【仮想通貨はどんな仕組み?】初心者でも簡単!図解でわかりやすく説明

更新日:

仮想通貨の仕組み

2017年から仮想通貨という言葉に触れる機会が増えたかと思います。

現在の通貨に代わる新しい通貨として注目をされています。

悩む男性
大儲けした人もいれば、大損した人もいるって聞いたよ。
今は確かに投資としての扱われ方がメインね。
女性

しかし、仮想通貨は投資対象だけではない注目ポイントもあります。

今回は仮想通貨がどのような仕組みで成り立っているのかを図を交えながら簡単に説明していきます。

仮想通貨とは何か?

仮想通貨とは何か

そもそも仮想通貨は何が現在の通貨と異なるのでしょうか?

どういった違いがあるのかを詳しく見てみましょう。

管理している者が存在しない

取引参加者が管理

日本円は国が発行をしている通貨です。銀行や政府が管理をしています。

一方でビットコインを始めとする仮想通貨は、銀行や政府のような管理をする機関がありません。

取引をする人達が管理をすることで仕組みは成り立っているのです。

一般的な通貨と仮想通貨の違い

 

日本円とは何が違う?

日本円との違い

仮想通貨と日本円では何が違うのでしょうか?

名前の通り、実態がない通貨ということはもちろんですが、それ以外にも異なる点があります。

簡単に違いをまとめてみました。

 日本円(ドル)仮想通貨
通貨の実態ある内容
管理者政府、銀行取引参加者
発行上限なし基本的にはある(ないものもある)
価格国の物価によって変動需要と供給によって変動

先ほど説明した通り、管理をしている人がいない点も違いの1つですが、ほかに2点紹介します。

1つ目が発行枚数です。仮想通貨には発行枚数の上限があることがほとんど。最も有名な仮想通貨、ビットコインは2100万枚が上限です。

ビットコインについてをもっと詳しく知りたい人は以下の記事をチェックしてね。
女性2
日本は仮想通貨の先進国
【ビットコインとは】2019年完全版!将来性をチャート、価格から初心者向けにすべて整理しました
ハッキング事件などでクローズアップされることも多いビットコイン・仮想通貨。果たしてどのような経緯で誕生し、価格上昇を遂げた通貨なのでしょうか。ビットコインの特徴について見ていきましょう。

続きを見る

2つ目の違いは価値の決定方法です。仮想通貨では、買いたい人と売りたい人の数によって価格が決まります。

物価のように、国や銀行が調整しているわけではありません。

需要と供給のみで価格が決定してしまうため乱高下しやすいのです。

男性
価格が高騰したり、暴落したりするのはこれが理由なんだね…。

暴落した経緯については以下にまとめているのでチェックしてみてください。

ビットコイン、今後の暴落見通し
ビットコインは今後も暴落する?過去の暴落要因と2019年の見通しをチェック
2018年、ビットコイン(BTC/Bitcoin)は2度暴落し、1年で85%下落しました。億り人が生まれた一方で破産者も続出しました。2019年、4月以降価格は上昇していますが再び暴落はあるのでしょうか。過去の暴落を振り返り、この先の暴落可能性を探ります。専門家による2019年の価格予想も紹介します。

続きを見る

電子マネーとは何が違う?

電子マネーとの違い

最後に電子マネーと仮想通貨の違いについて紹介します。

電子マネーは、ポイントなどと同じく代替通貨と呼ばれています。

悩む男性
代替通貨?
通貨の代わりになるってことね!
女性

電子マネーもポイントも、使える店舗が限られています。

また、お金としての価値も定まっていて、仮想通貨とは違い、価格が変動するわけではありません。

確かに1ポイント1円で決まっていたり、チャージしたお金と同じ額だけ使えるね。

これらはあくまでも日本円と同じ価値で扱われています。形が異なるだけで、日本円とほぼ同等なのです。

【どんな仕組み?】抑えておくべき仮想通貨の特徴

仮想通貨の特徴

仮想通貨の仕組みを理解する上で以下の4つの特徴は知っておかないといけません。

  1. ブロックチェーン
  2. マイニング
  3. スマートコントラクト
  4. ICO
仮想通貨の基礎知識よ!
女性

それぞれ見ていきましょう。

ブロックチェーン

ブロックチェーン

仮想通貨の最も重要な仕組みがブロックチェーンです。

ブロックチェーンは取引台帳とも呼ばれていて、ビットコインの今まで取引がすべて記録してあります。

男性
全部の取引が記録されているってすごいね!

ブロックチェーンの仕組みを簡単に説明します。

今までの取引に使用されたデータを暗号化して、次の取引の暗号に使用しているのです。

悩む男性
どういうことかな?

