【安心のSBIグループ】SBI VCトレードでビットコインを買う方法

SBIVCトレードでビットコインを買う
悩む男性
・SBIでのビットコインの買い方が知りたい
・SBIでビットコインが買えるかを知りたい

こんな疑問を解決できる記事になっています。

この記事ではSBIVCトレードでの口座開設方法からビットコインの買い方までを解説しています。

まずはSBIVCトレードについてチェックしましょう。

SBI VCトレードとは

SBIホールディングスの子会社であるSBI VCトレードは金融庁認可の仮想通貨交換業者として2018年6月に営業開始しました。

SBIグループの創業者でもある北尾吉孝氏が代表をつとめ、Reliability(信頼性)・Speed(即時性)・Transparency(透明性)がモットーです。

SBIグループは米リップル社の株を持っており、SBI VCトレード開設当初はリップル(以後、エックスアールピー)のみが取り扱い仮想通貨となっていました。

もともと販売所(VCTRADE)のみの運営でしたが、現在は取引所(VCTRADEPro)も運用開始しており板取引もできます。

SBI VCトレードはエックスアールピー(XRP)とのつながりが深い仮想通貨取引所です。

SBI VCトレードのメリット・デメリット
《SBI VCトレード》口コミ、利用メリット・デメリット、口座開設方法を紹介!

SBI VCトレードは日本の大手金融グループのSBIホールディングスが運営する仮想通貨の交換業者です。
2018年にできたばかりの取引所ですが、注目度の高い仮想通貨取引所です。何が魅力になっているのでしょうか?

続きを見る

SBI VCトレードでビットコインは買える?

SBI VCトレードではビットコイン(BTC)の現物が買えます。

そのほかにはエックスアールピー(XRP)、イーサリアム(ETH)の現物を扱っています。(2020年4月現在)

しかも最小単位500円から買えるので、少額から試したい人にもオススメです。

SBI VCトレードを利用するメリット

ここではSBI VCトレードを利用するメリットを3つ紹介します。

SBIグループ

SBI VCトレードの最大のメリットはSBIグループが運営する仮想通貨取引所である点です。

SBIグループインターネット金融業の超大手でノウハウもありより安心感があるといえます。

とくにセキュリティ対策も万全で安心して取引ができます。

手数料の安さ

手数料の安さに加え、スプレッドの狭さもメリットです。

販売所(VCTRADE)の取引手数料は常時無料です。

2020年4月13日時点のビットコイン現物のスプレッドを見ると、ビットコインのスプレッドの狭さに定評があるDMMよりも狭いスプレッドを提供していることがわかります。

SBIVCトレードのスプレッド

住信SBIネット銀行

SBIVCトレードは同じSBIグループの住信SBIネット銀行からしか入金できません。

そのため住信SBIネット銀行の口座開設が必須になります。

入金手数料は無料です。

出金手数料は住信SBIネット銀行以外の金融機関で出金手数料が160円~250円かかるのに対し、住信SBIネット銀行は50円。

ATM&振込手数料が最大月15回無料などメリットも多く、銀行口座のひとつとして持っておいて損はないでしょう。

SBI VCトレードの販売方式とオススメの買い方

SBI VCトレードは取引所開設当初、販売所形式のみでサービス展開していました。

販売所形式の場合、利用者はSBI VCトレードとの間で仮想通貨を売買します。

そのため利用の際はスプレッドと呼ばれる直接見えない手数料が発生し、実際の価格よりも高く買って安く売る状態でした。

2019年に入りSBI VCトレードは取引所形式の販売方法を開始。仮想通貨取引の幅が広がっています。

「VCTRADE」と「VCTRADE Pro」

SBIVCトレードは販売所形式のVCTRADE取引所形式のVCTRADE Proがあります。

仮想通貨の種類はいずれもBTC、XRP、ETHの3種類。

VCTRADE(販売所形式)は好きなタイミングで好きな数量が買える反面、スプレッド(買値と売値の差)が発生する仕組みです。

 

一方、VCTRADE Pro(取引所形式)は板取引のため、スプレッドをおさえた売買ができます。

デメリットは買いたいときに買いたい量の仮想通貨が買えないケースもあることです。(数百、数千万円単位でなければ基本的に買えます)

初心者ならVCTRADEが買いやすいですが、数万円程度の少額での購入で取引に慣れているならVCTRADE Proをオススメします。

SBIVCトレードは板が薄い(流動性が低い)ので、数百万以上の売買は成立しづらいです。

SBI VCトレードでのビットコインの購入方法

SBI VCトレードでのビットコインの買い方と口座開設方法を解説していきます。

SBI VCトレードは比較的簡単に口座開設が可能です。

SBI口座開設フロー

(出典:SBIVCトレード

口座開設(仮登録、本登録)

