仮想通貨のリアルタイム価格情報
|BTC=1,079,152.66円|ETH=23,248.42円 |XRP=31.22円|BCH=33,592.07円|

仮想通貨の相場はどうやって決まる?価格の決まり方をまとめました

更新日:

仮想通貨-相場-とは

「仮想通貨を買ってみたいけど、相場はいくらなのだろうか?」

このようにお考えではないでしょうか?

はじめての仮想通貨としてビットコイン(BTC)が生まれたのが2009年。

当時は1円未満の価格で取引をされていました。

男性
そんなに安かったんだ!今では100万円以上にも値上がりしているのに!

2019年現在、ビットコイン以外にも多くの仮想通貨があり、その数は2,000種類以上

仮想通貨取引では大儲けをした人がいる一方で、大きく損失を被った人もいます。

「今は買うべきタイミングなのか?」

「買って儲かるのだろうか?」

こうした疑問を持っている人も多いでしょう。

今回は仮想通貨の相場がどのように決まっているのかと、いくつかの仮想通貨の相場を紹介します。

今後の取引の参考にしてみてください。

読者が選んだ人気の取引所ランキング

coinchecklogo

Coincheck / 総合1位

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

dmmbitcoin

DMM Bitcoin / 総合2位

1000円キャッシュバックキャンペーン中

365日LINEサポート

GMOcoinlogo

GMOコイン総合3位

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

仮想通貨の取引所ランキング

日本で取り扱われている仮想通貨の相場は?

仮想通貨-相場-いくら

まずは日本で取り扱われている仮想通貨の現在の相場を見てみましょう。

日本で買える仮想通貨をいくつかピックアップして紹介するわね!
女性2

ビットコイン(BTC)

ビットコイン

まずは最も有名な仮想通貨、ビットコイン(BTC)です。現在の相場はご覧の通りです。

 

2017年末には200万円を超える価格がつきました。

その後、2018年頭には大きく価格を下げました。

原因として、コインチェック事件で業界へのイメージが低下したこと、世の中の仮想通貨への関心が下がったことが挙げられるでしょう。

コインチェックのロゴ
コインチェック(Coincheck)の取引所とは|<登録方法・使い方・手数料>~<事件のその後の歴史>までマルっと解説しました
コインチェックの特徴から歴史、その後などを整理しました。2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。 現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

2018年末には30万円台まで大きく下げたビットコインですが、2019年4月から価格は上向き6月には一時150万円近くまで上がりました。

日本は仮想通貨の先進国
【ビットコインとは】2019年完全版!将来性をチャート、価格から初心者向けにすべて整理しました
ハッキング事件などでクローズアップされることも多いビットコイン・仮想通貨。果たしてどのような経緯で誕生し、価格上昇を遂げた通貨なのでしょうか。ビットコインの特徴について見ていきましょう。

続きを見る

ビットコインは今後暴落する?
ビットコイン(BTC)は今後暴落する?2019年は上昇、2020年は?過去の暴落要因もチェック
2018年、ビットコイン(BTC/Bitcoin)は2度暴落し、1年で85%下落しました。億り人が生まれた一方で破産者も続出しました。2019年、4月以降価格は上昇していますが再び暴落はあるのでしょうか。過去の暴落を振り返り、この先の暴落可能性を探ります。専門家による2019年の価格予想も紹介します。

続きを見る

イーサリアム(ETH)

イーサリアム

イーサリアム(ETH)は、仮想通貨の時価総額がビットコインに次ぐ2番目の仮想通貨です。

現在の相場は以下の通りです。

 

イーサリアム(ETH)スマートコントラクトという独自の特徴を持っている仮想通貨です。

ブロックチェーン上に取引の記録だけではなく、その後の行動についても記録することができる機能です。

イ―サリアムが使用するスマートコントラクト

これによって、不動産や金融業界での契約がスムーズになることが期待されています。

企業からの注目度も高く、上の業界の他に、マイクロソフトやトヨタがスマートコントラクトの導入を検討しています。

事業にも活用されるようになれば、価格が上昇するかもしれない仮想通貨です。

今後の展開は要チェックよ!
女性
イーサリウムとは
【2019年版】イーサリアムとは?基本・歴史・将来性を徹底紹介
イーサリアムはひとことで表すと「インターネットを使ったコンピューター」です。ブロックチェーン技術を利用している点でビットコイン(BTC)に共通しますが、単なる仮想通貨ではありません。

続きを見る

イーサリアムは儲かる?今後の価格を推移を見極めるポイント5選
イーサリアムは、ビットコインに次いで時価総額2位の仮想通貨です。大企業が注目するスマートコントラクトが大きな特徴です。 イーサリアムの価格は今後どのようになっていくのでしょうか?

