【種類は2,000以上】買うべき仮想通貨は?知らないと損する仮想通貨を紹介

2017年から注目を集め始めた仮想通貨。

ビットコインが有名ですが、様々な仮想通貨が現在は出回っています。

悩む男性
仮想通貨を買ってみたいけど、種類が多いから何を買えば良いのかわからないよ。

あなたもこのようにお考えではないでしょうか?

今回は仮想通貨の基礎知識と、日本で買える仮想通貨を中心に12種類を紹介していきます。

この記事でわかること

  • 仮想通貨の簡単な説明
  • 日本で扱っている仮想通貨
  • それぞれの仮想通貨の特徴
  • 開設するならオススメの取引所

読み終えた後には、何を買うべきかの判断はついていることでしょう。

初めての取引所ならGMOコインがオススメよ!
女性

東証1部上場のGMOインターネットグループが運営するので、安心して取引ができます。

取引所での扱いも始まり、お得な取引手数料で売買できます。

\今ならビットコインがもらえる/

GMOコインの公式サイトへ

仮想通貨とは何か?

仮想通貨とは何か

仮想通貨は、名前の通り実体のないお金です。

日本円であれば100円玉などのコインや1,000円札のような紙幣があります。

仮想通貨は目に見える通貨ではなく、電子上のお金です。

悩む男性
電子マネーとは何が違うの?
電子マネーは、お店や企業が発行しているのよ。それについても説明するわね。
女性

中央管理者のいない通貨

日本円の場合は、政府や銀行がお金を発行し管理しています。中央管理者が存在している通貨です。

仮想通貨では発行権や管理権を持っている機関がありません。そのため仮想通貨は中央管理者のいない通貨言われています。

一般的な通貨と仮想通貨の違い

中央管理者がいない場合どのように管理されているのでしょうか?

仮想通貨を持っているユーザー同士が情報を共有しており、利用者がデータを管理しています。

この技術はブロックチェーンと呼ばれており、仮想通貨の根本となる考え方です。

ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密

ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源であるビットコインを支える技術として発表されました。仮想通貨が通貨として機能し、サービスを動かしていくことを支える技術として非常に注目されています。

続きを見る

このブロックチェーンを使って、取引をしている人たちはマイニングなどをおこなって管理しています。

マイニング-とは-728
【初心者でもわかる!】マイニングを5分で簡単解説

マイニングとは、仮想通貨の取引を記録し、正しいかどうかをチェックする作業(承認作業)のことです。
仮想通貨では、取引に参加している人たちが、あらかじめ決められたルールのもとで通貨の管理を行っています。

続きを見る

今ある通貨とは違った便利な仮想通貨として発展をさせようとしているのです。

より詳しい内容は以下を読んでみてね!
女性2
仮想通貨とは!? 始める前に知っておくべき基礎知識

仮想通貨というのは、その名の通り現実に存在する円やドルといった貨幣と違い、実態のない通貨です。実在する円やドルと同様に、それが持つ価値によってモノの売買ができるだけでなく、仮想通貨を支えるテクノロジーにより、仮想通貨だからこそできる機能が存在します。

続きを見る

2,000種類以上の仮想通貨がある

仮想通貨というと、ビットコインを思い浮かべる人が多いと思いますが、現在2,000種類以上あります。

男性
そんなにたくさんあるんだね!
2018年だけで約1,000種類も誕生しているのよ。
女性

ここまで仮想通貨が増えた理由がICOです。

ICOとは新しい仮想通貨を作ることを理由に資金を集めることです。

ICOによって資金調達がしやすくなったので、多くのベンチャー企業が利用したのです。

詳しくは以下の記事で説明しているわ。
女性2
仮想通貨のICOを理解
仮想通貨のICO(クラウドセール)とは?やり方や上場目的をわかりやすく整理しました【仮想通貨】

ICOはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファーリング)の略称で、企業が仮想通貨を使って資金集めをする方法のことです。「トークンセール」や「クラウドセール」などとも呼ばれています。

続きを見る

しかし、すべてが順調にプロジェクトを進められているわけではなく、失敗に終わっていることがほとんどです。

そのため、2,000種類以上ある仮想通貨ですが、知名度のあるものはほんの一握りしかない状態です。

日本で取り扱っている仮想通貨は?

