【クリエイターのための仮想通貨】トロン(TRON/TRX)とは?盗作疑惑は本当?

更新日:

現在、世界には2,000を超える仮想通貨があります。

億り人を目指して投資をしたくても、何を選んだら良いか難しいですよね。

悩む男性
これから先、価格が上昇しそうな仮想通貨って何があるのかな?

まだ価格が安く、将来性のある仮想通貨があるのであれば、買ってみたいですよね。

今回は今後、広がっていくかもしれない仮想通貨を紹介します。

トロンというクリエイターのために誕生した仮想通貨です。

不透明な部分も多い仮想通貨ですが、今後価格が上昇する可能性はあります。

将来性を含めてどのような仮想通貨なのかを見ていきましょう。

コイプラ編集部オススメの取引所3選

GMOcoinlogo

GMOコイン総合92点

東証一部上場のGMOグループが運営

初心者でも使いやすいアプリ

coinchecklogo

Coincheck / 総合91点

東証一部上場のマネックスグループ

全9種類の取り扱い通貨

bitbank

bitbank / 総合88点

リップルの取引量世界No.1の実績

サクサク動く使いやすいアプリ

仮想通貨の取引所ランキング

トロンはどんな仮想通貨?

トロン-どんな仮想通貨

まずはトロンがどのような背景で生まれた仮想通貨なのかをチェックしてみましょう。

2017年に公開された仮想通貨

2017年-仮想通貨

トロンは2017年に誕生しました。

ビットコインが2009年に公開されているので、仮想通貨の歴史から考えると比較的新しい仮想通貨でしょう。

しかし、トロンの時価総額は10位(2018年12月現在)。イーサリアムから分裂したイーサリアムクラシックよりも上位につけています。

イーサリアムクラシックとは
【5分でわかる】最大33倍の価値に!イーサリアムクラシックとは?
イーサリアムクラシック(ETC)は、TheDAO事件のハッキングがきっかけで誕生した仮想通貨。時価総額はイーサリアムに劣りますが、非中央集権への強い信念をもって運用されています。

続きを見る

悩む男性
人気があるってことは何か理由があるはずだね。

開発者は中国のエリート

ジャスティンソン

出典:@justinsuntron

トロンの開発者はジャスティン・サン氏。

2011年に北京大学を卒業後、2013年にペンシルバニア大学で修士号を取得しています。

その後、中国の音楽ストリーミングサービスPeiwoの創業し、リップルの開発にも携わっていました。

男性
何だかすごい人が開発した仮想通貨なんだね!

トロンは、クリエイターがユーザーへ直接コンテンツを届けられる仕組みを作ることが目的です。

詳しく後ほど、説明をしますが、クリエイターにもユーザーにも嬉しい仮想通貨になることを目指しています。

トロンの現在の価格は?

トロン-価格

それでは、次にトロンはいくらで買うことができるのかをチェックしてみましょう。

現在の価格は約6円程度

 

トロンは1TRXあたり、約6円程度で取引されています。(2018年12月現在)

2018年1月には26円で売買されていました。この時の上昇原因はマカフィー砲でした。

悩む男性
マカフィー砲?
仮想通貨界で有名なジョン・マカフィーがオススメの仮想通貨を発信することよ。
女性

2017年12月末にトロンは紹介され、その後価格は大幅に上昇したのでした。

男性
でも結局は価格は下落しちゃったんだね…。

時価総額は10位の仮想通貨

トロン-時価総額

また、トロンの時価総額は現在10位。(2018年12月現在)

悩む男性
10位って上位なのかな?
イーサリアムクラシックよりも上位にいて、海外での注目度は高いのよ。
女性

ビットコインなどの有名な仮想通貨と比較すると順位は低いですが、まだ誕生から間もない仮想通貨です。

アップデートを予定していたり、大企業と提携をしていたりしているので、今後の発展が期待されています。

具体的にどのような特徴を持っているのかを、これから先で詳しく見ていきましょう。

トロンの特徴は?