続きを見る

リップル(XRP)

<a href=リップル" width="720" height="481" />

リップル(XRP)は2019年7月現在、時価総額が3位の仮想通貨です。

現在の相場はご覧の通りです。

 

2017年には300円近くまで価格が上昇しましたが、2019年7月現在は30円台で取引されています。

リップル(XRP)の強みは、ビットコイン(BTC)と比べて送金時間が早くわずか4秒でできることです。

企業間での決済などに便利なので注目が集まっています。

世界の多くの金融機関がリップルのプラットフォームを取り入れ始めていることもあり、引き続き注目すべき通貨でしょう。

リップルとは
リップルとXRPの違い、分かりますか?リップルの超基礎を学ぶ
リップルはアメリカのRipple, Inc.(リップル社)が開発した国際送金に特化したプラットフォームです。リップルが持つグローバル送金ネットワークを活かして、国際送金がより便利になる仕組みです。

続きを見る

リップル(XRP)の今後、将来性
仮想通貨リップル(XRP)今後の価格は?2019年はもう上がらないのか、2020年への見通し
リップル(XRP)の価格は今後上がるのでしょうか。2019年5月に入り、32円から50円と50%以上価格を上げています。その後は42円から52円あたりを行き来し、横ばいの状態が続きましたが再び30円台に下落。今後、価格上昇の見込みはあるのでしょうか。気になる価格予想と将来性をまとめています。

続きを見る

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ(BCH)は名前の通り、ビットコイン(BTC)と関連のある仮想通貨です。

ビットコイン(BTC)から分裂(ハードフォーク)して誕生しています。

 

ビットコイン(BTC)の抱えていた、送金の遅さや取引を記録できる容量の少なさを解消している仮想通貨です。

そのため、ビットコイン以上に実用的な仮想通貨として注目されています。

過去には50万円台の価格で取引されていたこともあります。

コンビニで使うことができるようになるといった話もあるので、今後の動向に注目した仮想通貨です。

ビットコインキャッシュは儲かる?ビットコインより優秀な仮想通貨の正体
ビットコインキャッシュは、ビットコインと名前が似ているので、何かしら関係があるのかなと思いますよね。 ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから生まれた(分裂した)仮想通貨です。

続きを見る

将来性はビットコイン以上?ビットコインキャッシュ(BCH)の2019年の今後を予想!
知名度が高いからといって価格が上がるとは限りません。今後、ビットコインキャッシュはどのようになるのでしょうか?

続きを見る

ライトコイン(LTC)

ライトコイン

ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)と比べられることの多い仮想通貨です。

現在の相場は以下の通りです。

 

ライトコイン(LTC)発行上限枚数は8,400万枚。ビットコイン(BTC)の4倍です。

価値の比較という意味も込めて、ビットコインが金なら、ライトコインは銀といわれています。

ライトコイン(LTC)は、ビットコインよりも送金スピードが早く、手数料が安いのが特徴です。

店舗で決済にも使えるようにする動きもあり、ビットコインよりも実用的と言われています。

ビットコインキャッシュ(BCH)と比べられることも多いですね。過去には40,000円台で取引をされています。

今は下落傾向にありますが、通貨として普及すれば価格は上昇しそうです。

ビットコインキャッシュ(BCH)と同様、注目したい仮想通貨でしょう。

ライトコインはどんな仮想通貨
【ライトコイン(LTC/Litecoin)】半減期目前、2019年値上がりが続く仮想通貨
ライトコインは、ビットコインをもとにビットコインよりも実用性を重視して作られた仮想通貨です。2019年に入り価格は上がり続け6月には年初来高値をつけ13,000円を超えました。積極的な企業との提携や、2019年8月に迎える半減期などこれから期待が持てる仮想通貨です。

