Twitterでビットコインの投げ銭!新機能tippinをインストールしてみた

更新日:

ツイッタ― ビットコイン

Twitterでビットコインの投げ銭が可能に!

2019年2月16日、Twitter上でビットコインを送金できるサービスの試作版がリリースされました。

このサービスを実現したのは、ライトニングネットワークを利用したウォレットサービス会社のtippin

これまで「投げ銭」といえばモナコインが主流でしたが、この機能でより気軽にビットコインを投げ銭し合うことができます。

いいねボタンの横に雷マークが出現!

このサービスを利用すると、ユーザー画面のリツイート・いいねボタンの横に雷マークが表示されます。

ツイッターユーザー画面に新しく表示される雷マーク

雷ボタンをクリックすると、QRコードが表示され、ビットコインを送金できるというしくみです。

受取方法は、Tippinサイトで自身のアカウントにログインするだけでOK。

送金するには、ライトネットワークウォレット・Tippinのチャンネル登録が必要です。

受取人がTippinを利用していない場合、案内状を送信することができます。

tippinがGoogleの拡張機能として開発

同機能は、Google Chromeの拡張機能を有効にすると利用できるようになります。

ウォレットサービスを提供するtippinが開発し、ライトニングネットワークを使うことで実現しました。

<ライトニングネットワークとは>

ブロックチェーン外で取引を実行することでビットコインの送金速度問題を解決し、1円以下の送金(マイクロペイメント)を高速で実行できるしくみ。直接繋がりのないユーザー同士でも取引を行ことができる。

ベータ版でのリリースのため、今後も改良が進められることが予想されます。

そもそも「投げ銭」とはどんな行為?

「投げ銭」とは、路上ミュージシャン・大道芸人などに、芸への謝礼や対価としてお金を投げ与えることです。

しかしインターネット上の絵や作品には、作品を見たことに対して謝礼をする方法がありませんでした。

そこで、デジタルコンテンツには仮想通貨を使って感謝を伝えようと発展したのが、インターネットにおける「投げ銭」文化なのです。

ビットコインで儲ける
Youtubeのsuperchat機能も、投げ銭と考えられるね。
いいねやシェアだけでなく、金銭で応援したいという動きが進んでいるのよ。
マイニングで効率的に稼ぐ

仮想通貨の投げ銭といえばモナコイン

「投げ銭」の文化は、モナコインが作り上げてきました。

2ちゃんねるが発祥のモナコインは、独自のコミュニティが発達している仮想通貨です。

ユーザー同士で、3.9MONAで「サンキュー」、0.114MONAで「いいよ」などのメッセージを込めて送金したりします。

小額で気軽に送金できるところが魅力で、3.9MONA=240円ほど(2019年2月21日現在)で送ることができます。

モナコインについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

モナコインの今後は?
【コミケが鍵?】モナコインの今後を予想!暴落理由⇒2019年価格が上がる時期を解説
モナコインって儲かるの? 201 ...

続きを見る

TwitterのCEO・Jack Dorsey氏も絶賛

tippinによるリリースを受けて、ツイッターCEOのJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏が大絶賛しました。

Dorsey氏は、Twitterでの送金に使われるライトニングネットワークの知名度向上のための「BTCライトニングネットワーク運動」にも参加しているため、同機能に期待を寄せているようです。

また、現在の保有コインはビットコインのみと明かしており、ビットコインの今後に前向きな見解を示しています。

実際にtippinをTwitterで使ってみた

インストールはこんな感じ

Google Chromeのウェブストア画面がこちら

「Chromeに追加」ボタンを押すと、インストールすることができます。

tippinインストール画面

 

Googleホーム画面で確認

インストールしたら、ホーム画面に戻って右上を確認しましょう。

tippinのピンク色のボタンが表示されていれば、インストール完了です!

tippinインストール画面の説明

インストールすると雷マークが表示

DM(ダイレクトメール)を送るボタンの右に、雷マークが出現します。

これをクリックすることで送金ができます。

雷マークの説明

インストールしていない人には、案内文を送れる

tippinをインストールしていない人に送金しようとすると、案内文が表示されます。

この案内文を送信することで、受け取る人が簡単に登録ができます。

案内文の説明

まとめ

まとめ

とても簡単にtippinをインストールできることがわかりましたね!

投げ銭はモナコインが主流でしたが、ビットコインの投げ銭文化も盛んになりそうです。

現在はベータ版のリリースですが、サービスが完成したらより仮想通貨の利用が身近になりますね。

今後のビットコインやユーザーの動向にも注目です。

それでは、まとめです。

  • TippinがTwitterでビットコインを送金できるサービスを開始
  • ユーザー画面に雷マークができ、クリックするだけで送金可能
  • Google Chromeの拡張機能として試作版をリリース
  • これを受けてTwitter社CEOも大絶賛した
  • 今後の「投げ銭文化」の変化に期待

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

24時間365日の電話サポート!BITPoint(ビットポイント)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-無料ユーザー負担

BITPointは、東証2部上場の企業が運営する取引所です。

また24時間365日の電話サポートも行っているので初心者でも安心してトレードができます

通貨ペアはなんと52通り!Liquid by Quione(リキッドバイコイン)


キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-ほぼなし出金:500円

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は、ビットコインの取引高が日本一の人気の取引所です。

通貨ペアが52通りと、他の取引所では類を見ないペア数を誇っています。

また独自に発行されている「QASHトークン」を使えば、取引手数料の割引なども適用されるうれしい特徴も。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円
bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

アルトコインのレバレッジ取引可能!DMMビットコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン7種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
約1.35%無料無料
DMMビットコインは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。 また、日本の取引所では珍しいアルトコインのレバレッジ取引ができます。ビットコイン以外の通貨を高い倍率でトレードしたい人にオススメです。

-仮想通貨の基礎

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.