【最大11倍】リップルは今後爆上げする?過去の爆上げ実績と今後を予想

リップルは爆上げする?
悩む男性
・リップルが今後爆上げするのかを知りたい
・リップルの爆上げタイミングを知りたい
・リップルが爆上げしたらいくらになるのかを知りたい 

という疑問に応える記事になっています。

この記事の前提として、爆上げは「2倍以上の値上がり」と解釈して使用します。

結論からお伝えすると、リップル(XRP)爆上げがあるのか、いくらになるのかはCoinPlus編集部ではわかりません。

ただ過去の実績から未来を見据えることはできますよね。

この記事ではリップル(XRP)の過去の爆上げ実績、仮想通貨業界の著名人による予想など今後の爆上げを占う情報をまとめています。

まずはリップル(XRP)についておさらいしていきましょう。

リップル(XRP)とは

リップル(XRP)はRipple Net(リップルネット)と呼ばれるリップルの送金ネットワーク内で、国家の異なる法定通貨を結びつけるブリッジ通貨として機能する仮装通貨です。

リップルの名称で呼ばれていますが通貨単位はXRP。

リップルの今後の価格
【他とは違う】リップル(XRP)今後の価格は?2020年、2021年の見通し予想

リップル(XRP)の価格は今後上がるのでしょうか。2019年5月に入り、32円から50円と50%以上価格を上げています。その後は42円から52円あたりを行き来し、横ばいの状態が続きましたが再び30円台に下落。今後、価格上昇の見込みはあるのでしょうか。気になる価格予想と将来性をまとめています。

続きを見る

リップルは国際送金を劇的に変化させる存在として高い期待が寄せられていて、過去に価格が何倍にもなる爆上げを記録しました。

今後の爆上げも期待できるのでしょうか。

まずはリップルの爆上げの歴史を振り返ってみましょう。

リップル(XRP)、過去の爆上げ振り返り

リップルの爆上げ振り返り

今後の爆上げを予想する前に、過去にどれだけの爆上げがあったのかをチェックしていきましょう。

2017年12月

リップル爆上げ201704

2017年12月にリップルは突如爆上げを開始しました。

12月初旬にリップル社は保有するリップル(XRP)のロックアップを発表。

リップル社が保有する6,000億相当のリップル(XRP)を、一定期間市場に放出しない宣言したのです。

これによりリップル(XRP)の希少性が上がりました。

その後日韓の金融機関がリップルネットワークの送金実験を開始。

マネーグラムとの提携やアメックスにリップル(XRP)が実装されるなど実需が進み、1ヶ月で1153%、約110倍の値上がりを見せたのです。

これは過去最高の爆上げ記録として2020年4月現在も更新されていません。

2018年 4月

リップル爆上げ201804

2018年4月にもリップル(XRP)は爆上げを見せます。

一時期は約50円にまで下落したリップルは、国際送金アプリの発表や世界中で国際送金システム採用が決まったことなどから約100円まで爆上げし、価格は200%(2倍)となりました。

暴騰したBTCに追随するアルトコインの中で、大きく値を伸ばしたXRPは、スペイン大手銀行サンタンデール銀行がxCurrentを利用するAPPのリリースを大々的に発表したことも、好材料として見られた可能性があります。(出典:CoinPost

インドの大手取引所がリップル基軸の通貨ペアを取り入れた点も影響し、リップルは4月に51円から100円まで一気に爆上げします。

2018年 9月

2018年9月のリップルの爆上げは、リップルの実需に対する期待感が大きく影響していました。

以下のような理由が考えられます。

理由1:米国での立ち位置の変化
米最大の仮想通貨取引所コインベースは14日、XRP(リップル)の取引を米NY州の居住者向けにも提供して行くことを発表した。
理由2:欧州でXRP連動型のETN取引開始
理由3:BTC急騰に伴う上昇トレンド

(出典:CoinPost

最終的に30円であったリップルは約64円まで爆上げし、213%(2.1倍)となりました。

2019年 5月

リップル爆上げ201905

2019年5月、リップル(XRP)は以下の理由で30円から46円まで上がりました。

爆上げとまではいきませんが、139%の上昇を見せています。

1.約1ヶ月でのxRapidの商業普及化をリップル社Sarbhai氏が示唆
2.リップル最重要カンファレンス『SWELL 2018』控える

(出典:CoinPost

2020年以降、今後リップル(XRP)は爆上げする?

2020年以降の爆上げはある?

リップル(XRP)が今後爆上げするのか、気になる人も多いはずです。

ただ将来の価格を明言するのは不可能といえるでしょう。

ここではリップル(XRP)の今後の爆上げとなりうる要因に注目します。

爆上げするためには仮想通貨全体の市場の影響は大きそうですが、ここではリップル(XRP)特有の爆上げとなりうる要因を見ていきましょう。

国際送金のスタンダードになる可能性

リップル(XRP)を介して国際送金をすれば、現在の送金手段よりも手数料と送金時間がおさえられます。

現在の国際送金は手数料が送金金額を上回ることも珍しくなく、送金も数日から数週間かかる場合もあるんですね。

リップルはこの問題を解消し、手数料は数十円、送金も秒単位の処理が可能なのです。

この方法が世界のスタンダートになればXRPそのものの価値があがり、価格が爆上げする可能性があるでしょう。

アジアを中心にファンが多い

リップル(XRP)はアジア圏を中心にファンが多いです。

とくに日本と韓国でリップル(XRP)を保有している人が多く、取引も活発なんですね。

以下はコインチェックが出した取引金額ラインキングと取引人数ランキング。

コインチェックの取扱高、ネム

リップル(XRP)の人気が見て取れますね。

以下のような発言も確認できています。

>CoinDeskが発言について説明を求めると、ノボグラッツ氏は広報担当者を通じて次のように述べた。「買い手の側では、アジアにはXRPの強力な支持者がおり、強く押し上げる『XRP軍』が存在している」(出典:CoinDesk

