【日本の取引所・12社を比較!】仮想通貨初心者はどこで取引するべき?

「仮想通貨の取引を始めたいけど、どこで口座開設するべきなんだろう?」

「日本にある仮想通貨取引所でオススメはどこなんだろう?」

「そもそも仮想通貨は安全に取引できるのだろうか?」

このようにお考えではありませんか?

日本では2017年から、仮想通貨取引所の金融庁の認可制度がスタートしました。

現在、認可されているのは以下の17企業です。

  1. 株式会社マネーパートナーズ
  2. QUOINE株式会社
  3. 株式会社bitFlyer
  4. ビットバンク株式会社
  5. SBI VCトレード株式会社
  6. GMOコイン株式会社
  7. ビットトレード株式会社
  8. BTCボックス株式会社
  9. 株式会社ビットポイントジャパン
  10. 株式会社DMM Bitcoin
  11. TaoTao株式会社
  12. Bitgate株式会社
  13. 株式会社BITOCEAN
  14. コインチェック株式会社
  15. フィスコ仮想通貨取引所
  16. テックビューロ株式会社
  17. 株式会社Xtheta
悩む男性
こんなにたくさんあるとどこが良いのか悩んじゃうね…。

しかし、認可を受けていても、仮想通貨取引のサービスを提供していない会社もあります。

取引ができるのは以下の通りです。

  1. Liquid(QUOINE株式会社)
  2. bitFlyer(株式会社bitFlyer)
  3. bitbank(ビットバンク株式会社)
  4. SBI VCトレード(SBI VCトレード株式会社)
  5. GMOコイン(GMOコイン株式会社)
  6. Bittrade(ビットトレード株式会社)
  7. BTCBOX(BTCボックス株式会社)
  8. BITPoint(株式会社ビットポイントジャパン)
  9. DMM Bitcoin(株式会社DMM Bitcoin)
  10. BITGATE(Bitgate株式会社)
  11. コインチェック(コインチェック株式会社)
  12. フィスコ(フィスコ仮想通貨取引所)
悩む男性
それでも12ヶ所もあるんだね。
どこで取引したら良いか判断できるようにはなりたいわよね!
女性

認可を受けていても、ハッキング被害で取引停止になっている取引所もあります。

何となくで選んで損するのはとてももったいないでしょう。

そこで今回は仮想通貨初心者におすすめな日本の取引所を紹介していきます。

この記事でわかること

  • 日本の取引所の一覧と特徴
  • 初心者にオススメの取引所ベスト5
  • 取引所選びで注意したいポイント
  • 口座開設までの流れ

読み終えた頃には、取引所選びの最低限の知識はついているはずです。

日本の取引所一覧

仮想通貨-日本-<a href=

先ほど紹介した通り、日本には12ヶ所の取引所があります。

まずはそれぞれの取引所の特徴を簡単に説明していきます。

Liquid

QASH・LIQUIDbyquoine

社名QUOINE株式会社
設立2014年11月
代表者名栢森 加里矢
所在地東京都中央区京橋2-2-1
資本金20億円
登録番号関東財務局長 第00002号(仮想通貨交換業)

Liquidは金融とIT技術を使って世界に通用するサービスの提供を目指しています。

ゴールドマンサックスやバンク・オブ・アメリカなどの国際的な大手企業出身のメンバーが多いです。

独自の仮想通貨、QASHを買えるのが特徴です。

liquid(quoinex)
【初の金融庁認可】マッチョなエリート集団が作ったLiquidとは?

Liquid(リキッド・旧QUOINEX)は、仮想通貨交換業者として日本で初めて金融庁の認可を受けた取引所です。独自のトークンQASH(キャッシュ)を含む5種類の仮想通貨を扱っています。

続きを見る

bitFlyer

ビットフライヤー

社名株式会社 bitFlyer
設立2014年1月
代表取締役平子 惠生
所在地東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
資本金41 億 238 万円
登録番号関東財務局長 第 00003号(仮想通貨交換業)

bitFlyerは使いやすさに定評のある取引所です。

また、やLISKなどの国内では珍しい仮想通貨の取引もできます。

一方、手数料が高い点がデメリットになっています。

ビットフライヤーは国内最大の仮想通貨取引所
人気NO.1!ビットフライヤーで初心者が簡単に取引を始められたワケ

ビットフライヤーはユーザー数・資本金が国内でNo.1の仮想通貨取引所です。
初心者の方でも利用しやすく、確かな信頼性と安心感がメリットとなっており、多くのユーザーから支持されています。