ビットコインを例に紹介します。以下のように取引データはハッシュ化されて暗号になります。このハッシュ化された暗号に基づいて取引記録が連なっていくのです。

ハッシュ化-728

そのため不正をしようと思った場合、今までの取引データをすべて変更しなければなりません。

膨大な量の記録がある上に、新しく記録は追加されていきます。不正を行うことは不可能な仕組みになっているのです。

ブロックチェーンはビットコイン以外でも取り入れられている画期的な仕組みよ!詳細は以下の記事をチェックしてね。
女性2
ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密
ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源であるビットコインを支える技術として発表されました。仮想通貨が通貨として機能し、サービスを動かしていくことを支える技術として非常に注目されています。

続きを見る

マイニング

マイニング

ブロックチェーンは今までの取引記録をすべて記録するための取引台帳でした。

悩む男性
台帳だけあっても、誰かが記録を残さないといけないよね?

取引の記録をすることをマイニングと呼び、マイニングを行う人はマイナーと呼ばれます。

マイニングとは、前の取引データから作り出された暗号を解読する作業です。

先ほど紹介したハッシュ化された暗号を解読できる、ノンスと呼ばれる数値を探しているのです。

ノンス-例-728

ノンス-ビットコイン-例-728

この作業によって取引が正しいことを証明しています。

悩む男性
難しくてよくわからないね…。

このマイニングで取引が正しいことを証明できるのは、1回の取引で1人となっており、最初に証明した人しか報酬がもらえません。

マイナー達は報酬を目的にマイニングをしています。この仕組みによって仮想通貨取引は成り立っているのです。

今回はビットコインのマイニングアルゴリズム、POWを例に紹介したわ。
女性
悩む男性
アルゴリズム?POW?マイニングはほかにもあるの?

マイニングには主に4つのアルゴリズムがあります。アルゴリズムとは、先ほど紹介した取引を証明する上でのルールのことです。

 POWPOSPOIPOC
マイニングの行われ方計算スピードの速さ仮想通貨を持っている量仮想通貨における重要度特定のマイナーによる承認
メリット・取引の不正が起こりづらい・低コストでマイニングができる
・51%攻撃が起こりづらい
・通貨の流通が起こりやすい・マイニングの承認スピードが早い
デメリット・電気代がかかる
・51%攻撃が起こる可能性がある
・所有量の差が大きい
・通貨の流通が起こりづらい
・(POSほどではないが)所有量の差が発生する・中央管理体制に近いので仮想通貨らしさがない
採用している仮想通貨ビットコインイーサリアムネムリップル

またマイニングを行う方法にも3つのパターンがあります。

1人で行うソロマイニングや複数人で行うプールマイニング、マイニンググループへ投資をするクラウドマイニングです。

マイニングと言っても色々とあるんだね!
もっと詳しくマイニングを知りたい人は以下の記事をチェックしてね。
女性
マイニング-とは-728
【初心者でもわかる!】マイニングを5分で簡単解説
マイニングとは、仮想通貨の取引を記録し、正しいかどうかをチェックする作業(承認作業)のことです。 仮想通貨では、取引に参加している人たちが、あらかじめ決められたルールのもとで通貨の管理を行っています。

続きを見る

スマートコントラクト

スマートコントラクト-728

次に紹介するスマートコントラクトはイーサリアムが持つ特徴です。※イーサリアムについては以下の記事をチェックしてみてください。

イーサリウムとは
【2019年版】イーサリアムとは?基本・歴史・将来性を徹底紹介
イーサリアムはひとことで表すと「インターネットを使ったコンピューター」です。ブロックチェーン技術を利用している点でビットコイン(BTC)に共通しますが、単なる仮想通貨ではありません。

続きを見る

悩む男性
スマートコントラクト?
ブロックチェーンを使って、取引をスムーズに行う技術のことよ。
女性

簡単に説明をすると、イーサリアムではブロックチェーンに取引の記録だけではなく、契約の記録をすることもできます。

たとえば、「Aさんが100ETHをBさんに送金し、10日後にBさんはAさんに返金する契約」を結んだとします。

イ―サリアムが使用するスマートコントラクト

この一連の流れを自動的に行うことができる技術がスマートコントラクトです。

契約をその通りに実行するには、契約書を取り交わし、その通りに行われるかどうかを第三者に監視してもらう必要がありました。

スマートコントラクトでは最初の取引が成立すれば、残りの契約は自動的に実行されます。

男性
名前の通り、スマートにやり取りができるんだね!

イーサリアムはこの技術を企業が使えるようにすることを目的としています。

活用したい企業も多く、2017年2月にはイーサリアム企業連合(EEA)が設立されました。

マイクロソフトのような世界を代表する企業や、日本企業ではトヨタが参加しているわ!
女性

大企業がイーサリアムを活用しようとしていることに、期待をしている人が多いです。

実際に使われたり、EEAに参加する企業が増えた際には、更に注目されそうですね。

ICO

最後に紹介する特徴がICOです。

ICOは企業や個人が事業を立ち上げるためやプロジェクトの達成のために資金調達をすることをいいます。

悩む男性
クラウドファンディングとは何が違うのかな?

