【3分でわかる】スケーラビリティ問題とは?課題点と解決策を紹介

ビットコインの問題点として挙げられるスケーラビリティ問題

仮想通貨について興味を持っているのであれば、1度は耳にしたことがあることでしょう。

悩む男性
どんな問題で、原因が何かはよくわからないね。

今回は、スケーラビリティ問題について説明をします。

仮想通貨の今後や将来性において、とても大事なことですので、しっかりと覚えておいてくださいね。

スケーラビリティ問題って何?

スケーラビリティ問題とは何か

まずはスケーラビリティ問題の概要を見てみましょう。

スケーラビリティ問題とは、簡単に言うと、仮想通貨の送金(決済)スピードが遅くなることを言います。

ビットコインを始め、仮想通貨は基本的にはブロックチェーンで管理されています。

このブロックチェーンに記録をするデータ量が多くなることで、処理に支障が出てしまいます。

この状態がスケーラビリティ問題と呼ばれているのです。

スケーラビリティ問題の原因は何か?

スケーラビリティ問題の原因

悩む男性
ブロックチェーンのせいでスケーラビリティ問題は起こってるのかな?

スケーラビリティ問題を理解するには、仮想通貨の仕組みを理解しておく必要があります。

ブロックチェーンとマイニングと一緒に、スケーラビリティ問題の原因を説明します。

ブロックチェーンの仕組み

まずはブロックチェーンについて説明します。

仮想通貨はブロックに取引を記録することで管理をされています。

このブロックの連なりをブロックチェーンと呼んでいます。

女性2
詳しい内容は以下の記事で紹介しているわ。
ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?仮想通貨を支えるシステムの秘密

ブロックチェーンは、2009年にサトシナカモトが仮想通貨の起源であるビットコインを支える技術として発表されました。仮想通貨が通貨として機能し、サービスを動かしていくことを支える技術として非常に注目されています。

続きを見る

また、仮想通貨には、国が発行をする通貨とは異なり、管理する主体がありません。

ブロックに記録するのは、仮想通貨の取引に参加している人たちです。

このようにユーザー同士のコンピューターに分散して管理されているので、取引の記録をリアルタイムで反映させるのは難しいです。

ビットコインの場合は、約10分ごとでないと記録を反映させられません。

尚、取引の記録をする作業はマイニングと呼ばれ、マイニングをする人たちはマイナーと言います。

次にマイニングの仕組みを簡単に説明します。

マイニングの仕組み

マイニングとは、決められたルールに従って取引の記録をブロックに残す作業です。

悩む男性
どうしてわざわざ記録をする作業なんかをするんだろう?

マイニングをする理由は、報酬として仮想通貨をもらえるからです。

ブロックに最も早く正しい記録をした人が、マイニングの勝者となり、報酬を得られるのです。

マイニングの詳しい内容は下の記事でまとめています。気になる人はチェックしてください。

【仮想通貨投資の基本】マイニングとは?ビットコインがタダでもらえるって本当?

「マイニングをすれば仮想通貨をタダでもらえる!」仮想通貨での投資を考えたことがあれば、一度はこのような話を聞いたことはありませんか?

続きを見る

スケーラビリティ問題とは?

仮想通貨はブロックチェーンで管理されるため、運営をしていくには、ブロックに取引を記録する作業は不可欠です。

取引量が増えるほど、ブロックはたくさん必要になります。しかし、約10分に1つしか新しいブロックは生成されません。

記録されない取引がたまることになってしまうのです。これが送金や決済の遅れの原因です。

これがスケーラビリティ問題と呼ばれています。

スケーラビリティの解決策

スケーラビリティ問題の解決策

男性
ブロックの容量やマイニングのような管理方法が原因なんだね。

仮想通貨は通貨の新しい形として注目をされています。

送金や決済が遅くては、日常的に使うのは難しいでしょう。

スケーラビリティ問題を解決しようとする動きもあります。ここでは主な解決策を2つ紹介します。

フォークによる解決

1つ目がフォーク(分裂)による解決です。

悩む男性
フォーク?

簡単に言うと、仮想通貨のアップグレードと考えてください。

また、フォークにはソフトフォークとハードフォーク2種類があります。詳しい内容は下の記事で紹介しています。

仮想通貨のハードフォーク
【ソフトフォークって何?】ハードフォークとの違いを分かりやすく紹介

仮想通貨のルールを変更する際に使用されるのがソフトフォークとハードフォークです。それぞれの違いは?

続きを見る

ハードフォークの意味を図解でかんたんに解説
ハードフォークの仕組みが《図解》でまるわかり!初心者向けにわかりやすく解説しました

ハードフォークの意味は?わかりづらい仮想通貨の用語を<図解>で整理しました。最近話題の2019年のイーサリアムのコンスタンティノープル、ビットコインキャッシュ(ABCとSV)などの事例も紹介しています。

続きを見る

どちらにも共通しているのは、アップグレードによってスケーラビリティの問題点をなくそうとしていることです。

ブロック容量を大きくしたり、マイニングの仕組みを変更したりして、送金スピードを向上させようとするのです。

ビットコインは問題を解決するために、ビットコインキャッシュにハードフォークしています。

ビットコインキャッシュは儲かる?ビットコインより優秀な仮想通貨の正体

ビットコインキャッシュは、ビットコインと名前が似ているので、何かしら関係があるのかなと思いますよね。
ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから生まれた(分裂した)仮想通貨です。

