2020年東京オリンピックイヤー、ビットコイン・仮想通貨の価格は上がるの?

東京五輪仮想通貨
悩む男性
・東京オリンピックまでに仮想通貨は値上がりする?
・2020年の仮想通貨はどうなる?

こんな悩みを解決する記事です。

この記事で解説する「東京オリンピックで仮想通貨の価格が上がる?」を読めば、東京オリンピックが仮想通貨に与える影響がわかります。

「2020年、東京オリンピック以外のイベントから考える」もあわせて読むことで、オリンピックイヤーの見通しがつくでしょう。

まずはいまのビットコインの値動きからチェックしましょう。

2020年現在のビットコイン価格

仮想通貨の現在をチェック

まずは仮想通貨の今を把握しましょう。

2020年2月現在のビットコインのチャート(月足)をチェックします。

ビットコイン月足チャート

(出典:みんなの仮想通貨

2020年に入ると上昇トレンドが見られ、ビットコイン価格は100万円を突破しています。

2020年2月時点の価格は約110万円です。

ご存知の通り、2017年末にビットコイン価格は240万円を記録し、大きな相場となりました。

オリンピックイヤーとなる2020年も再びこのような相場を迎えるのでしょうか。

東京オリンピックで仮想通貨の価格が上がる?

東京五輪仮想通貨

結論からいうと、東京オリンピック開催に伴ってビットコイン(仮想通貨)価格が上がる可能性があります。

そのポイントは外国人にあります。以下で見ていきましょう。

ビットコイン(仮想通貨)は東京オリンピックの決済通貨ではない

ビットコイン(仮想通貨)は、東京オリンピックの決済通貨ではありません。

実は仮想通貨リップル(XRP)を公式通貨にする動きもあったが、実現には至りませんでした。

2020年東京オリンピックでリップル(XRP)を公式通貨に!署名活動に多くの賛同者集まる(CoinPost)

東京オリンピックはVisaが大会スポンサーということもあり、試合のチケットはカード決済がメインとなってます。

仮想通貨を決済通貨として導入するにはハードルが高かったと考えられます。

それでもビットコイン(仮想通貨)の決済需要が増える可能性

海外ではキャッシュレス化が進んでおり、ビットコインのユーザーは増えています。

以下に世界中のビットコインATMがわかるBitcoin ATM Mapを紹介しましょう。

Bitcoin ATM Map

(出典:Coin ATM Rader

日本では馴染みの薄いビットコインATMも海外では普及しており、世界で6000台以上が設置されています。

東京オリンピックでは世界中から多くの人が訪れますので、ビットコインでの決済の需要が高まる可能性があります。

日本でビットコインが使える場所が増えれば、来日した外国人は日本円に両替する必要がなく、余計な手数料も取られません。

このような傾向から、日本でもビットコインATMやビットコインが使える場所が増える可能性を秘めています。

 

2020年、東京オリンピック以外のイベントから考える

東京五輪イベント

2020年、仮想通貨に影響を及ぼすと考えられるイベントは、東京オリンピックだけではありません。

この項目では仮想通貨価格の上昇の鍵となりそうなイベントを見ていきましょう。

2020年にかけて法規制が整いつつある

2020年、日本で「改正資金決済法」及び「金融商品取引法」が施行され、仮想通貨に関する規制が強化されます。(出典:CoinPost

具体的には仮想通貨の名称が「暗号資産」になり、顧客の資産管理は「コールドウォレット」で行うよう求めるなど、利用者保護の側面が強くなります。

2018年、2019年は仮想通貨取引所に対して厳しく規制をすることで、セキュリティなどの安全性が増しました。

法規制が整い取引環境が上向くことは市場にとって追い風といえるでしょう。

米国のビットコインETF承認判断

仮想通貨がETF(上場投資信託)として承認されると、機関投資家の参入が見込まれ取引量が増え、仮想通貨の価格が上がる可能性があります。

仮想通貨の投資信託
ビットコイン投資信託やETFが承認されるのはいつなのかを解説

ビットコインの投資信託・ETFの承認は遅いのかを承認にかかる時間や取引の仕組み、いつ承認されて、価格には影響があるのかを分かりやすく解説します。

続きを見る

2019年も承認作業が進んでいましたが、承認された事案はありませんでした。

2020年も引き続きこの動向を見守る必要がありそうです。

ビットコイン3回目の半減期(5月ごろ)

ビットコインは2020年5月ごろに3回目の半減期を迎えます。

半減期とはビットコインのマイニング報酬が半分になる現象で、簡単にいうと定期的にビットコインの価値を上昇させる仕組みが半減期になります。

ビットコインの半減期は2020年
ビットコイン、2020年に迎える半減期は何月?価格は上がる?

・ビットコインの半減期って? ・ビットコインの半減期は2020年のいつ? ・ビットコインの半減期は価格が上がる? こんな疑問が解決できる記事です。   この記事で解説する「ビットコインの半減 ...