ICOではトークンと呼ばれる、独自の仮想通貨を発行します。トークンを渡す代わりに資金を援助してもらうという取り決めです。

トークンについては以下の記事を参考にしてね!
女性2
【5分でしっかり理解】仮想通貨トークン、稼げるの?仕組みを解説
仮想通貨との違いが分かりづらいトークンの仕組みを徹底解説します。実際にどんなトークンがあるのか、価格を上げたトークンも紹介。トークンと切り離せないICOも分かりやすく紹介します。

続きを見る

現在時価総額上位のイーサリアムやリップルもICOによって誕生しています。

ICOによって資金調達は簡単かつ少額からでもできるようになりました。

お金を出す側からしても、うまくいくと思った事業や仮想通貨へ投資をすることで大儲けを期待できます。

どっちにも嬉しい仕組みだね!
簡単な分、詐欺も多いから注意が必要なのよ…。
女性

ICOは9割近くが詐欺とも言われており、規制されている国もあります。

一般に普及するためには、国が法律を整える必要がありそうです。

ICOの詳しい内容についてを知りたい人は以下をチェックしてみてください。

仮想通貨のICOを理解
ICO(クラウドセール)とは?初心者にもわかりやすく整理しました【仮想通貨】
ICOはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファーリング)の略称で、企業が仮想通貨を使って資金集めをする方法のことです。「トークンセール」や「クラウドセール」などとも呼ばれています。

続きを見る

仮想通貨はどんな使われ方をしているの?

仮想通貨-使い方

仮想通貨の基礎や仕組みなどを説明してきました。はたして仮想通貨はどのように使われているのでしょうか?

悩む男性
株取引みたいな投資のイメージが強いけどどうなのかな?

具体的なシーンを見てみましょう。

投資目的で使われている

仮想通貨-投資目的

仮想通貨は現在、投資対象として売買されることがほとんどです。

価格の乱高下が激しいので、安い時に買って高い時に売るという、株やFXと同じように扱われています。

億り人と呼ばれる人は、こういった投資によって大儲けした人を指しています。

男性
通貨としての浸透はしていないんだね…。
投資がメインだけど、通貨としても使われているわ!
女性

送金をするためにも使える

仮想通貨-送金

仮想通貨はお金を個人や外国に送るためにも使われています。

送金を行う場合、日本円やドルなどの国が発行をしている通貨の場合、銀行を経由しています。

送金-日本円-728

取引に時間がかかる上に手数料も発生します。海外への送金の場合はより時間も費用もかかるでしょう。

一方、ビットコインではブロックチェーンを通じて、相手のウォレットや取引所へ送金するだけです。

ビットコイン-送金-728

簡単に早く送金することができます。また、手数料もビットコインの価格次第ですが、基本的には安くなります。

取引している人同士での管理なので、簡単にかつ楽に送金を行うことができるのです。

特定コミュニティでの買い物

仮想通貨-買い物

仮想通貨は、一部ではすでに通貨として使われています。やドージコインがまさにそうです。

モナコイン
【モナコイン】熱いコミュニティに支えられる、らしさ全開の仮想通貨
モナコイン(MONA)は匿名掲示板の2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から生まれた国産の仮想通貨です。Monacoin Projectの公式サイトでは、モナコインについて以下のように記載されています。

続きを見る

ドージコイン-728
【柴犬がトレードマーク】ドージコイン(Dogecoin/DOGE)とは?愛らしい仮想通貨の正体
ドージコインは柴犬をモチーフにしている可愛らしい仮想通貨です。 価格が安いので、値段だけを見ると「価値はあまりない仮想通貨なのかな?」と思われがちですが、ビットコインよりも優れた特徴を持っています。

続きを見る

を使うことのできるカフェやバーはすでに国内にあります。また、2017年にはコミケでの支払いに一部導入されました。

日本発祥の仮想通貨ということもあり、今後増える可能性もありますね。

ドージコインはアメリカ版のです。「Doge Market」ではドージコインを使った取引ができます。

またAmazonの決済でも使えるようになるという報道もあり、注目を集めました。

仮想通貨での決済は一般的ではありませんが、通貨としての支払い機能がないわけではないのです。

仮想通貨の仕組みのまとめ

仮想通貨-仕組み-まとめ

  • 仮想通貨には実態がなく、政府や銀行のような中央管理者がいない。
  • 発行枚数に上限がある通貨がほとんど。
  • 電子マネーはあくまでも日本円と同じ価値になっている。仮想通貨の価格は日本円と関係ない。
  • ブロックチェーン、マイニング、スマートコントラクト、ICOは知っておくべき仮想通貨の特徴。
  • 現在は投資メインで取り扱われている。
  • 送金や取引でも使われているので、通貨としての機能も既にある。

仮想通貨の仕組みについて簡単に紹介をしてきました。

どういった点が特徴で、なぜ注目されているのかがわかったのであれば嬉しいです。

この記事では全体的に紹介をしてきましたので、詳しい内容はそれぞれの記事をチェックしてみてください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.