仮想通貨のデイトレードは儲かる?メリットとデメリットを紹介

更新日:

仮想通貨のデイトレード
悩む男性

・仮想通貨のデイトレードのメリット・デメリットは?
・仮想通貨のデイトレードで気を付けることは?

・株やFXとの違いは?
・仮想通貨のデイトレードにオススメ取引所は?

この記事は上記のような悩みを解決する内容となっています。

デイトレードと聞いて、どんなイメージをしますか?

たくさんのモニターの前でせかせか取引するイメージかな。
短期間でガッツリ儲けるイメージもあるわね。
女性

株やFXと同じように仮想通貨でもデイトレードができます。

この記事は、これから仮想通貨のデイトレードを始めたいけど不安に思っている人に読んで欲しい内容になっています。

読者が選んだ人気の取引所ランキング

coinchecklogo

Coincheck / 総合93点

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

GMOcoinlogo

GMOコイン総合92点

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

仮想通貨の取引所ランキング

デイトレードとは

デイトレードとは

デイトレードその日のうちに売買(買いと売り)を終了させる短期のトレードスタイルです。

仮想通貨に限らず、株やFXには主に4つの投資スタイルがあります。

スキャルピング
数銭から数十銭というわずかな利幅を狙い、1日に何度も取引を行って利益を積み重ねる超短期売買手法です。(出典:MONEY SQUARE

デイトレード
1日で取引を完了させる短期取引のこと。わずかな値動きで株を売買し、1日に数十回取引を繰り返します。(出典:俺株

スイングトレード
数日間~数週間(数ヶ月)で売買を済ませてしまう短期売買のトレード方法です。(出典:スイングトレードの達人

ポジショントレード
長期的なトレード手法で、数週間~数ヶ月、または数年といった長期でポジションを保有する手法で、あまり相場を監視ことができない人には最適です。(出典:FX初心者図鑑)

スキャルピングも1日以内に取引を行うので、デイトレードの一種と言えます。

デイトレードやスキャルピングのような短期トレードのメリットは、短い時間で大きく稼げる可能性があることです。

次にそれぞれの投資スタイルを分布図(投資額を縦軸、投資期間を横軸)にすると以下のイメージです。

投資スタイル

トレード期間が短いほど投資額が大きいのは通常、短期間では値動きの幅が少ないため、投資する金額を大きくしないと儲けるのが難しいためです。

ただ、ビットコインをはじめとする仮想通貨は、ボラティリティ(価格変動の幅)が大きいため、少額であってもスキャルピングやデイトレードでも大きく稼げる可能性があります。

その反面、大きく失うリスクもあります。

仮想通貨のデイトレードをするメリット

仮想通貨デイトレードメリット

仮想通貨のデイトレードをするメリットを見ていきましょう。

値動きの幅が大きい

仮想通貨は株やFXなどと比較してボラティリティ(値動きの幅)が大きいです。

通貨によっては数時間で10数%~数10%変動することもあるため、初心者でも大きく稼げる可能性があります。

例として2019年5月13日-14日のビットコイン(BTC)の1時間足チャートを見てみましょう。

ビットコインボラティリティ

(出典:みんなの仮想通貨 )

1時間足は1時間ごとの値動きを示します。

このときは1時間でプラス3.5万円12時間でプラス約10万円(12%)動いています。

これは1BTC=約80万円持っていれば、1日で10万円稼げる可能性があります。

株とFXの場合、それぞれも見ていきます。

株式で見込める1日の最大利益額

株式は1日の価格変動に制限(値幅制限)があり、その制限額は株価によって変わります。

たとえば、1株あたり3,000円以上 5,000円未満 の株では700円の幅でしか動きません。

株式は最低100株から取引できるので、必要資金は30万円~50万円です。

30万円~50万円の投資で、1日で70,000円の幅で利益を得られる可能性があります。

ただ、このように値幅最大まで上がる銘柄を、3,000種類以上ある中から毎日見つけ出すことはそれなりに経験が必要です。

FXで見込める1日の最大利益額

ドル/円 (USDJPY) を例に見てみましょう。

こちらのサイトでさまざまな期間でのボラティリティが出ていますが、年間のボラティリティは0.69円になっています。

1日や週間でも0.6円前後です。

FXは通常10,000通貨からの取引で1ドル=100円の場合、必要資金は100万円になります。(ここではレバレッジを除いて考えます)