このような強い買い支えが今後の爆上げにつながる可能性が十分ありますね。

リップル(XRP)、仮想通貨に明るい人たちによる価格予想

リップルの価格予想

仮想通貨に明るい人たちが出す予想も話半分で見ておくのもよいでしょう。

そもそも仮想通貨の予想は難しいため、予想する人があまりいません。

古い予想を紹介する記事も多くあるので、ここでは2020年以降に発信された予想を紹介します。

海外メディアFxStreetのアナリスト Gregor Horvat氏

海外メディアFxStreetのアナリストGregor Horvat氏の予想を紹介します。

2020年の半減期がビットコイン(BTC)価格を20,000ドルに押し上げる場合、資産間の相関関係にもとづいてXRPは1.0ドル以上に上昇する可能性があるとしています。(出典:CoinTOKYO

2020年5月のビットコイン半減期にビットコイン価格が約220万円(1ドル110円換算)になれば、リップル(XRP)の価格は220円以上に上がるというのです。

2020年4月9日現在、リップル(XRP)の価格は約20円なので実現すれば11倍もの爆上げになります。

暗号通貨トレーダーD.I.Y Investing

暗号通貨トレーダーD.I.Y Investingによると、XRPは次の強気サイクルで28ドルに達すると指摘しています。

周期を見ると、XRPは6か月~1年の強気サイクルの後に、2年間の弱気サイクルが続く傾向がある。2020年は次の強気サイクルに当たり、28ドル(に押し上げる)。(出典:CoinTOKYO

つまり2020年中に約3,000円(1ドル110円換算)に到達すると発言しています。

実現すれば150倍の爆上げですが・・・現実的ではないですね。

リップル(XRP)の爆上げを阻む要因は?

XRPの爆上げを阻む要因についてもチェックしておきましょう。

リップル社によって所有された600億枚のXRP

リップル社は仮想通貨リップル(XRP)を600億枚保有しています。

全発行枚数のの約55%と莫大な枚数です。

リップル社は毎月、保有するリップル(XRP)を最大で10億枚市場に放出(売却)しています。

放出が売り圧力となり、リップルの爆上げを阻む要因になるといわれているのです。

「リップル社はXRPを600億枚所有しています」とノボグラッツ氏は述べ、次のように続けた。
「私が株を買う時に、(誰かによって)100億ドル(約2兆円)相当の同株がいくらかで売られていると知っていたら、その株を買うことに対する喜びは少なくなるでしょう」とノボグラッツ氏は説明した。(出典:CoinDesk

リップル(XRP)を買うのにオススメの仮想通貨取引所は?

リップルにオススメの取引所

リップル(XRP)を買うのにオススメの取引所を3つ紹介します。

今なら1000円がもらえる!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い銘柄数手数料が無料

9種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいモナコインのレバレッジ取引が可能
  • モナコインを扱う取引所で唯一キャッシュバックキャンペーンを実施中!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分

※3-5分程度で登録できます。

国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い銘柄数手数料が無料

14種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の14種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、モナコインの少額投資ができる!

※3-5分程度で登録できます。

セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い銘柄数手数料が無料

6種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、モナコインをオトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※3-5分程度で登録できます。

まとめ

仮想通貨移動平均線のまとめ

リップル(XRP)は過去に100倍の爆上げをした仮想通貨です。

今後100倍の爆上げがあるかは難しいところですが、伸びしろのある仮想通貨市場なので2倍、3倍の上げならまだまだ可能性はあるでしょう。

2020年5月にはビットコインの半減期が迫っています。

仮想通貨業界の動きとともにリップル(XRP)の動きも追っていきましょう。

編集部がおすすめする取引所

DMMビットコインの1000円プレゼント
DMM Bitcoinで口座開設すれば、今ならもれなく1,000円がもらえます。

ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたい人は、DMM Bitcoinに登録しましょう。

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

1位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

coincheck

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

12種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の12種類で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

※4分程度で登録できます。

2位:1000円キャッシュバック!DMM Bitcoin

DMMビットコインの1000円プレゼント

キャンペーン初心者向け取り扱い暗号資産手数料が無料

現物3種類、レバレッジ11種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※4分程度で登録できます。

3位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い仮想通貨※手数料が無料

7種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

※4分程度で登録できます。

仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ(2020年版)をくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨取引所おすすめ
仮想通貨取引所比較ランキング!500人の投資家がおすすめする日本のビットコイン(BTC)取引所5選

「仮想通貨取引所ってどこで開設すればいいの?」そんな疑問を持つあなたに、編集部が厳選した取引所を5つランキング形式で紹介します。取引所の特徴や手数料、実施するキャンペーンなどを整理したので、これを読めばあなたの疑問が解決します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

トミー

2017年より興味本位でビットコイン投資を始める。 年末の仮想通貨バブルを経験するも含み益が一瞬でなくなる。 現在は数年先を見据えて長期保有するスタンス。 株式投資の経験を生かしてテクニカル分析にも挑戦中。 記事では仮想通貨の知識のみならず、トレーダー目線でも役に立つ情報提供になるよう心掛けている。

-topics
-,

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.