続きを見る

(MONA)

(MONA)は日本が発祥の仮想通貨です。匿名掲示板、2ちゃんねるから誕生しました。

 

2017年の最も高い時期で、2,400円で取引をされていました。 それまでは3円程度だったので、上昇率は800倍。

(MONA)も仮想通貨として広がっていくという期待から価格が上昇しました。

現在は下落傾向にありますが、2ちゃんねる発祥ということもありコミュニティは強いです。

コミケでの決済に導入されており、今後広がっていく可能性はあるでしょう。

モナコイン
【モナコイン】熱いコミュニティに支えられる、らしさ全開の仮想通貨
モナコイン(MONA)は匿名掲示板の2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から生まれた国産の仮想通貨です。Monacoin Projectの公式サイトでは、モナコインについて以下のように記載されています。

続きを見る

モナコインの今後は?
【コミケが鍵?】モナコイン・MONAの今後を予想!2019-2020年価格が上がる時期を解説
モナコインははじめて日本で生まれた仮想通貨で、国内外から注目を集めています。2017年に価格が高騰し、国産通貨のなかでも人気・実力ともにナンバーワンとも言われたモナコインの将来性についてチャートから予測しました。

続きを見る

ネム(XEM)

<a href=ネム" width="720" height="541" />

コインチェックでの盗難事件で注目を集めたネム(XEM)。現在の価格は以下の通りです。

 

ネム(XEM)もと同様、コミュニティが強いです。

店舗での利用にも使われているので、通貨としての利便性も大きいです。

また、カタパルトという技術を導入しようとしています。

カタパルトでは取引を記録するスピードがアップする予定です。

扱っている取引所が少ないですが、利便性がアップすることで注目度が上がるかもしれないですね。

ネムの魅力に迫る
ネム(XEM・NEM)は2019年に覚醒?愛され通貨の魅力と今後に迫る
ネム(NEM)は新しい経済圏の創出を目標とした仮想通貨のプロジェクトです。コインチェック事件で一躍有名になりましたが、ネム自体のセキュリティは優秀です。ネムにまつわるコミュニティは多く愛されている通貨です。

続きを見る

ネムのチャート
【ネムのチャート】コインチェック事件で風評被害のその後
ネム(NEM)は新しい経済圏の創出を目指す仮想通貨プロジェクトで通貨単位はXEM(ネム)です。ネムのチャートを見ると2018年1月のピーク時は200円を超えています。 2018年1月中旬からは、韓国の仮想通貨規制やコインチェック事件などが重なり仮想通貨業界とともに大幅下落し、2019年突入時の価格は7円で推移しています。

続きを見る

尚、日本ではコインチェックとDMM Bitcoinで購入できます。

dmmbitcoin・DMMビットコイン
DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の特徴|口座開設前に知りたかったDMMビットコインの口コミ評判・メリット・デメリットを解明
ローラさんのCMで話題のDMM BItcoinの取り扱い通貨は全部で7種類。アルトコインでもレバレッジ取引ができます。FXの経験を活かして作られたスマホアプリは使いやすさに定評があります。

続きを見る

コインチェックのロゴ
コインチェック(Coincheck)の取引所とは|<登録方法・使い方・手数料>~<事件のその後の歴史>までマルっと解説しました
コインチェックの特徴から歴史、その後などを整理しました。2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。 現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシック(ETC)は、イーサリアム(ETH)から分裂した仮想通貨です。

 

過去には約5,300円の価格で取引をされていました。現在は数百円台に落ち着いています。

分裂によって誕生しているので、ビットコインキャッシュ(BCH)と似ていますね。

イーサリアムクラシック(ETC)でも、イーサリアム(ETH)の抱える問題点を解決することが目的で分裂をしました。

しかし、イーサリアム(ETH)と大きな差があるわけではないので、イーサリアム(ETH)の影響を受けやすいです。

今後、独自の差別化ポイントができてくると、価格は上昇するかもしれません。

イーサリアムクラシックとは
【5分でわかる】最大33倍の価値に!イーサリアムクラシックとは?
イーサリアムクラシック(ETC)は、TheDAO事件のハッキングがきっかけで誕生した仮想通貨。時価総額はイーサリアムに劣りますが、非中央集権への強い信念をもって運用されています。