100万円の投資で、1日にだいたい6,000円の幅で利益を得られる可能性があります。

ただ、数万円、10数万円レベルでの利益を得るためには多大な金額の資金が必要になります。

 

改めて仮想通貨は以下のような点で、株式やFXのデメリットをカバーします。

  • 銘柄が少なく投資対象が絞られ、いずれもボラティリティが高い傾向にある。
  • 最低投資額を下げることもでき初心者でも始めやすい。
    (0.01BTC=8万円など小ロットでも買える。ただその場合は、利益も少なくなります。)

取引可能な時間が長い

仮想通貨は24時間365日売買できます。取引所のシステムメンテナンス時などを除く)

株は平日の9時~15時、FXも平日と取引時間が限られる一方、仮想通貨は土日や祝日も取引できます。

種類取引可能時間
株式平日の9時~11時30分,12時30分~15時
(時間外取引を除く)
為替平日24時間
仮想通貨24時間365日

それだけ稼げるチャンスは増えるのはメリットと言えますが、取引可能な時間が長いから必ず稼げるわけではありません。

取引手数料が安い

取引手数料は仮想通貨の売買時にかかる手数料です。

デイトレードは売買頻度が高くなるトレードスタイルのため、取引にかかる手数料が抑えられることは大きなメリットになります。

仮想通貨は株やFXと比較して、取引所手数料が安いです。

以下は主要な仮想通貨取引所の取引手数料一覧です。

取引所名取引手数料
Liquid無料(取引所、レバレッジ)
coincheck無料(販売所)
bitbank-0.02%~0.12%(取引所)
SBI VCトレード無料(販売所)
GMOコインMaker:-0.01%,Taker:0.05%(取引所)
無料(販売所・仮想通貨FX)
BITPoint無料(取引所)
DMM Bitcoin無料(販売所現物、レバレッジ)

平均してが取引額の0.01%、取引所によっては無料のところもあります。

株とFXはどうでしょうか?

株の取引手数料

株式の取引手数料は50万円の取引の場合、だいたい194円~300円(出典:みんなの株式)、おおよそ0.03%~0.05%程度です。

FXの取引手数料

FXの取引手数料は無料の取引所が多い一方で、スプレッド(売値(BID)と買値(ASK)の差額)を設定し実質的な手数料を徴収しています。

米ドル/円の場合、スプレッドはだいたい0.3円です。

一見少ないように見えますが、FXは最低取引が10,000通貨のため、100万円の投資で3,000円程度の手数料がかかるのと同じ計算になります。

これはおよそ3%です。

 

このように株やFXと比較すると、仮想通貨の手数料が安いケースがが多いことが分かります。

仮想通貨でデイトレードするデメリット

仮想通貨デイトレードデメリット

値動きが大きい

ボラティリティ(値動きの幅)の大きさは、デメリットにもなりえます。

2019年4月26日のビットコインチャートです。

ビットコインのボラティリティ

(出典:みんなの仮想通貨 )

わずか2時間で4万円近く下がっています。

ボラティリティが高いということは、このように大きく上がる反面、暴落するリスクもあります。

ビットコイン、今後の暴落見通し
ビットコインは今後も暴落する?過去の暴落要因と2019年の見通しをチェック
2018年、ビットコイン(BTC/Bitcoin)は2度暴落し、1年で85%下落しました。億り人が生まれた一方で破産者も続出しました。2019年、4月以降価格は上昇していますが再び暴落はあるのでしょうか。過去の暴落を振り返り、この先の暴落可能性を探ります。専門家による2019年の価格予想も紹介します。

続きを見る

このような損失を最小限にするためには、必ず逆指値注文を入れることオススメします。詳しくは後述します。

多大な時間を使う可能性

デイトレードは、秒、分、1時間単位での値動きを絶えずチェックするため、取引のための拘束時間が長くなりがちです。

取引時間が長くなるほど、チャートから目を離すと落ち着かなくなる場合もあります。

夢中になりすぎると、取引以外何もできなくなる可能性もあるので、強制的に休憩時間を組み込むなど対策が必要です。

一方の長期トレードは、相場の大きな流れを見ながら長期間保有するスタイルのため、基本的に毎日チャートに張り付く必要がありません。

仮想通貨のデイトレードするときの注意点

仮想通貨デイトレード注意点

トレードはレバレッジをかけない

仮想通貨はデイトレードに限らず2種類の取引方法があります。

  • 現物取引
  • レバレッジ取引(仮想通貨FX)

現物取引は文字通り現物を取引します。実際に持っている資金分の仮想通貨しか買うことができません。

 

