仮想通貨リップル(XRP)とネム(XEM/NEM)の『4つの共通点』と『3つの違い』

リップルとネムの共通点
悩む男性

仮想通貨のリップルとネムの違いは?

どっちに投資したほうがいいの?

この記事では仮想通貨リップルとネムの共通点と違いについて解説します。

また「リップルとネムの両方に投資できる仮想通貨取引所を知りたい!」という方は、「リップルとネムが買える取引所」から目を通してみてくださいね。

仮想通貨リップル(XRP)と仮想通貨ネム(XEM)とは?

仮想通貨リップル(XRP)と仮想通貨ネムの特徴について解説します。

仮想通貨リップルの特徴

SBIバーチャル・カーレンシーズはリップル社と提携をしている

通貨単位XRP
考案者Ryan Fugger
管理者リップル社
開始年月2013年9月
発行上限1,000億XRP
ブロック生成時間約2.5秒
取り扱い取引所bitbank
GMOコイン
DMM Bitcoin
など

リップルは2013年に開始した仮想通貨で、2019年現在は時価総額ランキング3位にいます。

国内のほとんどの仮想通貨取引所で購入できるのが特徴で、日本での人気が高い仮想通貨です。

リップルの詳しい特徴は以下の記事でも解説しています。

リップルの今後の価格
仮想通貨リップル(XRP)今後の価格は?2019年はもう上がらないのか、2020年への見通し

リップル(XRP)の価格は今後上がるのでしょうか。2019年5月に入り、32円から50円と50%以上価格を上げています。その後は42円から52円あたりを行き来し、横ばいの状態が続きましたが再び30円台に下落。今後、価格上昇の見込みはあるのでしょうか。気になる価格予想と将来性をまとめています。

続きを見る

仮想通貨ネムの特徴

ネム

通貨単位XEM
考案者UtopianFuture
管理者不在
開始年月2015年3月31日
発行上限8,999,999,999 XEM
ブロック生成時間約1分
取り扱い取引所bitbank
GMOコイン
DMM Bitcoin
など

ネム(XEM)は2015年に開始した比較的新しめの仮想通貨で、2019年現在は時価総額は20位台にランクインしています。

仮想通貨流出事件で有名になったコインチェック事件でその名前を広めたので、名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

ネムの詳しい特徴は以下の記事でも解説しています。

ネムの魅力に迫る
ネム(XEM・NEM)は2019年に覚醒?愛され通貨の魅力と今後に迫る

ネム(NEM)は新しい経済圏の創出を目標とした仮想通貨のプロジェクトです。コインチェック事件で一躍有名になりましたが、ネム自体のセキュリティは優秀です。ネムにまつわるコミュニティは多く愛されている通貨です。

続きを見る

仮想通貨リップル(XRP)と仮想通貨ネム(NEM/XEM)の4つの共通点

リップルとネムの共通点

1.国内人気が高い

リップルとネムは国内での人気が高いことが挙げられます。

以下は仮想通貨取引所のコインチェック取引金額ランキング取引人数ランキングです。

ビットコインは有名かと思いますが、リップルとネムがTOP3にランクインしています。

コインチェックの取扱高、ネム

 

2.リップルもネムも送金スピードが速い

またリップルとネムは送金にかかるスピードが速いことも特徴です。

リップルの1秒あたりのトランザクション(取引)件数は1,500件と短い時間で大量の取引をさばけます。

対してネムはかつて2-3件程度しか1秒当たりに送金できなかったのですが、カタパルトという機能改善を行っているので送金問題が解決する予定です。

送金速度(1秒あたり)
リップル(XRP)1,500件
ネム(XEM)4,000件(カタパルト後)

3.両者の価格は相関関係にある

リップル(XRP)とネム(XEM)の価格は同じように動く傾向にあります。

https://twitter.com/430moroq/status/1192210425636478977

リップル(XRP)とネム(XEM)の2つの違い

リップルとネムの違い

違い1,時価総額が異なる

リップルとネムの決定的な違いは時価総額の違いです。

リップルは世界3位の人気ですが、対してネムは20位台後半にランクインしています。

仮想通貨の時価総額は「通貨の発行枚数×価格」で決まるため、リップルのほうが世界的には人気と言えるでしょう。

違い2.運営方法が異なる

またリップル(XRP)とネム(XRP)は運営主体が異なります。

リップル(XRP)はリップル社という企業が運営しているのに対し、ネムはユーザー同士で管理されています、

運営主体
リップルリップル社(企業)
ネムユーザー

またリップル(XRP)は、リップル社が2017年12月に保有している630億XRPのうち550億XRPを売りに出さないことを決定するなど、企業が管理する仮想通貨ならではの特徴も持っています。

女性2
これをロックアップと呼びます。

リップル(XRP)とネム(XEM)の購入におすすめの仮想通貨取引所

リップルとネムにおすすめの仮想通貨取引所

リップルとネムを買いたい人向けの取引所

リップルとネムの両方を買いたい人におすすめ!コインチェック(Coincheck)

リップルとネムのFX取引をしたい人向け!DMMビットコイン(DMM Bitcoin)