2,000種類以上もある仮想通貨ですが、日本の取引所が扱っている仮想通貨には何があるのでしょうか?

仮想通貨の種類と特徴について見ていきましょう。

ビットコイン

ビットコイン-700

ビットコインは最初に生まれた仮想通貨です。仮想通貨と言われて思い浮かべる人が多いのはビットコインでしょう。

日本国内の取引所では、すべてで扱っています。

時価総額が1位で世界で取引されている量は最も多いです。

2009年に誕生しており、サトシナカモトという人物によって考えられました。

この人物の正体は一切わかっていないのよ。
女性

両替を必要とせずに、世界中で使える通貨になることを目的としています。

現在では、さまざまな仮想通貨が生まれていますが、すべての原点がビットコインなのです。

日本は仮想通貨の先進国
仮想通貨のビットコイン(BTC)とは?簡単かつわかりやすく特徴を整理しました

ハッキング事件などでクローズアップされることも多いビットコイン・仮想通貨。果たしてどのような経緯で誕生し、価格上昇を遂げた通貨なのでしょうか。ビットコインの特徴について見ていきましょう。

続きを見る

イーサリアム

イーサリアム-700

イーサリアムはスマートコントラクトが特徴の仮想通貨です。

スマートコントラクトを利用すると、契約の実行と保存が自動的に行われ、過去に行った取引のネットワーク上での保存が可能となるのです。

イ―サリアムが使用するスマートコントラクト

イーサリアムを企業向けに活用するために、EEA(イーサリアム企業連合)が設立されました。

EEAにはマイクロソフトやインテルなどの海外の大手企業に加えて、TOYOTAやKDDIなどの日本企業も参加しています。

今後イーサリアムを活用した企業が増えていくであろうと予想されます。

イーサリウムとは
【2019年版】イーサリアムとは?基本的な特徴から・歴史・将来性を徹底紹介

イーサリアムはひとことで表すと「インターネットを使ったコンピューター」です。ブロックチェーン技術を利用している点でビットコイン(BTC)に共通しますが、単なる仮想通貨ではありません。

続きを見る

リップル

<a href=リップル" width="700" height="512" />

リップルはアメリカを拠点としてソフトウェア開発を行っているRipple社によって開発されました。

海外への送金を安く早くすることを目的としています。

ビットコインでも送金はできますが、リップルは送金スピードや、手数料の安さが随一です。

現在はRipple社が中央管理者として存在していますが、徐々に分散化していき将来的には会社と切り離して成立するシステムを目指しています。

著名人でも注目している人が多い、今後に注目が集まっている仮想通貨です。

リップルとは
リップルとXRPの違い、分かりますか?リップルの超基礎を学ぶ

リップルはアメリカのRipple, Inc.(リップル社)が開発した国際送金に特化したプラットフォームです。リップルが持つグローバル送金ネットワークを活かして、国際送金がより便利になる仕組みです。

続きを見る

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ-700

ビットコインキャッシュは、ビットコインの抱えているスケーラビリティ問題を解決するために生まれた仮想通貨です。

スケーラビリティ問題を簡単に説明すると、容量が小さいことで、取引にかかる時間が長くなってしまうことを言います。

ビットコインでは、取引の完了に10分かかるから、通貨としては遅いのね。
女性
男性
確かに買い物でそんなに時間がかかったら困るね。

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークして誕生しました。

ハードフォークの意味を図解でかんたんに解説
ハードフォークの仕組みが《図解》でまるわかり!初心者向けにわかりやすく解説しました

ハードフォークの意味は?わかりづらい仮想通貨の用語を<図解>で整理しました。最近話題の2019年のイーサリアムのコンスタンティノープル、ビットコインキャッシュ(ABCとSV)などの事例も紹介しています。

続きを見る

ビットコインが通貨として発展する上での問題が解決されているので、今後の広がりが期待されている仮想通貨なのです。

ビットコインキャッシュは儲かる?ビットコインより優秀な仮想通貨の正体

ビットコインキャッシュは、ビットコインと名前が似ているので、何かしら関係があるのかなと思いますよね。
ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから生まれた(分裂した)仮想通貨です。