続きを見る

過去の半減期ではビットコインの値上げも見られています。

今回の半減期も価格上昇が期待されているため、5月前後は値動きに注目です。

アメリカ大統領選挙(11月)

2020年最後のビックイベントが11月に実施されるアメリカ大統領選挙です。

アメリカの新大統領が決まり、その大統領が打ち出す金融政策は世界経済を一変しかねません。

為替市場に大変動が起こり、逃避先資産としてビットコインが買われる可能性があります。

ビットコインの価格にも影響を及ぼす可能性のあるアメリカ大統領選挙はチェックが必要です。

2020年のビットコイン、著名人の価格予想をチェック

著名人の価格予想をチェック

ビットコイン価格の上昇は多くの著名人も予想しており、期待されています。

仮想通貨界隈で影響力のある著名人が出した2020年のビットコイン予想価格を紹介していきましょう。

もちろん、あくまで予想ですのでここは話半分でチェックするようにしてくださいね。

アーサーヘイズ(ビットメックスCEO)

100倍の高レバレッジ取引を提供する、ビットメックスCEOのアーサーヘイズが予想する2020年のビットコイン価格は以下です。

最低ラインで3000ドル、最高で2万ドル(日本円で33万円~220万円:1ドル110円の場合)

もしインフレと価値保存手段のストーリーが始まれば、ビットコインは以前の最高値を再びつけるはずだ。ここは心理的に重要な水準だ。その水準でしばらくうろついた後で、結局は上抜けるだろう。(出典:コインテレグラフ

過去に記録している現実的な数字ですね。

Nexoの共同設立者Antoni Trenchev氏

Antoni Trenchev氏は仮想通貨金融サービスNexoの共同設立者です。

彼はビットコインが過去最高額を簡単に上回ると予想しました。

ビットコインは5万ドルを簡単に達成する(日本円で550万円:1ドル110円の場合)

半減期の影響や世界情勢の変化で、ビットコインに多くの資金が集まると分析をしているようです。

ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格

ハッシュレートとはビットコインのマイニング速度になります。

ハッシュレートが高くなることはマイニング参加者の増加を意味し、ビットコインの人気が高まっていると判断できます。

ハッシュレートが高いと価格は上昇する傾向があり、現段階でのハッシュレートでは9,000〜10,000ドルが目安となり、妥当な金額です。(出典:富裕層のための「仮想通貨」メディア

2020年、半減期を迎えた場合、どうなるのかが注目です。

2020年東京オリンピックに向けて開設したい仮想通貨取引所

取引所オススメ

ここでは東京オリンピックに向けて、口座開設しておきたいオススメの仮想通貨取引所を紹介しましょう。

とくに以下のポイントを踏まえて選んでいます。

  • 初心者にも見やすい、使いやすい
  • 大手企業が運営し安心できる

初心者にオススメ!コインチェック(Coincheck)

仮想通貨取引所コインチェック

「とにかくスマホ操作が苦手」「投資はまったくの初心者」という人には、コインチェック(Coincheck)がオススメ!

トレード未経験の初心者でも使いやすいアプリがウリコインチェック(Coincheck)

2019年末にはダウンロード数が270万を超え、ビットコイン関連アプリのダウンロード数No.1となりました。

まずは仮想通貨投資に慣れたい初心者が試す価値のある1社です。

初心者~上級者までオススメのDMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin

手数料が無料で取引ツールが充実しているDMM BitcoinDMMビットコインもオススメです。

DMM BitcoinDMMビットコインは、レバレッジ料を除くすべての手数料が無料なんです。

株やFXでもお馴染みのDMMグループが運営するため、安心して使えますよ。

新規の口座開設でもれなく1,000円がもらえるキャンペーンも実施中(※)です。

(※)2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分

万人にオススメしたいGMOコイン

<a href=

「安心して仮想通貨取引をしたい」「初心者にもわかりやすい機能が欲しい」と思うなら、GMOコインがオススメ。

東証一部上場のGMOインターネットグループが運営する取引所なので、安心して使えます。

専用アプリ「GMOコイン 仮想通貨ウォレット」は初心者にも使いやすいデザインで好評ですよ。

取引所として総合力が高いため、まず口座開設しておきたい1社です。

記事のまとめ

記事のまとめ

上記で解説する『東京オリンピックで仮想通貨の価格が上がる?』を読んで、東京オリンピックに向けた準備ができそうでしょうか?

最後にもういちど整理しましょう。

  • 東京オリンピックの影響
    - ビットコイン(仮想通貨)は東京オリンピックの決済通貨ではない
    -来日外国人によってビットコイン(仮想通貨)の決済需要が増える可能性がある
  • 東京オリンピック以外でビットコインの価格に影響を及ぼしそうなイベント
    -2020年にかけて整いつつある法規制
    -米国のビットコインETF承認判断
    -ビットコイン3回目の半減期(5月ごろ)
    -アメリカ大統領選挙(11月)

法整備や半減期など、東京オリンピック以外でもイベントが目白押しの2020年。

いまから仮想通貨投資を始めてもまだまだ遅くはありません。

まずは口座開設からはじめてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

編集部がおすすめする取引所

DMMビットコインの1000円プレゼント
DMM Bitcoinで口座開設すれば、今ならもれなく1,000円がもらえます。

ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたい人は、DMM Bitcoinに登録しましょう。

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

coincheck

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※4分程度で登録できます。

2位:1000円キャッシュバック!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

11種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

7種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※4分程度で登録できます。

仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ(2020年版)をくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨取引所おすすめ
仮想通貨取引所比較ランキング!500人の投資家がおすすめする日本のビットコイン(BTC)取引所5選

「仮想通貨取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トミー

2017年より興味本位でビットコイン投資を始める。 年末の仮想通貨バブルを経験するも含み益が一瞬でなくなる。 現在は数年先を見据えて長期保有するスタンス。 株式投資の経験を生かしてテクニカル分析にも挑戦中。 記事では仮想通貨の知識のみならず、トレーダー目線でも役に立つ情報提供になるよう心掛けている。

-topics
-

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.