XRP(リップル)もウォレットで保管すべき?初心者にもオススメのウォレットを紹介!

更新日:

xrpのウォレット
NEM(ネム)で稼ぐ方法

リップルはどこで管理すればいいの?

取引所に置いておくのはダメなの?

大事なリップルは安全に管理したいですよね。

この記事では以下のことを整理しました。

\手数料無料で取引できる!/

DMM Bitcoinの公式サイトへ

リップルではどれがオススメのウォレット?

リップルにオススメのウォレット
この記事では、リップルにおすすめのウォレットにはそれぞれどのような種類・特徴があるのかを説明していきます。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、リスクと利用状況(頻度や取引量)に応じて使い分けることをオススメします。

基本的な考え方

長期保有が目的で、取引はたまにしか行わない場合:必要な時だけオンラインに接続すればよいハードウォレットがおすすめ

短期保有が目的で、頻繁に取引を行う場合:取引のたびに秘密鍵を準備するのは手間がかかるため、オンラインウォレットがおすすめ

もし所有する仮想通貨を長期保有分と短期保有分の2つに分けられるのであれば、分類してそれぞれ適切なウォレットで管理するとよいでしょう。

まず、ウォレットは大きく分類して4種類あります。

オンラインウォレット(取引所も含む)

仮想通貨の取引所のウォレット
1つ目はオンラインウォレットで、名前の通りインターネット上にあるウォレットに秘密鍵を保管します。

一番メジャーなのは仮想通貨の取引所です。

取引所は、仮想通貨の売買をサービスとして提供しておりますが、同時に利用者の秘密鍵も保管しています。

秘密鍵を意識して利用している方は少ないと思いますが、取引所でいつでも取引が出来るということは、取引所が秘密鍵を管理していることになります。

取引所以外でも、秘密鍵の保管サービスだけを行う専用のオンラインウォレットも存在します。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレット
2つ目はソフトウェアウォレットです。

これは、所有するPC端末内で秘密鍵を保管する方法です。

PCがインターネットに接続されていなければ、秘密鍵を盗まれるリスクがないため、オンラインウォレットに比べると安心・安全な保管方法と言えます。

ソフトウェアウォレット
ソフトウェアウォレットとは?人気のCopay(コペイ)を使って整理しました
ソフトウェアウォレットは、仮想通貨を管理するソフトウェアをダウンロードして、通貨を保管する方法です。この記事ではソフトウェアウォレットのメリット・デメリットから作り方までを紹介します。

続きを見る

ハードウェアウォレット

仮想通貨のハードウェアウォレット
3つ目はハードウォレットで、USBメモリに似たウォレット端末で秘密鍵を保管する方法です。

デスクトップウォレットでは、インターネットで調べ物をしていたり、Youtubeで動画を見ている時など、仮想通貨取引を行っていない場合もハッキングされるリスクがあります。

これに対しハードウォレットは、取引の時だけウォレット端末をPCに差し込めばよく、オンラインに晒される時間を必要最低限に抑えられるため、セキュリティリスクは低いと言えます。

ウォレット端末のデメリットは、物理的に紛失したり、端末が故障してしまう場合です。

ハードウェアウォレット
ハードウェアウォレットとは?仮想通貨を《強固》に守る方法を公開!
ハードウェアウォレットとは、USBメモリのような端末に仮想通貨の秘密鍵のデータを保存する方法です。どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

続きを見る

 ペーパーウォレット

仮想通貨のペーパーウォレット
最後は、一番原始的な方法で、ペーパーウォレットつまり紙に秘密鍵を印刷しておく方法です。

オンラインに繋がらないため、セキュリティは最も高い方法となります。

専用ツールを用いることで簡単にペーパーウォレットを作成することができます。

完全にオフラインで保管するためセキュリティリスクはありませんが、紙ベースのため紛失や焼失のリスクは残ります。

xrpのウォレット
XRP(リップル)もウォレットで保管すべき?初心者にもオススメのウォレットを紹介!
この記事では、リップルにおすすめのウォレットにはそれぞれどのような種類・特徴があるのかを説明していきます。

続きを見る

なぜウォレットが必要?

なぜウォレットが必要?
仮想通貨秘密鍵公開鍵という鍵を使って管理をします。

秘密鍵は銀行口座の暗証番号のようなものなのですが、もしこの秘密鍵を紛失してしまったらどうなるでしょうか?