続きを見る

ライトコイン

ライトコイン

ライトコインも、ビットコインキャッシュ同様に、ビットコインの問題点を解決している仮想通貨です。

ライトコインの創業者、チャーリー・リー氏は、ビットコインが金ならライトコインは銀と言っています。

ビットコインとよく似た設計ですが、ライトコインは少額決済を使える特徴があります。ライトコインの実用化へ向けた動きとしては、ライトペイ(LitePay)があります。

ライトペイはスマートフォンを使ってライトコインですぐに決済でき、キャッシュレスで買い物可能なサービスです。

店側からすると、3%の手数料が1%になるため、導入店舗が増えていくことが予想されます。

また、ライトコインはビットコインよりも送金が早くと手数料が安いです。

それぞれを比べてみると、ビットコインが送金速度20分~1時間、手数料が約2,000円かかるところを送金時間2分半、手数料約30円で実現しています。

ライトコインはどんな仮想通貨
【ライトコイン(LTC/Litecoin)】半減期目前、2019年値上がりが続く仮想通貨

ライトコインは、ビットコインをもとにビットコインよりも実用性を重視して作られた仮想通貨です。2019年に入り価格は上がり続け6月には年初来高値をつけ13,000円を超えました。積極的な企業との提携や、2019年8月に迎える半減期などこれから期待が持てる仮想通貨です。

続きを見る

 

は2013年に誕生した日本発の仮想通貨です。2チャンネルのアスキートアート(AA)キャラクターの1つであるモナーが由来です。

また、はセグウィットを世界ではじめて実装しています。

セグウィットはビットコインキャッシュやライトコインが、スケーラビリティ問題を解決するために実装した機能よ。
女性

また、2チャンネルから生まれた仮想通貨なので、コミュニティの結束が強いです。

をキャラクター化したりと、仮想通貨としての価値だけではなく共通の話題としてコミュニティで楽しむなどしたりしています。

ファンに支えられている点で、他の仮想通貨とは一線を画していると言えるでしょう。

モナコイン
【モナコイン】熱いコミュニティに支えられる、らしさ全開の仮想通貨

モナコイン(MONA)は匿名掲示板の2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から生まれた国産の仮想通貨です。Monacoin Projectの公式サイトでは、モナコインについて以下のように記載されています。

続きを見る

を買うならbitbankがオススメです。

ネム

<a href=

ネムの特徴は匿名性の高さです。誰が誰に送金をしたのかが一切わからない仮想通貨なので、取引が可視化されることはありません。

また、取引処理が早く約1分で完了します。ビットコインの10倍の早さです。

今後はさらなる向上を目指しており、1秒間に3,000~4,000件の取引ができるようになると言われています。この機能が実装されればリップルを上回ることになります。

さらに、ネムのロゴは改変したり商業用に使ったりと自由に使えます。そのためネムのコミュニティは賑わいがあり、イベントも開催されています。

コミュニティが強いのでそれだけ多くの人にネムが認知され使われるようになる可能性が高く、今後さらに期待が持てると言えるでしょう。

ネムの魅力に迫る
ネム(XEM・NEM)は2019年に覚醒?愛され通貨の魅力と今後に迫る

ネム(NEM)は新しい経済圏の創出を目標とした仮想通貨のプロジェクトです。コインチェック事件で一躍有名になりましたが、ネム自体のセキュリティは優秀です。ネムにまつわるコミュニティは多く愛されている通貨です。

続きを見る

ネムを買うならコインチェックがオススメです。

\9種類の仮想通貨を買える取引所!/

コインチェックの公式サイトへ

イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックはイーサリアムから分裂した仮想通貨です。DAO事件をきっかけにハードフォークが起こりました。

イーサリアムを利用したプロジェクト、DAOのプログラムがハッキングされて、約65億円を盗まれたのです。

先ほどのネム騒動と同様に、イーサリアムのセキュリティは問題なかったのですが、DOAのバグをつかれて起こった事件でした。

このDOA事件後にイーサリアムユーザーは、ハードフォークによってハッキングが起こる前の状態に戻そうとする人たちと、ハッキングされた情報を残しておきたい人たちに分かれました。

ハッキングされた情報も残しておきたい人たちは、コードが法律(code is law)の考え方を大事にしており、非中央管理的な仮想通貨を望んでいました。

そのため、ハッキングの情報を消すのは中央管理的な対応で、理念を台無しにする対応だと指摘しハードフォークを拒否したのです。

その結果、元々のイーサリアムからはハードフォークを用いて新しいブロックチェーンで誕生させた今のイーサリアムイーサリアムクラシックに分裂したのでした。

イーサリアムクラシックとは
仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)、2019年価格は今後上がらない?将来性を左右する4つのポイント

