【ヴィチェーン(VeChain)】ファミリーマートやH&Mが注目する仮想通貨とは?

更新日:

vechain(ヴィチェーン)

最近Twitterでも目にする機会が増えた仮想通貨のヴィチェーン

「名前は聞いたことあるけど、どんな仮想通貨か知らない……」

そんな人でも、この記事を読めばヴィチェーンの基礎知識はつくはずです。

この通貨の特徴を知ってから期待感を胸にヴィチェーンを購入した私が、特徴や将来性を整理しました。

製造業の発展のカギを握る通貨?ヴィチェーンを徹底解説

vechain(ヴィチェーン)はどんな仮想通貨?

ヴィチェーンはイーサリアムのプラットフォーム(土台)をもとに作られた仮想通貨です。

通貨単位VEN
考案者VeChain財団
開発者VeChain財団
開始年月2017年8月15日
発行上限8億7337万8637枚
ブロック生成時間-
取り扱い取引所Binanceなど

2018年12月現在、2,000種類以上あるといわれている仮想通貨のなかでも、時価総額ランキング22位と高い位置を占めています。

実はこの通貨、製造業に多大なインパクトが与えられるのでは?と期待が寄せられています。

一体どういうことでしょうか。

ヴィチェーンの特徴

ヴィチェーンの特徴

イーサリアム(ETH)をプラットフォームに作られた仮想通貨

ヴィチェーンはイーサリアムを土台に作られた仮想通貨です。

ヴィチェーンのようにイーサリアムをベースに作成されたコインは多くありますが、このような通貨をERC20と呼びます。

ほかの通貨をもとに作られてはいますが、実はオリジナリティあふれる仮想通貨なのです。

BMWやルイヴィトンも注目!圧倒的な商品管理システム

vechainのブロックチェーン上への記録

ヴィチェーンでは、品の情報をブロックチェーン上に残すことができます。この情報をNFCチップと呼ばれる記録データに埋め込むことで、以下のようなメリットが実現可能となります。

たとえば、ワインの管理。

ヴィチェーンを使えば、ワインの製造工程をブロックチェーン上に記録ができるので、卸業者や仲介業者、さらには我々消費者にも商品の安全性を示すことができます。

また、模造品が多く出回るバッグや時計などの高級品も、製造記録を残すことによってその商品のブランドイメージを保つことができるのです。

このメリットからたとえば、Louis Vuitton(ルイヴィトン)ブランドを展開するLVMHや、大手自動車メーカーのBMWなどの多くの大手企業が目を付けています。

以下のヴィチェーンの公式動画で、この特徴が紹介されているわ。
マイニングで効率的に稼ぐ

また品質管理だけでなく、物流管理も得意としています。

商品の発送から受け渡しの時間などの記録もできるので、きちんと配達員が届けたかを監視することができるのです。

ヴィチェーンの商品管理

ヴィチェーンの将来性に期待ができる理由

ヴィチェーンの将来性

このように、ヴィチェーンはユニークな特徴を持っており期待が寄せられている通貨です。

大手企業とヴィチェーンの提携が進んでいる

ヴィチェーンは多くの企業と提携している

商品管理に強みを持つヴィチェーンは、先ほども少し述べたように多くの大手企業と提携を組んでいます。

最近では、アパレル世界最大手のH&MのArket(アーケット)というブランドが実験的に導入しています。

ほかにもこんな企業が提携を進めています。

  • ファミリーマート(日本のコンビニエンスストア)
  • NTTドコモ(日本の通信会社)
  • BMW(ドイツの自動車メーカー)
  • BYD(中国の自動車メーカー)
  • ルノー(フランスの自動車メーカー)
  • PwC(イギリスの会計事務所)

※2018年11月現在

ヴィチェーンの価格とチャート状況

ヴィチェーンのチャート

2018年1月には800円台を突破したヴィチェーンですが、2018年11月現在は価格は下落傾向にあります。

※2018年11月28日現在は35円です。

しかし、投資の基本は「歓喜で売って、悲鳴で買う」です。

優れた機能を持つこの通貨を投資目的で買うのももったいない気もしますが、購入を考えている人は今がチャンスかもしれません。

ヴィチェーンを購入できる取引所:

ヴィチェーンを購入できる取引所

残念ながら日本でヴィチェーンを購入できる取引所はありません

しかし海外の取引所であれば購入可能な場所もあるので、ぜひチェックしてみましょう。

補足

BitOceanという日本の取引所(運営会社は中国系企業)での上場が噂されています。近いうちに日本でも購入できるようになるかもしれません。

Binance

バイナンスbinance

Binanceは世界最大級の取引所です。

香港を拠点とするBinanceは、その手数料の安さや仮想通貨の豊富さから多くのユーザーからの人気を集めています。

またユーザーが多いと取引が成立しやすい傾向にあるので、「欲しい通貨が欲しいときに買える」点でもオススメです。

詳しく知りたい人はぜひBinanceの記事をチェックしてみてくださいね。

バイナンスbinance
日本を思いやる【CZ】が創ったバイナンス(BINANCE)とは?

バイナンスは日本でも有名 ...

続きを見る

Huobi

Huobiの会社情報

Huobiも同じく香港を拠点とする取引所です。

Huobiは2018年9月に日本の取引所、BitTradeを買収したことでも有名になりました。

詳しく知りたい人は以下の記事をチェックしてみてください。

Huobi(フォビ)
日本の大手取引所を買収したHuobiとは?メリット・デメリットを紹介

仮想通貨に注目が集まって10 ...

続きを見る

Huobiが買収したBitTradeが気になる人はぜひチェックしてみてね。
仮想通貨イーサリアムの将来性は?
BitTrade(ビットトレード)
BitTrade(ビットトレード)はどんな取引所?特徴やメリットを紹介【フォビジャパン】

BitTrade(ビットトレード)とはA ...

続きを見る

ヴィチェーンを安全に管理する方法

コールドウォレット

ヴィチェーンだけでなく、仮想通貨を安全に管理するにはウォレットの使用がオススメです。

ウォレットとは、仮想通貨を保管するお財布のようなものです。取引所に通貨を預けていると、ハッキングにあった際に通貨がまれてしまう可能性もあるのでウォレットでの管理をするユーザーが増えています。

ウォレットについて詳しく知りたい人は以下の記事をチェックしてみてくださいね。

仮想通貨のウォレット
【初心者必見】仮想通貨をウォレットで保管すべきたった2つの理由

仮想通貨はどこで保管して ...

続きを見る

ヴィチェーンのまとめ

黒板に書かれたまとめ

模造品が多く出回る中国などの諸外国での展開が期待される仮想通貨ヴィチェーン。

もしかすると「ヴィチェーンを導入していない商品は不安で買えない……」なんて時代も来るかもしれません。

  • ヴィチェーンは商品情報をブロックチェーン上に記録することができる
  • ヴィチェーンはBMWやファミリーマートなどの大手企業と提携を結んでおり、将来性が期待できる
  • ヴィチェーンは日本の取引所では購入できないので、海外のBinanceなどで口座開設をする必要がある

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

-アルトコイン

Copyright© 仮想通貨 Wiki , 2018 All Rights Reserved.