続きを見る

【知らないともったいない】海外で人気の仮想通貨の相場

仮想通貨-世界-人気

ここまで日本で買える仮想通貨について説明しました。

次は海外で人気のある仮想通貨を2つ紹介します。

今後、日本で買えるようになるかもしれないから要チェックよ!
女性2

エイダコイン(ADA)

エイダコイン

1つ目の仮想通貨がエイダコイン(ADA)です。現在は以下の価格で取引されています。

 

エイダコイン(ADA)はオンラインカジノで使える仮想通貨として誕生しました。

しかし開発者たちは途中から、より便利な仮想通貨にしようと考えます。

現在は世界で役に立つ仮想通貨としての地位を目指しています。

アメリカの格付け会社からはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)以上のランクを与えられているので、今後の普及に期待ができる仮想通貨です。

エイダコイン
エイダコインは2019年も継続進化中の楽しみな仮想通貨【ADA】
わずか1ヶ月で40倍に高騰したエイダコインという仮想通貨があります。この通貨は一時、「詐欺目的で作られたのでは?」とのうわさが流れていました。なぜそんなうわさが広まったのでしょうか。

続きを見る

エイダコインのチャート
【3分でわかる】エイダコインの最新チャート!価格は今後上がる?
イーサリアムやリップル、 ...

続きを見る

ドージコイン(Doge)

ドージコイン

ドージコイン(Doge)はアメリカで人気の仮想通貨です。

 

コミュニティが発祥の仮想通貨で、誕生の経緯はと似ているでしょう。

利用目的も明確になっていて、寄付やコミュニティ内での買い物に活用されている仮想通貨です。

そのため、ドージコイン(Doge)は価格が安定しています。現在のままの機能であれば、価格が大幅に上昇、下落することはおそらくないでしょう。

でもAmazonが注目をしているから、もしかしたら価格が上昇することがあるかもね!
女性
ドージコイン-728
【柴犬がトレードマーク】ドージコイン(Dogecoin/DOGE)とは?愛らしい仮想通貨の正体
ドージコインは柴犬をモチーフにしている可愛らしい仮想通貨です。 価格が安いので、値段だけを見ると「価値はあまりない仮想通貨なのかな?」と思われがちですが、ビットコインよりも優れた特徴を持っています。

続きを見る

仮想通貨の相場はどうやって決まる?

相場-決まり方-728

仮想通貨の相場がどのように決まっているのかを紹介していきます。

悩む男性
そもそも、通貨なのに何で価格が一定じゃないのかな?

日本円やドルのような、国が発行している通貨は価値が一定です。

1円の価値はずっと1円よね。
女性
男性
1円の価値が急に10,000円になったら嬉しいけどね…。

まずは、仮想通貨の基本事項を見てみましょう。

そもそも仮想通貨とは何か?

一般的な通貨では、通貨を発行する「国」や、通貨の流通量を調整する「銀行」が存在しています。これを中央管理者と呼びます。

中心になって通貨を管理している機能を持っている存在だね。
女性
日本だと国(中央銀行)が円を発行して、世の中に出回る量は銀行が管理しているわ。

一方、仮想通貨では取引に参加している人たちが通貨を管理しています。

一般的な通貨と仮想通貨の違い

悩む男性
どうやってるの?
仮想通貨では取引をブロックチェーンに記録することで管理しているのよ!
女性

仮想通貨は取引に参加している人たちが取引の結果をブロックチェーンに記録しています。

ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密
ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源であるビットコインを支える技術として発表されました。仮想通貨が通貨として機能し、サービスを動かしていくことを支える技術として非常に注目されています。

続きを見る

日本円-送金-728

ビットコイン-送金-728

これによって仮想通貨は中央管理者がいなくても取引ができるようになっているのです。

取引の記録を残すことをマイニングと言って、マイニングをする人のことはマイナーと言うのよ!
女性
マイニング-とは-728
【初心者でもわかる!】マイニングを5分で簡単解説
マイニングとは、仮想通貨の取引を記録し、正しいかどうかをチェックする作業(承認作業)のことです。 仮想通貨では、取引に参加している人たちが、あらかじめ決められたルールのもとで通貨の管理を行っています。