イーサリアムクラシック(ETC)は、TheDAO事件のハッキングがきっかけで誕生した仮想通貨。時価総額はイーサリアムに劣りますが、非中央集権への強い信念をもって運用されています。

続きを見る

QASH(キャッシュ)

キャッシュ

QASHはLiquid(旧QUOINEX)がICOを行った際に発行した仮想通貨です。

全世界で、「金融サービスの利用とメリットを平等に受けられる社会基盤を作りたい」という理念で生まれました。

Liquidは取引所による価格差をなくすためのプラットフォームとして設立したのよ!
女性

QASH自体には他の通貨のような取引速度などで特筆すべき部分は少ないです。

しかし、仮想通貨界で今後Liquidが広がっていけば価値が出てくるでしょう。

Liquidが取引所の中心になれば、QASHが仮想通貨のメインになるかもしれないってことだね!

もしそうなれば、QASHを持っていることで、さまざまなメリットが期待できるでしょう。

QASH・キャッシュ
【QASH/キャッシュ】金融庁認可の取引所が作った仮想通貨とは?

QASHは日本で初めて金融庁に認可された取引所QUOINE社が発行するトークンです。仮想通貨の流動性を改善するプラットフォームLiquidで使える通貨として発行されました。

続きを見る

\QASHを買える唯一の取引所!/

Liquidの公式サイトへ

リスク

リスク

リスクの技術はイーサリアムに匹敵するレベルです。

リスクはイーサリアムによく似ていると言われているわ。
女性

イーサリアムと差別化をするために、サイドチェーンを取り入れて送金を早くしたり、メインチェーンの不正取引を防止したりしています。

サイドチェーンはメインのブロックチェーンの他に構築されたものです。

契約情報などはサイドチェーンにコードして動かしているので、メインの負担は大幅に軽減され、処理スピードが速くなります。

国内大手の取引所bitFlyerがリスクの取り扱い開始した直後には2倍以上価格が上昇しました。

また、マイクロソフトとパートナーを結んでいる点からも、今後の成長が楽しみな通貨の1つです。

LISKとは
【2019】LISK(LSK/リスク)とは?今後の価格や将来性をチャートから分析しました

仮想通貨・LISK(リスク)を知っていますか?この記事では、LISKの3つの特徴、LISKの開発の歴史、LISKのチャートの歴史と高騰要因、LISKの今後の将来性、LISKを買える取引所を整理しました。

続きを見る

リスクはコインチェックで買えるわよ。
女性

\リスクが買える国内取引所/

コインチェックの公式サイトへ

知っておきたい!海外で人気の仮想通貨

海外で人気の仮想通貨

日本だけでもたくさんの仮想通貨を取引できることがわかったかと思います。

しかし、仮想通貨は2,000種類以上あるので、海外で買える仮想通貨もいくつか紹介します。

海外で人気なら、日本でも買えるようになったら価格が上昇するかもしれないわね。
女性2

エイダコイン

エイダコイン

エイダコインは、カルダノと呼ばれるプラットフォームを開発するために生み出された仮想通貨です。

オンラインカジノにブロックチェーンやスマートコントラクトなどの技術を導入することを目的としていました。

当初エイダコインに関する情報は少なく、明確な根拠はありませんでしたが詐欺コインではないのかとの疑う声が多くありました。

しかし、詐欺ではなく、現在では時価総額が10位程度の有名な仮想通貨となっています。

また、2018年8月に仮想通貨や株式格付けをしているワイス・レーティング(Weiss Raitings)社の発表で、リップルと並んで最も高い評価を獲得しました。

ビットコインよりも高い評価だったのよ!
女性
男性
詐欺コインって言われてたのにすごいね!