一方のレバレッジ取引は少ない資金で大きな金額の取引ができます。

レバレッジ=てこの作用 を意味します。

てこの原理を使うと少ない力で重いものを持ち上げられることからレバレッジ取引と呼ばれています。

資金を何倍にするかの倍率はレバレッジ率といい、国内の取引所の多くが最大でレバレッジ率4倍で取引ができます。

たとえば1BTC=80万円のビットコインを購入したいとき、レバレッジ取引(4倍)なら20万円あれば購入できます。

※0.1BTCなら8万円なので、レバレッジ取引(4倍)なら2万円あれば購入できる。

DMMビットコインレバレッジ

少ない資金で取引するメリットのあるレバレッジ取引ですが、リスクもあります。

レバレッジ取引をするには証拠金が必要です。

例えばビットコインの価格が80万円から70万円に10万円下がると、20万円の証拠金を預けてレバレッジ取引をした場合、資金は20万円から10万円と一気に50%になります。

証拠金は一定以上の維持率が必要になるため、その維持率を下回ると強制的に決済されてしまう可能性もあるのです。

仮想通貨はデイトレードであっても短期間で大きく価格が動く場合があります。

とくに初心者は現物取引か、レバレッジの倍率を低くして取引することをオススメします。

仮想通貨のレバレッジ取引とは?メリットとデメリットをまとめてみた
レバレッジは大きな利益を得られる反面、リスクもある取引方法です。しっかり理解しないまま手を出してしまうと、痛い目にあってしまうかもしれません。 そもそもどのような取引方法なのか? どんなことに気をつけるべきなのか? レバレッジの良さと注意点についてを説明していきます。

続きを見る

マイルールを決める

仮想通貨のデイトレードをする際は事前にマイルール決めるとよいです。

ルールを決めずにやると、辞め時が分からなくなりいつまでものめりこんでしまう可能性があるからです。

例えば以下のようなルールがあります。

仮想通貨デイトレード・ルール例

  • 仮想通貨を買う際(売る際)は必ずいくらで売るかを決める(損切りも)
  • 1日の取引上限数を決める
  • 大きく外したら勇気をもって休む

資金も精神も擦り減って何も残らなくなる可能性もあります。

事前にルール決めをすることで、負担を減らせることもあります。

そして、ルールは決めたら例外を作らずに守るようにしましょう。

逆指値注文でリスクヘッジをする

チャートに張り付いて常に値動きをチェックしていても、わずか数秒で急激に価格が変動する場合があります。

予想に反した急落にも対応できるように、注文と同時に逆指値注文を入れ、ダメージの小さい範囲で損切りする仕組みを作りましょう。

逆指値とは、指値と同じく仮想通貨の売買をする価格をあらかじめ自分で指定しておくことです。ただし、指値とは逆の発想で、買い注文では「仮想通貨が○円以上になったら買う」、売り注文では「仮想通貨が○円以下になったら売る」というように、売買する価格を設定します。つまり、仮想通貨をより高く買い、より安く売ることを目的とした注文方法です。(出典:Liquid

悩む男性
逆指値は分かりづらいね。
たとえば、ビットコインが上がると思って80万円で買ったとするわ。下がった場合を想定して79万円で逆指値注文を入れておくの。仮にこの後反急落し始めたら79万円で逆指値注文が有効になり、大きな損失を受けずに済むのよ。売る場合は真逆に考えればよいわ。
女性

デイトレードにオススメの仮想通貨

どの仮想通貨がデイトレードにオススメでしょうか。

結論からお伝えすると、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)リップル(XRP)の3種です。

とくに初心者はこの3種から始めるとよいでしょう。その理由は取引量です。

仮想通貨の中でも実際の取引量は千差万別です。

取引量があまりに少ない仮想通貨は、デイトレードであっても値動きについていけず大きな損失を被る場合があります。

取引量がある程度あれば、ボラティリティも安定してきます。

「仮想通貨はボラティリティが売りなんじゃないの?」

そう思った人もいると思います。

仮想通貨自体ボラティリティが高いといえますが、その中でも比較的安定した通貨を選ぶことでケガをしにくいと考えられます。

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)リップル(XRP)は仮想通貨の時価総額TOP3の通貨で、知名度もTOP3です。

もちろん取引量も十分あります。

日本は仮想通貨の先進国
【ビットコインとは】2019年完全版!将来性をチャート、価格から初心者向けにすべて整理しました
ハッキング事件などでクローズアップされることも多いビットコイン・仮想通貨。果たしてどのような経緯で誕生し、価格上昇を遂げた通貨なのでしょうか。ビットコインの特徴について見ていきましょう。