トロン-特徴

ここまで、トロンの概要について簡単に説明をしてきました。

では、具体的にどのような特徴がある仮想通貨なのかを見てみましょう。

クリエイターを応援するための仮想通貨

トロン-クリエイター

トロンはクリエイターのために作られた仮想通貨です。

現在、クリエイターがユーザーに対してコンテンツを配信するには、何かしらを間に通す必要があります。

TwitterやYouTubeがまさにそうね!
女性

トロンではこれらがなくても、ユーザーにコンテンツが届くようにできる仕組みを作ろうとしているのです。

悩む男性
何をしようとしているのかな?
コンテンツ配信することで、ICOして資金を集められるのよ!
女性

コンテンツ配信でICOができる

Ico

トロンはコンテンツを作ったクリエイター自身がICOをできます。

悩む男性
どういう意味かな?

コンテンツを作ることでファンが増えれば、作成に必要な資金を集めやすくなります。

クリエイターにとってはありがたい特徴でしょう。

クリエイターに支払われるお金も良くなりそうだね!

また、クリエイターが有名になれば、投資をしたユーザーにもメリットがあります。

クリエイターがICOしたトークンを欲しいと思う人が増えるので価格が上昇します。

どちらにも嬉しい機能を持っているのがトロンなのです。

注目度が高くわずか10秒で完売

トロン―完売―10秒

2017年8月にバイナンスで最初のICOが行われた際は、わずか30秒で完売しました。

売り出されたトロンは5億TRX。約10~30億円相当です。

2回目のICOでは3億TRXがたったの10秒で完売しています。

男性
すごい人気の仮想通貨なんだね!

大手マイニンググループがトロンに投資していたことで注目を集めていたのでした。

また、当時は仮想通貨自体の人気が高まっていた時期でした。億り人を狙って買った人が多かったのでしょう。

トロンのメリット

トロン-メリット

ここまではトロンの特徴やこれまでの経緯について説明をしてきました。

悩む男性
良さそうな気もするけど、まだメリットがイマイチわからないね。

トロンはクリエイター向けの仮想通貨として発展が注目されています。

では他にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

詳しくチェックをしてみましょう。

6つのアップデートを予定している

トロン-アップデート

トロンは2027年までに6つのアップデートを予定しています。

  1. Exudos(エクソダス)2017年8月~2018年12月
  2. Odyssey(オデッセイ)2019年1月~2020年6月
  3. Great Voyage(グレートボヤージュ)2020年7月~2021年7月
  4. Apollo(アポロ)2021年8月~2023年3月
  5. Star Trek(スタートレック)2023年4月~2025年9月
  6. Eternity(エタニティ)2025年9月~2027年9月

約10年間を使って、トロンを完璧な仮想通貨にしようとしています。

最終的にはトロンを使えば、自由にコンテンツやゲームを設計して作れるようになります。

ICOも自由にできるので、コンテンツやゲームに対して投資ができるのです。

この技術が完成すれば、トロンの実用性は広がっていくと見られており、期待が集まっています。

2018年1月末にエクソダスの完成が発表されており、同年10月にはオデッセイの状況が発表されています。

ちなみに、第4段階のアポロまでいけば、トロンでのICOが可能になるとのこと。

2023年にはひと山あるかもしれません。

男性
でもちょっと先が長そうだね…。

パートナーが強い

シードイット

出典:@GoSeedit

トロンは提携している企業が大手というメリットがあります。

開発者のジャスティン・ソン氏は、中国で有名なサービス、Peiwoの創業者です。

Peiwoは中国版のSHOWROOMと呼ばれており、クリエイターに対して投げ銭をするなどができます。

トロンの機能にぴったりのサービスを展開していることもあり、提携先としては相性が良いのです。

ソン氏は、Peiwoがあったからトロンを作ったのよ。
女性

また、Seeditという決済システムとも提携をしました。

Seeditと提携したことで、Twitterを通じて送金ができるようになりました。

今後は通貨としても機能面が充実してくることが期待されているのです。

トロンのデメリット

トロン-デメリット

トロンの良い面はわかった気がするよ!