銀行であれば直接店舗に行って身分証明書を提示することで暗証番号を変更することが出来ますが、仮想通貨ではそのようにはいきません。

このため、秘密鍵が見つかるまでは事実上口座を凍結されたことになり、所有する仮想通貨を利用出来なくなってしまします。

仮想通貨のウォレット
【初心者必見】仮想通貨をウォレットで保管すべきたった2つの理由
もしかすると、売買をしている取引所の口座にコインを置いている人も多いかもしれません。だけど本当に大丈夫ですか?リスクを考えて取引をしていますか? この記事では仮想通貨の取引ではウォレットを使うべき理由とオススメのウォレットを紹介します。

続きを見る

また、もし秘密鍵をハッキングで奪われてしまった場合にはどうでしょう?

なりすまし取引をされて、自分が所有していた仮想通貨を別の口座に移されてしまい、全財産を失ってしまいます。

2018年のコインチェック事件がまさにこの秘密鍵のハッキングだったの。結局犯人は見つからず、奪われたNEMは所有者に返ってくることはなかったわ。
ビットコインキャッシュの将来とハードフォーク
コインチェックのロゴ
【コインチェック(Coincheck)】事件の詳細は?現在の手数料などの評判やメリット・デメリットを紹介!
2019年1月11日にコインチェックは金融庁に認可され、再開が可能となりました。 現在は証券会社のマネックスグループに買収されましたが、いったいどのような会社なのでしょうか。

続きを見る

初心者にオススメのウォレット

初心者にオススメのウォレット
初心者にオススメなのは、取引所のウォレット

理由は、取引所に口座を作るだけで簡単に利用できるからです。

大切な秘密鍵を預けることになるため、高いセキュリティを持った取引所を選びたいですよね。

国内の信頼されているメジャーな取引所であれば、より安全に秘密鍵を保管できるようになります。

取引所のウォレット:bitbank

リップル取引のビットバンク
bitbankは数ある取引所の中でもトップクラスのセキュリティを誇るため、初心者に特にオススメの取引所です。

bitbankでは、取引所の資金と顧客の資金を分けて管理しています。

さらに、顧客の資金についてはインターネットから切り離されたオフラインで管理しているため、仮に取引所のシステムがハッキングを受けたとしても、資金(秘密鍵)を守ることが出来ます。

また、複数の秘密鍵がないと取引を行えないマルチシグネチャーの仕組みを取り入れているため、仮にシステム不具合などで1つの秘密鍵が流出してしまったとしても、その秘密鍵だけではなりすまし取引が行えません。

bitbankについてより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

bitbank
【プロも納得】国内最強のセキュリティのbitbank、メリット・デメリットは?
bitbankは仮想通貨の取引をすでに始めている、中級者・プロ向けの取引所です。 「使っても安心?」、「使いやすさはどうなの?」などといった機能的な疑問から、おトクにbitbankを使いこなす方法を紹介します。

続きを見る

スマホで頻繁に送金をする人向けのウォレット

スマホ送金にオススメのウォレット
スマホを利用して頻繁に送金をする人には、スマホ用のウォレットがオススメです。

スマホ用のウォレット:Toast Wallet

toastwallet

リップル専用スマホウォレットとしては、Toast Walletが有名です。

iOSとAndoroid、それぞれのOSに対応しており、ほとんどのスマホで利用可能です。

また、スマホだけでなくデスクトップPCにも対応しており、自宅PCでもアカウントを同期して利用することが出来ます。

送金先のアドレスをQRコードで取得する機能もあるため、リップルでの決済に対応している実店舗があれば、Toast Walletを利用してリップルでの支払いも可能です。