続きを見る

イーサリウムとは
【2019年版】イーサリアムとは?基本・歴史・将来性を徹底紹介
イーサリアムはひとことで表すと「インターネットを使ったコンピューター」です。ブロックチェーン技術を利用している点でビットコイン(BTC)に共通しますが、単なる仮想通貨ではありません。

続きを見る

リップルとは
リップルとXRPの違い、分かりますか?リップルの超基礎を学ぶ
リップルはアメリカのRipple, Inc.(リップル社)が開発した国際送金に特化したプラットフォームです。リップルが持つグローバル送金ネットワークを活かして、国際送金がより便利になる仕組みです。

続きを見る

仮想通貨のデイトレードにオススメの仮想通貨取引所

仮想通貨デイトレード<a href=オススメ" width="700" height="394" />

実際に仮想通貨のデイトレードを始めるにあたってどの取引所を選べばよいでしょうか。

ここではデイトレードにもオススメ取引所2社を紹介します。

バランスの取れたGMOコイン

<a href=リップル・GMOコイン" width="700" height="309" />

まずはじめにオススメしたいのはGMOコインです。

その理由に取引コスト信頼性が挙げられ、最もバランスの取れた取引所と言えます。

取引コスト:入出金手数料が無料取引手数料が多くて0.01%のため取引コストがほぼかからない、取引所形式で取り扱いがあり安く買える

信頼性:金融事業も行う東証1部上場企業のGMOインターネットグループが運営するため、取引所運営のノウハウが充実している

WEB.TRADER という取引ツールもあり、デイトレードにもオススメできます。

初心者のためにリップル(XRP)買い方を詳しくまとめた記事もあるので参考にしてみてください。

【いくら稼ぎたい?】リップル(XRP)の買い方・購入 初心者向け入門
リップル(XRP)を買う前に、いくら買ったらいくら稼げるかをイメージしましょう。買い方は簡単です。仮想通貨取引所で口座を開設し日本円を入金すれば、初心者でも簡単に買うことができます。この記事ではオススメのGMOコインを例にリップル(XRP)の買い方を紹介しています。

続きを見る

すぐに口座開設をしたい人はこちらから申し込みができます。

\口座開設でビットコインをプレゼント/

GMOコインの公式サイトへ

アプリが圧倒的に使いやすいコインチェック

コインチェックキャッシュバック

2019年1月11日に正式に仮想通貨交換業者となったコインチェック(Coincheck)オススメです。

東証一部上場のマネックスグループ傘下となった同社は、老舗ネット証券のノウハウを活かし、セキュリティなどのサービス強化を図っています。

取り扱い通貨はリップル(XRP)を含む全9種類と豊富です。

また、特に好評なのは使いやすいアプリです。

coincheckapp

コインチェックは販売所形式のみですが、アプリで通貨の購入や売却が簡単にできるので初心者にもオススメです。

また、2019年4月からは最大100,000円のキャッシュバックとなるキャンペーンも開始しているため、口座開設にはよいタイミングと言えるでしょう。

詳細はCoincheck公式サイトでチェックしてみてください。

仮想通貨デイトレードのまとめ

仮想通貨デイトレードまとめ

  • デイトレードはその日のうちに売買(買いと売り)を終了させる短期のトレードスタイル
  • 仮想通貨はボラティリティ(価格変動の幅)が大きいため、少額であってもスキャルピングやデイトレードでも大きく稼げる可能性があり
  • 仮想通貨でデイトレードをするメリットは、ボラティリティ、取引可能時間の長さ、取引手数料の安さの3点
  • 仮想通貨でデイトレードをするデメリットは、ボラティリティ、値動きの大きさ、時間をとられるの3点
  • 仮想通貨でデイトレードをするときの注意点は、レバレッジをかけない、マイルールを決める、リスクヘッジの3点
  • 仮想通貨のデイトレードにオススメの仮想通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)リップル(XRP)

いかがでしょうか。

仮想通貨のデイトレードを考えている人のヒントになれば嬉しい限りです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

2位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

3位:リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

bitbank

仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!

リップルの取引量が世界一!

スタイリッシュなチャート画面

取引手数料キャッシュバック中!

 

 

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
メイカー:-0.02%、テイカー:0.12%出金:540円/756円


bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。

それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月時点)。

また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.