続きを見る

注意ポイント

現在は新規口座の開設は停止しています。

bitbank

<a href=リップル取引のビットバンク" width="700" height="363" />

社名ビットバンク株式会社
設立2014年5月
代表者名廣末紀之
所在地東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
資本金11億3100万円
登録番号関東財務局長 第00004号(仮想通貨交換業)

bitbankはセキュリティの安全性チャートの見やすさが評価されている取引所です。

また仮想通貨を貸せるというユニークなサービスを打ち出しているもの魅力の1つになっています。

bitbank
ビットバンク(bitbank)の評判|口座開設前に知りたかったビットバンク(bitbank.cc)の口コミ(メリット・デメリット)

bitbankは仮想通貨の取引をすでに始めている、中級者・プロ向けの取引所です。
「使っても安心?」、「使いやすさやセキュリティはどうなの?」などといった機能的なメリット・デメリットから、おトクにbitbankを使いこなす方法を紹介します。

続きを見る

SBI VCトレード

SBI VCトレード

社名SBI VCトレード株式会社
設立2016年11月
代表者名北尾 吉孝
所在地東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ
資本金19億8000万円
登録番号関東財務局長 第00005号(仮想通貨交換業)

日本の金融大手、SBIグループが運営する仮想通貨取引所です。

リップル社との連携をしており、リップルの発展に力をいれています。

SBI VCトレードのメリット・デメリット
《SBI VCトレード》口コミ、利用メリット・デメリット、口座開設方法を紹介!

SBI VCトレードは日本の大手金融グループのSBIホールディングスが運営する仮想通貨の交換業者です。
2018年にできたばかりの取引所ですが、注目度の高い仮想通貨取引所です。何が魅力になっているのでしょうか?

続きを見る

GMOコイン

社名GMOコイン株式会社
設立2016年10月
代表者名石村富隆
所在地東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
資本金17億5800万円
登録番号関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)

大手インターネット企業、GMOグループが運営している仮想通貨取引所です。

GMOはFXサービスも提供しているので、金融サービスでの実績もあります。

セキュリティの安心感が評価されている取引所です。

【GMOコインが選ばれる3つの理由】手数料無料で100円から取引!

GMOコインは東証一部に上場している、GMOインターネットのグループ会社です。
この記事では、GMOコインの特徴やメリット、デメリットについて説明をしたいと思います。

続きを見る

Bittrade

bittrade(ビットトレード)のトップ画面

社名ビットトレード株式会社
設立2016年9月
代表者名陳 海騰
所在地東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
資本金3億1580万円
登録番号関東財務局長 第00007号(仮想通貨交換業)

Bitgate

は世界2位の取引所Huobiに買収された取引所です。

100種類以上を扱うHuobiの傘下になったことで、取り扱う仮想通貨の数が増えるのではないかと期待されています。

しかし、日本では無料としている取引所が多い、取引手数料が発生する点はデメリットです。

BitTrade(ビットトレード)
BitTrade(ビットトレード)はどんな取引所?特徴やメリットを紹介【フォビジャパン】

BitTrade(ビットトレード)は、タレントの「こじるり」こと小島瑠璃子(こじま・るりこ)さんがイメージキャラクターをつとめる取引所です。
しかし、テレビCMなどは放映していないので「聞いたことがない」という人もいるかもしれません。どんな取引所なのでしょうか。

続きを見る

BTCBOX

btcboxtop

社名BTCボックス株式会社
設立2014年3月
代表者名張店
所在地東京都中央区日本橋茅場町2-8-1 BRICK GATE 茅場町 5階
資本金1億6516万円
登録番号関東財務局長 第00008号(仮想通貨交換業)

BTCBOXはマウントゴックス事件に影響を受けて作られた取引所です。

「お客様の信頼を得ること」を理念に、安全な取引所を目指しています。

btcboxtop
経営理念は「お客様の信頼獲得」【BTCBOX】はどんな取引所?

大事な仮想通貨を預ける取引所は何より信頼が大事だよね。 そうね。BTCBOXその信頼を第一に「お客様の信頼獲得」を経営理念とする取引所よ。 この記事でわかること BTCBOXの会社情報と特徴、口コミ ...

続きを見る

BITPoint

BITPoint

社名株式会社ビットポイントジャパン
設立2016年3月
代表者名小田玄紀
所在地東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階
資本金44億3,000万円
登録番号関東財務局長 第00009号(仮想通貨交換業)

BITPointは、基本的な手数料が無料という点で初心者から人気の取引所です。

また主要な仮想通貨の取引もできるので、始めやすさに定評があります。

CMには本田圭佑選手を起用しており、契約金はビットコインで支払われたそうです。

BITPoint
【BITPoint】本田圭佑のCMで話題の仮想通貨取引所を詳しく解説

BITPointは2016年6月にサービスを開始した仮想通貨取引所です。
手数料が無料の取引所として初心者に人気です。

続きを見る

DMM Bitcoin

dmmbitcoin・DMMビットコイン

社名株式会社 DMM Bitcoin
設立2016年11月
代表者名田口仁
所在地東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
資本金12億9000万円
登録番号関東財務局長 第00010号(仮想通貨交換業者)

