【初心者必見】もう迷わない!リップルを取り扱う取引所を徹底比較!

更新日:

リップル(XRP)が買える取引所
NEM(ネム)で稼ぐ方法
リップルでオススメの取引所は?

安く取引がしたいんだけど……。

このような悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事を読めば、あなたにとって満足のいく取引所選びができるはずです。

この記事でわかること

・リップルの取引所の比較

・5社それぞれの特徴・メリット・デメリット

今回紹介するのは、取引所で有名なこちらの5社です。

  • GMOコイン
  • BITPoint
  • DMM bitcoin
  • bitbank
  • Liquid
それではさっそく見ていきましょう。
マイニングで効率的に稼ぐ

【比較表】リップルにオススメの取引所一覧

リップルを取引するのにオススメの取引所を比較しました。

 リップルの販売形式取引手数料入金手数料出金手数料リップルのレバレッジ取扱通貨数
BITPoint取引所¥0¥0¥0×5
GMOコイン販売所¥0¥0
¥0最大5倍5
DMMビットコイン販売所¥0¥0¥0最大5倍7
bitbank取引所¥0¥0¥540~¥756最大20倍6
Liquid取引所¥0¥0¥500最大25倍5

まず最も大きなポイントは、販売所なのか取引所なのかという点です。

そして手数料の有無・レバレッジの倍率・取扱通貨数などを見て、自分に合った取引所を総合的に判断していきましょう。

取引所選びの基本的な考え方

ポイント
  ・安価で取引したいなら、取引所
  ・簡単に取引したいなら、販売所
自分の行いたいトレードの条件に合わせて考えていきましょう。
マイニングで効率的に稼ぐ

取引所は、ユーザー同士が希望の売買額を示し、マッチングしたらトレードを行うので利益を出しやすい利点があります。

販売所は、販売所の提示額で売買を行うので、初心者でもスムーズに取引を行うことが出来ます。

その代わり、購入額と売却額の差(=スプレッド)ができるよう設定されており、取引所に比べるとコストが多くかかります。

GMOコイン


GMOコインは、FX最大手のGMOインターネット株式会社(東証一部上場)が親会社で、セキュリティの強さは抜群です。

GMOコインではリップルは販売所形式で売買でき、簡単に取引を行えます。

そのため取引所としての信頼・安心感が高く、初心者にもオススメです。

メリット

・大手GMOインターネット株式会社のノウハウで運営しているため、セキュリティ◎

・レバレッジ取引ができる(XRPは最大5倍)

・販売所形式のためスムーズな取引ができ、初心者向け

デメリット

・販売所形式のため、スプレッドがある

・自分の売買したい値段ではなく、GMOコインが指定した値段で売買する

・日本円でしか仮想通貨を購入できない

bitbank


bitbankは、2018年にリップルの取引高が世界1位になった経歴のある取引所です。

取引所形式を採用しており、アルトコインの取り扱いが豊富なのも特徴です。

また、仮想通貨の情報サイト「BTCN(ビットコインニュース)」を運営しており、役立つ情報も入手できます。

メリット

・XRPの取引高世界1位の経歴をもち、リップルユーザーに人気

・最大20倍のレバレッジ取引ができる

デメリット

・アカウント開設から、取引開始までに1週間ほどかかる

・取引所形式のため、初心者には難しい

BITPoint


BITPointは、株式会社ビットポイントジャパンが運営しており、資本金44億3000万円と国内の取引所で最大規模の取引所です。

2018年に本田圭祐さんをイメージキャラクターに起用し、テレビCMが一躍話題となりました。

BITPointでは、リップルは取引所形式で売買することができます。

取引において手数料が無料というのも大きなポイントです。

以下の4つの取引ツールが利用でき、初心者~上級者まで幅広くカバーしています。

  • WEB取引ツール(初心者向け:シンプルな画面操作)
  • BITPoint ADVANCE(中~上級者向け:より細かな注文が可能)
  • BITPoint Lite(シンプルなスマホアプリ)
  • Meta Trader 4(ビットポイントFXのツール)

メリット

・すべての手数料が常時無料

・さまざまな取引ツールがあり、自分のスタイルに合ったものを選べる

デメリット

・リップルのレバレッジ取引・FX取引ができない(ビットコインのみ可)

・スプレッドがやや広めに設定されている

DMMビットコイン


DMMビットコインは、アルトコインのレバレッジ取引ができる数少ない取引所です。

リップルは、販売所形式で簡単に購入することができます。

DMMビットコインは取引ツールが使いやすいことが最も大きな特徴です。

PC版では、画面内の情報パネルを自由に動かせるなど、初心者にも使いやすいトレード画面を採用。

スマホ版も、チャートを見ながら発注でき、ユーザーに優しい設計になっています。

メリット

・リップルを含む、アルトコインのレバレッジ取引が可能(最大5倍)

・PC、スマホ共に見やすいトレード画面

・取り扱い通貨が多い(7種)

デメリット

・BTC、ETHしか現物取引が出来ない

・レバレッジがやや高い

Liquid by QUOINE(リキッドバイコイン)


Liquid by QUOINE(リキッドバイコイン)は、リップルのレバレッジ取引が最大25倍と、日本の取引所で最大の倍率を誇る取引所です。

取引所形式であり、XRPを高いレバレッジで取引したい人に特におすすめです。

また、厳重なセキュリティをもつ点もポイントです。

資産はすべてオフライン管理を行い、アプリでも生体認証を使うなど、創業以来一度もセキュリティ面でのトラブルを起こしていない取引所です。

メリット

・XRPに最大25倍のレバレッジがかけられる唯一の取引所

・最高レベルのセキュリティ

デメリット

・強固なセキュリティゆえ、出金に最大3日ほどかかってしまう(即日~翌日が一般的)

【参考】おすすめ取引所ランキング

この記事では、リップルの取引においての取引所比較をしてきました。

総合的な評価を知りたいという方は以下の記事を参考にしてみてください!


これらの観点から、取引所を紹介しています。

  • 総合ランキング
  • 取引所比較表(手数料、取扱通貨、レバレッジ)
  • 販売形式比較表

まとめ

それでは、まとめです。

  • 安く取引したいなら取引所、簡単に取引したいなら販売所
  • GMOコインは、初心者にオススメ
  • BITPointは、4種の取引ツールを利用できる
  • DMMビットコインは、アルトコインのレバレッジ取引が豊富
  • bitbankは、リップル取引が世界一になった経歴あり
  • Liquidは、リップルのレバレッジ倍率が最も高い(25倍)
  • 自分の重要視するポイントを比較して取引所を選ぼう!

ここまで読んでくださりありがとうございました。

少しでも、リップルトレードの取引所選びの参考になれば幸いです。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

通貨数はなんと9種類!coincheck(コインチェック)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックはマネックスグループが運営する取引所です。

初心者にはとくに使いやすいアプリを採用しているだけでなく、通貨の種類はなんと9種類。

仮想通貨未経験者であれば絶対にオススメしたい取引所です。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-リップル

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.