仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違いは?最大の落とし穴を解説!

仮想通貨の販売所と取引所、2つの違い
悩む男性
・仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違いは?
・「取引所」と「販売所」、初心者にはどちらがオススメ?
・どの取引所(取引会社)がオススメ?

こんな疑問が解決できる記事です。

この記事で解説する仮想通貨・ビットコインの「販売所と取引所を使い分けるコツ」を理解すれば、販売所と取引所に対する疑問が解消されるはずです。

なぜなら、比較表などを使いながら分かりやすく解説しているからです。

この記事では「販売所と取引所の違い」「初心者にオススメの取引会社」などを紹介します。

記事を読んだ後は「販売所」と「取引所」の違いがクリアになり、自分にとってどちらが必要なのかが分かります。

仮想通貨・ビットコインの「販売所」と「取引所」、2つの違い

販売所と取引所の違い

販売所取引所
取引(売買)する相手仮想通貨取引所(運営会社)仮想通貨取引所の登録ユーザー
取引形態2価格表示(買値と売値)取引板

 

仮想通貨の取引ができる「仮想通貨取引所」は、一般に「販売所」「取引所」の機能を持ちます。

補足

運営会社としての「仮想通貨取引所」とサービス形態の「取引所」を混同しやすいため、以後、運営会社を意味する場合は「仮想通貨取引所」と明記します。

「販売所」と「取引所」違いを挙げれば大きく2つあります。

  • 取引相手の違い
  • 注文形態の違い

それぞれ見ていきましょう。

違い1:取引相手

「販売所」と「取引所」は、仮想通貨の取引相手=売買する相手が違います。

それぞれの相手は以下です。

販売所:仮想通貨取引所(運営会社)を相手に売買する

取引所:仮想通貨取引所に登録するユーザーを相手に売買する

仮想通貨取引所(運営会社)から直接買うのか、登録ユーザー(※)から買うのかの違いだと分かります。

※登録ユーザーといっても、相手が分かるわけではありません。

「取引所」の場合、仮想通貨取引所(運営会社)は売買の場を提供し、各取引に対して取引手数料を徴収する仕組みです。

違い2:注文形態

買い方(注文形態)も異なります。

販売所:仮想通貨取引所が定めた買値と売値で売買する

取引所:「板」と呼ばれる取引場で、売りたい人と買いたい人同士が売買する

「販売所」では価格が定められているため、必ず決まった価格で買えます。

仮想通貨取引所「GMOコイン」の表示例を見てみましょう。

まずは「販売所」の価格表示です。(2019年11月7日時点)

GMOコインの販売所

「購入価格」と「売却価格」の2価格表示になっています。

一方の「取引所」は常に売り買いしたい人がひしめくため価格が流動的です。

GMOコインの取引所

売り板と買い板のちょうどバランスがとれる価格が現在価格として表示されます。

補足:現物取引と信用取引

「販売所」と「取引所」の理解にもつながる、現物取引信用取引の違いも理解しておきましょう。

現物取引とは

「現物取引」はその名の通り、仮想通貨そのものが直接やり取りされます。

仮想通貨は形がないので分かりづらいですが、実際に買った仮想通貨が自分の取引所やウォレットの記録に残ります。

この記事で説明する「販売所」と「取引所」は「現物取引」においての話になります。

信用取引とは

一方の「信用取引」は一定の資金(証拠金)を担保に、仮想通貨の受け渡しはしない取引形態です。

買いを入れてそれを売った際(またはその反対)に発生する差額だけでやり取りするため、差金決済とも呼びます。レバレッジFXと呼ばれるものも同じです。

「信用取引」においても、取引所(形式)と販売所(形式)での2パターンの取引方法があります。

 

参考までに、主要な仮想通貨取引所での「販売所」と「取引所」の扱いについてまとめました。

現物取引信用取引(レバレッジ・FX)
販売所取引所販売所(形式)取引所(形式)
GMOコイン
DMM Bitcoin××
Coincheck〇(WEB限定)×(現在は停止)×
bitbank×××
bitFlyer×

GMOコインが最も幅広い取引形態を展開しています。

まず知るべき!仮想通貨「販売所」最大の落とし穴【スプレッド】

販売所のスプレッド

「販売所」と「取引所」の違いを知るうえで、必ず押さえたい最大の落とし穴がスプレッドです。

とくに初心者が知らずに損してしまう仕組みですから、ここで必ず押さえましょう。

スプレッドとは

スプレッド売値と買値の差のことです。

「販売所」はスプレッドが発生

以下はGMOコイン「販売所」でのビットコイン(BTC)の価格表示です。(2019年11月7日時点)

GMOコインの販売所

売値(売却価格)と買値(購入価格)に生じている32,000円の差がスプレッドです。

 

補足

「販売所」では仮想通貨取引所(運営会社)が仕入れた仮想通貨を販売しているため、売値と買値が決められます。

このスプレッドの一部が仮想通貨取引所(運営会社)の利益になっています。

「販売所」だけに発生するスプレッドの仕組みは必ず覚えておきましょう。

一方の「取引所」は登録ユーザーの売値と買値の希望がマッチしたときのみ売買成立するため、スプレッドは発生しません。

 