続きを見る

すごく簡単に言うと、仮想通貨をアップグレードさせて、問題をなくそうとしているのよ!
女性

セグウィットで容量を小さくする

2つ目の解決策がセグウィットです。

セグウィットは取引記録のデータ容量を小さくすることを言います。

この結果、1つのブロックに記録できる取引数が増えます。

ブロックの容量を大きくしないでも、より多くの取引を記録できるので、この方法でもスケーラビリティ問題は解決されるでしょう。

しかし、取引の数が増えれば増えるほど、結局は容量オーバーになってしまいます。

本質的な解決にはなっていないとも捉えられています。

スケーラビリティはどうして解決されないの?

スケーラビリティ問題解決は難しい

悩む男性
解決策があるのに、どうしてビットコインのスケーラビリティ問題は解決されないの?

解決方法は万全なものではないので、メリットとデメリットがあります。

この点を考えた時に、どの方法でどのように解決するべきかという意見が別れてしまいます。

仮想通貨は、取引参加者によって管理されている、非中央集権な運営をしています。

全員の合意をもとに運営するのは不可能です。こうした点から、簡単には解決できないのです。

マイナー間での対立が起きる

先ほど挙げたフォークの問題点について説明します。

説明の通り、仮想通貨のアップグレードを言いますが、これも良いことばかりではありません。

悩む男性
機能が良くなるのに何でダメなの?

知名度の高い仮想通貨、ビットコインもイーサリアムもフォークをしています。

そのはハードフォークと呼ばれ、通貨が2つに分裂するものでした。

ビットコインはビットコインキャッシュに分裂をしています。

この時、ビットコインにセグウィットの機能を付ければ良いと考えるグループと、ブロック容量を大きくするべきというグループの2つにマイナーが対立しました。

この結果として、ハードフォークが起こり、ビットコインキャッシュが誕生しました。

容量は大きくなりスケーラビリティ問題は解決されていますが、ビットコインではなく新しい通貨になっています。

ビットコインのスケーラビリティ問題が解決しているとは言えないでしょう。

イーサリアムも対立が起きたことでハードフォークが起こっています。

こうした背景から、スケーラビリティを解決できる万能策はないのです。

男性
なかなか難しいんだね…。

まとめ

スケーラビリティ問題まとめ

  • スケーラビリティ問題は仮想通貨の送金スピードが遅くなること。
  • ブロックチェーンとマイナーがいるという仮想通貨ならではの管理体制だから起こる問題。
  • 主な解決策はフォークとセグウィットの2つがある。
  • マイナーの対立があるので、スケーラビリティ問題を解決するのは簡単ではない。
  • ビットコインやイーサリアムもハードフォークをしている。

スケーラビリティ問題は、仮想通貨が通貨として使用されるために解決しないといけない問題です。

知名度と時価総額が高いビットコインは特に解決しないとダメだよね。
支払いに10分もかかってたら日常的に使えないものね。
女性

もちろん、スケーラビリティ問題が起こっていない仮想通貨も誕生しています。

リップルとは
リップルとXRPの違い、分かりますか?リップルの超基礎を学ぶ

リップルはアメリカのRipple, Inc.(リップル社)が開発した国際送金に特化したプラットフォームです。リップルが持つグローバル送金ネットワークを活かして、国際送金がより便利になる仕組みです。

続きを見る

iotaアイキャッチ
IoT時代に活きる仮想通貨IOTA(アイオータ)その全貌に迫る

IoT(Internet of Things)は、家電や車などあらゆるモノがインターネットにつながることで、より便利な世の中にする技術。仮想通貨アイオータ(IOTA)は、IoTに特化した仮想通貨です。

続きを見る

こうした通貨に今後は注目が集まる可能性もあります。

仮想通貨投資を考えている人は、ビットコイン以外の銘柄もチェックすることをオススメします。

仮想通貨のおすすめ銘柄
仮想通貨のオススメ|2019年将来性のあるアルトコイン銘柄を専門家の予想からランキングで紹介!

リップル、ネム、イーサリアム……仮想通貨は種類も多いのでどれを購入すればいいかわからないですよね。この記事では、ビットコイン以外の仮想通貨=アルトコインのオススメを紹介します。

続きを見る

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

安心の大手GMOグループが運営!

手数料がほぼすべて無料

アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

セキュリティ重視ならGMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
使いやすさ取引手数料(現物取引)入出金手数料
Maker:-0.01%、Taker:0.05%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

2位:アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!

日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能

キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

365日LINEサポート!

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
1000円キャッシュバック7種類
使いやすさ取引手数料入出金手数料
無料無料

DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。

ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

安心の大手マネックスグループが運営!

取り扱い通貨は日本最大の10種類

圧倒的に使いやすいアプリを採用

最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを実施

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック10種類(BTC、XRP、MONA など)
使いやすさ取引手数料入出金手数料
Maker:0%、Taker:0%銀行振込:無料 コンビニ入金:700円~

コインチェックは、大手マネックスグループの傘下の取引所です。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類は国内最大の10種類。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.