LISKを買える取引所は?日本のオススメと海外のオススメを紹介!【2019決定版】

LISKの買い方
悩む男性

LISKはどの取引所で購入できるの?

安く購入する場合は?

このような疑問を解決できる記事になっています。

この記事を読めばあなたもオトクにLISKが購入できるようになっているはずです。

それでは一つずつ見ていきましょう。

読者が選んだ人気の取引所ランキング

GMOcoinlogo

GMOコイン総合1位

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

dmmbitcoin

DMM Bitcoin / 総合2位

1000円キャッシュバックキャンペーン中
(2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

365日LINEサポート

 

coinchecklogoCoincheck / 総合3位

東証一部上場のマネックスグループ

全10種類の取り扱い通貨

仮想通貨の取引所ランキング

日本でLISKを買える取引所はコインチェックとビットフライヤーのみ

日本でLISKを購入できるのは、コインチェックとビットフライヤーです。

国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
ありメイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大級の10種類(LISK含む)。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

コインチェックのロゴ
コインチェック(Coincheck)の取引所とは|<登録方法・使い方・手数料>~<事件のその後の歴史>までマルっと解説しました

コインチェックの特徴から歴史、その後などを整理しました。2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。
現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

注意ポイント

ビットフライヤーは2019年2月現在、新規口座の開設は行っていません。

口座開設の受け付け再開!bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー(bitFlyer)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-5種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料出金:無料~756円

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2019年6月に新規口座開設の受付を再開した取引所です。

コインチェックに次いで2番目の仮想通貨の取扱数があり(7種類)、多くの通貨をひとつの取引所で売買したい人にはオススメです。

コインチェックとビットフライヤーどちらがオススメ

もしあなたが仮想通貨の取引をしたことがない場合は、圧倒的にアプリが使いやすいコインチェックがオススメです。

仮想通貨の取引というと、チャート画面とにらめっこしているイメージがあるかと思いますが、移動中でもサクサク取引するのが最近のトレンドです。

コインプラス編集部がオススメするコインチェック(Coincheck)は、圧倒的な使いやすさ初心者でもわかりやすいトレード画面で人気をほこっています。

【そのほかの選択肢】海外の取引所

binancecoinバイナンスコイン

もしLISKを安く購入したいのであれば、BINANCE(バイナンス)などの取引所で口座を開くのがオススメです。

なぜなら、BINANCEはLISKを手数料の安い取引所で扱っているからです。

また、BINANCEが発行しているトークン、Binance Coin(BNB)を手数料の支払いに使用することで、Binanceの手数料を割引けるメリットもあります。

日本の安い取引所で口座開設をして、バイナンスに送金する方法がオススメ

もしバイナンスでLISKを購入をするなら、日本の取引所ビットコインもしくはイーサリアムを買ってから送金しないといけません。

  1. 日本の取引所でビットコイン(イーサリアム)を購入する。
  2. LISKを扱っている海外の取引所宛にビットコイン(イーサリアム)を送金する。
  3. 海外の取引所でLISKを購入する。(ビットコインもしくはイーサリアム建て)

なのでまずはコインチェックやビットフライヤーなどの取引所で口座開設をして、日本→海外の取引所にビットコインを送りましょう。

そもそもLISKとは?

LISKとは

LISKはオリジナリティ抜群のプラットフォームで、以下の5つの特徴を備えている通貨です。

LISKの5つの特徴

  1. DApps
  2. スマートコントラクト
  3. サイドチェーン
  4. DPoS
  5. 発行上限がない

詳しい情報は以下の記事でまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

LISKとは
【2019】LISK(LSK/リスク)とは?今後の価格や将来性をチャートから分析しました

仮想通貨・LISK(リスク)を知っていますか?この記事では、LISKの3つの特徴、LISKの開発の歴史、LISKのチャートの歴史と高騰要因、LISKの今後の将来性、LISKを買える取引所を整理しました。

続きを見る

まとめ

LISKを買える取引所は理解できましたか?

それでは記事のまとめです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

これらの情報があなたの取引のお役に立てれば幸いです。

 

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMM Bitcoin

DMMbitcoinのキャンペーン詳細

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.