もちろんトロンにはデメリットも存在しています。

次は問題点についてをチェックしておきましょう。

開発がなかなか進んでいない

トロン-開発

2017年12月に開発に関する情報が公開されました。

その際、多くの人から開発がほとんど進んでいないのではないか?という指摘を受けてしまいました。

誕生直後ということもあるので、通常であれば大きな問題にはならないでしょう。

しかし、トロンは2027年までにアップデートしていく予定を立てています。

先が長い分、ペースに対して問題視する声があったのでした。

男性
本当に完成するのか?って不安な人が現れちゃったんだね。

エクソダスは前倒しで完成しているので、問題はなさそうですが、いまだに不安に思っている人はいるようです。

ホワイトペーパーに盗作疑惑?

トロン-盗作疑惑

また、トロンは2018年1月に盗作が疑われました。

英語版のホワイトペーパー(仮想通貨の情報を記載している資料)が、ファイルコインという別の仮想通貨とほぼ同じだったのです。

ジャスティン・ソン氏は、中国語からの翻訳する際に起こったミスだと言っていましたが、これによってトロンは価格を一時下げることになりました。

現在は大手企業と提携していることや、時価総額が伸びていることから、疑惑はなくなっています。

しかし、今後もこのような懸念がないとも言えないでしょう。

著名人の中には、まだ疑っている人もいるから、注意は必要かもしれないわね。
女性

また、同時期にジャスティン・ソン氏がトロンを売ったという疑惑も浮上していました。

不安点が全くない仮想通貨ではないのでしょう。

トロンは今後値上がりする?

トロン-値上がり

ここまでトロンがどのような仮想通貨なのかを、メリットとデメリットとともに紹介してきました。

では。今後トロンの価格は上昇するのでしょうか?

悩む男性
買ってみたい気もするけどどうなんだろう?

トロンは発行枚数が1000億枚なので、ビットコインの2100万枚と比較すると多いです。

価格は上がりにくい仮想通貨と言えるでしょう。

その中でも、今後の価格に影響しそうなことをいくつか説明してみます。

LINEが運営する取引所に上場

ビットボックス
出典:COINPOST

トロンはLINEが運営をしている取引所、BITBOXで取引をできます。

悩む男性
日本では聞かない名前な気がするね。
韓国の取引所で、日本からはアクセスができないのよ。
女性

日本人は使えない取引所ですが、トロンは大手企業が運営をしている取引所で扱われています。

信頼という点では大きい要素でしょう。

提携先が広がっている

トロン-提携先

先ほどは大手の取引所が扱っている点について紹介しました。

その他にも、トロンは提携先が多いという特徴があります。

先ほど紹介した、PeiwoやSeeditもそうですが、代表的なものとしては以下が挙げられます。

  • oBike(オーバイク)
  • Game.com
  • Baofeng
  • GSC

オーバイクはシンガポールの自転車シェアリングサービスを提供している会社です。

サービスの支払い手段として、トロンを活用しようとしています。

Game.comは中国でオンラインゲームのプラットフォームを提供しています。

ゲームコンテンツを作る際にトロンの要素が活用される見込みです。

さっき説明に出てきた、クリエイターがコンテンツを作るのに似ているね!

ほかにも、中国の動画配信サービスをおこなっているBaofengや、SNSを提供しているGSCなど、企業がトロンを活用している例が増えています。

今後、トロンを用いた事業拡大がされれば、注目はより集まるでしょう。

日本企業が取り入れ始めようとすれば、国内の取引所で売買できる日がやってくるかもしれませんね。

そしたらトロンの価格は上昇するね!
そのためにもトロンの開発が進むことを祈りましょう。
女性

トロンを扱っている取引所は?