リップルとネムの両方を買いたい人におすすめ!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨はリップル・ネムを含む日本最大級の11種類
  • マネックスグループによる安全なセキュリティ体制で、500円程度から取引可能!
コインチェックの取り扱い通貨の種類一覧
BTCビットコイン
ETHイーサリアム
ETCイーサリアムクラシック
MONAモナコイン
FCTファクトム
XRPリップル
XEMネム
LTCライトコイン
BCHビットコインキャッシュ
LSKリスク
XLMステラルーメン

リップルとネムのFX取引をしたい人向け!DMMビットコイン(DMM Bitcoin)

DMMbitcoinキャンペーン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいネムとリップルのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の取り扱い通貨種類・一覧
BTCビットコイン
ETHイーサリアム
XRPリップル
LTCライトコイン
BCHビットコインキャッシュ
ETCイーサリアムクラシック
XEMネム

リップル(XRP)とネム(XEM)の今後の将来性は?

リップルとネムの将来性

一般的には「時価総額が大きい=信用度・注目度が高い」とされるので、時価総額3位のリップル(XRP)に期待感を持っているユーザーが多いです。

ネムもカタパルトなどの機能改善で注目を集めていますが、現時点ではリップルの将来性があるといえるでしょう。

リップルの今後については以下の記事で紹介しています。

リップルの今後の価格
仮想通貨リップル(XRP)今後の価格は?2019年はもう上がらないのか、2020年への見通し

リップル(XRP)の価格は今後上がるのでしょうか。2019年5月に入り、32円から50円と50%以上価格を上げています。その後は42円から52円あたりを行き来し、横ばいの状態が続きましたが再び30円台に下落。今後、価格上昇の見込みはあるのでしょうか。気になる価格予想と将来性をまとめています。

続きを見る

リップル(XRP)の買い時・売り時がわかる!テクニカル分析メーター

テクニカル分析メーターは、選択された時間足のリアルタイム評価を表示します。

分析はウィジェットが行ってくれるので、投資初心者でもリップル(XRP)の買い時・売り時が一発でわかります。

\リップル買うならここがおすすめ/

リップルの将来性に賭けてみる?

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の買い時・売り時がわかるテクニカルレーダー

テクニカル分析メーターは、選択された時間足のリアルタイム評価を表示します。

分析はウィジェットが行ってくれるので、投資初心者でもネム(XEM)の買い時・売り時が一発でわかります。

\ネムが欲しすぎる人向け/

ネムが買える取引所は?

仮想通貨リップル(XRP)とネム(XEM)のまとめ

リップルとネムのまとめ

  • リップルとネムは国内人気が高く、送金が速いなどの共通点を持っている
  • しかしリップルは企業によって発行されているのに対し、ネムはユーザー間で管理されている違いがある
  • 今後どちらが儲かるかは定かではないが、リップルの将来性は高い

リップルとネムを買いたい人向けの取引所

リップルとネムの両方を買いたい人におすすめ!コインチェック(Coincheck)

リップルとネムのFX取引をしたい人向け!DMMビットコイン(DMM Bitcoin)

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ほかに仮想通貨の将来性やおすすめ仮想通貨について気になっている人は、「仮想通貨のおすすめランキング」の記事に目を通してみてくださいね。

将来性抜群!仮想通貨おすすめ銘柄ランキングの画像
専門家は『アルトコイン』に伸びる銘柄が潜むと注目?将来性のある仮想通貨おすすめランキング2019

リップル、ネム、イーサリアム……仮想通貨は種類も多いのでどれを購入すればいいかわからないですよね。この記事では、ビットコイン以外の仮想通貨=アルトコインのオススメを紹介します。

続きを見る

1位:セキュリティ重視ならGMOコイン

GMOコイン

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

5種類

GMOコインをおすすめする理由

  • 安心の大手GMOグループが運営!
  • 手数料がほぼすべて無料なので、オトクに取引できる
  • アプリが使いやすいので、初心者でも楽々操作可能!

2位:アルトコインのレバレッジ取引ができる!DMM Bitcoin

DMMbitcoinのキャンペーン詳細

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

7種類

DMM Bitcoinをおすすめする理由

  • 大手DMMグループが運営する圧倒的安心感!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

(キャンペーン期間:2019年6月1日(土)7時00分~2020年1月1日(水)6時59分)

3位:国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

コインチェック

キャンペーン初心者向け取り扱い通貨数手数料が無料

11種類

コインチェックをおすすめする理由

  • 初心者でも圧倒的に使いやすいアプリ画面!
  • 取り扱い通貨は日本最大級の11種類
  • 500円程度から取引可能!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

勝田 健太郎(かつた けんたろう)

慶應義塾大学法学部卒業。仮想通貨情報メディア・コインプラスの編集者。2017年末に仮想通貨を始め、大暴落にともない一時撤退。2018年8月より仮想通貨投資を再び始め、守りの姿勢を大事にしながら、日々仮想通貨の勉強に励んでいます。自身のトレード経験と、1年間で250本の仮想通貨記事を書いてきた知見をもとに、損をしない取引をお教えします。連絡先:k.raccoon5150@gmail.com。

-topics

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.