DMM Bitcoinは、名前の通りDMMのグループが運営している取引所です。

レバレッジ取引では、取り扱っている仮想通貨が多く、幅広く取引したい人にオススメと言えます。

dmmbitcoin・DMMビットコイン
DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)の特徴|口座開設前に知りたかったDMMビットコインの口コミ評判・メリット・デメリットを解明

ローラさんのCMで話題のDMM BItcoinの取り扱い通貨は全部で7種類。アルトコインでもレバレッジ取引ができます。FXの経験を活かして作られたスマホアプリは使いやすさに定評があります。

続きを見る

TAOTAO

タオタオ‐トップ画像

社名TaoTao株式会社
設立2017年5月
代表者名荒川佳一朗
所在地東京都港区新橋5-1-9銀泉新橋第2ビル 5階
資本金7億6000万円
登録番号関東財務局長 第00011号(仮想通貨交換業)

TAOTAOはヤフーの子会社、Zコーポレーションが出資をしている取引所です。

2019年5月中旬からのサービス開始が予定されています。

ビットコインやイーサリアムなどを中心に5種類の通貨を取り扱うことが発表されており、手数料も基本的には無料です。

TAOTAO(タオタオ)とは?ヤフーが出資の仮想通貨取引所の特徴や口座開設方法をまとめてみた

ヤフーが出資する仮想通貨取引所がサービスを開始します。名前はTaoTaoです。インターネットの大手企業が運営に関わるということもあり、注目を集めています。
サービス内容は初心者向けなのでしょうか?口座開設は簡単なのでしょうか?

続きを見る

ちなみに、以前はビットアルゴという名前でした。

ビットアルゴの再開時期はいつ?ヤフーが出資した取引所の今後

仮想通貨取引を行うにあたって、取引所についての情報収集は欠かせないものです。 日本の大手企業、ヤフーが仮想通貨事業に参入をしました。 果たしてどのような取引所なのでしょうか? 有名な企業が運営する取引 ...

続きを見る

BITGATE

社名BITGATE株式会社
設立2010年3月
代表者名黒田真人
所在地神奈川県横浜市中区常盤町2-11KY常盤町ビル4F
資本金1000万円
登録番号関東財務局長 第00012号(仮想通貨交換業)

BITGATEはビットコインのみの売買ができる取引所です。

販売所の機能しかありませんが、その中では価格が安い点が評判です。

しかし、ビットコイン以外は取引できないので、ほかの仮想通貨で売買したい人にはオススメできません。

【取扱はビットコインだけ!】異色の取引所・BITGATE(ビットゲート)とは?

BITGATE(ビットゲート)は数ある取引所の中でも、少し変わった特徴を持っている取引所です。
今回はBITGATEについて詳しく説明をしたいと思います。

続きを見る

注意ポイント

現在は新規口座の開設は停止しています。

コインチェック

コインチェックのロゴ

社名コインチェック株式会社
設立2012年8月
代表者名勝屋敏彦
所在地東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
資本金1億円
登録番号関東財務局長 第00014号(仮想通貨交換業)

コインチェックは2018年1月に盗難事件に遭っている取引所です。

その後、金融大手のマネックスに買収され、再開に向けて整備がされました。

2019年1月に正式に金融庁から認可され、取引再開となっています。

コインチェックのロゴ
コインチェック(Coincheck)の取引所とは|<登録方法・使い方・手数料>~<事件のその後の歴史>までマルっと解説しました

コインチェックの特徴から歴史、その後などを整理しました。2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。
現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

コインチェックのロゴ
コインチェックの再開はいつ?マネックス買収後の動きをまとめました

コインチェックのマネックス買収後の動きをまとめました。

続きを見る

フィスコ

フィスコ仮想通貨<a href=取引所" width="700" height="429" />

社名フィスコ仮想通貨取引所
設立2016年4月
代表者名越智直樹
所在地大阪府岸和田市荒木町2-18-15
資本金3億8,706万円
登録番号近畿財務局長 第00001号(仮想通貨交換業)

フィスコの運営会社は大阪に本社を置いており、仮想通貨の盗難被害を受けたZaifを譲り受けました。

安全面には期待が集まっている取引所です。

フィスココインなど、独自の仮想通貨を取り扱っています。

フィスコ仮想通貨取引所
【Zaif事件で有名に】親会社は上場企業、フィスコの取引所とは?

フィスコ仮想通貨取引所は、ジャスダック上場会社のフィスコが運営する取引所です。金融情報に携わる親会社の知見を活かしたセキュリティの強さがウリです。2018年11月22日、運営会社のフィスコ仮想通貨取引所は取引所のZaifを譲り受け、2つの取引所を運営する形となりました。

続きを見る

編集部厳選! 初心者オススメ取引所ランキング

仮想通貨-<a href=取引所-ランキング" width="700" height="350" />

ここまで日本の取引所を説明してきました。

では、初心者オススメ取引所はどこでしょうか?