トロン-取引所

現在、日本の取引所ではトロンを扱っていません。

そのため、取引をするためには海外の仮想通貨取引所を活用しなければいけません。

悩む男性
海外の取引所だとどこが良いのかな?

購入するなら中国大手の取引所がオススメ

バイナンスbinance

バイナンスは2017年に中国で設立された取引所です。半年で登録者は600万人を記録し、扱っている仮想通貨数は100種類以上。

利便性の高い取引所として、中国以外の国からも注目を集めています。

バイナンスのメリットは、取り扱い通貨の多さに加え、手数料の安さが挙げられます。

取引手数料は一律0.1%で安いです。また、バイナンスのトークンであるバイナンスコイン(BNB)で支払うと、手数料は0.05%になります。

余計にかかる費用が少なく済みますので、取引をする頻度が多い人には嬉しいですね。

また、資産保全のための施策として、ハッキング対策に非常に力を入れているところもメリットの1つでしょう。

徹底したセキュリティ対策で顧客資産を守っているのです。

バイナンスbinance
日本を思いやる【CZ】が創ったバイナンス(BINANCE)とは?
バイナンス(BINANCE)は、2017年7月に設立された世界に600万人のユーザーを抱える取引所です。設立からわずか半年で取引高が世界一になりました。 バイナンスの特徴や取り組み、口座開設方法について紹介していきます。

続きを見る

トロンのまとめ

トロン-まとめ

  • トロンは2017年に誕生した仮想通貨。
  • 開発者はジャスティン・ソン氏。リップルの開発にも関わっていた中国のエリート。
  • トロンの価格は約6円(2018年12月現在)。2018年1月には約26円を記録していた。
  • クリエイターを応援するために開発された。
  • 今後6つのアップデートをして完成する。2027年を予定している。
  • 中国はもちろん、国外の有力企業と提携をしている。
  • 開発の進み具合を不安視されていた。また、盗作の疑いも浮上したことがある。
  • LINEが運営する、韓国の取引所で取引できるようになった。
  • 日本ではまだ取り扱っている取引所はない。
  • トロンを買うならバイナンスがオススメ。

トロンは現在のところ、期待の価格で取引がされている仮想通貨です。

完成した時には、価格が大幅に上昇することでしょう。しかし、まだ不透明な点が多いのも事実です。

安全な取引をしたいという人は有名な仮想通貨を選んで取引した方が良いでしょう。

【種類は2,000以上】買うべき仮想通貨は?知らないと損する仮想通貨を紹介
今回は仮想通貨の基礎知識と、日本で買える仮想通貨を中心に12種類を紹介していきます。

続きを見る

日本で取引できるようになった際には、期待や注目度は今以上になることでしょう。

もしトロンで取引をしたいのであれば、日本の取引所での扱いが始まる前がオススメです。

今回の記事を参考にして、どの仮想通貨で取引をするかを判断してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する取引所です。

ビットコインの手数料が無料なので、ビットコインを中心に取引をしたい人にはまずGMOコインをオススメします。

女性2
以下はGMOコインの手数料シミュレーションです。

ビットコインの購入から出金まで、すべて無料なのがオススメポイントです。

GMOコインの手数料シミュレーション

取引画面やスマホアプリも使いやすいので、仮想通貨をまだ始めたことがない初心者でも直感的に仮想通貨の売買ができます

国内最大級のユーザー数!コインチェック(Coincheck)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
最大10万円キャッシュバック9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
ありメイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックは、大手マネックスの傘下の取引所です(金融庁認可済み)。

ユーザー数・取引量ともに国内最大級で、通貨の種類はなんと9種類。

今なら取引額に応じで最大100,000円がキャッシュバックされます※。

500円程度から気軽に取引ができるので、初心者ならまずはコインチェックで仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

※2019年4月9日23:59:59までに会員登録済みのユーザーのうち、2019年3月16日00:00:00 ~ 2019年4月16日23:59:59に「販売所」取引を一度も行っていない方が対象。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-アルトコイン

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.