以上の上昇が起こりやすく、大陽線が現れやすいといえます。

d.大陰線

大陰線は大陽線の逆で、現在価格の5%以上の長さになった陰線です。

売りの勢いが強く、短期間で価格が大幅に下がったときに大陰線が表示されます。

4.ローソク足で値動きを見極める

ローソク足で値動きを見極める

ローソク足の基礎的な形をご紹介しましたがここでは実際にローソク足を活用し、値動きを見極める方法を紹介します。

以下はビットコイン(BTC)の日足チャート(2020年1月~3月)です。

ビットコインの2020年チャート

(出典:みんなの仮想通貨

このチャートをもとに、上昇トレンドと下降トレンドを紹介します。

上昇トレンド

文字通り価格が上昇していく局面です。

上昇トレンドの傾向を掴むポイントは「安値の切り上げ」です。

上昇トレンドの際、価格はずっと上がり続けるのではなく、上げ下げを繰り返しながら上がっていきます。

その下げた際に、前回の安値よりも今回の安値が高い状態が続けば「切り上げ」ている状態です。

このような場合、上昇トレンドと判断できるでしょう。

下降トレンド

価格が下落していく局面です。

下降トレンドの傾向を掴むポイントは「高値の切り下げ」です。

下降トレンドも上昇トレンド同様、上げ下げを繰り返しながら下がっていきます。

その下げた際に、前回の高値よりも今回の高値が安い状態が続けば「切り下げ」ている状態です。

このような場合、下降トレンドと判断できるでしょう。

注意しなければならないのは、上げよりも下げの方がスピードは速いことです。

少しでも下降トレンドの傾向が見えたら、早めに逃げておくことをオススメします。

2020年のビットコイン価格は、その後コロナウイルスによるパンデミック宣言で大暴落を起こしました。

仮想通貨で爆死しないポイント
仮想通貨の大暴落で爆死しないために絶対に押さえたい5つのポイント

・仮想通貨で爆死(※)した人の事例を知りたい ・仮想通貨で爆死(※)しないか心配 ・仮想通貨で爆死(※)しない方法を知りたい こんな疑問や悩みを解決できる記事になっています。 2020年3月12日、新 ...

続きを見る

5.仮想通貨のローソク足のまとめ

 

この記事で解説する「ローソク足で値動きを見極める」を理解すれば、仮想通貨の値動きのヒントが得られます。

  • ローソク足:ある一定期間内における、始値、終値、高値、安値を視覚的に示したもの
  • 陽線:終値が始値よりも高かったときに表示されるローソク足
  • 陰線:終値が始値よりも安かったときに表示されるローソク足
  • 時間足:1本のローソク足の時間単位を表す
  • 上昇トレンド:価格が上昇していく局面。「安値の切り上げ」が判断要素
  • 下降トレンド:価格が下落していく局面。「高値の切り下げ」が判断要素

ローソク足は仮想通貨のチャートを読むうえでとても重要なツールです。

最初は陽線、陰線を見分けるのも難しいですが、見るほどに慣れていきます。

様々なチャートを見てチャートパターンを覚えていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

7種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※3-5分程度で登録できます。

2位:1000円キャッシュバック!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

9種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年4月1日(水)7時00分~2020年4月30日(木)23時59分)

※3-5分程度で登録できます。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※3-5分程度で登録できます。

仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ(2020年版)をくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨取引所おすすめ
仮想通貨取引所比較ランキング!500人の投資家がおすすめする日本のビットコイン(BTC)取引所5選

「仮想通貨取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トミー

2017年より興味本位でビットコイン投資を始める。 年末の仮想通貨バブルを経験するも含み益が一瞬でなくなる。 現在は数年先を見据えて長期保有するスタンス。 株式投資の経験を生かしてテクニカル分析にも挑戦中。 記事では仮想通貨の知識のみならず、トレーダー目線でも役に立つ情報提供になるよう心掛けている。

-topics
-,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.