スプレッドに気づかずに売買していると、気づいたら大損していることもあるので気をつけましょう。

仮想通貨・ビットコイン「販売所」のメリット・デメリット

販売所のメリット・デメリット

「販売所」のメリットとデメリットを見ていきましょう。

どちらも分かりやすく、ひとつずつ挙げました。

これまでお伝えした特徴から整理していきます。

最大のメリット:注文方法がカンタンなので初心者に嬉しい

最大のメリットは分かりやすい価格表示で注文方法がカンタンなため、初心者にもカンタンに買えることでしょう。

数量も気にする必要はありません。

「逆に、買いたいときに必要な量を買えないの?」と疑問に思われた人、「取引所」ではそうはいきません。

これは「取引所」のパートで詳しくお伝えします。

最大のデメリット:スプレッドがあるため短期で稼ぐのが大変

最大のデメリットは「スプレッド」に尽きます。

改めてスプレッドの表示をご覧ください。

GMOコインの販売所

スプレッド(価格差)が32,000円あるということは、仮にこの価格で買ってすぐに売ったら32,000円の損失が発生します。

お分かりでしょうか?

少なくとも32,000円上がって初めて収支が0になり、そこからさらに上がった時点で含み益が発生します。

価格の上下が激しい仮想通貨とはいえ、買った時点で3万円以上のハンデを背負ってのスタートは苦しいですよね。

そのため、「販売所」は「3か月後に20万上がるだろう」「1年で10万円上がる」など長期の目線で買いたい人にオススメです。

 

実はこのスプレッドがずば抜けて狭い仮想通貨取引所にDMM Bitcoinがあります。

「販売所」で取引する人なら必ず口座開設してほしい仮想通貨取引所です。

仮想通貨・ビットコイン「取引所」のメリット・デメリット

取引所のメリット・デメリット

続いて「取引所」のメリットとデメリットを挙げます。

メリット:豊富な注文方法

「取引所」の分かりやすいメリットは注文方法が豊富なことです。

なぜメリットになるかというと、常に価格をチェックしなくても、自分が買いたい価格で買う予約や、売りたい価格で売る予約を入れられるからです。

忙しい人や注文に慣れた人にとっては大変便利な機能です。

 

注文方法の基本となるのは「成行」と「指値」。

成行注文:
注文価格を指定しない注文。
相場状況によっては、思わぬところで高く買えたり、安く売れたりするケースがあるので注意が必要。

指値注文:
注文価格を指定して発注する注文です。
例えば80万円の買い指値注文をした場合、現在価格が79万円でも約定します。
(「約定」とは売買が成立することです。)

そのほかに仮想通貨取引所によっては、逆指値・OCO(オーシーオー)・IFD(イフダン)・IFDOCOなど多数あります。

ここでは詳しい説明は割愛します。

デメリット:注文方法が複雑で、通らない場合がある

デメリットはメリットの裏返しです。

「取引所」の注文方法は「販売所」よりも複雑なため、とくに初心者の人には難しく感じるでしょう。

また、自分が買いたい価格で指値した注文が通らない場合もあります。

その価格に届かなかったり、欲しい数量の売りがなかったり、理由は様々です。

このように買いたいときに買いたい量が買えない可能性があるのも「取引所」のデメリットといえるでしょう。

【比較表】仮想通貨の「販売所」と「取引所」・メリット・デメリット

これまで紹介した「販売所」と「取引所」のメリット・デメリットを比較表にまとめたので、復習用にチェックしましょう。

販売所取引所
メリット注文方法がカンタンなので初心者に嬉しいスプレッドがあるため短期で稼ぐのが大変
デメリット豊富な注文方法注文方法が複雑で、通らない場合がある
向いてるタイプ・投資が初めてで注文に慣れていない初心者の人
・仮想通貨を大量に買いたい人
・株などの投資経験があり、注文に慣れている人
・短期売買で稼ぎたい人

 

