仮想通貨を塩漬けにしている人必見の4つの対処法

仮想通貨の塩漬け

仮想通貨の塩漬けの意味

「塩漬け」とは、含み損を抱えながら仮想通貨を保有したままの状態のことです。

なぜ塩漬けをする人がいるかというと、購入直後に仮想通貨が暴落してしまうと、仮想通貨を売るに売れない状況になってしまうからです。

また価格が下がり始めている状況でも楽観視してしまい、損切りをしないまま含み損を大きくしてしまうケースもあります。

「ガチホ」と「塩漬け」の違い

金融資産を長期保有するという意味では「ガチホ」という言葉も使われます。

こちらは「ガチでホールドする」という意味通りに、短期の値動きにとらわれずに長い目で保有することを指しています。

塩漬けのように投資に失敗していることはもちろんなく、ある程度安心して保有していられる状況です。

ガチホにオススメの仮想通貨リップル(XRP)

リップルのガチホとは
リップル(XRP)をガチホすべき4つの理由とメリット【いつまで長期保有すべきか】

リップルはガチホに向いている仮想通貨? いつまで保有していればいい?   結論からいうとリップルは2020年中は絶対にガチホすべきです。 Ripple社は2020年の初めに複数の金融機関との ...

続きを見る

仮想通貨購入経験者の4割が通貨を「塩漬け」にしている

博報堂が2018年10月に実施した調査によると、仮想通貨を購入したことがある4割の人がここ半年間全く取引をしていない、つまり塩漬けにしていると回答しています。

塩漬けにしている人は取引歴が浅く、所有している通貨の種類も少ない傾向にあるようです。

塩漬けは仮想通貨初心者に起こりやすいという話がありますが、それが裏付けられた形ともいえます。

仮想通貨を塩漬けにしないコツ

仮想通貨の塩漬け

仮想通貨を塩漬けにし、資産を動かせない状況にしないためにはどうすれば良いのでしょうか?

あわてて間違った対処をしてしまうと、さらに傷を深くする可能性もあります。

いざという時のために、塩漬けにしないための対処法を学んでおきましょう。

コツ1.売買ルールを明確にする

仮想通貨の取引をするときは、しっかりとした売買戦略を持っておくようにしましょう。

安いときに買い、高いときに売るという漠然とした考えだけではなく、もっと計画的なルール作りが必要です。

ファンダメンタル分析やテクニカル分析などから数値で判断したり、損が出た場合にはどのくらいの額になったら確定するかを決めておくと良いでしょう。

コツ2.ルールを厳守する

一度売買戦略とルールを決めたら、最後まで守ることを徹底しなければなりません。

もう少し値段が上がるかも、または今は値下がりしていても「いつかは値上がるだろう」という楽観視は、塩漬けにする原因となりがちです。

「損切りすることは利益確定よりも難しい」という声がありますが、冷静な損切り判断こそが必要な局面もあるのです。

塩漬けになった仮想通貨の4つの対処法

塩漬けにした仮想通貨の対処法

もしも保有している仮想通貨が塩漬けになってしまったとき、私たちができることはあるのでしょうか?

4つの対処法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

対処法1.価格が再び上がるまで待つ

一つ目の対処法は、塩漬けの仮想通貨をそのまま保有し続け、値上がることを信じて待つ方法です。

しかし売却すればそのお金で別の投資が可能になるので、ある程度の期間で見切りをつける方が良いこともあるでしょう。

また、新しくできたアルトコインには価値が小さなものもあり、保有している間に消滅してしまうかもしれません。

対処法2.値上がりが期待できない場合は損切する

塩漬けの仮想通貨を持っていても値上がる見込みがない場合は、やはり損切りすることが最善策となるでしょう。

もしもあなたがほかの通貨で大きな利益を上げているのなら、年末に損切りすれば税金対策にもなります。

仮想通貨は毎年1月1日から12月31日までの決済額に対して税金が発生しますので、収益が少なくなれば税金額も少なく済ませることが可能です。

対処法3.仮想通貨のレンディングサービスを利用する

仮想通貨取引所の中には、ユーザーが保有している通貨を借り受けて最大5%程度の年利を支払う「レンディングサービス」を行っているところがあります。

仮想通貨の売買に自信のない方でも、気軽に利用することが可能。

塩漬けになっている通貨でもレンディングサービスが利用できますので、選択肢のひとつとしてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨のレンディングについて詳しく知りたい人は、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨のレンディング
仮想通貨のレンディングサービスの2つの選び方!金利・税金・リスクについて解説

仮想通貨のレンディングって何? どうやったら始められるの? このような疑問を解決できる記事になっています。 実は仮想通貨のレンディングは初心者でも簡単に利益を増やせるので、人気が高まっています。 ※お ...

続きを見る

対処法4.塩漬けにしている仮想通貨を寄付する

NPO法人などの支援団体の中には、仮想通貨の寄付を受け付けているところもあります。

塩漬けの仮想通貨でも社会貢献が可能で、そのしくみ上、相手先に確実に届いたかを確認できるメリットもあります。

最近では2018年の西日本豪雨や2019年の沖縄・首里城の火災後にも、仮想通貨の寄付が行われました。

仮想通貨取引所ビットフライヤーの「ビットコインを使う」という機能を使えば、ビットフライヤーを通じてビットコインで寄付ができます。

ビットフライヤー(bitFlyer)
bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判!初心者が簡単に取引を始められたコツ

ビットフライヤーはユーザー数・資本金が国内でNo.1の仮想通貨取引所です。
初心者の方でも利用しやすく、確かな信頼性と安心感がメリットとなっており、多くのユーザーから支持されています。

続きを見る

仮想通貨の管理におすすめのツール

圧倒的に使いやすい!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い銘柄数手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※3-5分程度で登録できます。

注意:塩漬けにしている仮想通貨の利益を確定したら税金が発生する

仮想通貨は利益を確定した時点で税金が発生します。

仮想通貨の税金に関しては、以下の記事で解説しています。

仮想通貨の税金
【タイミングは?】仮想通貨の税金がまるわかり!計算方法や申告方法を紹介

これから仮想通貨を始めようとしている人、仮想通貨を始めたばかりで税金について考えていなかった人のために、仮想通貨の税金について解説します。

続きを見る

まとめ

仮想通貨の塩漬けのまとめ

  • 仮想通貨の塩漬けとは、含み損を抱えたまま仮想通貨を保有していることを指す。
  • 対処法としては、値上がりが期待できない場合は損切をすることがオススメ。
  • また塩漬けにしている仮想通貨を寄付したり、レンディングサービスを利用して増やす方法もある。

編集部がおすすめする取引所

DMMビットコインの1000円プレゼント
DMM Bitcoinで口座開設すれば、今ならもれなく1,000円がもらえます。

ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたい人は、DMM Bitcoinに登録しましょう。

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

coincheck

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※4分程度で登録できます。

2位:1000円キャッシュバック!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

11種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

7種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※4分程度で登録できます。

仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ(2020年版)をくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨取引所おすすめ
仮想通貨取引所比較ランキング!500人の投資家がおすすめする日本のビットコイン(BTC)取引所5選

「仮想通貨取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.