SBI VCトレードにアクセスし、右上の「口座開設」をクリックします。

「新規登録」画面でメールアドレスを入力し、メールに届いたURLをクリックすると、仮登録が完了です。

SBIVC口座開設フロー(出典:SBIVCトレード

その後URLからアクセスし、必要な事項を記入します。

最後に2種類の本人確認書類の提出を求められますので、必要書類の画像をアップロードして登録は完了です。

SBIVC口座開設フロー

(出典:SBIVCトレード

その後SBI VCトレードよりパスワードが記載された登録完了のハガキが届きますので、それを受け取ると口座開設は完了します。

入金

SBI VCトレードへの入金には、まずは住信SBIネット銀行の口座が必要です。

住信SBIネット銀行からしか入金できませんので注意しましょう。

SBIVC入金

(出典:SBIVCトレード

入金方法は入金ボタンから日本円で入金したい金額を入力して、パスワード認証をするだけです。

基本的に入金は即時反映されるので、入金作業後、口座を確認してみてください。

購入(販売所形式のVCTRADE

販売所形式のVCTRADEでのビットコインの買い方です。

SBIでビットコインを買う

ログイン後に「取引」へと進み、ビットコインを選択。

購入したい金額かビットコインの数量を記入します。

現在の金額でよければ「成行」を選択、購入価格を指定したい場合には「価格指定」を選択して、パスワードを入力後「コインを買う」をクリックして終了です。

購入(取引所形式のVCTRADEPro)

次に取引所でのビットコインの買い方です。

ログイン後の管理画面で取引所に移ります。

VCTRADEPro1

取引所画面右下に「売り」「買い」が表示されていますので、「買い」の方の入力画面に購入価格かビットコインの数量を記入します。

VCTRADEPro2

あとは発注ボタンを押すだけで、発注完了です。

注文が成立するのを待ちましょう。以上が、SBI VCトレードでのビットコインの買い方になります。

SBI VCトレード利用の際の注意点

ここではSBI VCトレードを利用する際の注意点を解説していきましょう。

取り扱うアルトコインが少ない

取り扱う通貨ペアはXRP/JPY、BTC/JPY、ETH/JPYの全3種類です。

国内の他社の取扱数よりも少ない VCTRADE・VCTRADE Proのデメリットといえます。

これはSBIVCトレードが導入通貨の選定を慎重に行っているからゆえのことでしょう。

最もメジャーな3種を扱うため、主要コインを買いたいという人には問題ないです。

入金は住信SBIネット銀行のみ

SBI VCトレードで取引を行う場合、入金の際は住信SBIネット銀行からでないと、SBI VCトレードには入金ができません。

住信SBIネット銀行の口座を保有していない人は、まずは銀行口座から開設する必要があります。

レバレッジ取引がない

レバレッジ取引(信用取引)のサービスがありません。

これは手持ち資金以上に無理をした取引をして大損するリスクを省けるため、ある意味メリットでもあります。

ユーザーを守るという観点で北尾代表の慎重な体制がうかがえます。

毎日メンテナンス時間がある

SBIVCトレードは多くの他社と異なり24時間取引ではなく、取引時間は午前7時~翌朝午前6時と決まっています。

SBIVCメンテナンス

とくにデイトレードをする人は注意しましょう。

いいかえれば毎日メンテナンスを行い、常によい取引環境を作ることに注力しているのです。

まとめ

仮想通貨移動平均線のまとめ

最後に記事のまとめです。

  • SBI VCトレードはSBIホールディングスの子会社
  • ビットコイン(BTC)の現物が500円から買える
  • 利用メリットは、安心のSBIグループ、手数料・スプレッドの安さ
  • 販売所形式のVCTRADE、取引所形式のVCTRADE Proの2種類がある
  • 注意点は、アルトコインが少ない、入金は住信SBIネット銀行のみ、レバレッジ取引ナシ の3点

SBIVCトレードは国内取引所のなかでは少数派ですが、セキュリティ対策などとくに力を入れているので安心して取引ができます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

編集部がおすすめする取引所

DMMビットコインの1000円プレゼント
DMM Bitcoinで口座開設すれば、今ならもれなく1,000円がもらえます。

ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたい人は、DMM Bitcoinに登録しましょう。

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

coincheck

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※4分程度で登録できます。

2位:1000円キャッシュバック!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い暗号資産手数料が無料

現物3種類、レバレッジ11種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

7種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※4分程度で登録できます。

仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ(2020年版)をくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨取引所おすすめ
仮想通貨取引所比較ランキング!500人の投資家がおすすめする日本のビットコイン(BTC)取引所5選

「仮想通貨取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トミー

2017年より興味本位でビットコイン投資を始める。 年末の仮想通貨バブルを経験するも含み益が一瞬でなくなる。 現在は数年先を見据えて長期保有するスタンス。 株式投資の経験を生かしてテクニカル分析にも挑戦中。 記事では仮想通貨の知識のみならず、トレーダー目線でも役に立つ情報提供になるよう心掛けている。

-topics
-, ,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.