リップルを長く保有していたい人向けのウォレット

リップルを長く保有するなら
Toast Walletはスマホで簡単に利用できるため便利な反面、基本はオンラインに繋がっているためセキュリティリスクがあります。

これに対し、ハードウェアウォレットであるLedger Nano Sは高いセキュリティ性を確保できます。

Ledger Nano S

ハードウェアウォレットの代表

Ledger Nano Sは、ハードウォレットのため必要な時だけPCにUSBで接続して利用します。

セキュリティリスクを最低限に抑えることが出来るため、長期保有を目的とする人向けのウォレットとなります。

Ledger Nano Sの特徴はビットコイン、リップル、イーサリアムなどメジャーな仮想通貨を中心に27種類の通貨に対応している点です。

複数の仮想通貨を所有している方は、種類毎にウォレットを準備する手間が省けるため、Ledger Nano Sは最適なハードウォレットと言えます。

CoolWallet S

CoolWallet Sカード型の端末で、ハードウォレットですが、Ledger Nano Sとは違いPC不要で利用できる点がオススメです。

以下の仮想通貨に対応しています。

利用時には、スマホとBluetoothで同期して秘密鍵情報をウォレットから取り出します。

スマホで簡単に利用できるため外出先で仮想通貨の取引を行う方にオススメのウォレットと言えます。

最も簡単にウォレットを作れる方法

ウォレットを簡単に作る方法
最も簡単なウォレットは、紙に秘密鍵を印刷するペーパーウォレットです。

ハードウォレットのように特別なデバイスを購入する必要がなく、専用のソフトを利用すれば簡単に作成できるため、最も利用しやすいウォレットといえます。

ペーパーウォレットのオススメはripply-paper-wallet

仮想通貨のペーパーウォレット
ペーパーウォレットのオススメは、ripply-paper-walletです。

ripply-paper-walletリップル専用のペーパーウォレットで、かんたんにウォレットを作成することができます。

ripply-paper-walletは、様々なオープンソースプログラムがダウンロード可能なGitHubというサイトでダウンロードすることが出来ます。

ペーパーウォレットには、「Ripple Address」「Secret Key(秘密鍵)」がQRコードで表示され、「Generate New」ボタンを押すとこのQRコードが更新されます。

「Ripple Address」は入金で必要になるアドレスで、自分のリップルを所有している取引所からこのアドレスにリップルを入金することでペーパーウォレットにリップルを入金可能です。

ripply-paper-walletの使い方は以下の記事を参考にしてみてください。

ペーパ―ウォレット
【ペーパーウォレットの作り方】仮想通貨を《紙》で管理する方法をかんたん理解!【bitadress.org】
ペーパーウォレットは、文 ...

続きを見る

リップルのウォレットのまとめ

ビットコインのまとめ

それではまとめです。

長期保有ならハードウォレット

短期保有ならオンラインウォレット

リスクと利用頻度に合わせてウォレットを選択することが大切

リップルの保有にはLedger Nano SCoolWallet Sがおすすめ

仮想通貨のハッキングと聞いても他人事に感じてしまう方も多いかと思いますが、大切な財産です。

しっかりとウォレットで保管する必要があることをご理解いただけたと思います。

ウォレットといっても様々な種類や特性があるため、自分が今後どのように仮想通貨を保有、運用していくのかもしっかり計画を立てながら、自分に合ったウォレットを選択していくことが必要ですね。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

通貨数はなんと9種類!coincheck(コインチェック)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
-9種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:0%、テイカー:0%銀行振込:無料、出金:400円

コインチェックはマネックスグループが運営する取引所です。

初心者にはとくに使いやすいアプリを採用しているだけでなく、通貨の種類はなんと9種類。

仮想通貨未経験者であれば絶対にオススメしたい取引所です。

初心者ならまずはここ!GMOコイン

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
ビットコインプレゼント5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
3%~10%メイカー:0%、テイカー0.01%無料

GMOコインは、大手GMOグループが運営する評判の高い取引所です。

手数料がほぼすべて無料で、低コストで取引ができるのが特徴です。

取引画面やスマホアプリが使いやすいので、初心者もかんたんに仮想通貨の売買ができます。

リップルの取引量が世界一を記録!bitbank(ビットバンク)

キャンペーンスマホ対応取り扱い通貨
キャッシュバックキャンペーン5種類
販売所のスプレッド取引手数料入出金手数料
-メイカー:-0.05%、テイカー:0.15%出金:540円~756円

bitbankは日本の取引所のセキュリティランキング1位に選ばれた取引所です。 それだけでなく人気のリップルの取引量が世界一と、活発な売買が行われています(2018年6月)。 また、仮想通貨を売るだけで手数料がキャッシュバックされる変わった特徴も持っています。

 

-仮想通貨のウォレット

Copyright© Coin Plus(コインプラス) , 2019 All Rights Reserved.