続きを見る

色々な仕組みがあって仮想通貨は成り立っているんだね。

詳しくは下の記事で紹介しているので気になる人はチェックしてみてください。

仮想通貨とは!? 始める前に知っておくべき基礎知識
仮想通貨というのは、その名の通り現実に存在する円やドルといった貨幣と違い、実態のない通貨です。実在する円やドルと同様に、それが持つ価値によってモノの売買ができるだけでなく、仮想通貨を支えるテクノロジーにより、仮想通貨だからこそできる機能が存在します。

続きを見る

【図解で簡単】今さら聞けないビットコインの仕組みとは?
ビットコインが注目されているポイントはわかりづらいですよね。ビットコインを始めとする仮想通貨が、なぜ画期的だと言われているのか?今回はその理由について紹介をします。

続きを見る

価格は需要と供給によって決まる

仮想通貨-需要-供給

仮想通貨の相場はどのように決まっているのでしょうか?それは、買いたい人と売りたい人の数です。

取引に参加している人で、買いたいと思う人が増えれば価格は上昇します。逆に売りたい人が増えれば価格は下落します。

2017年に仮想通貨の価格は大幅に上昇しました。この時は買いたいと思う人が増えたことが要因です。

2018年に入ってからの暴落時は売りたいと思った人が増えたためです。

このように、仮想通貨は需要と供給のバランスによって価格は変動します。

ものを売り買いするときと同様に価格は決定しているのです。

ビットコイン(BTC)の相場については以下でもまとめているのでチェックしてね!
女性2
【初心者でもわかる】ビットコインの相場の決まり方とお得な取引方法
ビットコインの価格は上がり下がりを繰り返しており、買い時がわかりづらいですよね。 相場が変動しやすい現在のビットコインですが、今は買い時なのでしょうか? 現在の相場状況をもとに、今後のビットコインの価格を予想してみたいと思います。

続きを見る

仮想通貨の相場が上がりやすいタイミング

仮想通貨-上昇-タイミング

では、仮想通貨の価格が上昇しやすいのはいつなのでしょうか?

悩む男性
2017年に価格は上昇しているけど何でなんだろ?

価格が上昇しやすいのは主に以下の3つのタイミングが挙げられます。

  • 仮想通貨を普及する動きがあった時
  • 仮想通貨に関する情報が増えた時
  • 金融危機が起こった時

2017年5月に日本で仮想通貨法が施行されました。これは仮想通貨を通貨として扱うための取り組みの1つです。

このように国や企業が仮想通貨が広まるための動きをした時には買いたいと思う人は増えます。

次が仮想通貨に関連する情報が増えた時です。わかりやすい例がテレビCMでしょう。

2017年の年末になると、仮想通貨取引所はCM放映を開始しました。

ビットフライヤーやコインチェックのCMを見た方も多いでしょう。

このように仮想通貨自体を知る人が増えた時は注目度が上がり、価格は上昇しやすいでしょう。

悩む男性
最後にある金融危機って何?

仮想通貨は金融危機が起こった時にも価格が上昇しやすいです。

金融危機では今まで使っていた自国の通貨の価値が下がる、もしくはなくなってしまいます。

そうなると、少しでも価値のあるお金に換えようと交換する人が増えるのです。

明日から日本円の価値がなくなると言われた、別の通貨に換えるでしょ?それと同じよ!
女性
男性
確かに!それは困るね!仮想通貨は新しい通貨として持っておこうってことなんだね。

2013年にキプロス、2015年にはギリシャで金融危機が発生しています。

どちらのタイミングでも仮想通貨の価格は上昇しました。

これらの詳細については以下の記事でも紹介しているのでチェックしてみてください。

【チャートで徹底解説!】ビットコインの価格推移と買い時の見極め方
ビットコイン・仮想通貨に手を出してみたいけど、今は買い時なの? ビットコインは価格の上昇、下落が激しいイメージを持っている人も多いと思います。