海外では人気があるので、日本でも買えるようになった時には価格が上昇するかもしれない仮想通貨でしょう。

エイダコイン
エイダコインは2019年も継続進化中の楽しみな仮想通貨【ADA】

わずか1ヶ月で40倍に高騰したエイダコインという仮想通貨があります。この通貨は一時、「詐欺目的で作られたのでは?」とのうわさが流れていました。なぜそんなうわさが広まったのでしょうか。

続きを見る

ドージコイン

ドージコイン

ドージコインは2013年に誕生しました。同様、コミュニティが発祥の仮想通貨です。

アメリカ版のような存在なんだね。

2014年のオリンピックで、資金不足に悩んでいたボブスレーのジャマイカ代表にドージコインを使った寄付が行われ、一気に注目を集めました。

また、あるコミュニティから発祥した点で、と同様にドージコインもコミュニティの強さが大きな特徴としてあります。

コミュニティ内で誰かを応援したい時にドージコインをあげるなど、実生活よりもコミュニティ内での利用がメインです。

また、発行枚数に上限が無いため値上がりしにくく、仮想通貨にしては珍しく価格が安定しています。

儲けるためにドージコインを買うことはオススメできません。コミュニティ内で楽しむための仮想通貨でしょう。

ドージコイン-728
【柴犬がトレードマーク】ドージコイン(Dogecoin/DOGE)とは?愛らしい仮想通貨の正体

ドージコインは柴犬をモチーフにしている可愛らしい仮想通貨です。
価格が安いので、値段だけを見ると「価値はあまりない仮想通貨なのかな?」と思われがちですが、ビットコインよりも優れた特徴を持っています。

続きを見る

初めての口座開設でオススメの取引所3選

最後に仮想通貨の取引をするならオススメの取引所を3つ紹介します。

国内には約20ヶ所近くの取引所があるので、参考にしてみてください。

①GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

②コインチェック

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックはマネックスグループが運営する取引所です。

初心者にはとくに使いやすいアプリを採用しているだけでなく、通貨の種類はなんと9種類。

仮想通貨未経験者であれば絶対にオススメしたい取引所です。

③Bitbank

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

仮想通貨の種類のまとめ

仮想通貨-種類-まとめ

  • 仮想通貨は現在2,000以上の種類がある。
  • 世界中で使える便利な通貨になることが目標。
  • 基本的には、政府や銀行のような管理をしている機関が存在しない。
  • はじめて誕生した仮想通貨はビットコイン。
  • リップルは送金の速さに加え、手数料の安さと取引の処理スピードが優れている。
  • イーサリアムはスマートコントラクトが特徴の仮想通貨。EEAを設立し企業との連携を強めている。
  • ビットコインキャッシュはビットコインの問題を解決するために生まれた。
  • ライトコインは少額決済が簡単で、今後も実用化に向けた動きがある。
  • は2チャンネル発祥の仮想通貨で強いコミュニティに支えられている。
  • ネムは匿名性の高さが特徴の仮想通貨。今後、送金スピードでリップルを上回る可能性もある。
  • イーサリアムクラシックはイーサリアムから分裂した仮想通貨で、非中央集権の理念を強く持っている。
  • QASHは国に関係なく、金融サービスの利用とメリットを平等に受けられる社会基盤を作るために誕生した。
  • リスクはイーサリアムに匹敵する技術を持つほか、処理スピードを上げるためにサイドチェーン技術などを取り入れている。
  • エイダコインは透明なオンラインカジノの開発のために生み出された。
  • ドージコインはアメリカのあるコミュニティでネタで作られたが、寄付に使われ知名度が上がり現在も主に寄付を目的として使われている。

今回は12種類の仮想通貨を紹介してきました。

仮想通貨にはそれぞれに特徴があるので、気になったものはぜひ詳しくチェックしてみてくださいね。

どんな仮想通貨を買うべきか迷った場合は以下の記事もあわせて見てみましょう。

仮想通貨-相場-とは
仮想通貨の相場はどうやって決まる?価格の決まり方をまとめました

「仮想通貨を買ってみたいけど、相場はいくらなのだろうか?」このようにお考えではないでしょうか?

続きを見る

仮想通貨のおすすめ銘柄
仮想通貨のオススメ|2019年将来性のあるアルトコイン銘柄を専門家の予想からランキングで紹介!

リップル、ネム、イーサリアム……仮想通貨は種類も多いのでどれを購入すればいいかわからないですよね。この記事では、ビットコイン以外の仮想通貨=アルトコインのオススメを紹介します。

続きを見る

今後のあなたの仮想通貨取引の参考になれば嬉しいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料

DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.