【イラストでわかる】公開鍵・秘密鍵とは?初心者向けに解説

仮想通貨の公開鍵と秘密鍵

仮想通貨を送金するときに必要な公開鍵・秘密鍵。

いろいろ調べてみたけど、結局よくわからない。

そんなあなたのためにイラストや実際の送金の様子を交えて、どのサイトよりもシンプルにわかりやすく解説していきます。

悩む男性
・公開鍵と秘密鍵ってなに?

・仮想通貨の送金ってどうやるの?

この記事でわかること

・公開鍵と秘密鍵について

・仮想通貨の送金の方法

・電子署名について

公開鍵と秘密鍵ってなに?

公開鍵と秘密鍵とは

公開鍵・秘密鍵は簡単にいうと、仮想通貨を特定の人に送付して、その人だけが使えるようにするためのセキュリティシステムです。

まずは実際にイメージできるようにAがBに送金する手順を、イラストで解説していきます。

公開鍵は「鍵」よりも、鍵穴付きの箱をイメージするといいでしょう。

そのため今回は、公開鍵を鍵穴付きの箱のイラストで説明していきます。

公開鍵・秘密鍵の流れ1公開鍵・秘密鍵の流れ2

図:編集部作成

なんとなくイメージできましたか?

①で発行した公開鍵(鍵付きの箱)は、①で発行した秘密鍵だけが開けられるようになっています。そのため、他の人の秘密鍵で開けられる心配がありません。

また、この鍵穴付きの箱は閉じると自動でロックがかかる仕組みになっています。

実際の送金画面で公開鍵を確認

以下は仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の送金画面です。

ビットコインアドレスと書かれたものが、公開鍵にあたる箇所です。

bitbankの送金画面

公開鍵暗号の仕組み

仮想通貨の暗号化

仮想通貨の暗号化とは

現代において暗号はさまざまなところで使われるようになりました。電話、メール、電気、ガスや金融取引など、暗号技術によってわたしたちの日常生活の安心と安全が守られています。

では、仮想通貨にはどのような暗号技術が使われているのでしょうか。

仮想通貨の基盤であるブロックチェーンの技術の中で、もっとも重要な技術といえるのが一方向ハッシュ関数です。

このハッシュ関数を理解するには、数学の知識や暗号の知識をある程度前もって知っておく必要があります。

そのため、前提知識がない中でハッシュ関数を言葉で説明をしても理解するのがとてもむずかしいのです。なので、今回はイメージだけでもつくようにイラストで簡単に解説します。一方向ハッシュ値

図:編集部作成

一方向ハッシュ関数の暗号化の仕組みは、上のイラストのように一方向の解読は簡単ですが、もう一方から解読するには難しい仕組みを応用して作られています。

今回はわかりやすいように33×87=2871の数字を使いましたが、実際はもっと膨大な桁の数を計算しています。

現代のコンピュータ技術をもってしても等式の解から式を解読するのはとてもむずかしく、この状況は今後もしばらく続くと考えられています。

【補足】電子署名について

上で紹介した公開鍵暗号と一方向ハッシュ値の性質を利用して実現しているものに電子署名があります。

電子署名についてまとめた記事があるので紹介します。

※準備中

まとめ

まとめ

  • 公開鍵と秘密鍵は、あるコインを特定の人に送付してその人だけが使えるようにするための道具である。
  • 公開鍵暗号には一方向ハッシュ関数という技術が使われている。
  • 公開鍵暗号と一方向ハッシュ値の性質を利用したものに電子署名がある。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料

DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.