続きを見る

仮想通貨の相場が下がりやすいタイミング

仮想通貨-相場-下落

次に価格が下落しやすいタイミングです。こちらについては主に2つが挙げられます。

  • 国や企業が仮想通貨を制限する動きをした時
  • 仮想通貨の盗難事件が発生した時

1つ目の規制は先ほどとは逆のパターンです。日本では広めるための動きが活発ですが、中国では現在取引が禁止されています。

もともと仮想通貨の取引量が多かったのですが、規制を受けて激減。持っていた人は売ることになるので、価格は下落しました。

そのため、取引自体が制限されると、価格は下がる傾向にあるのです。

2つ目が仮想通貨の盗難事件が発生した時です。

2014年には世界最大の取引所だったマウントゴックスで盗難事件が発生しています。

日本では2017年にコインチェックとZaifという大手取引所で仮想通貨が盗まれました。

※コインチェックについては以下の記事を参考にしてください。

コインチェックのロゴ
コインチェック(Coincheck)の取引所とは|<登録方法・使い方・手数料>~<事件のその後の歴史>までマルっと解説しました
コインチェックの特徴から歴史、その後などを整理しました。2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。 現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

預けていたお金がなくなってしまうのですから、仮想通貨を持っている人からすると不安がたまります。

そのため、売ろうとする人が増えてしまうのです。

初めての口座開設でオススメ取引所3選

<a href=オススメ-取引所-ビットコインキャッシュ-728" width="728" height="488" />

最後に初心者向けで仮想通貨取引にオススメ取引所を3つ紹介します。

BITPoint

初心者オススメ取引所がBitPointです。

本田圭佑さんを起用したCMは見たことある方もいるのではないでしょうか。

BitPointは取引手数料が無料の取引所です。

また、日本の仮想通貨取引所では唯一、コールセンターを設置しています。

初めての取引はわからないことだらけなので、気軽に質問できるのは有難いですね。

セキュリティシステムは、楽天証券元CTO(最高技術責任者)の原田勉さんが開発しています。もちろんセキュリティも安心な取引所です。

BITPoint
【BITPoint】本田圭佑のCMで話題の仮想通貨取引所を詳しく解説
BITPointは2016年6月にサービスを開始した仮想通貨取引所です。 手数料が無料の取引所として初心者に人気です。

続きを見る

GMOコイン

GMOコイン-728

GMOコインオススメです。

その理由に取引コスト信頼性が挙げられ、最もバランスの取れた取引所と言えます。

取引コスト:入出金手数料が無料取引手数料が多くて0.01%のため取引コストがほぼかからない、取引所形式で取り扱いがあり安く買える

信頼性:金融事業も行う東証1部上場企業のGMOインターネットグループが運営するため、取引所運営のノウハウが充実している

すぐに口座開設をしたい人はこちらから申し込みができます。

\口座開設でビットコインをプレゼント/

GMOコインの公式サイトへ

bitbank

bitbankは日本での仮想通貨取引高が2位です。

仮想通貨ユーザーから人気を集めている、優れた取引所と言えるでしょう。

セキュリティ対策を徹底していることはもちろん、手数料が安く、お得に取引をすることができます。

また、チャートが見やすいのも人気の理由になっています。初心者でも問題なく取引はできますが、慣れてきた人の方が使いやすい取引所です。

bitbank
ビットバンク(bitbank)の評判|口座開設前に知りたかったビットバンク(bitbank.cc)の口コミ(メリット・デメリット)
bitbankは仮想通貨の取引をすでに始めている、中級者・プロ向けの取引所です。 「使っても安心?」、「使いやすさやセキュリティはどうなの?」などといった機能的なメリット・デメリットから、おトクにbitbankを使いこなす方法を紹介します。

続きを見る

仮想通貨の相場のまとめ

仮想通貨-相場-まとめ

  • 仮想通貨の価格は一定ではない。
  • 仮想通貨には中央管理者がいない。
  • 仮想通貨の価格は需要と供給によって決定する。
  • 相場が上がりやすいタイミングは仮想通貨が普及した時や露出が増えた時。
  • 相場が下がりやすいのは、仮想通貨にマイナスな事象が起こった時。
  • 仮想通貨の相場は種類によって異なる。

紹介をしてきた通り、仮想通貨の相場は種類によって異なっています。

落ち込み気味の仮想通貨もありますが、今後に期待できるものも多いのは事実です。

相場は買いたい人が多くなった時に上がります。

紹介したようなタイミングに注意して、取引を始めてみてくださいね。

この記事が今後の仮想通貨取引の参考になれば嬉しいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~
コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

 

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.