「販売所」と「取引所」を使い分けるコツ

販売所と取引所の使い分け

「販売所」と「取引所」をどう使い分けるかを知りたいという人も多いでしょう。

結論、自分のタイプに合わせてどちらかを使べばよいです。

「販売所」と「取引所」で、それぞれが向いてるタイプをまとめました。

「販売所」が向いてるタイプ

「販売所」が向いてるタイプは以下のような人です。

  • 投資が初めてで注文に慣れていない初心者の人
  • 仮想通貨を大量に買いたい人

それぞれ見ていきましょう。

投資が初めてで注文に慣れていない初心者の人

「販売所」は分かりやすい2価格表示のため、とくに投資経験がない初心者の人にも比較的カンタンに買えます。

初心者の人はまず「販売所」で買ってみることをオススメします。

仮想通貨を大量に買いたい人

「販売所」の強みは、買いたいときに買いたい量だけ買えることです。

「取引所」はその時に買いたい量の売りが出ているかはわかりません。

数百万円規模で大量の仮想通貨を買いたい人は「販売所」を利用しましょう。

「取引所」が向いてるタイプ

「取引所」が向いてるタイプは以下のような人です。

  • 株などの投資経験があり、注文に慣れている人
  • 短期売買で稼ぎたい人

それぞれチェックします。

株などの投資経験があり、注文に慣れている人

株やFXなどで投資経験がある人は「取引所」がオススメです。

「取引板」の仕組みは基本的に同じなので、経験者にとっては見慣れたデザインでしょう。

注文パターンもさまざまでスプレッドも発生しないので、取引する上でのメリットが大きいです。

短期売買で稼ぎたい人

1日や1,2週間で稼ぎたいと考えている人は、少なくとも「取引所」で売買すべきでしょう。

なぜなら「販売所」はスプレッドが発生するため、短期で大きい値動きがないと稼ぎづらいからです。

「取引所」でも取引のたびに取引手数料がかかりますが、スプレッドに比べれば額は小さいケースが多いでしょう。

 

ビットコインを買う!オススメ「販売所」2選

販売所2選

仕組みが分かっても、実際にどの仮想通貨取引所を選べばいいか迷ってしまいますよね。

ここではビットコインを買う場合にオススメしたい「販売所」を2社紹介します。

圧倒的な低スプレッドがウリ【DMM Bitcoin(DMMビットコイン)】

DMM Bitcoin

「販売所」でビットコインを買う場合、マストで口座開設したいのがDMM Bitcoinです。

なぜなら、ビットコインのスプレッドが他社と比較してずば抜けて安い(狭い)からです。

以下は主要な仮想通貨取引所の、通貨ごとの現物取引スプレッドを比較したものです。

コインチェックGMOコインDMMビットコイン
ビットコイン(BTC)42,100円27,000円2,686円
イーサリアム(ETH)1,465‬円600円283円
リップル(XRP)2,070円1,350円958‬円

(参考:2019年10月1日10時頃の販売所における現物取引の通貨価格)

見てわかるとおり、DMM Bitcoinのスプレッドが圧倒的に狭いことが分かります。

 

DMM Bitcoinは大手DMMグループが運営する取引所

DMMグループはDMM.com証券やDMM FXを運営しているため金融の知見、取引所運営やセキュリティに関するノウハウが豊富です。

安心して取引ができるでしょう。

\口座開設でビットコインをプレゼント/

DMM Bitcoinの公式サイトへ

アプリが圧倒的に初心者向け【コインチェック】

coincheckapp

投資経験のない初心者にとって強い味方となるのがコインチェックです。

アプリのデザインが初心者向けで圧倒的に使いやすいからです。

コインチェックはスプレッドの広さが気になるポイントですが、慣れる意味でも初心者が少額で試すならコインチェックもアリでしょう。

ビットコインを買う!オススメの「取引所」2選

取引所2選

次にオススメの「取引所」を紹介します。

取引所だけでなく、販売所・信用取引も万能な【GMOコイン】

<a href=

「取引所」を使うなら、マストで口座開設したいのはGMOコインです。

なぜなら、デザインが初心者向けで見やすいうえ、販売所やレバレッジ取引などたくさんのサービスを兼ね備えた万能型の仮想通貨取引所だからです。

金融事業も行う東証1部上場企業のGMOインターネットグループが運営するため、取引所運営のノウハウが充実していて安心感があります。

\バランスの取れた取引所/

GMOコインの公式サイトへ

アプリがシンプルで使いやすい【bitbank】

bitbank

もう一つオススメするならアプリがシンプルで使いやすいbitbankです。

bitbankは「取引所」のみを提供していますが、見やすいため初心者にもオススメしたい取引所です。

セキュリティの高さにも定評があります。

\セキュリティNO.1!/

bitbankの公式サイトへ

仮想通貨・ビットコインの「取引所」と「販売所」 まとめ

販売所と取引所のまとめ

今回紹介した「販売所と取引所を使い分けるコツ」を理解すれば、販売所と取引所に対する疑問が解消され、自分にとってどちらが合うのかが分かり、仮想通貨取引をはじめるきっかけとなるでしょう。

最後に今回の記事のまとめです。

  • 「販売所」と「取引所」は取引相手注文形態が違う
  • 初心者が知るべき「販売所」最大の落とし穴は「スプレッド(買値と売値の価格差)」
  • 「販売所」最大のメリットは、カンタンな注文方法(とくに初心者にオススメ)
  • 「販売所」最大のデメリットは、スプレッド
  • 「取引所」最大のメリットは、豊富な注文方法
  • 「取引所」最大のデメリットは、注文が通らない場合もあること

 

「販売所」でオススメの仮想通貨取引所

「取引所」でオススメの仮想通貨取引所

一見複雑に見えますが、一度理解してしまえばその仕組みは簡単だと分かります。

とくに初心者の人は「販売所で少額から」取り組むのがハードルが低く分かりやすそうです。

取引を進める中で分からなくなったら、この記事を振り返ってみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMM Bitcoin

DMMbitcoinのキャンペーン詳細

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics
-, ,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.