公務員も仮想通貨は『禁止』されていない!けど職場にバレないための3つの投資方法を紹介します

公務員の仮想通貨取引
悩む男性
公務員でも仮想通貨取引はできるの?禁止されてなかったっけ?

今この記事を読んでいるあなたは、このような疑問をお持ちだと思います。

この記事を読めば、公務員の仮想通貨取引に関するあらゆる疑問が解決できます。

この記事で疑問を解消し、仮想通貨の投資にチャレンジしてみてくださいね。

この記事で解決できる悩み

公務員でも仮想通貨取引はできる?

公務員におすすめのトレードスタイルや仮想通貨取引所は?

職場にバレずに取引できる方法は?

公務員は『副業』は禁止されているが、仮想通貨取引・投資はできる!

結論から述べると、公務員でも仮想通貨取引はできます。

なぜなら公務員の仮想通貨取引は禁止されていないからです。

公務員が禁止されている『副業』の特徴

国家公務員法と地方公務員法では、公務員の副業は禁止されています。

なぜなら、本業の秘密が副業などを通して外部に漏れてしまう恐れがあるからです。

そのため、公務員が土日や深夜にアルバイトを副業ですることはできません。

公務員ができる『副業』の特徴

一方で公務員の仮想通貨や株、FXは禁止されていません。

なぜなら、仮想通貨投資は『副業』ではなく『投資』だからです。

もし『副業』として投資をしたいなら、以下の3つなら問題ありません。

  1. 投資信託
  2. 不動産賃貸業
  3. 仮想通貨やFXなどの投資

公務員が仮想通貨取引を始めるべき3つの理由

公務員が仮想通貨取引を始めるべき理由は3つあります。

  1. 理由1.24時間365日取引ができるので、スキマ時間を利用できる
  2. 理由2.100円程度の少額から投資ができる
  3. 理由3.変動が激しいので大きく稼げる可能性がある

理由1.24時間365日取引ができるので、スキマ時間を利用できる

仮想通貨は、株やFXと違い24時間365日取引ができます。

そのため、就業時間が「9時から17時45分」などときっちり決められている公務員でも、出社前の時間や帰宅中の電車のなかでも取引ができます。

理由2.100円程度の少額から投資ができる

また仮想通貨は少額から始められるのもおすすめできるポイントです。

公務員として働いていると給料が大幅に上がらないため、大金を一気に投資に回すことはできないです。

そのため、100円程度の少額から投資ができる仮想通貨はとくにおすすめできます。

理由3.変動が激しいので大きく稼げる可能性がある

また仮想通貨は変動が激しいため、少額投資でも儲けられる可能性があります。

当然変動があるので、損をする可能性もありますが、1日で価格が2倍、3倍にもなるのはほかの投資商品と異なる点です。

仮想通貨取引がバレたくない公務員向けの3つの投資方法

「『副業』ではない」と言われても、職場にはバレたくない場合がほとんどかと思います。

この項目では、仮想通貨投資がバレたくない人向けに3つのおすすめ投資方法を紹介します。

方法1.仮想通貨を保有したままにする

公務員におすすめのトレードスタイルは、仮想通貨を購入してからあるタイミングまで持ち続ける方法です。

なぜかというと、仮想通貨は日本円に売却しない限り税金がかからないからです。

価格の上げ下げで精神をすり減らすよりも、ずっと保有して価格が上がったタイミングで売ることをおすすめします。

方法2.副業OKの家族に運用してもらう

つぎにおすすめなのが副業OKの会社につとめる家族に運用してもらう方法です。

当然家族が儲けた場合、確定申告を行う必要がありますが、もし家族のなかで興味を持っている人がいれば、運用を任せてしまうのも一つの手でしょう。

方法3.自分で確定申告を行い、稼いだ金額を『普通徴収』で確定申告する

通常税金は職場から天引きされているはずですが、稼ぎを自分で申告することで職場バレを防ぐ方法もあります。

方法や『普通徴収』については、記事の最後で紹介します。

公務員におすすめの『少額取引』ができる取引所3選

公務員にとくにおすすめできる取引所は以下の3つです。

とくに少額取引に向いている取引所をピックアップしました。

取引所1.手数料がほぼすべて無料!GMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい公務員にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない公務員でも直感的に仮想通貨の売買ができます

取引所2.レバレッジ取引も可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料

DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードして、少ない金額で多く稼ぎたい公務員にはオススメです。

取引所3.国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、公務員ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

公務員が仮想通貨取引をする際の2つの『法律・ルール上』の注意点

仮想通貨は『禁止されていない』と述べましたが、公務員が気を付けるべき法律、ルール上の注意点を紹介します。

公務員の注意点

  1. 『職務専念義務』で罰せられる可能性がある
  2. 仮想通貨取引にかかる『税金』を知る必要がある

注意点1.『職務専念義務』で罰せられる可能性がある

公務員には『職務専念義務』というものがあります。

公務員は自分の職務に専念しなければならないという規定です。

もしあなたが自分の稼ぎ以上に仮想通貨で儲けてしまった場合や、仕事そっちのけで仮想通貨取引にハマってしまった場合何かしらの注意を受けることが想定できます。

注意点2.仮想通貨取引にかかる『税金』を知る必要がある

さきほどから少し述べているように、仮想通貨で儲けた金額には税金がかかります。

以下の記事で仮想通貨の税金について詳しく解説しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

仮想通貨の税金
【タイミングは?】仮想通貨の税金がまるわかり!計算方法や申告方法を紹介

これから仮想通貨を始めようとしている人、仮想通貨を始めたばかりで税金について考えていなかった人のために、仮想通貨の税金について解説します。

続きを見る

仮想通貨の儲けが職場にバレないための『普通徴収』の申請フロー

先ほど紹介した『普通徴収』を紹介します。

普通徴収とは、納税者が自ら市区町村に住民税を納税することです。

自分で税金を納付するので手間がかかりますが、「職場のだれにも仮想通貨取引をバレたくない!」という人は以下の手順で申請を行ってください。

手順1.所得税の確定申告の準備をする

まずは所得税の確定申告の準備をしましょう。

確定申告書の貰い方は以下の3通りがあります。

  • 1. 国税庁のWebサイトから確定申告書Aもしくは確定申告書Bをダウンロー
  • 2. 税務署や市区町村役場の税務課で受け取る
  • 3. 税務署から郵送で送付してもらう

手順2.所得税の確定申告書で「普通徴収」にチェックする

所得税の確定申告書第二表の右下に住民税・事業税に関する項目があります。

その項目では、住民税の「特別徴収」と「普通徴収」の2つのチェックボックスがあるので、普通徴収にチェックを入れます。

これで申請を行い、無事自分で税金を納めることができます。

仮想通貨公務員のまとめ

まとめ

  • 仮想通貨取引は公務員でも可能!禁止されていない
  • もし職場にばれたくないあなたには、仮想通貨を保有したままにする、家族に運用してもらう、稼いだ金額を『普通徴収』で確定申告するなどの対策がおすすめ
  • 一方で仮想通貨で得た利益には税金はかかるので、確定申告が必要
  • もし職場に利益がバレたくない人は、『普通徴収』で自分で税金を納める方法もある

 

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料

DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.