仮想通貨のスプレッドとは?手数料がかかる理由+儲けのテクニックまで整理しました

更新日:

仮想通貨のスプレッド

スプレッドとは

スプレッドとは?

悩む男性
スプレッドってよく聞くけど、何のためにあるの?
混同しがちな販売手数料との違いも含めて、整理していきましょう。
女性

スプレッドは、販売手数料と性質が似ており、初心者が混乱しやすい言葉です。

この記事ではスプレッドと販売手数料について、わかりやすくご説明します。

これを読んでさらにお得に取引が進められるトレーダーになりましょう。

スプレッドとは

スプレッドとは購入価格ー売却価格の差

スプレッドとは、仮想通貨の取引所での購入価格と売却価格の差額のことです。

販売所の購入価格と売却価格画面

出典:Bitflyer

これは販売所のビットコイン取引画面です。

2018年12月18日時点のこの画像では、購入価格 401,495円-売却価格 389,891=11,604円 がスプレッドとなります。

スプレッドと取引手数料の違いとは

取引<a href=手数料との違い" width="728" height="485" />

スプレッドとともに、取引手数料という言葉もよく耳にするかと思いますが、何が違うのでしょうか?

取引手数料は、その名の通り取引でかかる手数料のことです。

我々が販売所で仮想塚の売買をするときに、システム利用料として徴収されるものです。取引所での売買の際には発生しません。

悩む男性
どうして販売所だけなの・・・?
気になるポイントよね。以下で説明していくわ。
女性

スプレッドはなぜ発生するのか

スプレッドのしくみ

それでは、スプレッドのしくみについて整理していきましょう。

スプレッドはなぜ発生するのか

スプレッドはなぜ発生するのか

このスプレッドは基本的に、「販売所の手数料として徴収されています

スプレッドは、販売所で取引する場合のみ発生し、取引所での取引では発生しません

その理由は、販売所と取引所のシステムの違いにあります。

ポイント

  • 取引所では、ユーザー同士が合意した売買価格で取引を行う
  • 販売所では、販売所が提示する購入価格・売却価格で取引をする

その購入価格と売却価格の差(=スプレッド)は、実質的には手数料として販売所の利益になるのです。

仮想通貨の販売所と取引所の違い
【初心者向け】仮想通貨の取引所と販売所の違いは?【かんたん理解】
「仮想通貨の販売所と取引所って、似ているけど何が違うの?」そんなお悩みをお持ちではありませんか? この記事では、これらの疑問を丁寧に解説し、読み終わる頃には仮想通貨の取引の基礎知識をしっかりと身に着けることができます。

続きを見る

どんなときにスプレッドが変動するか

スプレッドはいつ変動する?

悩む男性
違いは分かったけど、どのようにスプレッドが決定されるの?
仮想通貨の需要と供給で決まるのよ。
女性

前提として、スプレッドは常に変動しています。

しかし、通貨の価格変動が激しいときにはスプレッドが広くなる傾向にあります。

価格変動が激しいということは、需要と供給が変化している状況です。

例えば、仮想通貨を購入したい人が増える(需要増)と、販売価格が上昇し、売却価格はあまり変動しないために価格差(スプレッド)が広がることになります。

取引所別のスプレッド比較

<a href=取引所別のスプレッド比較" width="728" height="485" />

それでは、実際の取引所におけるスプレッドについて、具体的に確認してみましょう。

2018年12月7日現在のbitFlyercoincheckのスプレッド差をみてみます。

bitFlyerのBTC/JPY相場

買値=381,630円 売値=381,149円 (スプレッド:481円

coincheckのBTC/JPY相場

買値=382,249円 売値=382,057円 (スプレッド:192円

2つの取引所のあいだで約2.5倍もの差があることが分かりますね。

高い頻度でトレードを行うユーザーにとっては、このスプレッドコストも長い目で見れば利益に影響を与えるため、トレーダーとしてはより低いスプレッド設定になっている取引所を探したいところです。

上級編!? アービトラージ取引

上級編!? アービトラージ取引

男性
もしかしてこの場合、bitFlyerで買った直後にcoincheckで売れば・・・
よく気付いたわね!それをアービトラージ取引というのよ。
女性

2つの取引所間のレートの違いを狙って利益をあげる方法は、アービトラージと呼ばれ、FXなどでも利用されています。

手数料がかかることも考慮すると、それなりの資金がないと大きな利益を上げることは難しいため、上級者向けの投資手法と言えますね。

アービトラージ取引について、詳しくはこちらをご覧ください!

仮想通貨 アービトラージ
【低リスクで儲ける方法】仮想通貨のアービトラージって?
アービトラージってときどき聞くけど、どんな意味なんだろう……。

続きを見る

まとめ

まとめ

それではまとめです。

スプレッドは、購入価格-販売価格のこと(販売所のみ

取引所販売手数料とは別物

・価格変動が大きいときにスプレッドも広がる傾向にある

取引所ごとにスプレッドは異なる

・スプレッド差を利用したアービトラージ取引もチャレンジの価値アリ!

スプレッドに関する疑問がこの記事で少しでも解決できたら幸いです。

どんどんお得に取引をして、上級トレーダーを目指しましょう!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.