編集部での採点基準をもとにTOP5を紹介していきます。

  • 合計 100点
  • 仮想通貨の種類 (20点満点)
  • 手数料 (30点満点)
  • 信頼性 (30点満点)
  • 使いやすさ (20点満点)
取引所選びのポイントも紹介しているわ!
女性
採点ページ
【仮想通貨Wiki】取引所の採点基準

取引所の採点基準 仮想通貨Wikiでは、独自の採点に基づいた仮想通貨の取引所を掲載しています。 「どの取引所を選べばいいの?」 「安心して利用できる取引所は?」 仮想通貨の投資を始めようとしたばかりの ...

続きを見る

1位 GMOコイン(92点/100点)

  • 仮想通貨の種類 16点/20点
  • 手数料 29点/30点
  • 信頼性 29点/30点
  • 使いやすさ 18点/20点

最もオススメ取引所GMOコインです。

ほとんどの手数料が無料な上に信頼性は十分。

5種類の仮想通貨を売買できるので、量に困ることもないでしょう。

2位 コインチェック (90点/100点)

コインチェックのロゴ

  • 仮想通貨の種類 20点/20点
  • 手数料 22点/30点
  • 信頼性 30点/30点
  • 使いやすさ 18点/20点

コインチェックはマネックスグループが運営する取引所です。

コインチェックのロゴ
コインチェック(Coincheck)の取引所とは|<登録方法・使い方・手数料>~<事件のその後の歴史>までマルっと解説しました

コインチェックの特徴から歴史、その後などを整理しました。2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。
現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

使いやすいアプリを採用しているだけでなく、9種類の仮想通貨を取引できます。

様々な通貨を購入できるので、数多くの仮想通貨で売買したい人にはオススメです。

3位 bitbank (88点/100点)

<a href=リップル取引のビットバンク" width="700" height="363" />

  • 仮想通貨の種類 18点/20点
  • 手数料 24点/30点
  • 信頼性 28点/30点
  • 使いやすさ 18点/20点

bitbankは日本の取引所の中で、セキュリティが1位の評価を得ています。

手数料も安いので、安心して取引をしたい人にオススメ取引所です。

口座開設までの流れ

<a href=取引所-口座開設" width="700" height="350" />

どの取引所が良いか決められたよ!

最後に取引所の口座を開設するまでの流れを順に紹介していきます。

GMOコインを例に3つのステップで紹介します。

口座開設をしたいと思った人は参考にしてみてください。

①アドレス登録

メールアドレス登録

メールアドレスを入力して、無料口座開設をクリック。

入力したアドレス宛にメールが届くので、記載されているURLを押してください。

個人情報入力の画面に移動します。

②個人情報登録

情報入力

次が個人情報の登録です。

上記のような画面に移りますので、画面に従って情報入力をしてください。

③本人確認書類の提出

個人情報を入力し終えたら、最後に本人確認書類をアップロードします。

アップロードできる書類は以下の通り。

  • 運転免許証
  • パスポート(日本国籍の方のみ)
  • 健康保険証
  • 個人番号カード(マイナンバー通知カードはNG)
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

これで登録は完了。あとは審査が終わるのを待つだけ。

審査を通過すれば書類が届きます。これで口座開設はすべて完了です。

書類に記載されている通りにログインすれば取引を開始できます。

簡単だし、ほとんどがネット上で済むんだね!
審査も1週間くらいで終わるわ!
女性

補足ポイント

審査にかかる時間は申込み状況と申込者によって異なります。

まとめ

仮想通貨-<a href=取引所-日本" width="700" height="369" />

  • 日本では、仮想通貨取引所は金融庁の認可があった方が安心。
  • 認可されている企業は17社。
  • そのうち仮想通貨売買のサービスを提供しているのは12ヶ所
  • 取引所選びで初心者が注意すべき点は、「仮想通貨の種類・手数料・信頼性・使いやすさ」の4つ
  • GMOコインとBITPointが初心者にはオススメ
  • 上の2つに次いでオススメ取引所がLiquid。
  • メールアドレスを入力して、個人情報を登録すれば口座開設はできる。
  • 口座開設の手続きは1週間程度で完了する。

今回は日本の仮想通貨取引所について紹介をしてきました。

12の取引所はそれぞれに特徴があるので、気になる人は説明記事もチェックしてみてください。

また、初心者オススメ取引所ランキング形式で紹介しました。

仮想通貨の数、手数料、信頼性、使いやすさの4つがポイントだと説明しました。

すべてのバランスが良いほど、初めてでも取引しやすいです。

これから口座開設する人はぜひ参考にして、取引所を選んでみてくださいね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料

DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.